初期費用1円&スマホ100円セール実施中! 

IIJmioのメリット30個まとめ!実際に契約した私の評価も【2020年】

 

 

本記事では、人気の格安SIM「IIJmio」のメリットについて解説します。

 

実際に私も契約しており、実際に使ってみた私の評価も載せていますので是非参考にしてください。

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式サイト 

 

IIJmioのメリット・特徴

 

料金が安い!月900円から

 

IIJmioのメリットはなんといってもその料金の安さです。

 

月3GBのデータが使えるデータ専用SIMが、なんと月900円から使えます。

特に現在ドコモ・au・ソフトバンクのスマホを契約している方は、毎月のスマホ代を大幅に削減することができます。

 

▼データ専用SIMの料金表▼

データ容量月額料金
3GB¥900
6GB¥1,520
12GB¥2,560

 

▼音声通話SIMの料金表▼

データ量基本料
3GB¥1,600
6GB¥2,220
12GB¥3,260

 

ドコモ・au・ソフトバンクから年間6万円節約可能

 

IIJmioなら、ドコモ・au・ソフトバンクに比べスマホ料金を大きく節約できるのがメリットです。

 

例えば私の場合、以前契約していたドコモでは月5GBのプランで毎月8,000円ほど支払っていました。

通話はほとんどしなかったにもかかわらず、この値段です。

 

しかし、IIJmioの音声通話SIMだと6GB使えて毎月2,220円。

10分かけ放題のオプションをつけても3,000円ちょっとです。

 

月5,000円、年間だと6万円以上の節約になります。

一人でも年間6万円の節約ができますので、家族4人で契約すればさらに節約可能です。

 

 

お得なキャンペーンを実施

 

 

前章で説明したとおり、IIJmioに乗り換えるとスマホ代を大幅に削減することができます。

しかし、嬉しいのはこれだけではありません。

毎月、いろいろなキャンペーンを実施しており、さらにスマホ代が安くなるのです。

 

キャンペーンをうまく利用すれば、もともと安いIIJmioのスマホ料金が、さらに安くなります。

 

 

普段使いに十分な通信速度

 

格安SIMを契約する際に不安なのがデータ通信速度です。

格安SIMは料金が安い分、データ通信速度が遅いのは確かです。

 

IIJmioのデータ速度はタイプDは平均的、タイプAはやや遅いです。

しかし、動画を見たりスマホをガンガン触る方でなければ十分な速度でしょう。

 

 

たしかに、ドコモやau・ソフトバンクに比べると劣ります。

しかし、そもそも普通の人は1Mbpsのデータ速度もあれば快適に通信できるといわれています。

また、その分料金は格安です。

 

通信速度にこだわる方は高いお金を払ってもドコモ・au・ソフトバンクに残ったほうが良いですが、あまりスマホを使わない方はIIJmioで料金を節約しましょう。

 

au回線・ドコモ回線が選べる

 

IIJmioでは、au回線のタイプA、ドコモ回線のタイプDを選択することができます。

2回線を選べるのはIIJmioの大きなメリットですね。

 

通信速度はタイプDの方が速いです。

また、地域によってはドコモが繋がりやすい・auが繋がりやすいといった差異もありますので、IIJmioで繋がりやすい回線を選択してください。

 

ドコモ端末はそのまま使える

 

前章で解説したとおり、IIJmioではドコモ回線(タイプD)・au回線(タイプA)の2種類が用意されています。

 

そのうち、ドコモ回線(タイプD)を選択すれば、ドコモで購入したスマホ端末はSIMロック解除なしで使用できるのがメリットです。

 

SIMロック解除は少々手続きが煩雑ですが、IIJmioならSIMロック解除なしで使えます。

中古スマホショップなどで端末を購入する場合も、SIMロックされた端末の方が安く買えますが、IIJmioならSIMロック端末でも使えますので安心してください。

 

au端末はSIMロック解除が必要な場合も

 

なお、au端末をau回線(タイプA)で使う場合は少々ややこしいです。

auで2017年8月1日以降に発売されたスマホならSIMロック解除不要ですが、それ以前に発売の機種はタイプAで使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

ここは非常にややこしいので、au端末を使用したい場合は注意してください。

 

タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au
Softbank

 

  • 2017年8月以前に発売:必要
  • 2017年8月1日以降に発売:不要

 

端末の動作確認が早い

 

IIJmioは、新しい端末が発売になった場合の動作確認が非常に早いのがメリットです。

特に最新のiPhoneが発売された場合などに嬉しいメリットですね。

 

iPhone XS・XR発売時にも、IIJmioでは即日で動作確認が完了しました。

端末発売だけでなく、OSのバージョンアップ時にもすぐに発信がありますので安心です。

 

余ったデータ分割引のプラン

 

IIJmioには、データ容量が余ると月額料金が割引になる「エコプラン」があります。

このようなプランがあるのはIIJmioだけなので、非常に大きなメリットです。

 

 

例えば3GBプランを契約していて当月2GBしか使わなかった場合、余った1GBは0.5GB=100円の割引になります。

月よってデータ容量の変動がある場合も安心です。

 

エコプランはデータの繰り越しはありませんし、データを使い切っても追加購入ができないのがデメリットですが、うまく活用すれば通常プランよりお得になります。

 

 

大容量オプションも選べる

 

IIJmioには、20GB・30GBを追加できる大容量オプションも用意されています。

動画をよく見る方やPCにテザリングしてネットをされる方も大容量オプションがあるのはIIJmioのメリットですね。

 

大容量オプションを契約すれば、SIMカードを追加し家族でデータ容量を分け合うこともできますので、更にお得に使用できます。

 

 

IIJmioはテザリングが無料

 

IIJmioはテザリングが無料なのもメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクはテザリングが有料の場合がありますが、IIJmioは契約したデータ容量内ならテザリングし放題です。

 

前章で解説したとおり、IIJmioには20GB・30GBを追加できる大容量オプションもありますので、外出先でPCやタブレットを使う場合もスマホのテザリングで対応できます。

 

プラン変更・コース変更可能

 

IIJmioでは、同じ回線のプラン内なら毎月1回コース変更ができます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げられるのがメリットです。

 

しかも変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

ただし、変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。

「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

また、月末最終日は受付が停止されていますので早めに申請しましょう。

 

余ったデータの繰越可能

 

 

IIJmioではもちろん余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

月によるデータ使用量の変動を吸収できますし、例えば「来月に旅行の予定があるから、今月はデータを節約して来月に繰り越そう」といったことも可能です。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されます。

この点はドコモ・au・ソフトバンクにはない大きなメリットですね。

 

 

クーポンスイッチで低速切替

 

 

IIJmioの専用アプリには「クーポンスイッチ」が使えるメリットがあります。

これは、アプリで高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、クーポンスイッチを使えば賢くデータ節約ができます。

 

 

バースト転送で制限時も快適

 

 

IIJmioにはバースト転送機能があるのがメリットです。

 

「バースト転送」とは、WEBページやSNSの読み込み時に最初だけ高速にすることで、読み込みの体感速度を速くしてくれます。

万が一通信制限がかかったときも、比較的快適に通信を楽しむことができます。

 

 

タイプDは3日間通信制限なし

 

IIJmioのタイプDの高速通信は、3日間の使用量による速度制限がないのもメリットです。

 

格安SIMキャリアには、直近3日間の使用量が一定量を超えると、データ容量を使い切っていなくても通信制限がかかり、低速になる場合があります。

しかし、IIJmioのタイプDなら高速通信にはこのような通信制限はありません。

 

ただしタイプAは3日間で6GB以上使うと通信制限される可能性があります。

 

お得なかけ放題オプションも

 

IIJmioには、お得な通話かけ放題オプションがあるのがメリットです。

 

それは、10分以内または3分以内の国内通話が何度でも無料になるというオプションです。

1回の通話を10分または3分以内に収めれば、月に何度かけても通話料はかかりません。

 

 

このオプションには、よくある「21時~翌1時は有料」「無料の連絡先は3件まで」といった制限もありません。

いつ、誰にかけても無料です。

通話をよくする方も、このオプションをうまく活用することで通話料を無料にすることができます。

 

家族なら最大30分かけ放題

 

IIJmioは家族間の通話が非常にお得なのもメリットです。

前章で解説した通話定額オプションは3分/10分以内の国内通話がかけ放題になるオプションですが、家族間なら10分/30分以内ならかけ放題になります。

 

かけ放題の時間
月額
料金
国内家族
3分かけ放題3分10分600円
10分かけ放題10分30分830円

 

特によく通話するのが家族間なら、IIJmioの通話定額オプションは非常にお得です。

このメリットはIIJmioだけにしかありません。

 

アプリ利用で通話料半額

 

 

IIJmioは、アプリ利用で国内の通話料を誰でも簡単に半額にできるのがメリットです。

専用のアプリ「みおふぉんダイヤルアプリ」から電話をかければ、誰でも無料で通話料が半額の10円/30秒になります。

 

「専用アプリから掛ける」と言われると面倒な気がしますが、そんなことはまったくありません。

アプリを起動して、電話番号をタップするだけ。

通常に電話を掛けるのと全く同じ手間で通話料を半額にできます。

 

 

前章で解説したとおり、IIJmioには国内通話が3分・または10分かけ放題になる通話オプションがあります。

ただし、上記のかけ放題オプションに入っていない場合や、オプションを契約していても3分または10分を超えて通話した場合は、30秒毎に20円の通話料がかかります。

 

この通話料もアプリ「みおふぉんダイアル」なら半額になりますので、ぜひ利用してください。

 

家族ならファミリープランで

 

IIJmioは、家族で契約すればさらに月のスマホ代を安くできるのがメリットです。

 

例えば家族4人でIIJmioに契約する場合、通常であれば1,600円(3GB音声通話付プラン)×4人で、最低でも6,400円かかることになります。

しかし、IIJmioのファミリーシェアプランなら4人で合計10GBのデータを分け合うプランで5,760円まで抑えることができます。

 

 

私はドコモに契約していた際、1人で月8,000円支払っていましたので、ざっくり言うと1人分で家族4人がスマホを使えることになります。(かなりざっくりですが)

 

さらに、家族間の通話は最大60%OFFになり、家のネットとのセット割引でさらに安くなるなど、他にも特典がいっぱいです。

これを機会に、ぜひ家族全員でIIJmioへの乗り換えを検討してみてください。

 

取り扱いスマホ機種が豊富

 

IIJmioの最大の特徴・メリットは、取り扱いスマホ機種が大変多いことです。

取り扱い機種は30種類近くにも上り、格安SIMキャリアの中ではダントツの数です。

 

SHARP・富士通・京セラといった国産メーカー製スマホ、ASUS・HUAWEIといった人気のスマホはもちろん、CAT・Motorola・Trinity・Alcatel・ZTEなどのスマホも取り揃えています。

「欲しい端末がIIJmioにあるからIIJmioを選んだ」という方も多いようです。

 

 

持ち込みのスマホも使える

 

IIJmioでは、SIMカードとセットで新たにスマホを購入することもできますし、現在使っているスマホをそのまま使えます

 

「今使っているスマホをそのまま使いたい」「IIJmioでは購入できないスマホを使いたい」という方にも安心のメリットですね。

相当古い機種など一部を除けば、ほぼ全ての機種をIIJmioで使うことができます。

 

人気/最新のiPhoneも使える

 

 

IIJmioではもちちろん、iPhone8やiPhone7、iPhone XS・XRや最新のiPhone11シリーズも使えます。

 

IIJmioでiPhoneを使えば、ドコモ・au・ソフトバンクより料金を大きく節約できるのがメリットです。

「月々の料金は抑えたいが、端末にはこだわりたい」という方におすすめです。

 

ただし、既存のスマホを使うには簡単な設定が必要な場合があります。

IIJmioでiPhoneを使うメリットや設定手順については下記記事で詳しく説明しています。

 

 

au回線×iPhoneもテザリング

 

これまでau回線のSIMをiPhoneに挿して使う場合、テザリングができませんでした。

しかし、2018年10月末よりau回線でもiPhoneでテザリングが可能になりました。

 

最大のネックだったテザリングが解禁されたのは大きな朗報です。

 

IIJmioならLINEも使用可能

 

 

IIJmioのみおふぉんなら、もちろんLINE(ライン)などのアプリも使えます。

 

追加SIMでの容量シェア可

 

IIJmioにはSIMカードを追加発行できるというメリットがあります。

 

スマホに挿すSIMカードを契約する際、SIMカードを追加することができます。

追加したSIMカードをタブレットに挿して使えば、スマホとタブレットで同じデータ容量を分け合うことができます。

 

例えば、通常月2,220円で6GBまで使える音声通話用SIMを契約するとします。

その際、わずか500円の追加料金でSIMカードをもう1枚追加できるのです。

 

追加したSIMカードはタブレットやモバイルルーターに挿して使えます。

6GBのデータ容量はスマホとタブレットで分け合うことができるのです。

 

スマホのほかにタブレットやモバイルルーターをお持ちの方は、2枚のSIMカードを別々に契約するより大変お得になりますので、ぜひ活用してください。

 

 

最低利用期間が1年と短い

 

スマホ(SIM)を契約する場合、ドコモやau、ソフトバンクでは2年縛りが発生します。

2年縛りとは、2年間契約すれば料金が安くなる代わりに、2年以内に解約すると解除手数料がかかる、というしくみです。

 

しかし、IIJmioは解除手数料がかかる”縛り期間”が1年と短いのがメリット。

他のキャリアの半分の期間です。

 

 

契約の自動更新もない

 

前章で、IIJmioの最低利用期間が1年と短いのがメリットと解説しました。

 

IIJmioはさらに、1年経過後も契約が自動更新されません。

そのため、1年経過後はいつでも自由に解約・MNP転出できるのがメリットです。

 

 

IIJmioひかりとの光セット割

 

IIJmioのスマホを契約中の方は、家の光回線を「IIJmioひかり」にすれば、スマホの月額料金が毎月600円割引になります。

 

もともと安いIIJmioのスマホ料金がさらに安くなる大きなメリットですので、IIJmioのスマホを契約される方は家のネットも一緒に見直しましょう。

600円の割引はスマホ・ネットを契約している限りずっと続きます。

 

 

IIJmioは使えるエリアが広い

 

IIJmioはドコモ・auのLTE回線の一部を借りて運用しています。

そのため、使えるエリア・範囲が非常に広いのがメリットです。

 

ドコモもauも人口カバー率は99%を超えていますので、山奥や離島を除くとほとんどの地域で使用できます。

また、繋がりやすさによってドコモ回線・au回線を選べるのもメリットですね。

 

店舗で契約手続きできる

 

IIJmioには少ないながらも店舗があります。

家電量販店内などにある店舗にいけば、その場で新規契約やMNP転入手続きが可能です。

 

SIMが即日開通するのがメリットですね。

 

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioのデメリット・欠点

 

IIJmioのデメリット一覧表

 

IIJmioのデメリットは次の通りです。

 

  • 通信速度は大手キャリアに劣る
  • 通信時間帯とお昼は遅い
  • 低速時は3日間使用量で速度制限
  • 完全かけ放題オプションなし
  • キャリアメールは使えない
  • 契約後は翌月末まで解約不可
  • 音声SIMは解約手数料あり
  • au端末もSIMロック解除が必要
  • 支払いはクレジットカード
  • 実店舗でのサポートがない

 

IIJmioのデメリットは下記記事で詳しくまとめています。

 

 

 

現在実施中のお得なキャンペーン

 

IIJmioキャンペーン

 

IIJmioでは、年間を通して何らかのお得なキャンペーンを実施しています。

 

端末セットで購入する場合もSIMのみ契約する場合も、月額料金が割引になったりデータ容量が増量になるキャンペーンが大変人気です。

 

現在実施中のキャンペーン一覧は下記にまとめています。

必ずチェックしましょう。

 

 

申し込みはIIJmio公式サイトで!

 

以上、IIJmio「みおふぉん」のメリット28個の紹介でした。

 

IIJmioなら、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上のスマホ料金節約になります。

また、手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできるので安心です。

 

そして、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

ぜひ利用してください!

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました