当サイト限定タイアップキャンペーン中 

IIJmioでiPhone8・iPhone Xを使う全手順解説!設定・機種変更方法も

 

 

本記事ではIIJmioでiPhone8・iPhone8 Plus・iPhone Xを使う手順や注意点を解説します。

 

IIJmioならiPhone8が買えますし、持ち込みのiPhone8・iPhone Xも使えます。

現在契約中の方もiPhone8・iPhone Xに機種変更できます。

 

▼当サイト限定でお得▼

IIJmio(みおふぉん)

 

本文中ではiPhone8のみを記載する場合もありますが、iPhone8 Plus・iPhone Xも手順は同じです。

 

iPhone8・Xの動作確認状況

 

中古のiPhone8が販売中

 

IIJmioでは2019年から中古のiPhone8を販売しています。

 

<販売中のiPhoneと価格>

一括払い24回払い
iPhone8
(64GB)
¥29,8001,255円/回
iPhone XR
(64GB)
¥62,8002,650円/回
iPhone XS
(64GB)
¥64,8002,800円/回
iPhone XS
(256GB)
¥69,8003,000円/回

※販売機種は記事執筆時点
※価格は税抜

 

中古といってもランクA以上の製品なのでほぼ新品に近いですが、人気で在庫切れも多いです。

また、2020年に値下げされて買いやすくなりました。

 

iPhone8はApple Storeでの販売も終了したので、今はIIJmioで買うのもおすすめです。

 

▼iPhone8の詳細を見る▼

IIJmio公式サイト 

 

 

iPhone8・Xの動作確認状況

 

IIJmioではiPhone8・iPhone Xの動作確認が終了しています。

持ち込みのiPhone8・iPhone Xも問題なく使えますので安心してください。

 

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone8・iPhone XはSIMロック解除が必要な場合があります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
softbank

 

ドコモで購入したiPhone8・iPhone Xは、タイプDの回線を選べばSIMロック解除無しで使えます。

同様に、auで購入したiPhone8・iPhone XはタイプAの回線を選べばSIMロック解除無しで使えます。

 

一方、ソフトバンクで購入したiPhone8・iPhone XはタイプD・タイプAのどちらで使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

IIJmioでiPhone8・Xを使う手順

 

IIJmioでは中古のiPhone8を販売していますが、他で購入したiPhone8・iPhone XもIIJmioで使えます。

持ち込みのiPhone8・iPhone Xを使うためには大まかに以下のステップが必要になります。

 

  1. iPhone本体準備
  2. IIJmioのSIMカードを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

他社からMNP乗り換えでIIJmioを契約する場合には、上記の他にMNP予約番号の発行や回線切替手続きが必要です。

手順の詳細は以下の記事に詳しくまとめています。

 

 

iPhone8・Xの本体を準備

 

 

まずはiPhone8・iPhone X本体を準備しましょう。

 

IIJmioでは中古のiPhone8を販売しています。

また、SIMフリーのiPhone8・iPhone X本体はイオシスムスビーなどの中古スマホ店でも購入可能です。

 

IIJmioでSIMカードを購入

 

次に、IIJmioの音声通話付SIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードはIIJmio公式サイトで契約します。

基本的には画面の指示に従って手続きを進めていけば問題ありません。

 

「SIMだけを購入する」を選択

 

次に回線のタイプ(A/D)を選択します。

 

SIMフリー・SIMロック解除済のiPhoneを使う場合など、どちらでも選べる場合はドコモ回線がおすすめです。

料金は同じですが、通信速度はドコモ回線のほうが速いです。

 

 

その後、契約者情報や支払いクレジットカード情報、MNPの情報などを入力すれば申し込み完了です。

指定した日時にSIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone8用SIMを購入▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

iPhone本体にSIMを挿入

 

端末とSIMカードが手元に届いたら、iPhone8・iPhone X本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

 

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

APN設定

 

iPhone8・iPhone X本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルのインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するための設定です。

 

 

作業は「Wi-Fiに接続した状態で、構成ファイルをインストールする」という手順になりますが、非常に簡単です。

 

まず、Wi-Fiに接続したあとにサファリで以下のURLをタップ

詳細iOS用のプロファイル(ドコモ・au)

 

下記ポップアップで「許可」をタップ

 

iPhoneプロファイルインストール手順

 

設定をタップし、表示される「プロファイルがダウンロードされました」をタップ

 

iPhoneプロファイルインストール手順1

 

画面右上の「インストール」とタップし、パスコードを入力してインストールを進める

 

 

インストール後、設定→一般でプロファイルの欄がこうなっていれば成功です。

 

 

以上で設定は完了です。

APN設定が完了すると、いよいよiPhoneがIIJmioで使えるようになります。

 

 

▼iPhone用SIMを購入▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

IIJmio(みおふぉん)

 

 

iPhone8・Xに機種変更する方法

 

公式サイトで機種変更する

 

IIJmioを契約している方は、公式サイトからiPhone8の端末のみを購入できます。

 

IIJmio公式サイトにアクセスした上で好きな端末を選択して「お申込みはこちら」をクリックすると、「端末のみ購入」というボタンが表示されます。

ログインした状態でなくてもボタンが表示されます。

 

 

端末価格は表示価格と同様です。

ただし、IIJmio契約者が端末のみを買い増しする場合はキャンペーンや割引、ギフト券の進呈などは適用対象外の場合があります。

 

自分でiPhone8・Xに機種変更

 

持ち込みのiPhone8・iPhone Xへの機種変更も可能です。

機種変更の手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を購入
  2. 既存端末からSIMを抜く
  3. iPhoneにSIMを挿入
  4. APN設定

 

使いたいiPhone8・iPhone Xを準備したら、今使っている端末からSIMカードを抜いてiPhoneに挿し、APN設定をすれば使えます。

各手順の詳細は前章をご確認ください。

 

SIMカードのサイズに注意

 

機種変更する際の唯一の注意点はSIMカードのサイズです。

iPhone8・iPhone Xで使用できるサイズはnanoです。

 

タイプD(ドコモ回線)のSIMをお使いの方で、SIMカードサイズがmicro・標準の方はIIJmio公式サイトでSIMカードの変更が必要です。

 

2018年末以降に新規購入した場合はサイズを調整できるマルチSIMとなっています

 

タイプA(au回線)のSIMはマルチSIMになっており、現在標準・microサイズでお使いの方も、SIMをパキッと割ればサイズを小さくできます。

よって、公式サイトでのSIM交換は不要です。

 

▼iPhone用SIMを購入▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

IIJmio用のiPhone8・Xの入手方法

 

IIJmioで使うiPhone8・iPhone Xをこれから購入される方は、以下の方法で購入しましょう。

 

IIJmioで中古のiPhoneを買う

 

IIJmioでは2019年から中古のiPhone8を販売しています。

中古と言ってもAランク以上のほぼ新品と変わらないレベルの端末です。

 

<販売中のiPhoneと価格>

一括払い24回払い
iPhone8
(64GB)
¥29,8001,255円/回
iPhone XR
(64GB)
¥62,8002,650円/回
iPhone XS
(64GB)
¥64,8002,800円/回
iPhone XS
(256GB)
¥69,8003,000円/回

※販売機種は記事執筆時点
※価格は税抜

 

2020年に値下げされ、安く購入できるようになりました。

iPhone8本体をこれから購入される方はこちらから在庫をチェックしてみてください。

 

▼IIJmioでiPhoneを探す▼

IIJmio公式サイト 

 

 

ドコモ/au/SoftBank版を流用

 

2つ目は、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone8・iPhone Xを流用する方法です。

 

ただし、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせによってはSIMロック解除が必要な場合があります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要
ソフトバンク

 

ドコモで購入したiPhone8・Xは、タイプDの回線を選べばSIMロック解除無しで使えます。

同様に、auで購入したiPhone8・XはタイプAの回線を選べばSIMロック解除無しで使えます。

 

一方、ソフトバンクで購入したiPhone8・XはタイプD・タイプAのどちらで使う場合もSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除とは?

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

ドコモ・au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

 

また、ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店舗のみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

中古のSIMフリー端末を購入

 

iPhone8・iPhone Xはスマホ通販ショップでも購入できます。

 

イオシスなどの通販サイトでは中古や未使用品のiPhoneが安く手に入ります。

少しでも安く端末を購入したい方は、中古ショップを利用するのが良いでしょう。

 

その際、可能であればSIMフリー端末またはSIMロック解除済み端末を購入しましょう。

 

▼iPhoneを格安で購入する▼

 

 

iPhone8・X使用時の注意点

 

タイプAでもテザリング可能

 

タイプAの動作確認端末一覧で、ドコモ・au・ソフトバンク版のiPhone8・Xのテザリングが「×」になっています。

これはテザリングができないという意味ではありません。

 

サポートに問い合わせたところ、「未検証なので×にしており、できないという意味ではない」とのことでした。

ドコモ・au・ソフトバンク版のiPhone8・iPhone Xでもテザリング可能ですので安心してください。

 

SIMカードのサイズに注意

 

IIJmioの公式HPでSIMカードの申込み手続きを行う際、気をつけなければならないのが「SIMカードのサイズ」です。

iPhoneで使えるSIMサイズはnanoです。

 

現在新規でSIMを発行するとタイプAもタイプDもサイズが調整できるマルチSIMとなっています。

しかし、すでにSIMを契約している方はmicro・標準SIMの場合があります。(特にタイプD)

 

nanoSIM以外の方は、IIJmioのマイページからSIMサイズの変更が必要です。

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

iPhone8・X用SIM購入はIIJmio公式サイトで

 

以上、IIJmioでiPhone8・iPhone Xを利用する手順と料金の解説でした。

 

今なら期間限定でキャンペーンが適用され、さらにお得にiPhoneを使うことができます。

契約を検討中の方、ぜひお急ぎください!

 

▼期間限定キャンペーン中▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼当サイト限定でお得▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました