キャンペーン&スマホセール第4弾実施中 

IIJmioでモバイルルーター・ポケットWiFiを使う全手順とおすすめ端末

 

 

本記事では、IIJmioのデータSIMをモバイルルーターやポケットWiFiに入れて使う設定手順や料金を解説します。

 

IIJmioの格安のデータSIMを手持ちのモバイルルーターやタブレットに挿せば、格安かつ快適にデータ通信を楽しむことができます。

ぜひ活用ください。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

IIJmioのモバイルルーター用データSIMの選び方

 

IIJmioのSIMカードは3種類

 

IIJmioのSIMカードは全部で3種類あります。

 

  1. 音声通話機能付き
  2. SMS機能付き
  3. データ通信専用

 

音声通話SIMは、主にスマホに挿して使います。

モバイルルーターやポケットWiFiで使用するのは主に「3. データ通信専用」です。

 

ルーターに使う回線の選び方

 

ルーターにはどちらの回線タイプを選べばよいでしょうか。

 

タイプDの方が使えるルーターが多い

 

まず、SIMフリーでもモバイルルーターによってタイプAは使えない場合があります。

その場合はタイプDを選びましょう。

タイプDはほとんどのSIMフリールーターで使えます。(後ほど詳しく解説)

 

通信速度はタイプDが速い

 

私も毎月IIJmioの通信速度を計測していますが、タイプDの方が速いです。

タイプAは格安SIMの中でも遅めです。

 

 

よって、個人的にはルーターや通信エリアに制限がなければタイプDを選ぶのがおすすめです。

 

通信速度は環境や地域によって異なるのであくまで参考にとどめておいてください

 

使用前にAPN設定が必要

 

SIMカード到着後、モバイルルーター・ポケットWiFi本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

 

APN設定とは、モバイルルーターをIIJmioの回線に接続するための設定です。

 

iPhoneやAndroidはどの端末でもAPN設定の手順や画面は同じですが、モバイルルーターのAPN設定は端末によって異なります

各端末の取扱説明書や公式サイトを確認しましょう。

 

少々古い端末ですが、AtermMR03LNの設定手順は下記に記載があります。

 

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioで使えるモバイルルーター

 

IIJmioでルーターを販売中

 

 

IIJmioではモバイルルーターを販売しています。

種類は少ないですが、2019年4月現在発売中のAterm MR05LNは、月額950円×24回払い、一括22,000円で購入できます。

 

このルーターはタイプAの回線もタイプDの回線も選べます。

かなり高性能で、屋内でも屋外でも使えます。

 

▼Aterm MR05LNを確認・購入▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

SIMフリールーターを使う

 

モバイルルーターは、IIJmio公式サイト以外でも市販されています。

 

IIJmioで販売中の「Aterm MR05LN」もAmazonや楽天市場で購入できます。

他にも「Aterm MP01LN 」や「Mobile WiFi E5577」が人気ですね。

 

ただし、これらのSIMフリーのモバイルルーターは端末によって使える回線タイプが異なります

 

Aterm MR05LN

 

IIJmioで販売中の「Aterm MR05LN」もAmazonや楽天市場で購入できます。

 

 

Aterm MR05LNはタイプAでもタイプDでも使えます

 

Aterm MP01LN

 

人気のAterm MP01LNもバンド1・19・26に対応しているので、タイプDでもタイプAでも使えます

 

 

Mobile WiFi E5577

 

一方、Mobile WiFi E5577はタイプDでしか使えません

 

 

SIMフリーというと何でも使えそうなイメージですが、端末によってタイプD/タイプAが使えない場合がありますので注意してください。

 

中古のルーターを購入

 

モバイルルーターはスマホ通販サイトなどでも販売されています。

特に「イオシス」や「ムスビー」では中古や未使用品のモバイルルーターの在庫が豊富で価格も安いです。

 

SIMフリーだけでなくドコモやauのルーターも選べますので、ぜひチェックしてください。

 

▼状態の良いルーターが豊富▼

 

 

データSIMはタブレットでも使える

 

タブレットに使えるデータSIM

 

IIJmioのデータSIMはタブレットに挿しても使用できます。

 

タブレットに音声通話機能は不要ですので、「3. データ専用SIM」または「2. SMS機能付SIM」のどちらかとなります。

 

SMSがあればLINE登録が簡単

 

「2. SMS機能付き」と「3. データ通信専用」の違いは、SMS機能があるかどうかです。

SMSとは、電話番号でショートメッセージを送る機能ですが、現在ではSMSでメッセージのやり取りをすることはあまり多くありません。

 

しかし、SMSがあればLINEの登録・認証が非常に簡単になります。

LINEに登録する際は電話番号の認証が必要になります。

このSMSがあれば、簡単にLINEに登録することができるのです。(ただし、LINEの登録は電話番号がなくてもFacebookでもできます)

 

また、LINEのほかにも一部のゲーム系アプリで電話番号認証が必要な場合があります。

タブレットで電話番号認証が必要なゲームをする場合には、SMS機能付きのSIMカードにしましょう。

 

ただし、ほとんどの方はデータ専用SIMで足ります。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioのデータSIMの料金プラン

 

データSIMの初期費用

 

IIJmioの初期費用はタイプDとタイプAで異なります。

 

タイプDタイプA
パッケージ費用¥3,000¥3,000
SIM発行手数料¥394¥406
¥3,394¥3,406

 

ただし、キャンペーンで初期費用が1円になることも多いのですので、必ずキャンペーン情報をチェックしてください。

 

 

また、少々手間はかかりますが、エントリーパッケージ(またはウェルカムパック)で契約すると初期費用を節約できます。

 

 

データSIMの月額料金

 

データ専用SIM・SMS機能付きSIMの月額料金は以下の通りです。

 

SMS機能付データ専用
タイプDタイプAタイプD
3GB¥1,040¥900¥900
6GB¥1,660¥1,520¥1,520
12GB¥2,700¥2,560¥2,560

 

大容量オプションの料金

 

 

IIJmioでは、上記の3GB・6GB・12GBで容量が足りない場合、20GB・30GBの容量を追加できます。

これを大容量オプションといいます。

 

料金は以下の通りです。

 

20GB30GB
オプション
月額料金
¥3,100¥5,000

 

大容量オプションはあくまで「容量を追加する」という位置づけですので、単体で申し込むことはできません。

3GB・6GB・12GBの基本プランに追加で申し込むことになります。

 

なお、20GBと30GBの追加オプションを同時に申し込み、50GB追加することもできます。

 

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

IIJmioのデータSIMの特徴・メリット

 

IIJmioは月額料金が安い

 

IIJmioの特徴はなんといってもその料金の安さです

 

月3GBのデータが使えるデータ専用SIMカードが、なんと月900円から使えます。

タブレットやモバイルルーターに挿せば、格安で使えますね。

 

<データSIMの月額料金表>

SMS機能付データ専用
タイプDタイプAタイプD
3GB¥1,040¥900¥900
6GB¥1,660¥1,520¥1,520
12GB¥2,700¥2,560¥2,560

 

既にお持ちのタブレット・モバイルルーターはIIJmioでSIMカードを発行すればすぐに使えます。

また、お持ちで無い方も、中古ショップなどでタブレット・モバイルルーターを購入すれば、格安で使うことができます。

 

SIM追加でデータシェア可

 

IIJmioはSIMカードを追加して、データ容量を複数のSIM間でシェアできるのも特徴です。

データ通信専用SIMなら月額400円でもう1枚SIMカードを発行できます。

 

複数枚発行することのメリットは、2枚のSIMカード間で容量を分け合えることです。

 

例えばタブレットとモバイルルーターを1台ずつ持っている場合、SIMをもう1枚追加すれば、タブレットとモバイルルーターの両方に挿して、端末間でデータ容量を分け合うことができまるのです。

 

もちろん、「スマホ+タブレット」や「スマホ+モバイルルーター」も可能ですし、家族間で容量を分け合うこともできます。

 

 

大容量プランも選べる

 

IIJmioでは、新たに大容量のデータを追加できるオプションが選べるようになりました。

 

オプションには20GBと30GBがあり、通常プランに追加という形で容量を増やせます。

これだけの容量があれば、家族間でデータ容量を分け合うことができ、1人1人で契約するより大幅に月額料金を下げられます。

 

また、家のネットの契約をせずにこの大容量オプションでデータ通信を全てまかなうことも可能です。

家のネットは2年または3年契約の場合が多いので、1年間の出張や単身赴任の間は家にネットを引くよりもSIMで対応したほうが便利になります。

 

 

データ通信速度は十分

 

格安SIMを契約する際に不安なのがデータ通信速度です。

 

私も毎月IIJmioの通信速度を計測していますが、タイプDの方が速いです。

タイプAは格安SIMの中でも遅めです。

 

 

たしかに、ドコモやau・ソフトバンクに比べると速度は劣ります。

しかし、そもそも普通の人は1Mbpsのデータ速度もあればデータ通信を快適に使用できるといわれています。

動画をガンガン見たりお昼もスマホを使う方はワイモバイルUQモバイルがおすすめです。

 

余ったデータを繰り越せる

 

 

IIJmioのデータSIMは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

例えば3GBのプランを契約している方が、今月2GBしか使わなかった場合、余った1GBを翌月に繰り越し、翌月は4GBまで使うことができます。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

 

 

IIJmioの通信エリアは広い

 

IIJmioの通信エリアはかなり広いです。

 

そもそも、IIJmioはドコモの回線を利用するタイプD、auの回線を利用するタイプAの2種類の回線があります。

タイプDを契約した方はドコモのエリアで使えますし、タイプAを契約した方はauのエリアで使えます。

 

どちらも人口カバー率は99%を超えていますので、山間部など一部を除けばどこでも使えます。

 

最低利用期間/自動更新なし

 

IIJmioのデータSIMは解除手数料がかかる最低利用期間はありません。

もちろん契約の自動更新もないので、いつでも自由に解除することができます。

 

ただし、契約した月の翌月末までは解約できません

 

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

 

モバイルルーター用SIM購入はIIJmio公式サイトで

 

以上、IIJmioでモバイルルーターやタブレットを使う手順の紹介でした。

 

SIMカードをIIJmioにすることで格安でタブレット・モバイルルーター・ポケットWiFi・を使うことができます。

ぜひご検討ください。

 

IIJmio公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひお申込ください!

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

  IIJmio公式サイト 

 

▼当サイト限定キャンペーン中▼

IIJmio(みおふぉん)

 

 

 

IIJmioトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました