料金5ヶ月半額キャンペーン実施中! 

LINEモバイルのエントリーパッケージの使い方と注意点・最安値を解説

 

本記事ではLINEモバイルのエントリーパッケージの使い方と注意点を解説します。

 

エントリーパッケージを使えばウェブ登録事務手数料3,000円が無料になり、多くの公式キャンペーンも併用できます。

契約時には是非利用してください。

 

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

エントリーパッケージとは

 

 

エントリーパッケージとは、記載されたエントリーコードを申し込み時に入力することで、初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になるお得なパッケージです。

 

このエントリーパッケージにはお得な特典がたくさん詰まっています。

LINEモバイルに契約する際には必ず確認しましょう。

 

ウェブ登録事務手数料無料

 

エントリーパッケージを使って申し込みすると、申し込み時のウェブ登録事務手数料3,000円が無料になります。

エントリーパッケージの価格が税別で400円程度ですので、この費用を含めても2,600円ほどお得になります。

 

エントリーパッケージを知っているだけで2,600円も節約できるのは大きいですね。

 

エントリーコードが記載

 

エントリーパッケージには、16桁のエントリーコードが記載されています。

このエントリーコードをWEB申し込みの際に入力することで、ウェブ登録事務手数料が無料になります。

 

SIMカードは後日送付

 

エントリーパッケージには、SIMカードが入っているわけではありません

あくまでエントリーパッケージには、エントリーコードが記載された紙が入っているだけです。

 

SIMカードは申し込み完了後、後日発送されます。

いざエントリーパッケージを開けたときに「SIMカードが入ってない!」とならないようにしましょう。

 

 

 

エントリーパッケージが買える場所

 

お得なエントリーパッケージですが、実際に利用したい場合には、どこで購入すればいいのでしょうか。

この章ではエントリーパッケージが買える場所と最安値を解説します。

 

購入できる通販サイト一覧

 

エントリーパッケージが購入できる通販サイトは以下の通りです。

 

  • Amazon
  • カメラのキタムラ
  • ケーズデンキ
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ソフマップ
  • ビックカメラ
  • モバレコ
  • Yahoo!ショッピング
  • ヨドバシカメラ

 

大手家電量販店であれば基本的にどこでも取り扱いがあります。

楽天でも家電量販店の出品があるので購入可能です。

実店舗でも家電量販店やTSUTAYAにも取り扱いがあります。

 

カメラのキタムラが最安値

 

<通販サイトの価格一覧>

通販サイト価格
Amazon¥450
LINEモバイル
ヤフーショッピング店
¥400
カメラのキタムラ¥368
ケーズデンキ¥450
コジマ¥410
ジョーシン¥400
ビックカメラ¥424
ソフマップ¥424
ヨドバシ.com¥424

※価格は2019年4月9日時点

 

最安値はカメラのキタムラでした。

カメラのキタムラでは唯一300円台で購入可能です。

送料も無料なので「少しでも安く買いたい!」という人はカメラのキタムラの通販を利用しましょう。

 

おすすめはAmazon・楽天市場

 

とはいえ、エントリーパッケージの通販の価格はどこで買ってもあまり変わりません。

Amazonは450円ですが、よく50%OFFクーポンが発行されて225円で購入できます。

 

▼Amazonは半額クーポンも▼

 

また、楽天市場なら楽天ポイントが使えますので、正直どこで購入してもあまり変わらないと思います。

私は毎回Amazonで購入しますが、Amazonプライム会員以外の方は合わせ買い対象商品(2000円以上買わないと送料無料にならない)ので注意してください。

 

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

パッケージが使えるプラン・SIM

 

ウェブ登録事務手数料が無料になりお得なエントリーパッケージですが、契約できる内容は一部限られます。

 

新規契約・MNP転入に利用可

 

LINEモバイルのエントリーパッケージは、新規契約する場合に加え、他社からLINEモバイルにMNPで乗り換える場合にも使えます

 

全ての料金プランに契約可能

 

LINEモバイルの料金プランは以下の3種類です。

 

  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC +プランプラン

 

エントリーパッケージは3種類のプラン全てで利用可能です。

ほかの格安SIMのエントリーパッケージでよくあるのが「3GB以上のプランで利用可能」などの制限です。

少量のプランに申し込もうとすると初期費用がかかってしまいます。

 

LINEモバイルでは1GBのLINEフリープランでもエントリーパッケージが利用できます。

 

データ専用SIMは使用不可

 

LINEモバイルのSIMは以下の3種類です。

  • データ専用SIM
  • SMS付きSIM
  • 音声SIM

 

エントリーパッケージは「音声SIM」と「SMS付きSIM」で利用できます。

 

LINEフリープランにはデータ専用SIMが用意されていますが、エントリーパッケージは利用できません。

 

<パッケージが使えるプラン>

データ
専用
SMS付音声通話
LINEフリー×
コミュニケーションフリー
MUSIC+

 

全回線が選べる

 

LINEモバイルでは、ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の3つから回線を選べます。

エントリーパッケージは、ドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の全てで利用可能です。

 

SIMフリーのスマホ、あるいはSIMロック解除済みのスマホをお持ちの方なら、おすすめはソフトバンク回線です。

ソフトバンク回線は非常に通信速度が速いからです。
(ただし最近は下落しています)

 

ドコモ・au回線の速度は格安SIMの中でも遅めです。

 

 

SIMのみも端末セットも可能

 

エントリーパッケージは端末セット・SIMのみのどちらの契約も利用できます

 

LINEモバイルでは「HUAWEI nova lite 3」「AQUOS sense2」など人気の格安スマホの取り扱いがあります。

LINEモバイルへの乗り換えと合わせてスマホも新しくしたい人は、エントリーパッケージで端末セットに申し込むと良いですね。

 

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

エントリーパッケージの注意点

 

SIMカード発行手数料は必要

 

エントリーパッケージを利用すると、初期費用のうち「ウェブ登録事務手数料(3,000円)」が無料になります。

ただし、SIMカード発行手数料400円はパッケージを利用しても無料になりません

 

店舗では使えない

 

LINEモバイルでは、カメラのキタムラなどをはじめとした店舗での契約も可能です。

しかし、店舗で契約する場合にはエントリーパッケージは使えません。

 

公式キャンペーンと併用可能

 

 

LINEモバイルでは定期的にお得なキャンペーンを実施しています。

特に最近では月額料金が300円になったりといった、豪華なキャンペーンが多いですね。

 

エントリーパッケージは、公式サイトで実施しているキャンペーンと併用可能です。

(次章で解説する紹介キャンペーンを除く)

 

エントリーパッケージを利用すれば初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になり、さらに公式キャンペーンも適用されるので大変オトクです。

 

 

紹介キャンペーンは併用不可

 

 

ただし、公式キャンペーンのうち紹介キャンペーンは併用不可です。

 

紹介キャンペーンとは、LINEモバイル契約者の紹介で専用URLから契約した場合、初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になるキャンペーンです。

 

紹介キャンペーンもエントリーパッケージも特典内容は同じですが、紹介キャンペーンならパッケージを購入する手間と費用がかかりません。

ただし、紹介者を探す手間がかかります。

身近にLINEモバイルの契約者がいなければエントリーパッケージを購入しましょう。

 

なお、当サイトの問い合わせページから依頼していただければ、紹介用URLを発行いたしますのでご連絡ください。

 

 

初期費用無料だが手間は増える

 

「エントリーパッケージを利用する」となると、エントリーパッケージをAmazonなどの通販サイトで購入する手間があります。

またさらに、エントリーパッケージが届くまで待つ時間も必要です。

思い立ったらすぐに申し込みというわけにもいきません。

 

手間が面倒に感じる人や、すぐに申し込みをしたい人はエントリーパッケージを使わずに、通常申し込みからすぐに申し込みしてしまうのも手です。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

コードの再入力不可

 

エントリーコードの入力は一度きりです。

エントリーコードを利用して申し込みが完了すると、そのエントリーコードは使えなくなります。

 

途中でやめた場合も再利用可能

 

他のサイトでは、LINEモバイルのエントリーコードは途中まで入力すると、実際に契約しなくても再利用不可になるという解説がありました。

公式サポートに確認したところ、契約しない限り再利用可能とのことです。

(普通なそんなわけがないですよね…)

 

ただ、途中まで入力すると一時的に入力が不可になったりする可能性もあります。

 

それを防ぐためには、一度エントリーコードを入力せずに「LINEモバイル公式サイト」で申し込み手続きを途中まで進めてみましょう。

端末セットで購入される方は、自身が購入したい端末や容量・色があるか必ず確認してください。

 

有効期限がある場合も

 

LINEモバイルのエントリーパッケージには有効期限があるものと無いものがあります。

2019年7月までは有効期限があるものとないものが混在するようです。

 

有効期限がある場合、期限を過ぎてからの申し込みはできません。

有効期限は購入したエントリーパッケージに記載されています。

 

有効期限は短くないので「購入して放置」などしなければそれほど気にする必要はありませんが、届いたら早めに申し込みを進めましょう。

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

通常申し込みとパッケージ、どちらがお得?

 

ここまでエントリーパッケージの特典と注意点を解説してきました。

では、通常通り公式サイトで申し込むのとエントリーパッケージを利用した申し込みでは、どちらがお得でしょうか?

 

音声通話SIM申し込みの場合

 

音声通話SIMを申し込む場合、エントリーパッケージを利用して申し込む方がお得です。

 

エントリーパッケージを利用すれば初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になりますし、公式サイトで実施中のキャンペーンもほとんど適用可能です。

 

音声通話SIMを申し込む場合はエントリーパッケージを購入しましょう。

 

ただし、紹介キャンペーン以外にも、パッケージ利用なら適用不可のキャンペーンがあるかもしれません。

キャンペーンを適用させたい場合は、パッケージとの併用が可能かかならず確認しましょう。

 

 

SMS付SIMに申し込む場合

 

データSIM(SMS付)を申し込む場合も、エントリーパッケージを利用して申し込む方がお得です。

 

公式サイトでは、データSIM(SMS付)がお得になるキャンペーンはほとんどありませんが、エントリーパッケージを利用すれば初期費用(ウェブ登録事務手数料)が無料になります。

 

データ専用SIMに申し込む場合

 

LINEフリープランで選べるデータ専用SIMはエントリーパッケージの対象外です。

しかし、実はエントリーパッケージでお得に申し込む方法があります。

それはあえて「データSIM(SMS付き)」に申し込むという方法です。

 

データSIM(SMS付)ならパッケージ利用可能

 

データSIM(SMS付)はデータ専用SIMより月額120円高いですが、エントリーパッケージが利用できます。

パッケージを利用すれば2600円ほど初期費用を節約できます

 

データ専用SIMとデータSIM(SMS付)の月額料金の差額が120円なので、2,600÷120=21.666…となり、21ヶ月以内に解約する場合にはデータSIM(SMS付)を契約したほうが安くなります

逆に22ヶ月以上継続して契約する場合はデータ専用SIMを契約したほうがお得です。

 

またSMS付きのSIMであれば、各種WEBサービスでSMS認証が可能になります。

私もデータ専用SIMで良かったのですが、エントリーパッケージを利用してデータSIM(SMS付)を契約しました。

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

LINEモバイルの申し込みはこちら!

 

以上、LINEモバイルのエントリーパッケージの使い方と注意点の解説でした。

 

エントリーパッケージを使えばウェブ登録事務手数料3000円が無料になり、多くの公式キャンペーンも併用できます。

是非利用してください。

 

 

パッケージをすでにお持ちの方や、今すぐLINEモバイルに申し込みたい方は「LINEモバイル公式サイト」からどうぞ!

 

▼パッケージを利用して申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ