お得な月額300円キャンペーン実施中! 

LINEモバイルでデータSIMを申し込む手順とお得なキャンペーン【2019年版】

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事ではLINEモバイルでデータSIMを申し込む手順と注意点、お得なキャンペーンを解説します。

 

月額500円から使えるLINEモバイルのデータSIMは非常に便利です。

私もLINEモバイルのデータSIMを契約して使っています。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト 

 

データSIMでできること

 

まずはLINEモバイルのデータSIMでできることと活用方法を解説します。

 

データ通信が可能

 

LINEモバイルのデータSIMでは電話番号を利用した音声通話はできませんが、データ通信が可能です

データSIMの主な使い方は以下のとおりです。

 

  • タブレットに挿して使う
  • モバイルルーターで使う
  • PCに入れて使う
  • デュアルSIMのスマホで使う
  • 子供用のスマホで使う

 

SIMが入れられるタブレットモバイルルーター・ノートPCでは通話機能は不要ですので、データSIMを契約して使います。

 

 

また、最近ではデュアルSIMのスマホ(SIMカードが2枚入れられるスマホ)が増えてきました。

私もSIM1には電話ができるメインのSIMを入れ、SIM2にデータSIMを入れて使っています。

 

データSIMを入れたスマホを子供に持たせている方も多いですね。

 

余ったデータは繰り越し

 

LINEモバイルのデータSIMは、余ったデータ容量を翌月に繰越できます。

月によるデータ使用量の変動を吸収できるので大変お得です。

 

 

SNSカウントフリー

 

LINEモバイルの特徴は、SNSなどで消費したデータがカウントされない「SNSカウントフリー(データフリー)」です。

プランに応じ、対象のサービスが使い放題になります。

 

プラン
カウントフリー対象
LINEtwitter
Facebook
Instagram
LINE
MUSIC
LINEフリー
コミュニケーションフリー
MUSIC+

 

このSNSカウントフリーは音声SIMもデータSIMも同様です。

データSIMでも対象サービスならデータは消費しません。

 

SMSが可能

 

データSIMは「データ専用SIM」と「SMS機能付きSIM」が選べます。

SMS機能付きSIMを選べば、通話はできませんが電話番号でのメッセージのやり取り(SMS)が可能です。

 

SMSがあればメルカリやラクマといったフリマアプリにも登録できますし、一部のスマホゲームの認証も可能です。

 

ただし、上記のようなアプリ・ゲームへの登録が不要であれば通常はデータ専用SIMで良いでしょう。

 

LINEの認証が可能

 

LINEロゴ

 

LINEモバイルのデータSIMは、LINEの認証が可能です。

そもそもMVNOでLINEの認証ができるのはLINEモバイルだけですが、データSIMでも認証が可能です。

 

LINEのインストールや認証の手順はこちらの記事を参照してください。

 

詳細データSIMによるLINEの認証手順

 

LINE通話が可能

 

データSIMでは電話番号による通話はできませんが、LINE通話は可能です。

LINE通話はデータ通信により通話する機能なので、データ通信の機能があれば可能です。

 

同様に、Skype(スカイプ)やFacebookメッセンジャー、Instagramのビデオ通話も可能です。

 

▼今すぐデータSIMに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

データSIMの料金と仕様

 

データ専用/SMS付の2種

 

前章でも解説しましたが、データSIMには「データ専用SIM」「SMS付SIM」の2種類があります。

 

どちらもデータ通信ができますが、SMS付SIMだけSMSのやり取りやSMSによる各種認証ができます。

電話番号による通話はどちらもできません。

 

また、データ専用SIMがあるのは「LINEフリープラン」のみです。

 

プラン
選べるSIM
データ専用SMS付音声
LINEフリー
コミュニケーションフリー×
MUSIC+×

 

月額料金

 

LINEモバイルのデータSIMの月額料金は以下のとおりです。

 

プラン容量データ専用SMS付
LINEフリー1GB¥500¥620
コミュニケーションフリー
3GB¥1,110
5GB¥1,640
7GB¥2,300
10GB¥2,640
MUSIC+3GB¥1,810
5GB¥2,140
7GB¥2,700
10GB¥2,940

 

初期費用

 

データSIMを契約する際には初期費用がかかります。

 

初期費用金額
WEB登録事務手数料¥3,000
SIM発行手数料¥400

 

どの回線(ドコモ・au・ソフトバンク)、どのプランでも上記の初期費用がかかります。

ただし、この初期費用のうちWEB登録事務手数料は無料にする方法があります。(のちほど解説)

 

 

最低利用期間/違約金

 

LINEモバイルのデータSIMには最低利用期間・違約金(解約金)はありません。

いつ解約してもOKです。

 

また、データSIMはいつ解約手続きしても月末日まで使用でき、解約月の料金は全額請求されます。

 

 

通信速度

 

LINEモバイルの通信速度は以下の記事で毎月計測しています。

 

 

ドコモ・au・ソフトバンク回線の中で最も速いのはソフトバンク回線です。

ただし、2018年には非常に速かったソフトバンク回線も、2019年に入って低下中です。

 

プラン変更

 

LINEモバイルは、同一のSIMの種類(音声SIM/SMS付SIM)の間なら自由にプラン・データ容量を変更できます。

(データ専用SIMはLINEフリープランの1GBしか無いのでプラン変更不可)

 

変更はマイページから手続きでき、手続きすると翌月1日からプラン・容量が変更されます。

変更手数料などはかかりませんので、データ容量の繰越状況をみながらこまめに変更するのがおすすめです。

 

▼今すぐデータSIMに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

データSIMの契約・解約手順

 

ネットでの契約申込手順

 

LINEモバイルはネットLINEモバイル公式サイト)と店舗で契約できます。

 

LINEモバイル公式サイト」で申し込む手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

最大の注意点はSIMカードの種類・サイズです。

LINEモバイルではドコモ・au・ソフトバンクの回線が選べ、さらに回線ごとにSIMカードの種類やサイズが複数に分かれます。

 

事前に必ず自分が使いたい端末に対応するSIMの種類・サイズを確認しておきましょう。

 

店舗での契約申込手順

 

LINEモバイルのデータSIMは店舗でも契約できます。

店舗ならSIMが即日発行でき、その日から使えるのが嬉しいですね。

 

店舗でSIMを契約する手順と準備・注意点は下記記事にまとめています。

特にエントリーパッケージが使えず、キャンペーンも適用されない点に注意してください。

 

 

解約手順

 

LINEモバイルのデータSIMの解約はマイページから手続きします。

 

  1. マイページにログイン
  2. 各種手続きをタップ
  3. 「MNP転出・解約」をタップ
  4. 「解約する」ボタンをタップ
  5. 解約理由などを記入
  6. 「確認する」を選択

 

▼解約はマイページから▼

LINEモバイル_解約画面

 

なお、マイページで解約手続きしたタイミングにかかわらず解約は月末最終日です。

 

月末最終日まではSMSやデータ通信が可能です。

そのため、解約月の料金は手続きしたタイミングにかかわらず全額請求されます。

 

 

▼今すぐデータSIMに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

データSIMのお得な契約方法

 

データSIMのキャンペーン

 

LINEモバイル300円キャンペーン

 

まず最も基本となるのが、キャンペーンを利用する方法です。

 

LINEモバイルではほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

ほとんどのキャンペーンは音声SIMのみが対象ですが、まれにデータSIMもLINEポイントが還元される特典があったりします。

必ずキャンペーンはチェックしてください。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にて詳しく解説しています。

 

 

エントリーパッケージ

 

LINEモバイルエントリーパッケージ

 

WEB登録事務手数料3000円が無料

 

LINEモバイルのデータSIMを契約する際は、エントリーパッケージの利用もお得です。

 

Amazonなどでエントリーパッケージを購入し、パッケージに書かれているエントリーコードを入力すれば初期費用のうちウェブ登録事務手数料3,000円が無料になります。

 

パッケージが400円ほどで買えますので、差し引き2,600円ほどのお得です。

 

 

データ専用SIMを申し込む場合

 

なお、データ専用SIMはエントリーパッケージを利用して申し込むことはできません。

しかし、SMS付SIMならエントリーパッケージが使えるので、データ専用SIMで良い場合もSMS付SIMを申し込んだほうがお得な場合もあります。

 

大体2年以内に解約する場合は、初期費用を払ってデータ専用SIMを契約するよりエントリーパッケージを使ってSMS機能付きSIMを契約したほうがお得です。

 

 

追加申込で初期費用割引

 

家族にLINEモバイルの契約者がいる場合や、すでにLINEモバイルを契約している方が追加でデータSIMを契約する場合は、「追加申し込み」を選ぶことで、契約時のウェブ登録事務手数料(通常3,000円)が割引になります。

 

追加申し込みは、すでに契約した方のマイページから「追加申込」を選択することで手続き可能です。

追加申込といっても、名義や契約条件は個別に契約する場合と変わりません。

 

割引額は、追加でどのSIMを契約するかによって異なります。

 

  • SMS付きSIM:3,000円→500円
  • データ専用SIM:3,000円→1,000円
  • 音声通話SIM:3,000円→無料

 

契約は月初がお得

 

LINEモバイルの契約初月の料金は定額です。

いつ契約しても、以下の額が請求されます。

 

  • データ専用SIM:500円
  • SMS付きSIM:620円
  • 音声通話SIM:1,200円

 

データ容量は全額付与されるので、LINEモバイルは月初に申し込んだほうがお得です。

 

WEB「LINEモバイル公式サイト」で申し込んだ場合の利用開始日は以下の表の通りです。

 

回線契約利用開始日
ドコモ
新規商品発送の翌々日
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「商品到着の3日後」の早い方
ソフト
バンク
新規「利用開始手続完了の翌日」か「商品発送日の8日後」の早い方
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方
au
新規商品発送の翌々日
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方

 

利用開始日が月初にくるようにうまく調整しましょう。

詳細は下記記事にまとめています。

 

 

端末は別購入しよう

 

LINEモバイルにネットで申し込む際、スマホ端末とセットでも契約できます。

データSIMとのセットで購入も可能です。

 

しかし、LINEモバイルのスマホ端末は取扱機種が少なく、価格も高いです。

できれば別途購入してLINEモバイルで使ったほうがお得です。

 

イオシス」「ムスビー」や「じゃんぱら」とったスマホショップでは、中古・新品・未使用品のスマホが比較的安く手に入ります。

また、「goo Simseller 楽天市場店」や「goosimseller Yahooショッピング店」では新品のスマホ端末を格安で購入できます。

 

LINEモバイルの端末は高いので、面倒でなければ他で購入して使うのがおすすめです。

 

▼おすすめはイオシス▼

イオシス(公式)

 

 

招待キャンペーンは対象?

 

LINEモバイル招待キャンペーン

 

LINEモバイルではほぼ年間を通して招待キャンペーンを実施しています。

LINEモバイルをすでに契約している方が発行した招待URLから申し込めば、WEB登録事務手数料3,000円が無料になります。

 

しかし、データSIMはほとんどの場合で対象外です。

今後対象になることもあるかもしれませんが、これまではずっと音声SIMのみが対象でした。

 

念の為、招待キャンペーンの条件を確認してください。

 

 

 

LINEモバイルの申込はこちら!

 

以上、LINEモバイルのデータSIMの料金とキャンペーンの解説でした。

 

私も契約していますが、料金の安いLINEモバイルのデータSIMは大変便利です。

 

データSIMの申込は24時間受け付け可能な「LINEモバイル公式サイト」からどうぞ!

お得なキャンペーンも実施中です。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ