当サイト限定タイアップキャンペーン中 

IIJmioのおすすめスマホ端末 11機種比較ランキング【9月】

 

AQUOS sense3 SH-M12

 

本記事ではIIJmioで購入できるおすすめスマホ端末を比較し、ランキング形式で紹介します。

 

機種変更を検討中の方はもちろん、はじめてIIJmioに契約する方もぜひ参考にしてください。

 

▼今すぐ取扱い端末をチェック▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼当サイト限定でお得▼

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioのおすすめスマホ端末

 

IIJmioの端末のおおまかな選び方は以下の通りです。

 

  • 安心のSHARP製:AQUOS sense3
  • 人気沸騰中:Redmi Note 9S
  • カメラ重視:OPPO Reno3 A
  • 高性能:nova 5T
  • 価格が安い:nova lite 3+

 

1位:AQUOS sense3

 

AQUOS sense3 SH-M12

 

私が最もおすすめする機種はAQUOS sense3 SH-M12です。

 

SHARP製スマホではAQUOS sense2 SH-M08が人気を誇ってきましたが、AQUOS sense3も大ヒット中です。

 

搭載CPUはSnapdragon630メモリーRAMは4GBと普段使いには十分な性能です。

もちろんおサイフケータイや防水・防塵に対応し、バッテリーも4000mAhと大容量で安心感があります。

 

カメラもAI搭載のデュアルレンズカメラで、誰でも簡単にきれいな画像が撮影できます。

安心のSHARP製スマホで、かなりロングヒットする機種になると思います。

 

ただし性能はカメラもCPUも平凡です。

性能を重視する方はnova 5TやRedmi Note 9S、OPPO Reno3 Aがおすすめです。

 

  • AQUOSシリーズの人気機種
  • おサイフケータイ・防水対応
  • AI搭載デュアルレンズカメラ
  • 4,000mAh大容量バッテリー
  • 電池持ちは最長一週間
  • 性能はそこまで高くない

 

▼AQUOS sense3の詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

2位:Redmi Note 9S

 

Redmi Note 9S

 

続いてのRedmi Note 9Sもかなりおすすめです。

 

低価格ながら、搭載CPUはSnapdragon720G、antutuスコア(ver8)では26万~27万とハイスペックです。

アウトカメラは4つのレンズを搭載し、4,800万画素の標準カメラに加えて800万画素の超広角・500万画素のマクロ・200万画素の深度測定用レンズを搭載しています。

 

DSDV対応で、ドコモ・au・ソフトバンクに加え楽天モバイルのVoLTEにも対応しています。

 

ただし、指紋認証のみで顔認証はなくおサイフケータイも非対応です。

最大の注意点は6.67インチという大きな画面サイズで、重量も200gを超えています

 

動画を見る方やゲームをする方にはおすすめですが、片手では操作しにくいので注意してください。

 

  • CPUはSnapdragon720G
  • 4レンズ搭載の高性能カメラ
  • 有機ELの6.67インチ大画面
  • DSDV・3キャリア+楽天対応
  • 5020mAh電池+18W急速充電
  • 大きい本体、重さも200g超
  • 顔認証・おサイフ非対応

 

▼Redmi Note 9Sの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

3位:HUAWEI nova 5T

 

HUAWEI nova 5T

 

続いてのIIJmioのおすすめの機種は、HUAWEIのnova 5Tです。

Androidのハイスペック機種ならnova 5Tが一番おすすめです。

 

搭載CPUはP30 Proと同じKirin980で、メモリーRAMも8GBと大容量です。

GPU Turboという機能でグラフィック処理を最適化し、ゲームをされる方も大満足の性能です。

 

さらに、アウトカメラは4つのカメラを搭載しています。

超広角レンズもあり、さらにAI搭載レンズなので写真が必要に美しいです。

 

この性能ですが、AQUOS zero2やZenFone 6よりも価格が安いです。

個人的にもほしい機種ですね。

 

  • HUAWEIの高性能機種
  • P30 Proと同じKirin980搭載
  • RAMは8GB、ゲームに最適なGPU
  • アウトカメラは4つのレンズ搭載
  • P30/ZenFone 6より安い
  • 防水・防塵なし
  • おサイフケータイなし

 

▼nova 5Tの詳細を確認▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

4位:OPPO Reno3 A

 

OPPO Reno3 A

 

続いてはOPPO Reno3 Aです。

人気だったOPPO Reno Aの後継機として、カメラが大幅にスペックアップしています。

 

アウトカメラは4つのレンズを搭載しています。

  • メインレンズ:4,800万画素
  • 超広角レンズ:800万画素
  • モノクロレンズ:200万画素
  • 深度測定用レンズ:200万画素

 

4,025mAhの大容量バッテリーに加え、急速充電のQC2.0に対応しています。

防水・防塵やおサイフケータイにも対応しており、デュアルSIMスロットです。

 

一方、搭載CPUはSnapdragon665なので、OPPO Reno Aの方が高いです。

また、価格はOPPO Reno AとOPPO A5 2020の方が安いです。

 

CPUにこだわる方はOPPO Reno A、おサイフケータイ不要で価格にこだわる方はOPPO A5 2020を買うのも良いでしょう。

 

  • 大人気OPPO Reno Aの後継機
  • 高画素4眼のアウトカメラ
  • おサイフケータイ対応
  • 大容量バッテリー+急速充電
  • CPUはReno Aが高性能
  • 価格はA5 2020が安い

 

▼OPPO Reno3 Aの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

5位:Mi Note 10 Lite

 

Mi Note 10 Lite

 

続いてはMi Note 10 Liteです。

IIJmioでは以前にMi Note 10が発売されましたが、そのスペックを抑えた低価格モデルです。

 

Mi Noteシリーズの特徴であるカメラは4眼レンズで、6400万画素の広角カメラ・800万画素の超広角カメラ・500万画素の深度測定用カメラと200万画素のマクロカメラです。

Mi Note 10と比較すると望遠カメラはなく画素数も全体的に下がっていますが、それでも十分すぎる性能です。

 

画面サイズはMi Note 10と同じ6.47インチ有機ELディスプレイで、搭載CPUもSnapdragon730Gと同じです。

こちらもDSDVで、3キャリアのバンドに加え楽天モバイルのVoLTEにも対応しています。

 

Mi Note 10 Liteもおサイフケータイ非対応で、本体は204gと重いので注意してください。

価格はRedmi Note 9Sより1.5万円ほど高いです。

 

  • CPUはSnapdragon730G
  • 4レンズ搭載の高性能カメラ
  • 有機ELの6.47インチ大画面
  • DSDV・3キャリア+楽天E対応
  • 5260mAh電池+30W急速充電
  • おサイフケータイ非対応
  • 大きい本体、重さも200g超
  • レンズは4眼、望遠レンズなし
  • Redmi Note 9Sより1.5万円高い

 

▼Mi Note 10 Liteの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

6位:HUAWEI nova lite 3+

 

nova lite 3+

 

続いては、HUAWEI nova lite 3+です。

人気を誇ったnova lite 3の後継機で、もちろんGoogleのサービスも搭載しています。

 

価格は非常に安いですが、nova lite 3と同様にKirin710を搭載する高性能端末です。

さらに、RAMは3GBから4GBに、ROMは32GBから128GBに増強されました。

 

カメラはAI搭載のデュアルレンズです。

また、DSDS・DSDVにも対応し、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しています。

顔認証・指紋認証も搭載しており、急速充電も可能です。

 

USB端子がmicroUSBであること、5GHzのWiFiに対応していない点が我慢できればおすすめの機種です。

 

  • ゲームもできるKirin710搭載
  • AI搭載のデュアルレンズカメラ
  • インカメラは1600万画素+AI
  • 指紋認証・顔認証
  • 急速充電
  • 価格は非常に安い
  • 端子はmicro USB
  • 5GHzのWi-Fi非対応

 

▼nova lite 3+の詳細を確認▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

7位:Xperia 8 Lite

 

 

続いてのおすすめ機種はXperia8 Liteです。

 

Xperia8とほぼ同じスペックで、価格がかなり安くなりました。

liteという名前がついていますが、スペックダウンしているのはDSEE HXというサウンドの機能が非搭載な点だけで、価格が下がりバッテリー容量は増えています。

 

搭載CPUはSnapdragon630なので、高性能とまでは言えませんが普段使いには十分です。

もちろん防水・防塵・おサイフケータイにも対応しています。

 

シングルSIMですが、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しています。

Xperia8は定価が5万円前後と高かったのですが、Xperia8 Liteは2万円台で購入できます。

 

ただし、動画を観たりゲームをされる方にはもう少し大きい画面のほうが良いかもしれません。

また、カメラはどちらもシングルレンズで画素数も平凡です。

 

  • Xperia8より大幅値下げ
  • おサイフ・防水・防塵搭載
  • 3キャリアの回線対応
  • Xperia8より約2万円安い
  • シングルSIM
  • カメラ・CPUの性能は平凡
  • 画面は小さい

 

▼Xperia8 liteの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

8位:OPPO Reno A

 

OPPO Reno A

 

続いてのおすすめ機種はOPPO Reno Aです。

珍しいDSDV+おサイフケータイ対応スマホで、最近発売されたスマホではかなりおすすめです。

 

搭載CPUはSnapdragon710、メモリーRAMは6GBと十分です。

超高負荷の3Dゲームを除けば動作はサクサク快適でしょう。

 

防水・防塵おサイフケータイも搭載し、DSDV対応のデュアルSIMです。

おサイフケータイ対応のデュアルSIM機種はかなり少ないので発売前から話題でした。

 

画面サイズは大きめの6.4インチで、有機ELを使ったフルHD+の美しさです。

アウトカメラは1600万画素+200万画素でやや平凡ですがAIを搭載しており、インカメラは2500万画素と高画素です。

 

カメラが進化した後継機「OPPO Reno3 A」も発売されましたが、CPUはこちらが高性能です。

カメラにこだわるならReno3 A、CPUと価格にこだわるならReno Aを選びましょう。

 

  • Snapdragon710+RAM6GB
  • おサイフケータイ搭載
  • 3キャリア回線対応・DSDV
  • 防水・防塵対応
  • 2500万画素インカメラ
  • 6.4インチの有機ELディスプレイ
  • 画面内指紋認証+顔認証
  • カメラはReno3 Aが高性能

 

▼OPPO Reno Aの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

9位:AQUOS zero2

 

AQUOS zero2 SH-M13

 

続いてのおすすめスマホは、SHARPのスマホ「AQUOS zero2 SH-M13」です。

 

SHARPが誇るハイスペックスマホで、本体の軽さが最大の特徴です。

ゲームをされる方に人気の機種ですね。

 

6インチ以上で防水対応のスマホでは世界最軽量の141gしかなく、わたしも本体を持ちましたがモック(展示用のダミー品)かと思うほど軽かったです。

 

しかし、搭載CPUは最新のSnapdragon855と超ハイスペック。

ディスプレイは6.4インチの有機ELディスプレイで、おサイフケータイも搭載しています。

 

一方、メインカメラは1220万+2010万画素のデュアルレンズで、インカメラは800万画素です。

スペック上は平凡ですね。

ただし、SHARPの最新の高画素センサーや画質エンジンを搭載しており、非常に美しい写真が撮影できます。

 

また、SHARPのスマホらしく、防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証・顔認証と多機能なのも特徴です。

 

  • 最高峰のSnapdragon855
  • 高負荷作業でも熱くならない
  • 超長持ちバッテリー
  • 141gと非常に軽い本体
  • 6.4インチ有機EL画面
  • 防水・防塵・おサイフ対応
  • カメラは平凡
  • 価格が高い

 

▼価格・詳細を確認する▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

10位:OPPO A5 2020

 

OPPO A5 2020

 

続いてはOPPO A5 2020です。

 

OPPO Reno A・Reno3 Aと異なりおサイフケータイは搭載していませんが、Reno A・Reno3 Aより価格が安いのが特徴です。

 

アウトカメラはなんと4つのレンズを搭載しています。

  • メインレンズ:1,200万画素
  • 超広角レンズ:800万画素
  • モノクロレンズ:200万画素
  • ポートレートレンズ:200万画素

 

インカメラも1600万画素あり、この価格でこの性能は驚きです。

 

搭載CPUはSnapdragon665メモリーRAMは4GBなので、OPPO Reno Aよりやや劣りますが十分です。

もちろん3キャリアの回線に対応し、DSDVのトリプルスロットです。

5,000mAhの大容量バッテリーも魅力ですね。

 

弱点は画面解像度が低い点(1,600×720のHD+)とおサイフケータイ・防水非対応な点です。

ですが、この性能でこの価格は驚異的です。

 

おサイフケータイが不要であればOPPO Reno3 A・Reno AではなくOPPO A5 2020の方がおすすめです。

 

  • 4レンズ搭載の高性能カメラ
  • 5,000mAhの大容量バッテリー
  • Snapdragon665+4GBのRAM
  • 3キャリアの回線対応
  • おサイフケータイ・防水なし
  • 画面解像度は低い

 

▼OPPO A5 2020の詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

11位:moto g8

 

moto g8

 

続いてはmoto g8・moto g8 powerです。

moto g8 powerの方が性能が良いですが、価格差を見ながら好みで選びましょう。

 

どちらもSnapdragon655と4GBのメモリー(RAM)を搭載し、ストレージは64GBです。

デュアルSIM対応のDSDV機種で、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線に対応しています。

 

2機種の違いはカメラです。

moto g8のアウトカメラは1,600万画素+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)の3眼です。

一方、moto g8 powerのアウトカメラは1,600万画素+800万画素(超広角)+200万画素(マクロ)に加え、800万画素の高額ズームを搭載した4眼です。

 

バッテリーはmoto g8が4,000mAh、moto g8 powerが5,000mAhで、同梱されている充電器は急速充電に対応しています。

 

moto
g8
moto g8
power
搭載
CPU
Snapdragon655
メモリー
RAM
4GB4GB
ストレージ
容量
64GB64GB
バッテリー
容量
4,000mAh5,000mAh
付属
充電器
10W出力18W出力
画面
サイズ
6.4インチ
画面
解像度
1,560
×720
2,300
×1,080
アウト
カメラ
1,600万
+800万
+200万
1,600万
+800万
+200万
+800万
イン
カメラ
800万1,600万

 

▼moto g8・powerの詳細▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

 

端末購入・機種変更時の注意点

 

端末保証オプション

 

IIJmioで購入した端末は、「端末補償オプション」に加入できます。

月額料金は機種によって380円と500円に分かれます。

 

加入できるのは端末購入と同時のみなので注意してください。

 

 

端末代金支払いは分割・一括

 

IIJmioで端末とセットでSIMを契約する場合、端末代金は24回分割払い、もしくは一括払いが選択できます。

 

端末代の残金を一括支払も可能

 

また、分割払いを選択していた場合も、マイページから手続きすることによって途中で残金を一括支払いすることも可能です。

 

SIM・端末の発送にかかる日数

 

IIJmioでSIMや端末を購入した場合、IIJmio公式HPでは3~4日で到着するとアナウンスされています。

また、契約後に送られてくるメールには「最長で1週間程度かかる場合がある」とも記載されていました。

 

しかし、実際に申し込んだところ、申し込み翌日には発送完了のメールが届き、その翌日にはクロネコヤマトにて配達されました。

私の場合は都内でしたが、北海道・九州や離島にお住まいの方は+1日程度かかるかもしれません。

 

しかし、いずれにしても1週間もかかることはまれで、多くの場合がすぐ発送されるようです。

 

受取りは手渡しのみ

 

IIJmioから端末またはSIMのみを購入した場合、クロネコヤマトで配達されます。

その際、必ず本人が手渡しで受け取ることが必要です。

(家族などならOKの場合もあるかもしれませんが、原則は本人です)

 

ポストや宅配ボックスへの投函はしてくれず、不在票が入りますので、受取りに都合の良い日を各自設定してください。

 

端末のみ購入は可能?

 

端末だけ購入可はIIJmio契約者のみ

 

IIJmioではスマホの取り扱い機種が多いため、スマホだけ購入したいという方も多いです。

しかし、IIJmioでスマホ端末のみを購入できるのは、IIJmioのSIMを契約している方のみです。

現在IIJmioを契約していない方は端末のみを購入することはできません。

 

データSIMとのセットで端末のみ購入も可

 

しかし、データ専用SIMとのセットでも端末の購入が可能です。

データ専用SIMなら最低利用期間や違約金は実質ありませんので、初期費用と1か月分の料金を支払い、すぐに解約すれば実質端末のみを購入することも可能です。

 

 

実施中の端末セール・キャンペーン

 

IIJmio「みおふぉん」では、期間限定でお得なセール・キャンペーンを実施しています。

 

音声SIMのみの方も、スマホとセットで申し込む方も、月額料金の割引や端末代金の値下げなど、必ず何らかのキャンペーンを実施しています。

 

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

 

おすすめ端末購入はIIJmio公式サイトで

 

以上、IIJmioのおすすめスマホランキングでした。

 

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができます。

お得なセール・キャンペーンも実施中です!

 

▼今すぐ端末をチェックする▼

IIJmio公式オンラインサイト

 

▼当サイト限定でお得▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました