当サイト限定タイアップキャンペーン中 

IIJmioの対応バンド/周波数と使える端末(Android/iPhone)まとめ

 

本記事ではIIJmioの対応バンド・周波数とIIJmioで使える端末を解説します。

 

IIJmioはドコモ回線・au回線でバンド・周波数が異なり、au VoLTEも関係しますので、手持ちの端末を使う場合は必ず確認しましょう。

 

IIJmioの対応バンド/周波数は?

 

バンド・周波数とは

 

バンド・周波数とは、スマホやタブレット・ルーターなどが通信する時に使う回線の種類です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどの通信キャリアは、異なる種類の回線を複数使って通信しています。

この回線の種類をバンド・周波数といいます。

 

スマホやタブレット・ルーターなどは、端末ごとに対応している回線の種類が異なります

「このスマホはドコモとソフトバンクのバンドに対応しているが、auのバンドには非対応」という場合があります。

また、ドコモの中でも「バンド1とバンド3には対応しているが、バンド19には対応していない」という場合もあります。

 

タイプD/Aでバンドが異なる

 

IIJmioはドコモ回線のタイプDとタイプAを扱っています。

 

タイプDのSIMを挿して使うスマホは、ドコモ回線のバンドに対応している必要があります。

タイプAでスマホ端末を使う場合、au回線のバンドに対応していることと、au VoLTEに対応している必要があります。

 

  • タイプD:ドコモのバンドに対応が必要
  • タイプA:auのバンドとau VoLTEへの対応が必要

 

タイプDのバンド・周波数

 

IIJmioのタイプDはドコモ回線です。

よって、タイプDのSIMを挿して使いたい場合、主に以下のバンドに対応している必要があります。

 

  • 4G(FDD-LTE):1・3・19
  • 3G:1・6

 

日本国内で発売されているSIMフリー端末は多くが上記のバンドに対応しています。

ですがau・ソフトバンクで発売されたAndroidスマホや海外版のスマホでは、一部LTEのバンドに対応していない場合がありますので注意してください。

 

タイプAのバンド・周波数

 

タイプAはau回線を使っています。

よって、以下のバンドに対応している必要があります。

 

  • 4G(FDD-LTE):1・18・26
    ※26に対応していれば18は不要

 

バンド26はバンド18を含んでいますので、26に対応していれば18はなくてもOKです。

 

また少々ややこしいのですが、IIJmioのタイプAはau VoLTE対応SIMですので、上記バンドのほかにau VoLTEへの対応が必須です。

 

一部機種は、auのバンドには対応しているがau VoLTEに対応していない場合もあります。

また、発売時はau VoLTEに非対応だが発売後のアップデートでau VoLTEに対応する場合もあります。

 

特にHUAWEIの端末は上記のパターンが多いです。

最近ではHUAWEI nova 3・Mate 20 Pro・Mate 20 lite・Mate 10 Pro・P20・novaなどがアップデートでau VoLTEに対応しました。

 

▼IIJmioのSIMを契約する▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

タイプDで使える端末

 

IIJmioでは端末を購入できますし、他で購入した端末を持ち込んでも使えます。

この章では、IIJmioで使える端末をAndroid/iPhoneに分けて解説します。

 

使える端末一覧表

 

ドコモ回線のタイプDは、比較的使える端末が多いです。

 

<タイプDで使える端末>

端末iPhoneAndroid
SIMフリー
ドコモ
au
ソフトバンク

◎:SIMロック解除なしで使える
○:SIMロック解除すれば使える
△:一部使えない場合あり

 

タイプDで使えるiPhone

 

対象のiPhoneは初代SE、iPhone6S・6S Plus以降の機種です

 

まずiPhoneは、SIMフリー端末とドコモ端末はSIMロック解除無しでそのまま使えます。

ソフトバンク版とau版のiPhoneもSIMロック解除すれば使えます。

 

詳しくはIIJmioの動作確認端末一覧を確認してください。

詳細IIJmioの動作確認端末

 

 

タイプDで使えるAndroid

 

Android端末は、国内版のSIMフリー端末とドコモ端末はSIMロック解除無しで使えます。

一方、ソフトバンク版とau版のAndroidは一部機種は使えない場合があります。

 

全く使えないことは無いのですが、端末によってはドコモ回線のLTE周波数(1・3・19)に対応しておらず、地域によって電波が弱くなる可能性がありますので注意してください。

au・ソフトバンクのスマホの対応バンドはこちらで確認できます。

 

 

ドコモ回線のバンド(LTE:1・3・19、3G:1・6)への対応可否が不明な場合は、使わないほうが無難でしょう。

 

▼IIJmioのSIMを契約する▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

タイプAで使える端末

 

使える端末一覧表

 

タイプAは少々複雑です。

使えない端末が多く、さらにSIMロック解除の要否も分かれます。

 

端末iPhoneAndroid
SIMフリー
ドコモ
au◎/○◎/○
ソフトバンク

◎:SIMロック解除なしで使える
○:SIMロック解除すれば使える
△:一部使えない場合あり

 

タイプAで使えるiPhone

 

対象のiPhoneは初代SE、iPhone6S・6S Plus以降の機種です

 

まずiPhoneは、SIMフリー版はそのまま使えます。

ドコモ版・ソフトバンク版はSIMロック解除すれば使えます

 

auで購入したiPhoneも使えるのですが、端末によってSIMロック解除要否が異なります。

 

iPhone7・7Plusまでの機種はタイプAで使う場合もSIMロック解除が必要です。

一方、iPhone8・8Plus以降の機種はSIMロック解除不要で使えます。

 

<au版iPhoneのSIMロック解除要否>

ロック解除
iPhone7以前必要
iPhone8以降不要

 

IIJmioでiPhoneを使う手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

 

タイプAで使えるAndroid

 

Android端末は、SIMフリー端末・ソフトバンク端末・ドコモ端末はSIMロック解除しても使えない場合があります。

 

使える条件として、auのバンド(1・18・26※)に対応していることau VoLTEに対応している必要があります。

※26に対応していれば18は不要

 

SIMフリー端末でも上記2条件に対応していない端末が多いので注意してください。

 

au版のAndroidはタイプAで使えますが、SIMロック解除が必要な場合が分かれます。

auでの発売日が2017年8月1日以前の端末はSIMロック解除が必要です。

一方、auでの発売日が2017年8月1日以降なら、SIMロック解除無しで使えます。

 

発売日ロック解除
2017年7月末まで必要
2017年8月以降不要

 

▼IIJmioのSIMを契約する▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

回線タイプはどちらがおすすめ?

 

タイプDが使える端末が多い

 

これまで解説してきた通り、タイプAに比べタイプDの方が使える端末の方が多いです。

 

タイプAはauのバンドやau VoLTEに対応している端末が少なく、SIMロック解除も複雑です。

(最近はほとんど使えるようになってきました)

 

タイプAとタイプDは料金も同じなので、基本的にはタイプDを選んでおいたほうが無難だと思います。

 

通信速度はタイプDが速い?

 

通信速度は地域や環境によって異なるため一概には言えませんが、タイプDの方が速いことが多いです。

よって、どちらでも対応できる場合はタイプDの方がおすすめです。

 

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

IIJmioで実施中のキャンペーン情報

 

IIJmioでは毎月いろいろなキャンペーンを実施しており、さらに料金が安くなる可能性があります。

月額料金割引やキャッシュバックが受けられたり、オプションが一定期間無料になるなど、大変お得です。

 

タイプDでもタイプAでも基本的に差はありませんし、SIMのみ契約でも対象です。

契約前に必ずチェックしてください。

 

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

IIJmioの申し込みはこちら

 

以上、IIJmioの対応バンドと使える端末の解説でした。

 

IIJmioの契約前には必ずキャンペーンをチェックしましょう。

申し込みはこちらからどうぞ!

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼当サイト限定でお得▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました