キャンペーン&スマホセール第4弾実施中 

IIJmioのエコプランが実はお得!余ったデータ分だけ料金が割引に

 

 

本記事では人気の格安SIM・MVNOであるIIJmioのエコプランについて解説します。

 

このエコプランはあまり知名度がないですが、実は非常にお得なプランです。

データ容量が余ればその分料金が割引になるので、データ使用量が毎月余っている方に非常におすすめです。

 

ただし、条件や注意点もありますので必ず本記事をよく読んでから契約しましょう。

 

▼エコプランの詳細・申し込み▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン▼
(エコプランは対象外)

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioのエコプランとは

 

名称はモバイルプラスサービス

 

エコプランの正式名称は「IIJmioモバイルプラスサービス」です。

 

モバイルプラスサービス=エコプランですが、この記事では全てエコプランと表記します。

 

余ったデータ分だけ割引

 

IIJmioのエコプランは、簡単に言えば「余ったデータ容量分だけ料金が割引になるプラン」です。

 

翌月へのデータ繰り越しがないかわりに、余ったデータ0.5GB毎に100円が割引されます。

 

通常プランとの違い

 

IIJmioの通常プランは、余ったデータの繰り越し機能があります。

例えばIIJmioの通常の3GBプラン(ミニマムスタートプラン)を契約している方が2GBしか使わなかった場合、余った1GBのデータ容量は翌月に繰り越されます。

 

 

これも非常に便利ですが、繰り越したデータは翌月末までしか使えません。

そのため、例えばミニマムスタートプラン(3GB)を契約中で毎月2GBしか使わない方は毎月1GB分だけ無駄になっているのです。

 

一方、エコプランで3GBの「エコプランミニマム」なら、2GBしか使わなかった場合、月額料金が200円割引になります。

翌月に繰り越してもどうせ使わないのですから、少しでも料金が安くなった方がお得ですね。

 

データ容量追加も可能

 

エコプランではデータの繰り越しがないため、決まったデータ容量を使い切ると速度制限がかかります。

 

ですが、その際もデータを追加(※次章で補足)することで、高速通信が継続できます。

追加のデータ容量は0.5GB毎に100円です。

 

厳密にいうとデータ容量の上限変更

 

前章で「データ容量を追加」という表現をしましたが、これは正確ではありません。

少々ややこしいですが、厳密にいうとエコプランはデータ容量を追加チャージするのではなく、プランのデータ容量上限を変更することで、データを使い切っても高速通信を継続する仕組みです。

 

例えば3GBのエコプランミニマムを契約している方で

「今月はデータ容量をたくさん使いそうだな…」という月は、データ容量上限を5GBに変更できます。

(データ容量上限は0.5GB単位で自由に設定可能)

 

上限を変えても料金はあくまで使った分だけ

 

データ容量の上限は自由に変更できますが、料金はあくまで使ったデータ容量に対して課金されます。

データ容量の上限を変えただけでは料金はかかりません。

 

例えば「5GBに上限を変更したけど実際は3GBしか使わなかった」という場合は、3GB分の料金しか請求されず、通常料金と同じ額になります。

2GBしか使わなかった場合はもちろん200円の割引が適用されます。

 

SIMカードの追加も可

 

エコプランでも、1契約に対してSIMカードを追加し、複数のSIMカード間でデータ容量をシェアできます。

よって、家族でエコプランのデータ容量を分け合うことも可能です。

 

 

▼エコプランの詳細・申し込み▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioのエコプランの料金表

 

料金表と割引額

 

エコプランには基本容量が3GBのエコプランミニマムと、7GBのエコプランスタンダードの2つのプランが用意されています。

 

  • エコプランミニマム(3GB)
  • エコプランスタンダード(7GB)

 

ただしデータ容量上限は0.5GB単位で自由に変更でき、使った分だけ課金されます。

 

両プランの料金表は以下の通りです。
(※料金はすべて税抜)

 

<エコプランの料金表>

エコプラン
ミニマム
(3GB)
エコプラン
スタンダード
(7GB)
初期費用¥3,000
基本
料金
SMS付
SIM
¥900¥1,700
音声通話
SIM
¥1,600¥2,400
データが
余った場合の
割引額
0.5GB毎に
100円
データが
超過使用時の
料金
0.5GB毎に
100円

 

エコプランの追加SIMの料金

 

エコプランにSIMカードを追加した場合の、追加SIMカード1枚あたりの料金は以下の通りです。

 

料金・費用
(1枚あたり)
初期費用¥2,406
月額料金¥400

 

データが余った場合の割引額

 

基本のデータ容量(3GB/7GB)を使い切れずに余った場合、0.5GB毎に100円の割引が適用されます。

 

<データが余った場合の割引額>

余った
データ容量
エコプラン
ミニマム
(3GB)
エコプラン
スタンダード
(7GB)
0GB~0.5GB¥0¥0
0.5GB~¥100¥100
1GB~¥200¥200
1.5GB~¥300¥300
2GB~¥400¥400
2.5GB~¥400¥500
3GB~¥400¥600
3.5GB~¥700
4GB~¥800
4.5GB~¥900
5GB~¥1,000
5.5GB~¥1,100
6GB~¥1,200
6.5GB~¥1,200
7GB¥1,200

 

▼エコプランの詳細・申し込み▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

エコプランの補足・注意点

 

初期費用は3000円

 

エコプランは月額料金の他に、申し込み時に初期費用3,000円がかかります。

また、SIMカードを追加する場合も、1枚当たり2,404円の初期費用がかかります。

 

回線はau回線のタイプAのみ

 

通常、IIJmioではドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)が選べます。

ただし、エコプランで選択できるのはタイプAのみです。

 

ドコモ回線のタイプDは選べませんので注意してください。

 

端末セット契約のみ

 

エコプランを契約する場合は、必ず端末とSIMカードをセットで契約する必要があります。

SIMカードのみではエコプランに契約できませんので注意してください。

 

データ専用SIMは不可

 

エコプランのSIMカードは、「SMS機能付きSIM」または「音声通話機能付きSIM」の2種類です。

通常プランではデータ専用SIMも選べますが、エコプランでデータ専用SIMは選べません

 

余ったデータの繰り越し不可

 

エコプランでは、余ったデータ容量の繰り越しはありません

繰り越しがないかわりに基本料金が割引になるのがエコプランです。

 

データチャージ・追加不可

 

冒頭でも解説しましたが、エコプランではデータ容量のチャージはできません

その代わり、データ容量の上限(初期設定は3GB・7GB)を自由に増やせます。

 

料金は使った分だけ課金されますので、「3GBから5GBに上限を増やしたけど、結局3GBしか使わなかった」という場合は3GBの料金しか請求されません。

 

データ不使用でも500円かかる

 

前章の料金表の通り、余ったデータ容量は0.5GB毎に100円の割引になります。

 

そのため、もし全くデータ容量を消費しなかった場合も、必ず500円(音声通話SIMの場合は1,200円)は請求されます。

 

通常プランへプラン変更不可

 

エコプランに申し込めるのは新規契約または他社からのMNP乗り換え時のみです。

通常プラン(ミニマムスタートプラン/ライトスタートプラン/ファミリーシェアプラン)からエコプランへのプラン変更、もしくはエコプランから通常プランへのプラン変更はできません。

 

もしプランを変えたい場合は、一度解約して新たに契約する手続きになります。

 

利用開始月は日割りになる?

 

基本料金は日割りされない

 

エコプランに月の途中で契約した場合、基本料金は日割り計算されません

 

エコプランミニマムなら900円、エコプランスタンダードなら1,700円が全額請求されます。

ただし、データ容量が余ればその分が割引されます。

 

音声通話付帯料は日割り計算

 

音声通話SIMでエコプランを申し込んだ場合、基本料金は日割りになりませんが、音声通話付帯料(700円)は日割り計算されて請求されます。

 

解約月は満額請求

 

エコプランを解約する場合も、月末日まで契約は継続されます。

また、解約月の基本料金も満額請求されます(余ったデータ容量分は割引)。

 

追加SIMは最大2枚まで

 

エコプランはSIMカードを追加してデータ容量をシェアできます。

しかし、追加できるSIMカードの枚数は最大2枚までです。

 

3日間の速度制限あり

 

エコプランで利用するau回線のタイプAは、直近3日間のデータ使用が6GBを超えると速度制限がかかる場合があります。

エコプランを契約中に3日間で6GBを超えることはあまりないと思いますが、念のため頭の隅に入れておいてください。

 

なお、3日間で6GB以上使うと必ず速度制限がかかるわけではありません。

制限されない場合もあります。

 

▼エコプランの詳細・申し込み▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

エコプランはこんな人におすすめ

 

IIJmioでは通常のプランもエコプランも選べますが、主に下記に当てはまる方はエコプランがおすすめです。

 

<エコプランがおすすめの方>

  • 端末とセットで格安SIMを検討中
  • データ容量をあまり使わない
  • 月別のデータ使用量の変動が少ない
  • 月額料金をできる限り安く抑えたい

 

端末の購入を検討中の方

 

まず第一に、エコプランは端末とのセット契約が必要なので、端末の購入を検討している方に限られます。

また、使いたい端末がau回線のタイプAに対応しているかも確認が必要です。

 

データ使用の変動が少ない方

 

エコプランは余ったデータ分だけ料金が安くなります。

よって、「3GBまたは7GBプランだとデータ容量がいつも余ってしまう」という方に大変お得です。

繰り越しても結局使い切れないよりは、少しでも割引してもらった方がお得ですね。

 

一方、エコプランはデータの繰り越しはありませんので、月によってデータ使用量の変動が大きい方は通常プランの方がよいでしょう。

3GBプランの場合、「毎月データ容量が余ってしまう」方はエコプラン、「2GBの月もあるけど4GB使う月もある」場合は通常プランがお得です。

 

通常プランの詳細は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼料金プランを詳しく比較する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

エコプランの評判・口コミ

 

IIJmioのエコプランの評判・口コミをSNSなどから集めました。

何より「料金が安く抑えられる」「わかりやすくて良い」という好意的な口コミが多いです。

 

下記は通常プランからエコプランに変更したいという意見ですね。

 

IIJmio、しかし先発の大手だけあってミニマムスタートプランは価格優位に立ててないな。
一方、エコプランだとSMSつきなのもあり最強クラス。
SMSなくても最安クラス。
SMSなし価格据え置きでもいいからエコプランに切り替えさせてくれ…

 

IIJmioモバイルプラスのエコプラン、SMSつき3GBで通常のSMSなし3GBと値段変わんないし使わなかった分割引あるしで乗り換えさせろって感じだ

 

ただし、エコプランは条件がたくさんあります。

回線はauのタイプAのみ、端末セット契約が必要、初期費用無料でお得なエントリーパッケージは使えないと行った成約もあります。

 

エコプラン惹かれたのだけど、au LTEが前提なのね。

 

エコプランがsimのみの契約ができないのが残念

 

申込受付チャネルのお話

・基本プランはweb・店頭・パッケージ
・エコプランはwebのみ

 

上記が我慢できれば、エコプランは非常にお得だと思います。

 

 

エコプランで使うおすすめ端末

 

 

前章で解説した通り、エコプランは必ずSIMカードと端末をセットで契約する必要があります。

IIJmioは取り扱い端末の種類が格安SIMのなかでもトップクラスで多く、端末価格も比較的安いです。

 

エコプランはau回線のタイプAのみなので一部機種は選べませんが、ほとんどの端末が使えます。

セットで契約するのにおすすめのスマホは下記記事で詳しく解説していますので、必ずチェックしてください。

 

 

エコプランでIIJmioをさらにお得に!

 

以上、IIJmioのエコプランの解説でした。

 

このエコプランはあまり知名度がないですが、実は非常にお得なプランです。

データ容量が余ればその分料金が割引になるので、データ使用量が変動する方に非常におすすめです。

 

エコプランは「IIJmio公式サイト」から簡単に申し込めます。

エコプランでIIJmioの安い料金をさらにお得に使ってください!

 

▼エコプランの詳細・申し込み▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン▼
(エコプランは対象外)

IIJmio(みおふぉん)

 

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました