格安SIMのキャンペーン一覧はこちら 

ワイモバイルとUQモバイル、おすすめはどっち?比較すると違いは6つ!

 

本記事では、毎月のスマホ料金を大幅に節約できる格安スマホ「Ymobile(ワイモバイル)」と「UQモバイル」を比較し、その違いについて解説します。

 

この2つのキャリアは大手キャリアのサブブランドとして、非常によく似たサービスを展開していると言われます。

しかし、細かく比較すると大きな違いがありますでの、ぜひ参考にしてください。

 

ワイモバイル公式サイト 

 

UQモバイル公式サイト

 

UQモバイルとワイモバイルの比較

 

早速、さまざまな視点からワイモバイルとUQモバイルを比較し、その違いを分析していきます。

 

通信速度はどちらも速い

 

格安スマホに契約する際、最も気になるのがデータ通信速度です。

「格安スマホは遅い!」といわれることもあります。

 

しかし、ワイモバイルもUQモバイルも大手キャリアの「サブブランド」のため、他の格安スマホよりも通信速度は断然速いです。

私もワイモバイルの速度を実際に計測しましたが、他の格安スマホと比べてダントツの速度でした。

詳細記事ワイモバイルの通信速度はやはり速かった

 

では、どちらが速いかというと、こちらのサイト様で比較されているように、正直あまり変わりません。

他の結果を見ても、計測のタイミングや場所によってワイモバイルが速かったり、UQモバイルが速かったり…です。

 

ただし、他の格安スマホキャリアよりは安定して速いことは確かです。

 

速度制限時はUQモバイルが速い

 

ワイモバイル・UQモバイルでは、決められたデータ通信容量を使い切ると、速度が制限されます。

これはどのスマホキャリアにもある仕組みです。

 

しかし、制限された際の通信速度に若干の違いがあります。

ワイモバイルは128Kbpsなのに対し、UQモバイルは300kbpsです。

 

YmobileUQ
速度制限時の
通信速度
128Kbps300Kbps

 

どちらも遅いことには変わりませんが、UQモバイルの方が若干高速です。

月末は毎回速度制限がかかるという方は、UQモバイルにしたほうが若干快適かもしれません。

 

料金プランはほぼ同じ

 

UQモバイルとワイモバイルは、料金プランもほぼ同じです。

以下の料金表を見比べてください。

それぞれ最も人気のプランである、ワイモバイルの「スマホプラン」、UQモバイルの「おしゃべり・ぴったりプラン」を比較しました。

 

<ワイモバイル>

 

<UQモバイル>

 

ワイモバイルもUQモバイルも、主要な料金プランは以下の点で同じです。

  • プランはS・M・Lの3種類
  • データ容量はそれぞれ3・9・21GB(2年間)
  • 月額料金は同じ
  • 最初の1年間は1,000円引なのも同じ
  • かけ放題または無料通話が料金に含まれる

 

▼メインの料金プランは同じ▼

プランデータ1年目2年目
S3GB¥1,980¥2,980
M9GB¥2,980¥3,980
L21GB¥4,980¥5,980

 

かけ放題/無料通話が異なる

 

続いては通話料金の比較です。

どちらも基本料金に無料通話やかけ放題が含まれる点では同じです。

しかし、ワイモバイルは10分以内の国内通話が全て無料です。

 

一方、UQモバイルはおしゃべりプラン・ぴったりプランの2つから選べます。

  • おしゃべりプラン:5分以内の国内通話何度でも無料
  • ぴったりプラン:データ容量に応じて無料通話付与

 

<ワイモバイル>

  • 10分以内の国内通話が何度でも無料

 

<UQモバイル>

  • おしゃべりプラン・ぴったりプランから選択

 

おしゃべりぴったり
プランS5分以内の無料通話60分
プランM国内通話〃 120分
プランL何度でも無料〃 180分

 

 

完全かけ放題はYmobileのみ

 

国内通話に関して、ワイモバイルには10分以上の国内通話も完全かけ放題になる「スーパー誰とでも定額」が用意されています。

スマホプランS/M/Lは10分以内の国内通話は何度でもかけ放題ですが、10分以上の通話が多い方はスーパー誰とでも定額(月額1,000円)に加入することで、国内通話が完全かけ放題になります。

 

一方、UQモバイルには通話し放題のオプションはありません。

 

YmobileUQ
完全かけ放題
オプション
あり
(スーパー誰とでも定額)
なし

 

ワイモバイルは留守番電話無料

 

留守番電話についても差があります。

ワイモバイルは、ほぼ全ての機種で留守番電話が無料です。

 

一方、UQモバイルは別途「電話基本パック」(月額380円)の有料オプションに加入しないと留守番電話は使えません。

 

YmobileUQ
留守番
電話
無料有料
(月額380円)

 

どちらもお得な学割を実施

 

 

 

ワイモバイルもUQモバイルも、18歳以下の方がスマホを使う場合にお得になる学割キャンペーンを毎年実施しています。

ワイモバイルは「ワイモバ学割」、UQモバイルは「ファミゼロ学割」という名前です。

 

2019年の学割の特典内容は少々異なりますが、実施期間はワイモバイルもUQモバイルもほぼ同じです。

 

 

データ繰り越しはUQモバイルのみ

 

 

ワイモバイルとUQモバイルの大きな違いのひとつは、データ繰り越しの有無です。

UQモバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスがあります。

繰り越せる容量は、翌月のプランの基本容量(増量前の容量)のため、おしゃべり・ぴったりプランの場合は以下の通りとなります。(翌月にデータ容量を変更しなかった場合)

 

プランデータ
繰越上限
月最大
データ容量
プランS1GB3GB
プランM3GB9GB
プランL7GB21GB

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。

そのため、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。大変良心的ですね!

 

一方、ワイモバイルには繰り越しサービスはありません。

今やどの格安スマホも余ったデータを繰り越せますが、ワイモバイルだけ繰り越しがないのは非常に残念です。

 

YmobileUQ
データ
繰り越し
×

 

UQモバイルは通信速度切り替え可

 

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

 

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して高速通信で快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

他社のスマホで、通信制限されたときは大体128Kbpsなので、それよりも断然高速です。

ツイッターやFacebook、LINEであればストレスなく通信できるでしょう。また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

 

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

この通信速度の切替機能は、ワイモバイルにはありません。

この機能もほとんどの格安スマホキャリアが実装しているので、無いのは残念です。

 

YmobileUQ
通信速度
切り替え
×

 

YmobileはLINEの年齢認証可

 

ワイモバイルは、LINEモバイル以外の格安スマホで唯一LINEの年齢認証が可能です。

そのため、ID検索が可能になります。

(ID検索できるのは18歳以上)

 

一方、UQモバイルでは年齢認証はできません。

 

YmobileUQ
LINEの
年齢認証
×

 

どちらも無料WiFiあり

 

ワイモバイルもUQモバイルも、街中の公衆無線LAN(WiFi)を無料で使用できる特典があります。

ワイモバイルは「ソフトバンクWiFiスポット」「BBモバイルポイント」の2つを使うことができます。

 

 

一方、UQモバイルも全国にある「Wi2 300」というWiFiスポットが無料で使えます。

 

 

どちらも高速のデータ通信を無料で使えるのが嬉しいですね。

 

YmobileUQ
無料WiFi

 

どちらもキャリア決済可能

 

ワイモバイルはキャリア決済のひとつである「ワイモバイルまとめて支払い」が使えます。

一方、UQモバイルはこれまでキャリア決済の機能がありませんでしたが、先日「auかんたん決済」が使えるようになりました。

 

YmobileUQ
キャリア
決済

(ワイモバイルまとめて支払)

(auかんたん決済)

 

「キャリア決済」とは、インターネット上で発生した料金をスマホ料金とまとめて支払うサービスのこと。
例えばスマホゲームの料金や、アーティストのファンクラブ(モバイル会員)の会費を支払う場合などに利用する。このような料金には、キャリア決済でしか支払いができないものがある。

 

どちらもiPhone7が買える

 

 

スマホを選ぶ際、「端末は絶対にiPhoneがいい!」という方も多いと思います。

ワイモバイルとUQモバイルでは、ともにiPhone7・iPhone6S・iPhoneSEを取り扱っています。

料金もほぼ同じですので、ここは同じと言ってよいでしょう。

 

詳細記事ワイモバイルのiPhone7を解説

詳細記事UQモバイルのiPhone7を解説

 

どちらも最新のiPhoneが使える

 

ワイモバイルやUQモバイルではiPhone7・iPhone6S・iPhoneSEが購入できます。

さらに、iPhone8・iPhoneXや最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRも使えます。

この点では同じです。

 

なお、以前まではUQモバイル×iPhoneではテザリングができなかったのですが、2018年10月末よりテザリングが解禁されました。

 

<詳細>

 

光回線のセット割はYmobileのみ

 

 

ドコモ・au・ソフトバンクは、光回線にセットで加入するとスマホ料金が割引になるサービスがありますが、ワイモバイルにも光回線とのセット割引である「おうち割」が適用可能です。

「おうち割(光セット)」とは、ワイモバイルのスマホを契約している方が家のネット回線を「ソフトバンク光」にすると、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になるというものです。

 

プラン月の割引額
プランS¥500
プランM¥700
プランL¥1,000

 

 

この割引は契約者1人あたりの割引額です。

ご家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

私も早速申込み、「おうち割」を適用しています。

ワイモバイルユーザーならこの「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

参考記事ワイモバイルなら家のネットは絶対ソフトバンク光!

 

しかし、UQモバイルには光回線とのセット割はありません。

親会社であるauには「auスマートバリュー」というセット割があるのですが、UQモバイルは対象外です。

光回線とのセット割はスマホ料金を更に安くできるので、UQモバイルに無いのは残念です。

 

ワイモバイルは店舗数が多い

 

ワイモバイルもUQモバイルも、実店舗があるのが格安SIMの中では強みです。

ただし、その数は大きく異なります。

 

ワイモバイルはソフトバンクショップでも取り扱いを始めたこともあり、全国に1000店舗ほどあります。

しかし、UQモバイルは200店舗ほどしかありません

 

近くに店舗があるか、という点で選ぶ際には大きな違いになるかもしれません。

 

どちらも口座振替で支払い可能

 

ワイモバイルもUQモバイルも、どちらも口座振替による支払いが可能です。

格安スマホでは支払い方法がクレジットカードのみのキャリアも多いのですが、ワイモバイルとUQモバイルは口座振替可能です。

 

電波のエリアはどちらも広い

 

ワイモバイルもUQモバイルも、エリア(電波の届く範囲)はどちらも広く、通常はあまり心配しなくてよいでしょう。

ワイモバイルは独自回線を使用していますが、人口カバー率は99%を超えています。

UQモバイルはau(KDDI)の回線を借りて運営していますので、こちらもエリアは99%を超えて広範囲です。

 

ただし、地方や山間部などは入りやすい/入りにくいという差がありますので、下記記事を参照してください。

UQモバイルは「Try UQ mobile」というスマホの貸出しも実施していますので、それで電波が通じるかチェックしてもよいでしょう。

 

詳細ワイモバイルのエリア

詳細UQモバイルのエリア

 

どちらもルーターが契約可能

 

ワイモバイルとUQモバイルは、どちらもモバイルルーターを契約可能です。

ワイモバイルは「Pocket WiFi」(ポケットワイファイ)を契約できます。

一方、UQモバイルでも「UQ WiMAX」(ユーキューワイマックス)が契約できます。

 

データ通信量が多い方や高速通信が必要な方、外出先でPCをつないで仕事をされる方などはセットでモバイルルーターを契約することも可能です。

 

YmobileUQ
モバイル
ルーター

(Pocket WiFi)

(UQ WiMAX)

 

MNP乗り換え・新規契約で割引・キャッシュバックあり

 

ワイモバイルにもUQモバイルにも、契約することでキャッシュバックが貰える裏技があります。

ワイモバイルは、「ワイモバイル公式ストア」でSIMカードのみを契約すると、月額料金が最大14,400円割引になります。

 

 

手持ちのスマホにワイモバイルのSIMカードを挿して使う場合に、非常にお得になります。

人気のiPhone8や最新のiPhoneに挿して使う方も多いようですね。

 

▼SIM契約で最大1.44万円割引▼

 

詳細ワイモバイルで実施中のキャンペーン一覧

 

UQモバイルは公式サイトでSIMカードのみを契約すると、3,000円の商品券が貰えます

金額は低いですが、こちらもお得に契約することができます。

 

 

また、UQモバイルの正規代理店「UQモバイルストア」で対象の端末を購入すると、最大13,000円のキャッシュバックが貰える裏技もあります。

ワイモバイルはSIMの契約のみでしたが、UQモバイルは端末とセットでもキャッシュバックがもらえるのがメリットです。

 

 

キャッシュバック額
プランS¥10,000
プランM¥11,000
プランL¥13,000

 

詳細UQモバイルで実施中のキャンペーン一覧

 

UQモバイルストア (Link life)

 

ワイモバイル/UQモバイルの比較結果

 

これまでの比較結果をまとめると、以下の表のようになりました。

 

ワイモバイルUQモバイル
通信速度速い速い
速度制限時128Kbps300Kbps
料金プランメインのプランは同じ
無料通話10分かけ放題・5分かけ放題
・無料通話付与
かけ放題ありなし
留守電無料有料
学割内容・期間ほぼ同じ
データ
繰り越し
×
通信速度
切替
×
無料Wi-Fi
キャリア決済
iPhone販売6S・SE6S・SE
光回線
セット割
×
口座振替
割引・特典
(最大)
SIM:1.44万円SIM:3千円
端末:1.3万円

 

特に注目すべきポイントは以下の4つです。

  • かけ放題の時間
  • データ繰り越しの可否
  • 通信速度切替の可否
  • 光回線とのセット割の有無

 

ワイモバイルとUQモバイル、結局おすすめはどっち?

 

いろいろな視点からワイモバイルとUQモバイルを比較してきましたが、「結局どちらがおすすめなの?」という方は、以下の基準で選んでください。

 

ワイモバイルがおすすめな方

 

  • 家のネット(光回線)をソフトバンク光にできる
  • 通話をよくする

 

まず、家のネットをソフトバンク光(またはソフトバンクエアー)にできる方は、スマホ料金が割引になりますので、絶対にワイモバイルにすべきです。

また、かけ放題の時間が10分と長いので、よく通話をする方におすすめです。

さらに、SIMカードのみの契約の場合は14,400円の月額料金割引が受けられるのも嬉しいですね!

 

ワイモバイル公式サイト 

 

UQモバイルがおすすめな方

 

  • ソフトバンクから乗り換える
  • 家のネットをソフトバンク光にできない

 

家のネットをソフトバンク光にできない方は、UQモバイルでもよいでしょう。

データ繰り越しができますし、データ通信速度の切替機能もあります。

 

また、ソフトバンクからのワイモバイルへのMNP乗り換えは月額割引がなく料金も高くなるので少々損です。

ソフトバンクの方はUQモバイルがおすすすめです。

 

また、「UQモバイルストア」の申込みなら端末とセットで最大13,000円のキャッシュバックがもらえるもの大きいです。

 

UQモバイル公式サイト

 

私がワイモバイルを選んだ理由

 

私はワイモバイルとUQモバイルで悩んだ結果、ワイモバイルを選びました。

その理由は以下の2つです。

  • キャリア決済が必要だった
  • 1人暮らしだったので、家のネットをソフトバンク光にできた

 

現在はUQモバイルでもキャリア決済が使用できますが、当時はワイモバイルにしかありませんでした。

私はキャリア決済が必要だったので、ワイモバイルにしました。

 

また、1人暮らしでいろいろと融通が利き、家のネット回線も自由に決められたので、ソフトバンク光にして毎月700円の割引を受けています。

もともと安いスマホ料金が更に安くなるので、この「おうち割」は非常にありがたいです。

 

ただし、データの繰り越しがないのは非常に残念ですね。

ほとんどの格安スマホで実装されているので、ワイモバイルも早期の実装を願っています。

 

2年ごとに交互に使うのがお得

 

ワイモバイルかUQモバイルで悩んでいる方は、2年ごとに交互に契約するのがおすすめです。

ワイモバイルまたはUQモバイルは契約初年度は毎月1,000円割引になるキャンペーンを実施しています。

そのため、交互に乗り換えることで1,000円/月割引の特典を1年間隔で受けられるのです。

 

1,000円/月の割引が受けられるのは最初の1年のみなので、どちらかをずっと契約していると損してしまいます。

機種変更しても割引は受けられません。

 

MNP乗り換えは少々面倒ですが、交互に契約することでさらに安くスマホを使用することができます。

 

ワイモバイル・UQモバイルの申し込みは公式サイトで!

 

以上、ワイモバイルとUQモバイルの比較でした。

ワイモバイルとUQモバイルは毎月のスマホ料金を大幅に節約できるうえに、他の格安スマホより通信速度が安定して速いため、非常におすすめのスマホキャリアです。

上記の比較結果をもとに、ご自分にぴったりのスマホキャリアを選択してください!

 

ワイモバイルもUQモバイルも実店舗がありますが、申込みは24時間受付・待ち時間無し・手続き簡単の公式サイトが便利です。ぜひご利用ください!

 

ワイモバイル公式サイト 

 

UQモバイル公式サイト

 

ワイモバイルUQモバイル
私がおすすめの格安SIMキャリア
ワイモバイル

格安SIMのおすすめはワイモバイル!
私も契約しています。

◎:トップレベルの通信速度
◎:年間6万円の節約可能
◎:料金そのままデータ増量
◎:国内通話10分かけ放題
◎:Softbank Wi-Fiスポット無料
◎:キャリア決済使用可能
◎:ヤフープレミアム会員無料
◎:LINE ID検索可能

Twitterで情報配信中!
格安SIMへの乗り換えならおすすめはここ!乗り換えの方法・流れも詳しく解説 -シムラボ!-