料金1,100円×6ヶ月割引キャンペーン中! 

IIJmioの評価とメリット・デメリット、通信速度まとめ【2020年最新】

 

IIJmioロゴ

 

本サイトでは、IIJmioに関する評価とメリット・デメリットをまとめます。

 

IIJmioは格安SIMにおける老舗で信頼感が高く、eSIMや従量制プランなどのプランも豊富で活用の幅が広いのが特徴です。

ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えれば大きく料金を節約できます。

 

ただし、通信速度は格安SIMの中で平均的で、お昼や夕方の速度低下に注意が必要です。

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

  1. シムラボのIIJmioに対する評価
    1. 最大の魅力は料金のやすさ
    2. タイアップキャンペーン実施中
    3. eSIMが使える
    4. 取り扱いスマホが豊富で安い
    5. 家族間の通話がお得
    6. 最大のデメリットは通信速度
      1. 速度はドコモ回線が速い
      2. お昼と夕方に速度が遅くなる
  2. IIJmioのメリット・特徴
    1. 料金が安い!月900円から
    2. ドコモ・au・ソフトバンクから年間6万円節約可能
    3. eSIMが契約できる
    4. 従量制プランも選べる
    5. お得なキャンペーンを実施
    6. タイアップキャンペーン実施中
    7. au回線・ドコモ回線が選べる
    8. ドコモ/au端末はそのまま使える
    9. 端末の動作確認が早い
    10. 大容量オプションも選べる
    11. IIJmioはテザリングが無料
    12. 無料でプラン変更/コース変更可
    13. 余ったデータは繰り越せる
    14. アプリで低速モードに切り替え
    15. バースト転送で制限時も快適
    16. お得なかけ放題オプションも
    17. 家族なら最大30分かけ放題
    18. アプリ利用で通話料半額
    19. 家族ならファミリーシェアプラン
    20. 取り扱いスマホ機種が豊富
    21. 持ち込みのスマホも使える
    22. 人気/最新のiPhoneも使える
    23. iPhone・iPadが買える
    24. IIJmioならLINEも使用可能
    25. 追加SIMでの容量シェア可
    26. IIJmioひかりとの光セット割
    27. IIJmioは使えるエリアが広い
    28. 店舗で契約手続きできる
  3. IIJmioのデメリット・欠点
    1. au回線の速度は遅い
    2. ドコモ回線もお昼/夕方は遅い
    3. au回線は3日間の速度制限
    4. 店舗が少なくサポート不可
    5. 完全かけ放題オプションなし
    6. キャリアメールは使えない
    7. 契約翌月末まで解約不可
    8. 最低利用期間/違約金あり
    9. au端末もSIMロック解除が必要
    10. 料金支払いは口座振替不可
  4. 現在実施中のお得なキャンペーン
  5. 限定タイアップキャンペーン実施中!

シムラボのIIJmioに対する評価

 

IIJmioに対する評価は以下のとおりです。

 

  • 大手3キャリアより料金が断然安い
  • eSIMが選べる
  • 珍しい従量制プランも
  • 取り扱いスマホが多い
  • 家族間通話がお得
  • 業界内での信頼度が高い
  • 速度以外の大きな欠点なし
  • au回線は一日中遅い
  • ドコモ回線もお昼・夕方に速度が低下

 

料金の安さはもちろんですが、eSIMが選べる点取り扱いスマホが豊富で安い点家族間通話がお得な点が最大のメリットです。

 

一方、通信速度には注意が必要です。

IIJmioはドコモ回線とau回線が選べますが、ドコモ回線の速度は平均レベル、au回線は遅いです。

特にお昼12時~13時はかなりの我慢が必要です。

 

ただ、通信速度以外に大きなデメリットはありません

回線混雑時でもLINEやメールなどは快適に使えますので、それほどスマホを使わない方や、混雑時間帯にスマホを使わない方はデメリットなく使えるでしょう。

 

最大の魅力は料金のやすさ

 

IIJmio含め、格安SIMの最大の魅力は料金の安さです。

 

IIJmioの音声SIMのプランは3GBで月1,600円です。

ほぼ常時実施しているキャンペーンを適用すればさらにお得に契約できます。

 

それほどスマホを使わない方、毎月のデータ使用量が多くない(10GB以下)の方はIIJmioに乗り換えることで大きく料金を節約できます。

私もドコモから格安SIMに乗り換えることで、月5,000円節約できました。

 

現在ドコモ・au・ソフトバンクを契約中の、方は、IIJmioに乗り換えることで毎月のスマホ料金を大きく節約できます。

 

タイアップキャンペーン実施中

 

さらに当サイト「シムラボ」とのタイアップキャンペーンも実施中です。

IIJmioでは年間を通して何らかのキャンペーンを実施していますが、さらにお得に契約できます。

 

こちらまたは下記バナーから申し込んだ方限定で、通常の公式キャンペーンに加えて特典が加算されます。

ただただこちらから申し込むだけで加算されますので、契約時は必ず利用しましょう。

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

eSIMが使える

 

IIJmioは主要なMVNOでは唯一eSIMが契約できます

eSIMはまだまだ馴染みがないですが、iPhone XS・XR以降の機種やPixelシリーズに搭載されています。

 

通常はスマホ本体の中にSIMカードを入れることで通話やデータ通信ができるようになります。

一方、eSIMはもともと本体内にSIMカードが取り込まれており、契約してQRコードを読み込むだけで通信が可能になります。(IIJmioのeSIMはデータ通信のみ)

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでiPhone XS・XR以降の機種を使っている方も、通話は大手キャリアで、データ通信は料金が安いIIJmioのeSIMと設定することで、料金を大きく節約できます。

 

eSIM活用で料金節約

 

少々難易度は高いですが、使いこなせればかなり便利でオトクです。

eSIMが使えるのはMVNOではIIJmioだけです。

 

▼IIJmioはeSIMもお得▼

IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

 

取り扱いスマホが豊富で安い

 

 

IIJmioは取り扱いスマホがかなり多いのも魅力です。

SHARP・OPPO・SONY・HUAWEI・ASUSなどの主要メーカーのSIMフリースマホはもちろん、Xiaomiやmotorolaなども取り扱っています。

 

とにかく取扱機種が多く、「欲しいスマホが買えるがIIJmioだけだったのでIIJmioに契約する」という方も多いと思います。

 

また、端末価格も安いです。

格安SIMキャリアではgooSimsellerの端末価格が最も安いですが、IIJmioはそれに次いで安いです。

取り扱い機種数はIIJmioの方が多いので、スマホセットで契約する方はIIJmioも検討しましょう。

 

家族間の通話がお得

 

 

IIJmioは家族間の通話がお得なのもメリットです。

 

IIJmioには通話オプションとして10分かけ放題・3分かけ放題オプションが用意されています。

例えば10分かけ放題オプションの場合、10分以内の国内通話が通話無料になるのに加え、30分以内の家族間の通話も無料になります。

 

かけ放題の
時間
月額
料金
3分かけ放題3分
(家族間:10分)
600円
10分かけ放題10分
(家族間:30分)
830円

 

他キャリアでも通話定額オプションは用意されていますが、家族間が無料になるサービスはほとんどありません。

家族間で通話が多い方、長時間通話する方はIIJmioがおすすめです。

 

最大のデメリットは通信速度

 

IIJmioの最大のデメリットはやはり通信速度です。

ほとんどの格安SIMは時間帯によって通信速度が低下しますが、IIJmioも同様です。

 

速度はドコモ回線が速い

 

IIJmioではドコモ回線とau回線が選べます。

私も両回線の速度を毎月計測していますが、au回線はかなり遅いです。

 

どちらも選べる場合は必ずドコモ回線を選びましょう

au回線は他の格安SIMと比べても遅いです。

 

通常時お昼や夕方の
混雑時
他社との
速度比較
ドコモ回線速い遅い普通
au回線遅い遅い遅い

 

速度は地域や環境によって変わりますので注意してください

 

お昼と夕方に速度が遅くなる

 

ドコモ回線は、通常時は大手キャリアと変わらない速度が出ています。

ただし、お昼と夕方には注意が必要です。

 

お昼12時~13時過ぎは一日で最も回線が混雑する時間で、通信制限がかかったときのような速度に落ち込みます。

また、お昼ほどではないですが夕方18時~19時過ぎ頃までも速度が低下します。

 

お昼や夕方の速度低下はIIJmioだけでなく、他の格安SIMでも同様です。

お昼でも快適に使えるのはワイモバイルUQモバイルと、ぎりぎりOCNモバイルONEくらいです。

速度にこだわる方はこの3キャリアを選びましょう。

 

ただし、IIJmioのドコモ回線も速度が低下する時間は限られていますので、この時間が我慢できる方は全く問題ありません。

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioのメリット・特徴

 

IIJmioのメリットを考えつくだけ挙げました。

 

  • 料金が安い!月900円から
  • 大手3社より年間6万円節約可
  • eSIMが契約できる
  • 従量制プランも選べる
  • お得なキャンペーンを実施
  • タイアップキャンペーン実施中
  • au回線・ドコモ回線が選べる
  • ドコモ/au端末はそのまま使える
  • 端末の動作確認が早い
  • テザリングが無料
  • 無料でプラン変更・コース変更可
  • 余ったデータは繰り越せる
  • アプリで低速モードに切り替え
  • バースト転送で制限時も快適
  • お得なかけ放題オプションも
  • 家族なら最大30分かけ放題
  • アプリ利用で通話料半額
  • 家族ならファミリーシェアプラン
  • 取り扱いスマホ機種が豊富
  • 持ち込みのスマホも使える
  • 人気/最新のiPhoneも使える
  • iPhone・iPadが買える
  • IIJmioならLINEも使用可能
  • 追加SIMでの容量シェア可
  • IIJmioひかりとの光セット割
  • 使えるエリアが広い
  • 店舗で契約手続きできる

 

冒頭でも解説した通り、「料金の安さ」「eSIMが使える」「取扱機種の豊富さ/安さ」「家族間通話のお得さ」が最大のメリットです。

また、大きな欠点がないことも魅力ですね。

 

これからメリットを詳しく解説していきます。

 

料金が安い!月900円から

 

IIJmioのメリットは、なんといってもその料金の安さです。

 

月3GBのデータが使える音声SIMが、なんと月1,600円から使えます。

データ専用SIMなら月900円です。

 

▼IIJmioの主要な料金プラン▼

データ
容量
音声通話
SIM
SMS付
データSIM
データ
専用SIM
3GB¥1,600¥1,040¥900
6GB¥2,220¥1,660¥1,520
12GB¥3,260¥2,700¥2,560

※税抜

 

格安SIMはどこも安いですが、IIJmioもとにかく料金が安いのが最大のメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクから年間6万円節約可能

 

IIJmioなら、ドコモ・au・ソフトバンクに比べスマホ料金を大きく節約できるのがメリットです。

 

私自身もドコモから格安SIMに乗り換えましたが、ドコモでは月5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。

通話はほとんどしなかったにもかかわらず、この値段です。

 

しかし、IIJmioの音声通話SIMだと6GB使えて毎月2,220円。

10分かけ放題のオプションをつけても3,000円ちょっとです。

 

月5,000円、年間だと6万円以上の節約になります。

一人でも年間6万円の節約ができますので、家族4人で契約すればさらに節約可能です。

 

eSIMが契約できる

 

IIJmioは主要なMVNOでは唯一eSIMが契約できます

eSIMはまだまだ馴染みがないですが、iPhone XS・XR以降の機種やPixelシリーズに搭載されています。

 

通常はスマホ本体の中にSIMカードを入れることで通話やデータ通信ができるようになります。

一方、eSIMはもともと本体内にSIMカードが取り込まれており、契約してQRコードを読み込むだけで通信が可能になります。(IIJmioのeSIMはデータ通信のみ)

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどの大手キャリアでiPhone XS・XR以降の機種を使っている方も、通話は大手キャリアで、データ通信は料金が安いIIJmioのeSIMと設定することで、料金を大きく節約できます。

 

eSIM活用で料金節約

 

少々難易度は高いですが、使いこなせればかなり便利でオトクです。

eSIMが使えるのはMVNOではIIJmioだけです。

 

▼IIJmioはeSIMもお得▼

IIJmioみおふぉん(eSIM)

 

 

従量制プランも選べる

 

IIJmioでは2020年夏から従量制プランも開始しました。

従量制プランとは、月に使える容量の上限が決められておらず、使った分だけ料金がかかるプランです。

 

月によってデータ使用量の変動が大きい場合は、定額プランを契約するよりも従量制プランのほうがお得な場合があります。

特に、サブ回線として契約する場合など、データを全く使わない月がある場合にもお得です。

 

従量制プランはエキサイトモバイルでも実施していましたが、他の主要な格安SIMでは実施していません。

IIJmioで選べるようになったのは大きなメリットです。

 

▼従量制プランの料金表▼

データ容量音声SIMSMS機能付
SIM
~1GB1,180円480円
~2GB1,400円700円
~3GB1,600円900円
~4GB1,800円1,100円
以降、1GBごとに200円加算

※税抜

 

▼使った分だけの従量制▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

お得なキャンペーンを実施

 

IIJmio 9月 MNPキャッシュバックキャンペーン

 

IIJmioに乗り換えるとスマホ代を大幅に削減することができます。

しかし、嬉しいのはこれだけではありません。

毎月いろいろなキャンペーンを実施しています。

 

IIJmioではほぼ年間を通して何らかのキャンペーンを実施していますので、いつ契約してもお得です。

最近では月額料金割引に加え、初期費用1円キャンペーンやキャッシュバックも実施中です。

 

 

タイアップキャンペーン実施中

 

前章の通り、IIJmioでは年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

さらに、当サイト「シムラボ」とのタイアップキャンペーンも実施中です。

 

こちらまたは下記バナーから申し込んだ方限定で、通常の公式キャンペーンに加えて特典が加算されます。

ただただこちらから申し込むだけで加算されますので、契約時は必ず利用しましょう。

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

au回線・ドコモ回線が選べる

 

IIJmioでは、au回線のタイプA、ドコモ回線のタイプDを選択することができます。

2回線を選べるのはIIJmioの大きなメリットですね。

 

地域によってはドコモ回線が繋がりやすい・au回線が繋がりやすいといった差異もありますので、繋がりやすい回線を選択してください。

 

なお、私は毎月両方の回線の速度を計測していますが、通信速度はタイプDの方が速いです。

au回線は他の格安SIMに比べても遅いので、どちらも選べる場合にはタイプDを選びましょう。

 

ドコモ/au端末はそのまま使える

 

前章で解説したとおり、IIJmioではドコモ回線(タイプD)・au回線(タイプA)の2種類が用意されています。

 

そのうち、ドコモ回線(タイプD)を選択すれば、ドコモで購入したスマホ端末はSIMロック解除なしで使用できるのがメリットです。

同じく、auで買ったスマホはau回線ならSIMロック解除無しで使えます。(一部除く)

 

SIMロック解除は少々手続きが煩雑ですが、端末購入元と回線を一致させればSIMロック解除なしで使えます。

 

au端末はSIMロック解除が必要な場合も

 

ただし、au端末をau回線(タイプA)で使う場合は少々ややこしいです。

auで2017年8月1日以降に発売されたスマホならSIMロック解除不要ですが、それ以前に発売の機種はタイプAで使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

ここは非常にややこしいので、au端末を使用したい場合は注意してください。

 

<au端末のSIMロック解除>
(au回線選択時)

auでの
購入時期
SIMロック解除
2017年7月末
までに購入
必要
2017年8月
以降に購入
不要

 

端末の動作確認が早い

 

IIJmioは、新しい端末が発売になった場合の動作確認が非常に早いのがメリットです。

特に最新のiPhoneが発売された場合などに嬉しいメリットですね。

 

iPhone11発売時にも、IIJmioでは即日で動作確認が完了しました。

端末発売だけでなく、OSのバージョンアップ時にもすぐに発信がありますので安心です。

 

大容量オプションも選べる

 

 

IIJmioには、20GB・30GBを追加できる大容量オプションも用意されています。

動画をよく見る方やPCにテザリングしてネットをされる方も大容量オプションがあるのはIIJmioのメリットですね。

 

大容量オプションを契約すれば、SIMカードを追加し家族でデータ容量を分け合うこともできますので、更にお得に使用できます。

 

 

ただし、格安SIMは基本的にあまりデータをたくさん使わない方向けにお得な料金になっています。

使用するデータ容量が大きくなるほど大手キャリアと差が少なくなり、お得度が減っていきます。

 

15GB以上使う方は、速度が速くて大容量が安いFUJI Wifiや、データ容量使い放題の楽天モバイルUN-LIMITも検討しましょう。

気になる方はぜひ問い合わせページから質問してください。

 

IIJmioはテザリングが無料

 

IIJmioはテザリングが無料なのもメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクはテザリングが有料の場合がありますが、IIJmioは契約したデータ容量内ならテザリングし放題です。

 

前章で解説したとおり、IIJmioには20GB・30GBを追加できる大容量オプションもありますので、外出先でPCやタブレットを使う場合もスマホのテザリングで対応できます。

 

無料でプラン変更/コース変更可

 

IIJmioでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げられるのがメリットです。

 

しかも変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

ただし、変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。

「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

また、月末最終日は受付が停止されていますので早めに申請しましょう。

 

余ったデータは繰り越せる

 

 

IIJmioではもちろん余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

月によるデータ使用量の変動を吸収できますし、例えば「来月に旅行の予定があるから、今月はデータを節約して来月に繰り越そう」といったことも可能です。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されます。

この点はドコモ・au・ソフトバンクにはない大きなメリットですね。

 

 

アプリで低速モードに切り替え

 

 

IIJmioの専用アプリには「クーポンスイッチ」が使えるメリットがあります。

これは、アプリで高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、クーポンスイッチを使えば賢くデータ節約ができます。

 

 

バースト転送で制限時も快適

 

 

IIJmioにはバースト転送機能があるのがメリットです。

 

「バースト転送」とは、WEBページやSNSの読み込み時に最初だけ高速にすることで、読み込みの体感速度を速くしてくれます。

万が一通信制限がかかったときも、比較的快適に通信を楽しむことができます。

 

 

お得なかけ放題オプションも

 

IIJmioには、お得な通話かけ放題オプションがあるのがメリットです。

 

それは、10分以内または3分以内の国内通話が何度でも無料になるというオプションです。

1回の通話を10分または3分以内に収めれば、月に何度かけても通話料はかかりません。

 

 

このオプションには、よくある「21時~翌1時は有料」「無料の連絡先は3件まで」といった制限もありません。

いつ、誰にかけても無料です。

通話をよくする方も、このオプションをうまく活用することで通話料を無料にすることができます。

 

家族なら最大30分かけ放題

 

 

IIJmioは家族間の通話が非常にお得なのもメリットです。

前章で解説した通話定額オプションは3分/10分以内の国内通話がかけ放題になるオプションですが、家族間なら最大30分かけ放題になります。

 

かけ放題の
時間
月額
料金
3分かけ放題3分
(家族間:10分)
600円
10分かけ放題10分
(家族間:30分)
830円

 

特によく通話するのが家族間なら、IIJmioの通話定額オプションは非常にお得です。

家族間通話が無料になるサービスは主要な格安SIMではIIJmioにしかありません。

 

アプリ利用で通話料半額

 

 

IIJmioは、アプリ利用で国内の通話料を誰でも簡単に半額にできるのがメリットです。

専用のアプリ「みおふぉんダイヤルアプリ」から電話をかければ、誰でも無料で通話料が半額の10円/30秒になります。

 

「専用アプリから掛ける」と言われると面倒な気がしますが、そんなことはまったくありません。

アプリを起動して、電話番号をタップするだけ。

通常に電話を掛けるのと全く同じ手間で通話料を半額にできます。

 

 

前章で解説したとおり、IIJmioには国内通話が3分・または10分かけ放題になる通話オプションがあります。

ただし、上記のかけ放題オプションに入っていない場合や、オプションを契約していても3分または10分を超えて通話した場合は、30秒毎に20円の通話料がかかります。

 

この通話料もアプリ「みおふぉんダイアル」なら半額になりますので、ぜひ利用してください。

 

家族ならファミリーシェアプラン

 

IIJmioは、家族で契約すればさらに月のスマホ代を安くできるのがメリットです。

 

例えば家族4人でIIJmioに契約する場合、通常であれば1,600円(3GB音声通話付プラン)×4人で、最低でも6,400円かかることになります。

しかし、IIJmioのファミリーシェアプランなら4人で合計10GBのデータを分け合うプランで5,760円まで抑えることができます。

 

 

私はドコモに契約していた際、1人で月8,000円支払っていましたので、ざっくり言うと1人分で家族4人がスマホを使えることになります。(かなりざっくりですが)

 

さらに、家族間の通話は最大60%OFFになり、家のネットとのセット割引でさらに安くなるなど、他にも特典がいっぱいです。

これを機会に、ぜひ家族全員でIIJmioへの乗り換えを検討してみてください。

 

取り扱いスマホ機種が豊富

 

IIJmioの最大の特徴・メリットは、取り扱いスマホ機種が大変多いことです。

取り扱い機種は30種類近くにも上り、格安SIMキャリアの中ではダントツの数です。

 

SHARP・富士通・京セラといった国産メーカー製スマホ、ASUS・HUAWEIといった人気のスマホはもちろん、CAT・Motorola・Trinity・Alcatel・ZTEなどのスマホも取り揃えています。

「欲しい端末がIIJmioにあるからIIJmioを選んだ」という方も多いようです。

 

 

持ち込みのスマホも使える

 

IIJmioでは、SIMカードとセットで新たにスマホを購入することもできますし、現在使っているスマホをそのまま使えます

 

「今使っているスマホをそのまま使いたい」「IIJmioでは購入できないスマホを使いたい」という方にも安心のメリットですね。

相当古い機種など一部を除けば、ほぼ全ての機種をIIJmioで使うことができます。

 

人気/最新のiPhoneも使える

 

 

IIJmioではもちちろん、iPhone8やiPhone7、iPhone XS・XRやiPhone11シリーズも使えます。

 

IIJmioでiPhoneを使えば、ドコモ・au・ソフトバンクより料金を大きく節約できるのがメリットです。

「月々の料金は抑えたいが、端末にはこだわりたい」という方におすすめです。

 

ただし、既存のスマホを使うには簡単な設定が必要な場合があります。

IIJmioでiPhoneを使うメリットや設定手順については下記記事で詳しく説明しています。

 

 

iPhone・iPadが買える

 

 

IIJmioではiPhoneやiPadが買えます。

 

取り扱っているのは中古のiPhoneですが、傷もなくて状態はかなり良いです。

私も以前実機を確認しましたが、新品と見分けがつかないほどきれいでした。

 

ただし、中古の割に通常価格は新品とそれほど変わりません。

よくセールやキャンペーンで安くなっているので、その時を狙って買いましょう。

 

▼iPhone/iPadが買える▼

IIJmio(みおふぉん)

 

また、iPhoneの端末だけほしい方は中古スマホ通販サイトのイオシスやじゃんぱらで買うのが一番おすすめです。

中古だけでなく未使用品の在庫も豊富で、価格も安いです。

 

私もスマホを買う際はここで買っています。

 

▼中古/未使用iPhoneが格安▼

 

 

IIJmioならLINEも使用可能

 

 

IIJmioは、もちろんLINEなどのアプリも使えます。

ただしID検索はできないので注意してください。

 

追加SIMでの容量シェア可

 

IIJmioにはSIMカードを追加発行できるというメリットがあります。

 

スマホに挿すSIMカードを契約する際、SIMカードを追加することができます。

追加したSIMカードをタブレットに挿して使えば、スマホとタブレットで同じデータ容量を分け合うことができます。

 

例えば、通常月2,220円で6GBまで使える音声通話用SIMを契約するとします。

その際、わずか500円の追加料金でSIMカードをもう1枚追加できるのです。

 

追加したSIMカードはタブレットやモバイルルーターに挿して使えます。

6GBのデータ容量はスマホとタブレットで分け合うことができるのです。

 

スマホのほかにタブレットやモバイルルーターをお持ちの方は、2枚のSIMカードを別々に契約するより大変お得になりますので、ぜひ活用してください。

 

 

IIJmioひかりとの光セット割

 

IIJmioのスマホを契約中の方は、家の光回線を「IIJmioひかり」にすれば、スマホの月額料金が毎月600円割引になります。

 

もともと安いIIJmioのスマホ料金がさらに安くなる大きなメリットですので、IIJmioのスマホを契約される方は家のネットも一緒に見直しましょう。

600円の割引はスマホ・ネットを契約している限りずっと続きます。

 

 

IIJmioは使えるエリアが広い

 

IIJmioはドコモ・auのLTE回線の一部を借りて運用しています。

そのため、使えるエリア・範囲が非常に広いのがメリットです。

 

ドコモもauも人口カバー率は99%を超えていますので、山奥や離島を除くとほとんどの地域で使用できます。

また、繋がりやすさによってドコモ回線・au回線を選べるのもメリットですね。

 

店舗で契約手続きできる

 

IIJmioには少ないながらも店舗があります。

家電量販店内などにある店舗にいけば、その場で新規契約やMNP転入手続きが可能です。

 

SIMが即日開通するのがメリットですね。

 

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioのデメリット・欠点

 

一方、IIJmioのデメリット・注意点は以下のとおりです。

 

  • au回線の速度は遅い
  • ドコモ回線もお昼/夕方は遅い
  • au回線は3日間の速度制限
  • 店舗が少なくサポート不可
  • 完全かけ放題オプションなし
  • キャリアメールは使えない
  • 契約翌月末まで解約不可
  • 最低利用期間/違約金あり
  • au端末もSIMロック解除が必要
  • 料金支払いは口座振替不可

 

特に通信速度には注意が必要です。

速度にこだわる方はワイモバイルUQモバイルOCNモバイルONEを選びましょう。

 

ただし、ドコモ回線なら一部の時間帯を除けば速度は快適ですし、それ以外に大きな欠点はありません。

 

au回線の速度は遅い

 

IIJmioのデータ通信速度は、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに比べれば確実に劣ります

通信速度はIIJmioを含めた格安SIMの最大のデメリットです。

 

私も毎月IIJmioの通信速度を計測していますが、特にau回線はかなり遅いです。

お昼や朝夕の通勤時間帯以外でも遅くなり、他の格安SIMと比べてもかなり遅いです。

 

 

IIJmioを選ぶ際にはできるかぎりドコモ回線を選びましょう。

auで買ったスマホを使いたい場合など、どうしてもau回線を選びたい場合は通信速度が非常に速いUQモバイルBIGLOBEモバイルを選びましょう。

 

UQモバイルは一日中速く、ドコモ・au・ソフトバンクと同レベルの速度が出ます。

BIGLOBEモバイルはお昼12時~13時だけ遅くなりますが、それ以外の時間は快適です。

 

ドコモ回線もお昼/夕方は遅い

 

ドコモ回線は通常時はかなり快適です。

数十Mbpsの速度が出ており、遅いと感じることはないでしょう。

 

ただし、お昼12~13時や夕方の通勤時間帯は通信速度が落ちることが多いです。

特に12時~13時は下り速度が1Mbpsを切ることも多いので、動画視聴などはかなり難しいです。

 

お昼の12時~13時は会社員の方が一斉にお昼休みに入り回線使用が集中するのが原因で、これはIIJmioだけでなく格安SIMならどのキャリアも同じデメリットを抱えています。

 

この時間にもスマホをガッツリ使いたいという方は、ワイモバイルUQモバイルOCNモバイルONEがおすすめです。

逆に、この時間帯にあまりスマホを使わないという方や、Wi-Fiなどでしのげるという方は、IIJmioでも問題ありません。

 

au回線は3日間の速度制限

 

IIJmioのau回線(タイプA)には、3日間の使用量による速度制限があります。

 

3日間のデータ使用量が6GBを超えると通信制限が掛かる可能性があります。

6GBを超えると必ずかかるわけではないようですが、注意が必要です。

 

特に大容量オプションを契約する場合には3日間で6GBは十分ありうる値です。

この6GBには低速モードONでの通信も含まれるので注意してください。

 

この通信制限はタイプAのみで、タイプDにはありません。

 

店舗が少なくサポート不可

 

IIJmioはドコモショップ・auショップのようなサポートまで受けられる実店舗がありません。

家電量販店内などに店舗はありますが、基本的には契約手続きのみです。

 

 

困ったときに駆け込めてサポートが受けられる店舗がありません。

その分、料金が安くなっています。

 

各種手続きやお問い合わせ対応はネットで簡単にできます。

IIJmioでの各種手続きは基本的にすべてネットで行う必要があります。

 

店舗がないと何かあったときに不安だなという方にはIIJmioを含めた格安SIMはおすすめしません。

格安スマホで唯一全国に多数の店舗があるワイモバイルがおすすめです。

 

完全かけ放題オプションなし

 

IIJmioには最大3分/10分かけ放題になる通話定額オプションが用意されています。

 

しかし、IIJmioには完全かけ放題になるオプションはありません

頻繁に通話をする方や10分以上の通話が多い方にはデメリットになるでしょう。

 

通話が多い方は、完全かけ放題オプションがあるワイモバイルの「スーパー誰とでも定額」か、国内通話かけ放題の楽天モバイルUN-LIMITがおすすめです。

 

キャリアメールは使えない

 

IIJmioではキャリアメールが使えないのもデメリットです。

 

キャリアメールとは、ドコモの「~@docomo.ne.jp」やソフトバンクの「~@softbank.ne.jp」など、キャリア独自のドメインでメールができる機能です。

このキャリアメールがないと使えないサービスも多いのですが、IIJmioにはキャリアメールがありませんので、それらのサービスは利用できません。

 

キャリアメールを使いたい方はキャリアメールが無料のワイモバイルか、月額200円で使えるUQモバイルにしましょう。

 

契約翌月末まで解約不可

 

IIJmioの音声SIM・SMS機能付SIM・データ専用SIMは、契約翌月末までは解約することができません。

解約したい場合も、翌月末までは必ず契約を続ける必要があります。

 

この制限は格安SIMでも珍しいので、IIJmioのデメリットのひとつですね。

 

 

最低利用期間/違約金あり

 

IIJmioの音声通話SIMには実質的に1年間の最低利用期間があります。

1年以内に解約・MNP転出すると違約金がかかります。

 

2019年10月以降に契約した方の違約金は1,000円なので、それほど影響は大きくありません。

しかし、他の格安SIMでは最低利用期間なし・違約金なしの所も多いので、1,000円の違約金が残った点は少々残念です。

 

 

au端末もSIMロック解除が必要

 

auで購入した端末をIIJmioのau回線で使用する場合は注意が必要です。

IIJmioのau回線で使用する場合、auで購入した端末でもSIMロック解除が必要な場合があります。

 

auで2017年8月1日以降に発売した端末は、タイプAの回線であればSIMロック解除無しで使えます。

しかし、2017年8月以前に発売の端末は、タイプAを選んでもSIMロック解除が必要です。

 

  • au発売日が2017年8月以前:解除必要
  • au発売日が2017年8月以降:解除不要

 

iPhoneであれば、iPhone8以降はSIMロック解除不要で使えますが、iPhone7までの機種はタイプAでもSIMロック解除が必要です。

 

料金支払いは口座振替不可

 

IIJmioの料金の支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替ができないのがデメリットのひとつです。

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

現在実施中のお得なキャンペーン

 

IIJmioキャッシュバックキャンペーン

 

IIJmioでは、年間を通して何らかのお得なキャンペーンを実施しています。

 

端末セットで購入する場合もSIMのみ契約する場合も、月額料金が割引になったりデータ容量が増量になるキャンペーンが大変人気です。

 

現在実施中のキャンペーン一覧は下記にまとめています。

必ずチェックしましょう。

 

 

 

限定タイアップキャンペーン実施中!

 

以上、IIJmioの評価とメリット・デメリットでした。

 

「3キャリアに比べて料金が圧倒的に安い」点に加え、「eSIMが使える」「取扱機種の豊富さ/安さ」「家族間通話のお得さ」がIIJmioの最大のメリットです。

ただし、通信速度には注意が必要です。

 

当サイト「シムラボ」ではIIJmioとの限定タイアップキャンペーンを実施しています。

通常の公式キャンペーンに加えてお得な特典が上乗せされますので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

▼豪華キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました