初期費用1円&スマホ100円セール実施中! 

ソフトバンクからIIJmioにMNPで乗り換える全手順を解説【完全版】

本記事では、ソフトバンクから格安SIM「IIJmio」に乗り換える手順を解説します。

 

ソフトバンクの端末も一部を除いてIIJmioで使えますし、乗り換えで毎月のスマホ料金を大きく節約できます。

お得なキャンペーンも実施中です。

 

▼IIJmioに今すぐ乗り換える▼

IIJmio公式サイト 

 

Softbankの番号そのまま乗り換え

 

ソフトバンクの番号が使える

 

現在ソフトバンクのスマホを契約している方は、電話番号を変えることなくIIJmioに乗り換え可能です。

これを「MNP乗り換え」といいます。

 

MNPとは「Mobile Number Portability」の略で、電話番号そのままで携帯電話やスマホの会社の乗り換えられるシステムです。

 

乗り換え手続きは自宅で簡単

 

ソフトバンクからIIJmioへの乗り換え手続きは、店舗へ出向くことなく、全て家のなかのネットと電話で完結します。

最短で3~4日程度で完了しますし、手続きも簡単です。

 

ソフトバンクのiPhoneもOK

 

 

ソフトバンクで購入したiPhoneをお持ちの方は、SIMロック解除さえすればIIJmioで端末をそのまま使えます。

タイプDでタイプAでも問題なく使えますし、テザリングも可能です。

 

端末を購入することなく料金が格安のIIJmioに乗り換えられますので、端末代金が不要でさらに料金を節約できます。

 

iPhoneをお持ちの方の乗り換え手順は下記記事にさらに詳しくまとめています。

 

 

ソフトバンクから乗り換える手順

 

ソフトバンクからIIJmioに乗り換えるためには、主に以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除(※1)
  2. SoftbankでMNP予約番号発行
  3. IIJmioで乗り換え手続き
  4. 開通手続き(回線切り替え)
  5. APN設定

※1:手持ちのスマホを使う場合

 

これから、それぞれについて詳しく解説します。

 

スマホ端末のSIMロック解除

 

この手順は、ソフトバンクで購入したスマホをIIJmioで使用する場合のみ必要です。
IIJmioで端末を新たに購入する場合は飛ばしてください。

 

SIMロック解除の要否

 

ソフトバンクで購入したスマホは、ソフトバンク回線でしか使えないように「SIMロック」という状態になっています。

そのためIIJmioでスマホを使うにはSIMロック解除が必要です。

 

<ソフトバンク端末のSIMロック解除要否>

端末タイプA
(au回線)
タイプD
(ドコモ回線)
Android
iPhone

○:SIMロック解除すれば使える
△:使えない端末あり

 

iPhoneはSIMロック解除すれば使える

 

IIJmioではドコモ回線とau回線しか扱っていません。

そのため、ソフトバンクで購入したiPhoneを使うためには必ずSIMロック解除が必要です。

 

ソフトバンクで購入したiPhoneはSIMロック解除すればどちらの回線でも使えます。

 

Androidは使えない場合も

 

しかし、ソフトバンクで購入したAndroidはSIMロック解除しても使えない場合があります。

ドコモ回線・au回線のバンド(周波数)に端末が対応していない場合があるからです。

 

Pixel3・Pixel3a・Pixel4などを除けばほとんどのAndroidスマホはIIJmioのタイプA・タイプDの周波数に対応していません。

(Pixelは全キャリアのバンドに対応しているので、SIMロック解除すればどこでも使えます)

 

タイプDに関してはすべての周波数に対応していなくても、SIMロック解除すれば使えないことはありません。

しかし、地域によっては電波が弱くなる可能性がありますので注意してください。

 

バンド(周波数)は少々難しいので、ソフトバンクで購入したAndroidを格安SIMで使いたい場合はLINEモバイルかマイネオのソフトバンク回線を選びましょう。

 

SIMロック解除の手順

 

SIMロック解除はソフトバンクショップでもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

ですので、必ずソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

▼SIMロック解除の料金▼

店頭
電話
マイページ
SIMロック
解除
¥3,000無料

 

MNP予約番号の発行

 

さて、いよいよソフトバンクの解約手続きに入ります。

 

ソフトバンクからIIJmioに乗り換える場合、ソフトバンクで「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とはこれまで使っていた電話番号をIIJmioへ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • ソフトバンクショップ
  • 電話
  • マイページ

 

店頭は混んでいますし、電話はなかなか繋がらないので、できればマイページで手続きするのがおすすめです。

 

詳細MNP予約番号の発行 | Softbank

 

手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号の有効期限は15日間です。

15日以内にIIJmioへの乗り換え手続きを完了しなければなりません。

 

15日を過ぎると再度MNP予約番号の取得が必要になりますので、発行後はすぐにIIJmioの契約手続きを進めましょう。

 

IIJmioで乗り換え手続き

 

いよいよ、新しいキャリア「IIJmio」で手続きします。

転入手続きはIIJmio公式サイトで進めます。

 

手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「MNP転入(他社からの乗り換え)」を選択し、あとの画面でMNP予約番号や有効期限などを入力するだけです。

 

 

オンラインで簡単に手続きできますし、端末やSIMカードもすぐに送られてきます。

なお、IIJmioに乗り換えるの際は初期費用として3,000円がかかります。

 

回線開通・回線切り替え

 

IIJmioからSIMカードが届いても、まだソフトバンクのSIMがつながったままでIIJmioのSIMカードは使えません。

そのため、ソフトバンクからIIJmioに回線を切り替える手続きが必要です。

 

SIMカードが到着したら、「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけます。

 

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

つながったら、「乗り換える対象の電話番号」と「SIMカード識別番号の下4桁」を入力します。

SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面記載されています。

 

入力後、10分程度でソフトバンクのSIMが使えなくなり、IIJmioのSIMが開通します。

 

APN設定

 

手元にIIJmioのSIMカードが届き、回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定が必要です。

 

APN設定とは、手持ちの端末がIIJmioの回線でデータ通信できるようにする作業です。

IIJmioで端末を購入する場合以外は必ずこのAPN設定が必要です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末がAndroidかiPhoneかで異なりますので注意してください。

 

 

APN設定が終われば、IIJmioのデータ通信ができるようになります。

 

▼IIJmioに今すぐ乗り換える▼

IIJmio公式サイト 

 

 

ソフトバンクから乗り換えの注意点

 

乗り換え時の本人確認書類

 

IIJmioに乗り換える場合には、本人確認書類の提示が必要です。

本人確認のために、以下の書類のいずれかを準備してください。

 

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 健康保険証
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障害者手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳 など

 

IIJmio公式サイトで手続きする際に、申し込み手続きの途中で、指示に従って上記の書類を撮影した写真をアップロードすれば本人確認は完了です。

 

MNP予約番号の有効期限に注意

 

15日の有効期限内に開通完了が必要

 

ソフトバンクで発行してもらうMNP予約番号の有効期限は15日間です。

この15日以内に、IIJmioへの乗り換えを回線開通まで全て終えなければなりません。

 

万が一間に合わない場合、再度MNP予約番号を発行して最初から手続きすることになります。

MNP予約番号を発行したらすぐにIIJmioで転入手続きをしましょう。

 

WEBでの乗り換え手続きは残り7日必要

 

15日以内に乗り換え手続きを終えるために、IIJmioで転入手続きをする際にはMNP予約番号の有効期限が7日以上残っている必要があります。

残り7日を過ぎると転入手続きを受け付けてもらえず、予約番号の再発行が必要になります。

 

店舗なら即日開通可能

 

全国に即日開通カウンター

 

IIJmioには、即日開通できる店舗カウンターが用意されています。

全国のイオンやヨドバシカメラ、ビックカメラなどに設置されている店舗に行けば、その場で開通まで完了します。

 

まだまだ店舗数は少ないですが、ネットでの手続きが不安な方は店舗に出向いてもよいでしょう。

 

 

店舗手続き時の持ちもの・必要書類

 

店舗で手続きする際には以下のものを持参してください。

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • クレジットカード

 

回線開通/回線切り替えの手順

 

手続きの流れ・開通までの所要時間

 

IIJmioからSIMカードが届いたら、「IIJmioオンデマンド開通センター」へ電話をかけます。

 

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

つながったら、「MNPする対象の電話番号」と「SIMカード識別番号の下4桁」を入力します。

SIMカードの識別番号はSIMカードの裏面記載されています。

 

電話で手続きした後10分ほど経過すると回線がIIJmioに切り替わります。

 

開通センターの電話番号

 

「IIJmioオンデマンド開通センター」の電話番号は以下の通りです。

電話番号:0120-711-122(年中無休)
※受付時間:9:00~19:00まで

 

開通手続きができる時間・所要時間

 

IIJmioオンデマンド開通センターの受付時間は午前9:00から午後19:00までです。

これ以外の時間は受付できません。

 

キャリアメールは使えない

 

ソフトバンクでは「@softbank.ne.jp」というソフトバンクメール(キャリアメール)が使えました。

しかし、IIJmioにはキャリアメールのサービスはありません

 

Gメールなどで代用できますが、どうしてもキャリアメールが必要な方は無料で使える「ワイモバイル」か、月額200円で使える「UQモバイル」も検討しましょう。

 

キャリア決済も使えない

 

ソフトバンクではキャリア決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」が使えましたが、IIJmioにキャリア決済のサービスはありません。

 

どうしてもキャリア決済が必要な場合は、格安SIMでキャリア決済が使える「ワイモバイル」「UQモバイル」を選びましょう。

 

ソフトバンクからの乗り換え費用

 

WEBで乗り換え時の手数料

 

ソフトバンクからIIJmioに乗り換える際、以下の費用・手数料がかかります。

 

  • MNP転出費用:3,000円
  • SIMロック解除費用:無料/3,000円
    ※端末を持ち込む場合のみ
  • IIJmioのパッケージ費用:3,000円
  • SIM発行手数料:約400円

 

エントリーパッケージがお得

 

 

ソフトバンクからIIJmioへの乗り換えは、エントリーパッケージでも手続きできます。

エントリーパッケージとは、amazonや家電量販店で販売されている申し込みキットのことです。

 

エントリーパッケージは購入に300円程度かかりますが、パッケージを利用するとSIMパッケージ費用が無料になります。

差し引き2,700円程度の節約になりますね。

 

ただし、購入後、パッケージが届いてから公式サイトで手続きが必要ですので、通常通り公式サイトから申し込むより手間は増えてしまいます。

お急ぎの方はIIJmio公式サイトで手続きしましょう。

 

 

乗り換えのおすすめタイミング

 

ソフトバンクの違約金に注意

 

おすすめタイミングを解説する際、まず第一条件になるのが「ソフトバンクの違約金」です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアでは多くのプランで最低利用期間が設定されており、2年毎に訪れる契約更新月以外に解約・MNP転出すると解約金9,500円がかかります。

できる限り、違約金のかからない契約更新月に転出しましょう。

 

ただし、ソフトバンクに比べるとIIJmioのスマホ料金は大きく安いので、違約金を支払ってでもすぐに乗り換えたほうがお得になる場合があります。

契約するプランによりますが、契約更新月まで4ヶ月以上ある場合は違約金を払ってでもすぐに乗り換えたほうがお得な場合が多いです。

 

乗り換え手続きは月末がお得

 

ソフトバンクからIIJmioに乗り換える際、月のどのタイミングで転入手続きするのがお得でしょうか。

私が考える最もお得なタイミングは月末です。

 

その理由は以下の2つです。

 

  • Softbankは解約月も料金全額
  • IIJmioは初月料金とデータが日割り

 

まず、ソフトバンクは乗り換える最終月も料金は日割にならず全額請求されます。

どうせ全額料金を払うのであれば、データ容量を使い切ってから転出した方がお得です。

 

また、IIJmioでは初月の基本料金・およびデータ容量(クーポン)は日割計算されます。

そのため、いつ契約してもお得度は変わりませんし、できるかぎり月末に近いほうが基本料金が安くなります。

 

 

よって、「ソフトバンクのデータ容量を使い切ったあと、月末に転入」が最もお得です。

 

ただし、ギリギリを狙いすぎて万が一開通(回線切り替え)が翌月にずれこむと、さらにもう1ヵ月分の料金を支払うことになりますので、余裕を持って手続きしてください。

 

▼IIJmioに今すぐ乗り換える▼

IIJmio公式サイト 

 

 

乗り換えに使えるキャンペーン

 

IIJmioでは毎月いろいろなキャンペーンを実施しており、さらに料金が安くなる可能性があります。

月額料金割引やキャッシュバックが受けられたり、オプションが一定期間無料になるなど、大変お得です。

 

現在実施中のキャンペーン情報は下記記事に詳しくまとめています。

ソフトバンクから乗り換える際はぜひ参考にしてください。

 

 

ソフトバンクからIIJmioへの乗り換えは公式サイトで

 

以上、ソフトバンクからIIJmioに乗り換える手順の解説でした。

 

IIJmioなら、ソフトバンクと比べて月5,000円程のスマホ料金節約になります。

ソフトバンクの端末も一部を除けばそのまま使えますし、新たなスマホも安く購入できるので安心です。

 

そして、今ならお得なキャンペーンが実施中です。

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、お得に契約できる今のうちにぜひお申込ください!

 

▼IIJmioに今すぐ乗り換える▼

IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました