キャンペーン&スマホセール実施中 

IIJmioにMNP転入する全手順を解説【2019年版】費用や所要時間・日数も

 

本記事では、ドコモ・au・Softbankなどの他社から格安SIM「IIJmio」にMNP転入する手順を解説します。

 

IIJmioへのMNP転入は自宅で簡単にできますし、3大キャリアに比べてスマホ料金を大きく抑える事ができます。

ぜひ活用してください!

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

MNPで番号そのまま転入可能

 

MNPとは番号そのまま他社へ

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアで既にスマホを契約している方は、電話番号を変えることなくIIJmioに乗り換え可能です。

これを「MNP乗り換え」といいます。

 

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、電話番号そのままで携帯電話やスマホの会社の乗り換えられるシステムです。

 

MNP転入は自宅で簡単

 

IIJmioへのMNP転入手続きは、店舗へ出向くことなく、全ておうちのなかのネットと電話で完結します。

最短で3~4日程度で完了しますし、手続きも簡単です。

 

IIJmioにMNP転入する手順・設定

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどからIIJmioにMNP転入するためには、主に以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除(※1)
  2. 乗り換え元でMNP予約番号を発行
  3. IIJmioでMNP転入手続き
  4. 開通手続き(回線切り替え)
  5. APN設定

※1:手持ちのスマホを使う場合

 

これから、それぞれについて詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したスマホをIIJmioで使用する場合のみ必要です。
IIJmioで端末を新たに購入する場合は飛ばしてください。

 

SIMロック解除が必要な場合

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホは、購入したキャリア以外でスマホ端末を使用できない「SIMロック」という状態になっています。

そのため、端末の購入元と選ぶ回線の組み合わせによっては、SIMロック解除が必要になります。

 

<回線別のSIMロック解除の要否>

タイプD
(ドコモ回線)
タイプA
(au回線)
SIMフリー不要不要
ドコモ不要
au不要(※)
Softbank

※2017年8月以前にauで発売された端末は必要

 

SIMロック解除の手順

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクを解約、またはMNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭
電話
マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

MNP予約番号の発行

 

さて、いよいよドコモ・au・ソフトバンクの解約手続きに入ります。

IIJmioにMNP転入する場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各キャリアショップの店頭
  • 電話
  • マイページ

 

MNPの転出手続きをすると、2,000円の手数料がかかります。

 

SIMロック解除は店頭で手続きすると有料になりますが、MNP予約番号の発行はどこで手続きしても手数料は変わりません。

ですが、店頭は混んでいますし、電話はなかなか繋がらないので、できればマイページで手続きするのがおすすめです。

 

手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号の有効期限は15日間です。

15日以内にIIJmioへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。

 

15日を過ぎると再度MNP予約番号の取得が必要になりますので、発行後はすぐにIIJmioの契約手続きを進めましょう。

 

IIJmioでMNP転入手続き

 

いよいよ、新しいキャリア「IIJmio」で手続きします。

転入手続きは「IIJmio公式サイト」で進めます。

 

手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「MNP転入(他社からの乗り換え)」を選択し、あとの画面でMNP予約番号や有効期限などを入力するだけです。

 

 

オンラインで簡単に手続きできますし、端末やSIMカードもすぐに送られてきます。

なお、IIJmioにMNP転入の際は初期費用として3,000円がかかります。

 

回線開通・回線切り替え

 

SIMカードが届いても、乗り換え元のキャリアは使用できますが、まだIIJmioのSIMカードは使えません。

そのため、乗り換え元のキャリアからIIJmioに回線を切り替える手続きが必要です。

 

SIMカードが到着したら、「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけます。

 

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

つながったら、「MNPする対象の電話番号」と「SIMカード識別番号の下4桁」を入力します。

SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面記載されています。

 

入力後、10分程度で乗り換え元のキャリアのSIMが使えなくなり、IIJmioのSIMが開通します。

 

APN設定

 

手元にIIJmioのSIMカードが届き、回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定が必要です。

 

APN設定とは、手持ちの端末がIIJmioの回線でデータ通信できるようにする作業です。

IIJmioで端末を購入する場合以外は必ずこのAPN設定が必要です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末がAndroidかiPhoneかで異なりますので注意してください。

 

 

APN設定が終われば、IIJmioのデータ通信ができるようになります。

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

タイプD/タイプAで使えるスマホ

 

IIJmioではドコモ回線の「タイプD」と、au回線の「タイプA」という2種類の回線が用意されています。

IIJmioにMNP転入する際、タイプDにするかタイプAにするかを選択しなければなりません

 

タイプDで使える端末

 

タイプDで使える端末は多いです。

 

<タイプDで使える他社端末>

端末
購入元
AndroidiPhone
SIMフリー
ドコモ
au
Softbank

◎:SIMロック解除不要で使える
○:SIMロック解除すれば使える
△:SIMロック解除しても一部使えない端末あり

 

まず、SIMフリー端末とドコモで購入した端末は、AndroidもiPhoneもSIMロック解除不要でそのまま使えます。

 

また、ソフトバンク・auで購入したiPhoneは、SIMロック解除すれば使えます。

 

ただし、au・ソフトバンクで購入したAndroid端末は、一部使えない可能性があります。

端末がドコモ回線のバンドに対応していない可能性があるからです。

 

この点は少々ややこしいので、auで購入したAndroid端末はタイプAで、ソフトバンクで購入したAndroid端末はLINEモバイルやマイネオのソフトバンク回線で使いましょう。

 

 

タイプAで使える端末

 

ドコモ回線は比較的単純でしたが、au回線は少々複雑です。

 

▼au回線使用時のSIMロック解除要否▼

端末
購入元
AndroidiPhone
SIMフリー
ドコモ
au~2017/8:○
2017/8~:◎
~2017/8:○
2017/8~:◎
Softbank

◎:SIMロック解除不要で使える
○:SIMロック解除すれば使える
△:SIMロック解除しても一部使えない端末あり

 

iPhoneは使える?

 

まずiPhoneですが、アップルストアで販売されたSIMフリーのiPhoneは、SIMロック解除なしでタイプAで使えます

ドコモ・ソフトバンクのiPhoneは、SIMロック解除すればタイプAで使えます

 

auで購入したiPhoneは、端末によってSIMロック解除の要否が異なります

 

<au版iPhoneのSIMロック解除要否>

SIMロック解除
XR
不要
XS・XS Max
X
8・8 Plus
7・7 Plus
必要
6S・6S Plus
SE

 

iPhone SE・6S・6S Plus・7・7Plusは、au版をタイプAで使う場合もSIMロック解除が必要です。

一方、auで購入したiPhone8以降の機種(8・8 Plus・X・XS・XS Max・XR)はSIMロック解除不要でそのまま使えます。

 

Androidは使える?

 

Androidはさらに複雑です。

 

SIMフリー・ドコモ・ソフトバンクで購入したAndroid端末は、使えない場合もあります。

タイプAで使えるためにはau回線のバンド(LTEの1・18・26)とau VoLTEに対応している必要があるのですが、Android端末は対応していない端末が多いです。

 

また、auで購入したAndroid端末はタイプAで使えますが、auでの発売時期によってSIMロック解除要否が異なります

 

auでの発売日が2017年8月以前の場合、タイプAで使うにはSIMロック解除が必要です。

auでの発売日が2017年8月以降の場合、SIMロック解除不要で使えます。

 

<au版AndroidのSIMロック解除要否>

auでの発売日SIMロック解除
2017年8月以前必要
2017年8月以降不要

 

おすすめはタイプD

 

タイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)の音声通話SIMの月額料金は同じです。

通信速度は一概には言えませんが、最近はタイプDの方がわずかに速い事が多いです。
(速度は地域や時間によって変動するのであくまで参考です)

 

 

よって、基本的にはタイプDを選択するのがおすすめです。

この場合、au・ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必要です。
(Android端末は使えない場合もあり)

 

エリアによってドコモ回線が弱い場合や、他の理由でどうしてもau回線を使いたい場合は、au回線のバンド(周波数)への対応とau VoLTEへの対応状況を確認しましょう。

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioにMNP転入時の補足/注意点

 

MNP転入時の本人確認書類

 

IIJmioにMNP転入する場合には、本人確認書類の提示が必要です。

本人確認のために、以下の書類のいずれかを準備してください。

 

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳 など

 

IIJmio公式サイト」で手続きする際に、申し込み手続きの途中で、指示に従って上記の書類を撮影した写真をアップロードすれば本人確認は完了です。

 

MNP転入にかかる所要日数

 

IIJmio公式サイトには、MNP転入にかかる日数に関して下記の通り記載されています。

 

MNP転入のお手続き後、お申し込み手続きと本人確認に不備がない場合、最短3~4日程度でお届けします。
SIMカードの到着後、開通手続きを行うことで、当日中にご利用開始となります。 お手元のSIMカードがご利用いただけなくなると同時に、お届けしたSIMカードが利用可能となります。

 

SIMが到着するまで最短3~4日間と記載されていますが、口コミを見るとタイミングによっては2日で届いた方もいらっしゃるようです。

 

MNP予約番号取得したらすぐにIIJmioへの転入手続きができますし、回線の開通手続きはSIMカード到着後すぐにできますので、おおむね3~4日程度で転入が完了します

 

MNP予約番号の有効期限

 

15日の有効期限内に開通完了が必要

 

乗り換え元キャリアで発行してもらうMNP予約番号の有効期限は15日間です。

この15日以内に、IIJmioへのMNP転入手続き(回線開通まで)を全て終えなければなりません。

 

万が一間に合わない場合、再度MNP予約番号を再発行して最初から手続きすることになります。

MNP予約番号を発行したらすぐにIIJmioで転入手続きをしましょう。

 

WEBでのMNP転入手続きは残り7日必要

 

15日以内にMNP転入手続きを終えるために、IIJmioで転入手続きをする際にはMNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

残り7日を過ぎると転入手続きを受け付けてもらえず、予約番号の再発行が必要になります。

 

店舗なら即日MNP転入/開通

 

全国に即日開通カウンター

 

IIJmioには、当日中にMNP転入手続きを終えて即日開通できる店舗カウンターが用意されています。

全国のイオンやヨドバシカメラ、ビックカメラなどに設置されている店舗に行けば、その場で開通まで完了します。

 

まだまだ店舗数は少ないですが、ネットでの手続きが不安な方は店舗に出向いてもよいでしょう。

店舗検索IIJmio即日開通カウンター

 

 

店舗手続き時の持ちもの・必要書類

 

店舗で手続きする際には以下のものを持参してください。

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカード

 

回線開通/回線切り替えの手順

 

手続きの流れ・開通までの所要時間

 

IIJmioからSIMカードが届いたら、「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけます。

 

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

つながったら、「MNPする対象の電話番号」と「SIMカード識別番号の下4桁」を入力します。

SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面記載されています。

 

電話で手続きした後10分ほど経過すると回線がIIJmioに切り替わります。

 

開通センターの電話番号

 

「IIJmioオンデマンド開通センター」の電話番号は以下の通りです。

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

開通手続きができる時間・所要時間

 

IIJmioオンデマンド開通センターの受付時間は午前9:00から午後19:00までです。

これ以外の時間は受付できません。

 

転入時の不通期間・空白期間

 

IIJmioの回線切り替え手続きは電話による手動切り替えのため、基本的に不通期間はありません。

 

ただし、回線切り替えの電話をしてから切り替わるまでの10分程度の間はデータ通信をしたり、通話をしたりしないようにしましょう。

スマホの電源を切っておくのがおすすめです。

 

追加SIM・ファミリーシェアにMNP転入する方法

 

IIJmioはどのプランでもSIMカードを追加発行して、契約容量をシェアするしくみがあります。

特に、ファミリーシェアプランはSIMを最大9枚まで追加発行でき、家族でシェアするのに最適です。

 

各プランで音声通話SIMカードを追加し、他社からMNP転入も可能です。

追加SIMにMNP転入する場合は、転入前に契約名義をIIJmioの親回線に統一しておく必要があります。

 

詳細は下記記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

 

 

MNP転入にかかる費用・手数料

 

公式サイトで転入時の手数料

 

他社からIIJmioに転入する際、以下の費用・手数料がかかります。

 

  • MNP転出費用:2,000円
  • SIMロック解除費用:無料/3,000円
    ※端末を持ち込む場合のみ
  • IIJmioのパッケージ費用:3,000円
  • SIM発行手数料:約400円

 

エントリーパッケージがお得

 

 

IIJmioへのMNP転入は、エントリーパッケージでも手続きできます。

エントリーパッケージとは、amazonや家電量販店で販売されている申し込みキットのことです。

 

エントリーパッケージは購入に300円程度かかりますが、パッケージを利用するとSIMパッケージ費用が無料になります。

差し引き2,700円程度の節約になりますね。

 

ただし、購入後にエントリーパッケージが届いてから公式サイトで手続きが必要ですので、通常通り公式サイトから申し込むより手間は増えてしまいます。

お急ぎの方は「IIJmio公式サイト」で手続きしましょう。

 

 

MNP転入のおすすめタイミング

 

乗り換え元の違約金に注意

 

おすすめタイミングを解説する際、まず第一条件になるのが「乗り換え元キャリアの違約金」です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアでは多くのプランで最低利用期間が設定されており、2年毎に訪れる契約更新月以外に解約・MNP転出すると解約金9,500円がかかります。

できる限り、違約金のかからない契約更新月に転出しましょう。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクに比べるとIIJmioのスマホ料金は大きく安いので、違約金を支払ってでもすぐにMNP転入したほうがお得になる場合があります。

契約するプランによりますが、契約更新月まで4ヶ月以上ある場合は違約金を払ってでもすぐにMNP転入したほうがお得な場合が多いです。

 

MNP転入は月末がお得

 

IIJmioにMNP転入する際、月のどのタイミングで転入手続きするのがお得でしょうか。

私が考える最もお得なタイミングは月末です。

 

その理由は以下の2つです。

 

  • ドコモ・au・ソフトバンクは解約月も料金全額発生
  • IIJmioは初月料金とデータ容量が日割計算

 

まず、ドコモ・au・ソフトバンクはMNP転出する最終月も料金は日割にならず、全額発生します。

どうせ全額料金を払うのであれば、データ容量を使い切ってから転出した方がお得です。

 

また、IIJmioでは初月の基本料金・およびデータ容量(クーポン)は日割計算されます。

そのため、いつ契約してもお得度は変わりませんし、できるかぎり月末に近いほうが基本料金が安くなります。

 

よって、「乗り換え元キャリアのデータ容量を使い切ったあと、月末に転入」が最もお得です。

 

ただし、ギリギリを狙いすぎて万が一開通(回線切り替え)が翌月にずれこむと、さらにもう1ヵ月分の料金を支払うことになりますので、余裕を持って手続きしてください。

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

MNP後に回線が繋がらない・圏外の場合

 

MNP転入後に回線がつながらない場合や圏外になる場合は以下をチェックしてください。

 

回線開通/回線切り替えが必要

 

他社からMNPで転入する場合は、開通手続きをしないとIIJmioのSIMカードは使えません。

SIMカードが到着したら、「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけます。

 

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

つながったら、「MNPする対象の電話番号」と「SIMカード識別番号の下4桁」を入力します。

SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面記載されています。

 

電話で手続きした後10分ほど経過すると回線がIIJmioに切り替わります。

 

端末のSIMロック解除を確認

 

繰り返しになりますが、他社で購入したスマホ端末をIIJmioで使用するためには、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

<タイプD選択時のSIMロック解除要否>

端末
購入元
AndroidiPhone
SIMフリー
ドコモ
au
Softbank

 

<タイプA選択時のSIMロック解除要否>

端末
購入元
AndroidiPhone
SIMフリー
ドコモ
au~2017/8:○
2017/8~:◎
~2017/8:○
2017/8~:◎
Softbank

◎:SIMロック解除なしで使える
○:SIMロック解除すれば使える
△:SIMロック解除しても一部使えない端末あり

 

SIMロック解除はドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

 

通信にはAPN設定が必要

 

端末にSIMカードを挿入しても、APN設定(プロファイルインストール)をしないとIIJmioの回線は使えません。

 

こちらのIIJmioのサイトに詳しくまとめられているので参考してください。

詳細記事初期設定(APN設定)|IIJmio

 

使えない場合の問い合わせ先

 

あとは、端末のモバイルデータ通信がOFFになっていないか、機内モードになっていないかを確認しましょう。

ここまでチェックしても繋がらない場合は、IIJmioのお客様センターに問い合わせましょう。

 

  • 電話:IIJサポートセンター
    電話番号:0570-09-4400
    (年中無休/9:00~19:00)
  • チャット:IIJmio公式サイトの右下に出現

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

MNP転入にお得なキャンペーン

 

IIJmioでは毎月いろいろなキャンペーンを実施しており、さらに料金が安くなる可能性があります。

月額料金割引やキャッシュバックが受けられたり、オプションが一定期間無料になるなど、大変お得です。

 

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

MNP転入時はぜひ参考にしてください。

 

 

MNP転入手続きはIIJmio公式サイトで

 

以上、他社からIIJmioにMNP転入する手順の解説でした。

 

IIJmioなら、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円程のスマホ料金節約になります。

また、手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできるので安心です。

 

そして、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼IIJmioに今すぐMNP転入する▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました