お得な新キャンペーン&SALE実施中 

【2020年】LINEモバイルの評判・口コミまとめ!速度や私の評価も

 

LINEモバイル

 

本記事では、人気の格安SIM「LINEモバイル」の口コミ・評判を集めました。

 

音声3GBで月1,480円~と、格安SIMでは最安レベルの料金が魅力です。

2020年春以降にソフトバンク回線の速度が回復し、おすすめできる格安SIMになりました。

 

本記事ではLINEモバイルについていろいろと書いていますが、「絶対にソフトバンク回線を選べ!」ということだけは覚えて帰ってください。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルの私の評価

 

ここでは、LINEモバイルに対する私の評価を解説します。

 

  • ソフトバンク回線の速度が速い
  • 音声3GBプランは最安値
  • LINEビデオ通話もカウントフリー
  • 抜群の知名度
  • 3キャリアの回線が選べる
  • キャンペーンが豪華
  • ドコモ・au回線は速度が遅い
  • いつ解約しても解除料1,000円
  • 料金プラン刷新で実質値上げ
  • 端末価格が高く種類も少ない

 

基本的にはデータ容量をそれほど使わない方が、ソフトバンク回線を選んで使うのにおすすめのキャリアです。

大容量を使う方や、ドコモ・au回線を選びたい方は他社のほうが良いでしょう。

 

おすすめポイント

 

LINEモバイルは抜群の知名度と料金の安さが魅力です。

特に料金は安く、音声3GBプランなら月額1,480円と、主要な格安SIMで最安値級です。

 

また、SNSカウントフリーが人気で、TwitterやFacebook、Instagramでのデータ消費量が多い方は大きく節約できます。

それほどスマホを使わない方や、料金をとにかく安く抑えたい方、TwitterやInstagramをよく使う方におすすめです。

 

また、2020年春以降はソフトバンク回線の速度がかなり速くなりました。

最も回線が混雑するお昼でも1Mbps以上をキープしており、MVNOの中でもトップクラスの速度です。

契約の際はできる限りソフトバンク回線を選びましょう

詳細LINEモバイル3回線の速度比較

 

注意点・欠点

 

LINEモバイルの最大の注意点は通信速度です。

 

前章でも解説したとおり、ソフトバンク回線ははMVNOの中でもかなり速い速度が出ています。

一方、ドコモ回線・au回線は最低レベルの速度です。

お昼はもちろん、回線が混雑していない時間帯でも1Mbpsちょっとしか出ません。

ドコモ・au回線の契約は絶対におすすめしません

 

  • ソフトバンク回線:MVNOの中でも速い
    →ただしお昼12~13時は1Mbps前後
  • ドコモ・au回線:MVNOの中でも遅い

 

また、2020年の料金プラン変更でいつ解約しても契約解除料が1,000円かかるようになりました。

 

通常、スマホキャリアでは最低利用期間内に音声SIMを解約すると最大1,000円の解除料がかかる場合があります。

しかし、LINEモバイルはいつ解約しても1,000円かかります。

2年使っても3年使っても1,000円かかります。

 

さらに、データSIMでも契約解除料1,000円がかかります

このような仕組みなのはLINEモバイルだけです。

 

おすすめなのはこんな人

 

LINEモバイルを契約するのにおすすめな方はこんな方です。

 

  • データ容量をあまり使わない
  • スマホはSNSの使用がほとんど
  • LINEのビデオ通話が多い
  • 手持ちの端末がソフトバンク回線で使える

 

LINEモバイルの音声3GBプランの料金は、主要なMVNOでは最安値級です。

データ容量をあまり使わない方、できれば3GB以内の方にLINEモバイルは非常におすすめです。

ただし、最大12GBまでのプランしかなく、容量が増えるにつれてお得度は下がっていきます。

 

また、SNSのカウントフリーが選べます

「スマホはほとんどSNSの閲覧・投稿に使うことが多い」という方は大変お得です。

特にLINEはビデオ通話も含めて全プランでカウントフリーなのが嬉しいですね。

 

最後に、LINEモバイルで選ぶべき回線はソフトバンク回線のみです。

ドコモ・auでしか使えない端末をお持ちの方は他社を選びましょう。

 

LINEモバイルでドコモ・au回線を契約するのは絶対におすすめしません。

 

おすすめでない人は?

 

一方、以下の方はLINEモバイルの契約はおすすめしません。

 

  • 月に10GB以上使う方
  • お昼でも速度を気にせず使いたい方
  • ドコモ・auで買った端末を使う方

 

10GB以上使う方

 

LINEモバイルはそもそも12GBまでのプランしか用意されていません。

それ以上使う方は20GB・30GBのプランが用意されている他社を選びましょう。

ただし、格安SIMは容量が増えるごとにお得度が減っていきますので、20GB・30GBの方はドコモ・au・ソフトバンクの方がお得な場合もあります。

 

お昼でも快適に通信したい方

 

また、お昼でも快適に通信したい方は要注意です。

LINEモバイルだけでなく、格安SIMのお昼の速度はどこも遅いです。

お昼でも速いのはワイモバイル・UQモバイルのみです。

 

ソフトバンク回線ならお昼12時~13時でも1Mbps以上はキープしており、SNSやWEBサイトの閲覧はもちろん、480p程度のYoutubeなら快適に視聴できます。

 

しかし、それ以上の画質になると詰まることがあります。

また、Instagramの動画や大量の画像を表示すると遅くなる可能性があるので、お昼12時~13時でもバリバリ通信したい方はワイモバイルかUQモバイルがおすすめです。

 

ドコモ・auのスマホを使いたい方

 

最後に、ドコモ・auで買ったスマホをLINEモバイルで使う場合には注意が必要です。

ドコモ・au回線を選べばスマホはそのまま使えますが、ドコモ・au回線は速度がかなり遅いのでおすすめしません。

 

ドコモ・auで買ったiPhoneはSIMロック解除すればソフトバンク回線でも使えます。

ドコモ・auで買ったAndroid端末はSIMロック解除していても使えない機種もありますので、その場合は他キャリアを選びましょう。

 

ドコモ回線ならOCNモバイルONE、au回線ならUQモバイルBIGLOBEモバイル(A)がおすすめです。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

 

LINEモバイルの良い点・悪い点

 

SNSカウントフリーで使い放題

 

LINEモバイルの最大の特徴は、主要なSNSがカウントフリーになることです。

LINEはどのプランを選んでもカウントフリーです。

その他、自身の使用状況に応じてTwitter・Facebook・Instagramなどがカウントフリーになるプランが選べます。

 

<3つのプランが選べる>

ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
カウント
フリー
対象
LINELINE
Twitter
Facebook
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
AWA
Spotify

 

そのため、スマホでTwitterやInstagram、Facebookの閲覧・投稿をよくする方はデータ消費量を大きく削減できます

 

LINEモバイルユーザーの平均では、データ消費量の約3割がカウントフリーになっています。

特に若い方がお得になるので人気ですね。

 

音声3GBなら格安SIMで最安

 

LINEモバイルでは2020年2月に料金プランが刷新され、音声3GBのベーシックプランは月額1480円になりました。

音声3GBプランを主要な格安SIMと比較すると、OCNモバイルONEと並んで格安SIM最安値です。

 

格安スマホで最も契約者数が多いワイモバイルと比べても安く、10分かけ放題をつけても安いです。

 

<3GB時の料金プラン比較>

LINEモバイル
音声3GB
LINEモバイル
音声3GB+
10分かけ放題
Ymobile
月額
料金
¥1,480¥2,360¥2,505

※ワイモバイルは2年使用時の平均

 

料金にこだわる方はLINEモバイルを選びましょう。

 

3キャリアの回線が選べる

 

LINEモバイルでは、主要な格安SIMではマイネオに続いてドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線がすべて選べるようになりました。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したスマホをお持ちの方も、LINEモバイルなら安心して乗り換えられます。

 

iPhoneはSIMロック解除すればどこでも使えるのですが、まだまだSIMロック解除が面倒でそのままにしている場合も多く、そのような方でもLINEモバイルならそのまま使えます。

 

ただし、ドコモ・au回線は速度が遅いので、おすすめしません。

iPhoneユーザーはSIMロック解除してソフトバンク回線を選びましょう。

 

抜群の知名度

 

LINEのおかげで、LINEモバイルも抜群の知名度を誇っています。

最近は契約者数も増えており、周りに使っている人が多いと安心して契約できますね。

 

通信速度は遅い

 

格安SIMで気になる通信速度ですが、LINEモバイルのドコモ・au回線はMVNOの中でもかなり遅いです。

動画視聴はもちろん、WEBサイトやSNSの閲覧にも支障が出るレベルの速度なので、ドコモ・au回線は絶対におすすめできません。

 

一方、ソフトバンク回線はMVNOの中でもかなり速いです。

2019年には速度が落ち込んでいたのですが、2020年春以降は速度がかなり向上しました。

 

  • ソフトバンク回線:速い
    →お昼12~13時は1Mbps前後
  • ドコモ・au回線:かなり遅い

 

といっても、ソフトバンク回線でもお昼12時~13時の1時間は1Mbpsちょっとに落ち込みます。

Youtubeでも480pの画質なら問題なく視聴できますが、高画質になると詰まることが出てきます。

 

他の時間帯は快適ですが、お昼も快適に使いたい方はドコモ・au・ソフトバンクを選びましょう。

また、格安SIMの中でもワイモバイルUQモバイルならお昼でも高速です。

 

取扱い端末少なく価格も高い

 

LINEモバイルのデメリットは端末のラインナップが弱いことです。

取り扱い端末の種類が少なく、端末価格も高いです。

 

どちらかといえば既にスマホをもっている方がSIMのみ契約する場合はお得ですが、端末セットでLINEモバイルに契約すると少々損になります。

 

ただ、2019年後半からスマホのラインナップが増え、スマホセールも実施するようになりました。

 

▼LINEモバイルを詳しく知る▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルってどんな格安SIM?

 

 

3キャリアの回線が選べる

 

LINEモバイルは、皆さんおなじみのLINEが運営する格安SIMキャリア・MVNOです。

MVNOとは、ドコモ・au・ソフトバンクなどから回線の一部を借りて運営している事業者のことです。

 

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの回線も扱っており、契約時にはどの回線にするか選べます

3キャリアの回線が選べるので、ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換える場合でも手持ちのスマホがSIMロック解除無しで使えるというメリットがあります。

 

ソフトバンクと業務提携

 

LINEモバイルは当初ドコモ回線のみを扱っていましたが、2018年にソフトバンクと業務提携し、ソフトバンク回線の取り扱いもスタートしました。

 

私も3回線とも契約していますが、LINEモバイルのソフトバンク回線は通信速度が最も速いです。

後ほど詳しく説明しますが、LINEモバイルを契約するならできるだけソフトバンク回線を選びましょう。

 

2019年以降、ソフトバンク回線の速度も遅かったのですが、2020年春以降には速度がかなり回復しました。

お昼でも1Mbps以上をキープしており、格安SIMでもかなり速い方のキャリアです。

 

ただしドコモ・au回線はかなり遅いので、LINEモバイルなら断然ソフトバンク回線がおすすめです。

 

 

SNSカウントフリーが大人気

 

LINEモバイルの特徴はなんといってもLINEやTwitter、Instagramが無料になるSNSカウントフリーのプランがあることです。

 

SNSカウントフリーとは、SNSの利用で発生した通信量をカウントしない、いわば使い放題のプランです。

SNSの利用が多い若年層はデータ容量を節約でき、お得にスマホが使えます。

 

ユーザー側での作業は不要で、対象のSNSで消費したデータ容量を自動的に除外してくれるのも嬉しいポイントです。

 

LINEモバイルが使えるエリア

 

LINEモバイルはNTTドコモ・ソフトバンク・auのLTE回線を借りて運用しています。

そのため、ドコモ・ソフトバンク・auのスマホが使えるエリアなら全国どこでも使用可能です。

 

どのキャリアも、LTE回線の人口カバー率は99%を超えていますので、一部の山間部などを除くと、日本全国ほぼ全てのエリアでLINEモバイルを利用できます。

3キャリアの回線が選べるので、山奥などで使う場合も繋がりやすいキャリアを選べるのがメリットです。

 

▼LINEモバイルを詳しく知る▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルの評判・口コミ

 

月額料金プランの口コミ

 

LINEモバイルの使用者の声で何より多いのが料金が安いという意見です

 

LINEモバイルに変えて良かった。

めっちゃ安い!!!!!!

 

LINEモバイル契約した!
4Gだし全然気にならない程度に通信いい
月1400円とか安いビビる

 

前章で詳しく解説しましたが、もっとも契約者数が多いと言われる音声SIMの3GBプランは格安SIMで最安値です。

また、どの回線を選んでも同額です。

ドコモ・au・ソフトバンクと比べれば、毎月5,000円程度は通信量を削減できるでしょう。

 

とにかく毎月のスマホ料金を削減できるのがLINEモバイルの魅力です。

 

SNSカウントフリーの口コミ

 

LINEモバイルの特徴はなんといってもSNSのデータ通信がカウントされないカウントフリー(データフリー)のプランがあることです。

 

2020年からオプション制になり、SNSカウントフリー(Twitter・Facebook)とSNS音楽カウントフリー(Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC)のカウントフリーが選べるようになりました。

 

ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
カウント
フリー
対象
LINELINE
Twitter
Facebook
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
AWA
Spotify

 

よくSNSで画像や動画を見たりアップロードされる方はLINEモバイルがおすすめです。

データ消費量を大幅に削減でき、いつもより安いプランでスマホが使えます。

 

3/5からLINEモバイルに変更しましたが、困った点は全く有りませんでした。
更に、Twitter/LINEなどのSNSの通信量がカウントフリーなのでデータ残量が想定よりも大幅に余っています。
データプランを見直して更に低価格に出来ますね

 

LINEモバイルの無料対象となるSNSは、容量を全て使い切ってしまっても高速のままです。

例えばSNSフリーオプションに加入している方は、使い切った後もLINEやTwitter、Facebookは高速で通信できます。

 

LINEモバイルさん、ギガ数使い切ってもSNSは制限受けないからめちゃ優秀ですね

通信制限後でもLINEもインスタもいつも通り

 

データSIMの口コミ

 

LINEモバイルでは、データ通信専用SIMの契約もお得です。

 

モバイルルーターやタブレットをお持ちの方は是非SIMカードをLINEモバイルにしましょう。

500MBで月600円から使えます。

SMS認証無しでLINも使えますし、年齢認証も可能です。

 

LINEモバイルのデータSIMを契約。
LINE・Twitter・Facebook・Instagramの通信はデータノーカウント!!!!

データプランは期間縛りなし。
いつでも解約OKなのです(((o(*゚▽゚*)o)))

 

料金プラン変更の口コミ

 

LINEモバイルでは、同じSIMの種類の中であれば毎月データ容量の変更が可能です。

プラン変更に料金はかかりません。無料です。

 

余ったデータ容量は翌月に繰り越されますので、残容量に応じてこまめにプランを変更することで月額料金を節約できます。

 

家族が先にLINEモバイルにしてて、まったく不都合ないみたいだから乗り換えることにした。
安いのはもちろんなんだけど、2年縛りとかないから、利用状況で無料でプラン変更できるのがありがたい。

 

私も毎月データ残量をみて、こまめにプランを変更しています。

マイページから簡単にプラン変更できるのも嬉しいですね。

 

通話料金の評判・口コミ

 

 

LINEモバイルの国内通話は通常20円/30秒ですが、スマホアプリ「いつでも電話」からかければ半額になります。

アプリから電話をかけるといっても非常に簡単なので、実質半額になるようなものです。

 

LINEモバイルをもう2年以上使ってるんだけども、いまさら「いつでも電話」ってLINEモバイルのアプリを使えば通話料が半額になるって知ったんだよね…

 

ただし、スマホに最初からインストールされている電話アプリで電話をすると半額になりません。

「いつでも電話」というアプリをインストールして、そこから電話を掛ける必要があります。

 

LINEモバイルは通話料金が20円/30秒だけど、いつでも電話というLINEモバイル専用アプリ(電話帳と連携可能、通常版と大差無し)をDLし、そのアプリから電話すれば半額の10円/30秒になるから絶対DLしたほうがいいぞ。

私はそれを知らない情報弱者故に通常の電話ツールを半年間利用し続けて数百円損した。

 

かけ放題オプションの口コミ

 

 

さらに、お得な10分かけ放題オプションもあります。

月額880円で10分以内の国内通話が無料になります。

 

10分を超えた分も自動的に半額になるので、よく通話をする方もお得です。

 

LINEモバイルの10分かけ放題オプションつけたから、実家も含めてかける率高くなった。
10分超えても30秒10円は安い!

 

LINEモバイルだと、かけ放題プラスで2,080円。
もうこれで、携帯料金については、何も心配することは無くなりました。

 

▼LINEモバイルを詳しく知る▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

通信速度の評判・口コミ

 

続いては通信速度に関する口コミです。

私も毎月速度を計測していますので、そちらも参考にしてください。

 

 

サービス開始当初、ソフトバンク回線はとても高速で人気が爆発しました。

しかし、2019年に入ると通信速度が低下し、2020年現在は格安SIMの中でも遅いほうです。

 

それでもLINEモバイルのドコモ回線・au回線よりは速いですが、mineoのソフトバンク回線のほうが速いですね。

 

LINEモバイルのSoftBank回線が開通してから使ってるけど、最近速度がかなり落ちた気がする。

 

2019年に入って、LINEモバイルのソフトバンク回線すっごく遅くなった。
オススメできるものではなくなってしまった

 

スマホの通信速度は地域や時間帯により大きく変動しするため一概に速い・遅いは判断できません。
参考程度にとどめておいてください。

 

ドコモ回線・au回線は遅い

 

一方、ドコモ回線とau回線は格安SIMのなかでは「遅め」です。

特にau回線は格安SIMでは最低レベルの速度です。

 

LINEモバイルのドコモ回線、ソフトバンクに買収されて以来速度は落ちる一方で、とうとう平日の昼は通信不可能なレベルになったのでおさらばします。

 

ソフトバンク回線のサービスが開始して以来、ドコモ回線からソフトバンク回線に変更された方も多いようですね。

 

LINEモバイル、ソフトバンク回線に変えたよ。
昼間、docomo回線の時より、速いよ!

 

今、LINEモバイルdocomo回線からSoftBank回線に変更完了!けっこう速い。

 

私もLINEモバイルを契約するならソフトバンク回線がおすすめです。

速度は速くはないものの、ドコモ・au回線よりも断然速いです。

 

▼LINEモバイルをチェック▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

データ繰り越しの口コミ

 

LINEモバイルにはデータ消費を節約するための便利な機能があります。

 

まずはデータ繰り越し機能です。

余った分は翌月に回せるので、データの無駄がありません。

 

LINEモバイルってデータの繰り越しできるんだね。
3GB契約で先月600MBしか使わなかったから、今月の使用可能データ量が5.4GBになってた(笑)。

 

LINEモバイル、Twitterの通信料ゼロと繰越のおかげで通信料が減らんどころか増えて使い切られへん

 

やはり、LINEやTwitter、Instagramなどの通信量が無料になるのが大きいようですね。

繰り越しもできますし、これまでよりもうひとつ容量が少ないプランでも大丈夫かもしれません。

 

また、翌月は繰り越したデータから先に消費されます。

(ドコモ・au・ソフトバンクは当月のデータを使い切ったあとにしか繰り越しデータが使えない)

 

よって、さらに翌月にも繰り越しが発生しやすくなる良心的な仕組みです。

 

データプレゼントの口コミ

 

LINEモバイルでは、データを家族や友人にプレゼントすることができます。

ご家族間はもちろん、意外にも友人間でも融通し合っている方が多いようですね。

 

へー、LINEモバイル、友達同士でデータプレゼント出来たり、毎月支払いでラインポイントも貯まるのか

 

私も速度計測用に3回線を契約していますが、残容量に応じてプレゼントしあって容量を調整しています。

 

正直、データが欲しい人ばっかりだと思っていましたが、プレゼントしたいという方が多いので驚きました。

やはり繰り越しやSNSカウントフリー(データフリー)でデータが節約できるからでしょう。

 

もしLINEモバイル使っててデータ量が足りないって人は私とLINEでつながってればデータプレゼントするので声かけてちょ

 

LINEモバイル、カウントフリーが強力すぎて今月末に失効する先月繰越分のデータ量すら使いきれていない状況なので、データプレゼントしてほしい人いたら送ります

 

速度切り替えの口コミ

 

LINEモバイルの数少ないの欠点のひとつは、データ通信速度を高速⇔低速に切り替える機能が無いことです。

 

他の格安SIMでは、通信速度の切替機能が実装されていて、低速に切り替えると速度が遅くなるかわりにデータ容量が消費されません。

しかし、LINEモバイルにはSNSの通信量がカウントされないプランがある代わりに、切替機能はありません。

 

LINEモバイルにしたので出歩いてます。
高速/低速の切り替えはできませんが、Twitterがカウントフリーなので問題ないでしょう。
データ通信残高をLINEに送ってくれるのは便利だね

 

LINEモバイル、低速モードはないのね…

音楽聴き放題で使いたいんだけどね…

 

iPhoneの口コミ

 

iPhone7

 

2018年秋以降、LINEモバイルではiPhone SEやiPhone6Sの発売をスタートしました。

2020年2月には(ようやく)iPhone7も発売しました。

 

iPhone7は今でも十分な性能のおすすめ機種です。

一方、iPhone6Sは終売が近づいています。

LINEモバイルでも入荷→在庫切れを繰り返していますが、最近は頻繁にスマホセールを実施していますので、安くiPhoneが買いたい方は利用しましょう。

 

LINEモバイルに変えたわ メリットしかないからね
ついでにiPhoneSEも買っちゃった

 

4年使ったauのiPhone6(16GB)からLINEモバイルのiPhone6s(128GB)に乗換え
端末代を抜いたら月4000円くらい削れた

 

LINEモバイルではiPhone7・6S以外のiPhoneの販売はしていません。

しかし、手持ちのiPhoneにLINEモバイルのSIMカードを挿して使うこともできます。

これでiPhoneを使いながら、毎月のスマホ料金を大幅に下げられますね。

 

もちろんiPhone7・iPhone8や最新のiPhone11iPhoneXS・iPhone XRも使えます。

実際に使っている方もたくさんいらっしゃいました。

 

iPhone8でLINEモバイルの開通完了。差し当たり問題なく使える…これで月々2300円なんて素晴らしすぎる。SNSはデータ通信量にカウントされないしLINEのID検索はできるし…

 

密かにiPhone XRの256GBのブラックをApple Storeで注文し、明後日到着次第、格安SIMのLINEモバイルへ申し込む予定!
ついにソフトバンクとサヨナラ!

 

LINEモバイルでiPhoneを使う手順や注意点は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

▼iPhone用SIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

最低利用期間・違約金の口コミ

 

LINEモバイルでは2020年2月20日に料金プランが改定され、最低利用期間が廃止されました。

いつ解約してもOKなのは安心ですね。

 

2月19日までに契約した方には引き続き最低利用期間が残ります

 

ただし、そのかわりにいつ解約しても必ず1,000円の契約解除料がかかるようになりました。

また、データSIMでも解約時に1,000円の解除料が必要なので注意してください。

 

LINEのSMS認証の口コミ

 

LINEモバイルユーザーなら、LINEのSMS認証が不要です。

 

LINEモバイルを契約する際に確認済ということで、モバイルデータ通信ならSMS認証がスキップできます。
(Wi-Fiで通信していると必要になりますので注意!)

 

LINEモバイルの500円プランだけどLINEのSMS認証は不要です
確か契約時に身分証明書提出してるから…

 

LINEを導入したがID検索には年齢認証が必要でそれができるのは3大キャリアかLINEモバイルだけということなのでLINEモバイルの500円データプランを買って認証を通した。
手数料込みで3500円ならまあ許容範囲

 

▼LINEモバイルを詳しく知る▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルのキャンペーン情報

 

LINEモバイルはキャンペーンがお得です。

 

もともと3GBプランなら最安値というように料金が安いのですが、キャンペーンを利用すればさらにお得に契約できます。

また、最近ではスマホセールも頻繁に行うようになりました。

 

契約時には必ず現在実施中のキャンペーン・セールを確認してください。

 

3ヶ月500円キャンペーン

 

LINEモバイルキャンペーン

 

8月26日より3ヶ月500円キャンペーンが開始しました。

 

対象プランに申し込むと、料金が3ヶ月間980円割引されます。

音声SIMのベーシックプラン3GBなら月500円で使えますので、大変お得です。

 

<対象プランと割引後の料金>

データ
容量
LINE
データ
フリー
SNS
データ
フリー
SNS音楽
データ
フリー
音声
SIM
500MB¥1,100
3GB¥1,480
¥500
¥1,760
¥780
¥1,960
¥980
6GB¥2,200
¥1,220
¥2,480
¥1,500
¥2,680
¥1,700
12GB¥3,200
¥2,220
¥3,480
¥2,500
¥3,680
¥2,700
データ
SIM
(SMS付)
500MB¥600
3GB¥980¥1,260¥1,460
6GB¥1,700¥1,980¥2,180
12GB¥2,700¥2,980¥3,180

 

上記の通り、データSIMと音声SIM500MBプランは対象外です。

3GB以上の音声SIMならSIM単体でも端末セット契約でも対象となります。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

 

格安スマホぽっきりセール

 

 

現在、LINEモバイルではスマホセールも実施中です。

 

特にnova lite 3は12,000円、OPPO A5 2020は16,800円で購入できます。

24回分割にすると1回あたりnova lite 3は500円、OPPO A5 2020は700円で購入できます。

 

また、他の機種もセール実施中です。

 

<セール対象端末と価格>

対象端末一括価格24回分割時
HUAWEI
nova lite 3
¥12,000500円/回
OPPO
A5 2020
¥16,800700円/回
OPPO
Reno3 A
¥24,0001,000円/回
HUAWEI
nova 5T
¥40,8001,700円/回

※税抜
※分割払いも可

 

今回のLINEモバイルのセールは条件が厳しくありません。

 

音声SIMとセット契約はもちろん、データSIMとのセットでもセール価格で購入できます。

すでにLINEモバイルを契約している方の追加申し込みや、招待プログラムとの併用も可能です。

 

また、機種変更の方も同じ額で購入できます

ただし、機種変更の方は一括払いのみで、分割購入はできません。

 

スマホセールの実施期間は2020年8月26日(水)から2020年11月4日(水)AM10:59までです。

ただし、在庫がなくなり次第終了です。

 

▼お得な端末セール実施中▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

その他実施中のキャンペーン

 

LINEモバイルでは他にも、年間を通してさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

月額料金の割引や初期費用無料など、お得なキャンペーンを定期的に実施していますので、LINEモバイル契約時はキャンペーンを必ずチェックしましょう。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

 

 

LINEモバイルへの乗り換え手順

 

現在ドコモやau、ソフトバンクをはじめとした他のスマホ会社に契約している方も、現在使っている携帯電話番号はそのままでLINEモバイルに乗り換えることができます。

 

MNP転入は主に以下の5つの手順で完了します。

 

  1. SIMロック解除
    (端末を流用する場合)
  2. MNP予約番号取得
  3. LINEモバイルに契約
  4. 回線切り替え・開通手続き
  5. 各種設定

 

繰り返しになりますが、ドコモ・au・ソフトバンクや他社で購入したスマホをLINEモバイルで使う場合、端末購入元と使用する回線の組み合わせによって本体のSIMロック解除が必要です。

事前に各キャリアで手続きをしましょう。

 

乗り換えの詳しい手順は下記記事にまとめています。

 

 

ラインモバイル申し込みはこちら

 

以上、人気の格安スマホ「LINEモバイル」の解説でした。

 

LINEモバイルの特徴はなんといっても基本料金の安さです。

音声SIMの3GBプランなら格安SIMで最安値で、さらにSNSがカウントフリー(データフリー)になるプランが人気です。

 

さらに、今ならお得なキャンペーンを期間限定で実施中です。

キャンペーンは期間限定なので、ぜひお早めに契約しましょう。

 

LINEモバイルの申込みはLINEモバイル公式サイトからどうぞ!

 

▼LINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

タイトルとURLをコピーしました