初期費用1円&スマホ100円セール実施中! 

IIJmioはクーポン/データが繰り越しできる!有効期限や消費の順番は?

 

 

本記事では、IIJmioのデータ繰り越しの仕組みと注意点を解説します。

 

IIJmioのデータ繰り越しを理解することで、容量不足に悩まずお得にクーポンを使えます。

IIJmioを契約する前にかならず確認しましょう。

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioは余ったデータの繰越可能

 

 

データ繰り越しとは?

 

IIJmioは余ったデータの繰り越しが可能です。

 

そもそもデータの繰り越しとは、当月に使い切れずに余ったデータ容量が翌月のデータ容量に加算されるしくみです。

余ったデータは無駄になりませんし、月によるデータ使用量の変動を吸収できます。

 

繰越の最大容量・上限

 

翌月に繰り越されるデータ容量に上限はありません。

 

ただし、繰り越されるデータには有効期限がありますので、実際には余ったデータ容量が全て翌月に繰り越されるわけではありません。

 

繰り越しデータの有効期限

 

毎月付与される基本データ容量には有効期限があります。

有効期限は付与された月の翌月末までです。

 

例えば3月に付与されたデータ容量(クーポン)は、3月に使い切れずに余れば4月に繰り越されます。

しかし、3月に付与されたデータ容量(クーポン)の有効期限は4月末なので、4月にも使い切れない場合は5月には繰り越されず消滅してしまいます。

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

繰り越したデータの確認方法

 

使いきれずに繰り越されたデータ容量(クーポン容量)は、マイページもしくはアプリから確認できます。

 

マイページから確認する方法

 

IIJmioのデータ容量はマイページで確認できます。

 

ただし、確認できるのは繰り越したデータ容量のうち、現在残っているデータ残量のみです。

先月から繰り越されたデータ容量をあとから知ることはできません。

 

 

アプリで確認する方法

 

データ残量はアプリ「みおぽん(IIJmioクーポンスイッチ)」でも確認できます。

ただし、こちらも確認できるのは前月から繰り越されたデータのうち、現在残っているデータ容量のみです。

 

 

データ繰り越しの補足・注意点

 

ファミリーシェアプランも繰越

 

IIJmioでは、SIMカードを最大10枚まで追加してデータ容量を分け合う「ファミリーシェアプラン」が人気です。

 

ファミリーシェアプランも、当月に余ったデータ容量は翌月に繰り越されます。

繰越の最大容量(上限)はありませんが、有効期限は翌月末までです。

 

 

プラン変更時も繰り越し

 

IIJmioでは毎月プラン(契約データ容量)を変更できます。

プランを変更した場合でも、前月に使い切れずに余ったデータ容量は繰り越されます。

 

例えばライトスタートプラン6GBを契約している方が3月に5GB余ったとします。

4月からミニマムスタートプラン(3GB)に変更したとしても5GBまるまる繰り越され、4月は合計8GB使えます。

 

チャージ容量は繰り越される?

 

IIJmioでは、データ容量を使い切った場合などにデータ容量を追加購入(追加チャージ)できます。

追加購入したデータ容量を追加クーポンといいます。

 

この追加クーポンの有効期限は、購入後にチャージした日の3ヶ月後の月の月末日です。

有効期間内なら翌月に繰り返し繰り越しされます。

 

1月25日に購入した追加クーポンは、4月30日まで使えます。

 

大容量オプションも繰り越し

 

IIJmioの基本プランは最大12GBですが、20GB・30GBの大容量オプションも用意されています。

この大容量オプションも基本データ容量と同様、当月に使い切れずに余ったデータ容量は翌月に繰り越されます。

 

データ容量の上限はありませんが、有効期限は基本容量と同じ翌月末までです。

 

 

データ容量が消費される順番

 

IIJmioでは、以下の4つのデータ容量が混在する場合があります。

 

  1. 前月から繰り越されたデータ容量
  2. 当月の基本容量
  3. 大容量オプションの容量
  4. 追加購入したデータ容量

 

これらのデータ容量は、自動的に有効期限が短い順から消費されます。

よって、データ容量の消費順番を気にする必要がありませんし、もっとも効率的にデータ容量を消費できる親切なしくみですね。

 

余った分だけ料金が安くなるエコプランも

 

 

IIJmioの繰り越しは非常に便利ですが、毎月3GBも使わない方は繰り越ししても結局使いきれず、データ容量が余ってしまいます。

そんな方にはエコプランもおすすめです。

 

エコプランは余ったデータ容量は翌月に繰越されませんが、その分料金が割引になります。

余って翌月に繰越されても使い切れない場合はエコプランがおすすめです。

 

ただし、エコプランはいろいろな条件がありますので、契約前に下記記事を必ず確認してください。

 

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

データ繰越の活用方法

 

多く使う月は前月から節約

 

IIJmioのデータ繰り越し機能を活用すれば、毎月のデータ使用量の波を吸収できます。

 

例えば「来月は旅行に行くからデータ容量をたくさん使いそう…」という場合は、前々月・前月からできるだけデータを節約しておきましょう。

そうすれば前月に基本容量を全額余らせることができ、当月は基本容量の2倍を使えます。

 

こまめにプラン変更しよう

 

IIJmioではプラン変更しても前月に余ったデータ容量は全て翌月に繰り越されます。

そのため、繰り越したデータを全額使い切れなくなったら、プランを一つ下の容量に変更するのがおすすめです。

 

例えば6GBプランを契約している方が毎月余ってしまい、6GBまるまる繰り越しになったとします。

この場合、翌月は3GBプランに変更しましょう。

 

基本容量は3GBですが、繰り越しを加えると合計9GB使えます。

翌々月に6GBプランに戻せばまた6GB使えるようになりますので、3GBに変更した月だけ基本料金を安く抑えられます。

 

IIJmioで実施中のキャンペーン

 

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioでは毎月いろいろなキャンペーンを実施しており、さらに料金が安くなる可能性があります。

 

月額料金割引キャッシュバックが受けられたり、初期費用が無料になるなど、大変お得です。

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

IIJmioに契約する際は必ず確認してください。

 

 

繰り越しを活用してデータ容量を節約しよう

 

以上、IIJmioのデータ繰り越しの仕組みと注意点の解説でした。

データ繰り越しをうまく使えば、クーポン容量を節約でき快適にデータが使えます。

 

IIJmioの申し込みは24時間受け付け可能な「IIJmio公式サイト」がおすすめです。

現在お得な限定キャンペーンも実施中です。

 

▼今すぐIIJmioに申し込む▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました