お得な新キャンペーン&SALE実施中 

LINEモバイルでiPhone8を使う手順まとめ【完全版】大手より14万円お得!?

 

iPhone8

 

本記事では、LINEモバイルでiPhone8・iPhone8 Plusを使用する手順・料金を説明します。

 

iPhone8はApple Storeでの販売が終了しましたが、今でも絶大な人気を誇っています。

料金が安いLINEモバイルでも快適に使えます。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

LINEモバイルでiPhone8を使う

 

LINEモバイルの店頭・オンラインストアでは、iPhone8・iPhone8 Plusは販売していません。

そのため、以下の手順が必要になります。

 

  1. iPhone本体を準備
  2. LINEモバイルのSIMを契約
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

他社からのMNP乗り換えでiPhone8を使う手順や、契約者が機種変更する手順は、のちほど別の章で解説します。

 

iPhone8本体を準備

 

 

まずはiPhone8・iPhone8 Plusの端末本体を準備します。

 

iPhone8はアップルストアの販売が終了しましたが、「イオシス」などの大手スマホ通販サイトでは格安で購入できます。

 

LINEモバイルで使える端末やSIMロック解除要否は「LINEモバイルで使えるiPhone8」の章で解説します。

 

iPhone8用のSIMを購入

 

次に、LINEモバイルのSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードはLINEモバイル公式サイトで購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

まず「LINEモバイル公式サイト」にアクセスし、右上の「申し込む」を選択⇒画面最下部の「上記事項に同意のうえ、申しこむ」を選択

 

 

「同意して申し込む」をタップ

 

 

プラン(データフリーオプション)を選択

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、データ容量を選びます。

音声SIMの月額料金は以下のとおりです。

 

<音声SIMの料金表>

データ
容量
ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
500MB¥1,100
3GB¥1,480¥1,760¥1,960
6GB¥2,200¥2,480¥2,680
12GB¥3,200¥3,480¥3,680

 

続いて、回線を3つの中から選択します。

おすすめは速度が速いソフトバンク回線です。

 

ドコモ・au回線は速度が遅いのでおすすめしません。

ドコモ・au版のiPhone8をお持ちの方は、SIMロック解除してソフトバンク回線を選びましょう。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、SIMタイプを選択します。

iPhone8で使う場合は音声SIMの方がほとんどでしょう。

 

 

音声SIMを選択後、通話オプション「10分かけ放題」が必要かどうか選択してください。

 

その後、端末購入の有無を選択します。

他で購入したiPhone8を使う場合はSIMカードのみを選択します。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、SIMカードのサイズ・種類を選択します。

 

ドコモ回線・au回線を選んだ場合、SIMカードはマルチSIMのみです。

マルチSIMとは、自身でSIMカードのサイズを調整するタイプのSIMカードです。

 

LINEモバイル契約手順

 

ソフトバンク回線を選んだ場合、「利用予定の端末」が表示されます。

ここで「iPhone」を選ぶと、SIMカードは「iPhone専用ナノ」となります。

 

もちろんこれでも良いのですが、iPhone専用ナノはAndroidでは使えません。

絶対にAndroidを使わないという方はiPhone専用ナノでよいのですが、もしかしたら使うかも…というかたは「Android・その他」を選び、通常の「ナノ」を選ぶのがおすすめです。

 

<SoftBank回線で使えるSIM>

端末ナノiPhone
専用ナノ
SIM
フリー
SIMロック
解除済み
Softbank
(SIM
ロック
未解除)
iPhone8
以降
iPhone7
~iPhone5
×

 

通常のナノでも、iPhone8以降の機種なら問題なく使えます。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、申し込み区分を選択します。

 

LINEモバイル契約手順

他社からの乗り換え(MNP転入)を選択すると、MNP予約番号等の入力が必要です。

 

 

最後に、キャンペーンコード・エントリーコードの入力画面が表示されます。

LINEモバイルのキャンペーンページを必ず確認し、必要なエントリーコードを入力してください。

 

エントリーパッケージをお持ちの方は、ここでパッケージに書かれたエントリーコードを入力してください。

 

LINEモバイル契約手順

 

ここまでくれば後は大丈夫です。

その後は以下の通りです。

 

  1. お客様情報を入力
  2. 登録したアドレスにメールが届く
  3. URLから本人確認書類をアップロード
  4. 支払方法設定
  5. ID・パスワードを設定
  6. 申し込み完了

 

数日後にLINEモバイルからSIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone8用SIMを購入▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

iPhone8本体にSIMを挿入

 

SIMカードが手元に届いたらiPhone8本体にSIMカードを挿入します。

本体左側面にあるSIMスロットの穴にSIMピンを挿し、SIMカードをセットします。

 

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

iPhone8のAPN設定

 

iPhone8の本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、iPhoneをインターネットに接続するためのネットワーク設定です。

アクティベート・アクティベーションともいわれます。

 

作業は非常に簡単です。

Wi-Fiに接続した上で、こちらの手順に従ってファイルをダウンロードすればOKです。

 

 

APN設定が完了すると、いよいよiPhone8がLINEモバイルで使えるようになります。

 

▼iPhone8用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

MNP乗り換えでiPhone8を使う

 

MNPを利用してドコモ・au・ソフトバンクなどからLINEモバイルに転入してiPhone8を使うためには、主に以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. 転入元でMNP予約番号を発行
  3. LINEモバイルでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え(開通手続き)
  5. APN設定

※他社版のiPhone8を使う場合

 

これから、それぞれの手順について詳しく解説します。

 

iPhone8のSIMロック解除

 

この手順は、乗り換え元キャリアで購入したiPhone8をそのまま使う場合のみ必要です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhone8をLINEモバイルでそのまま使う場合、SIMロック解除が必要なことがあります。

 

<SIMロック解除要否>

DプランAプランSプラン
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au不要
SoftBank不要

 

ドコモ・auで買った端末もドコモ回線またはau回線を選べばそのまま使えます。

しかし、ドコモ・au回線は速度が遅いのでおすすめしません。

SIMロック解除した上でソフトバンク回線を選ぶのがおすすめです。

 

詳細は「LINEモバイルで使えるiPhone8」の章をご確認ください。

 

MNP予約番号の発行

 

さて、次に乗り換え元キャリアの解約・MNP転出手続きに入ります。

 

MNPで他社に転出する場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号の発行方法

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各スマホショップ店頭
  • 電話
  • マイページ

 

▼MNP予約番号の発行方法▼

予約番号
発行方法
備考
ドコモ店舗
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au店舗
電話0077-75470
WEBMy au
ソフト
バンク
店舗
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

 

MNP予約番号の有効期限

 

転出手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号には15日間の有効期限があります

15日以内にLINEモバイルへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。

 

さらに、LINEモバイルのWEBでMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残った状態でしか申し込みできません。

残り10日を過ぎるとWEBでのMNP転入手続きは不可となり、店舗に行くか予約番号の再発行が必要になりますので注意してください。

 

LINEモバイルでMNP転入

 

いよいよ、新しいキャリア「LINEモバイル」で手続きします。

 

MNP転入手続きはLINEモバイル公式サイトで進めます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

まず「LINEモバイル公式サイト」にアクセスし、右上の「申し込む」を選択⇒画面最下部の「上記事項に同意のうえ、申しこむ」を選択

 

 

「同意して申し込む」をタップ

 

 

プラン(データフリーオプション)を選択

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、データ容量を選びます。

音声SIMの月額料金は以下のとおりです。

 

<音声SIMの料金表>

データ
容量
ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
500MB¥1,100
3GB¥1,480¥1,760¥1,960
6GB¥2,200¥2,480¥2,680
12GB¥3,200¥3,480¥3,680

 

続いて、回線を3つの中から選択します。

おすすめは速度が速いソフトバンク回線です。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、SIMタイプを選択します。

iPhoneで使う場合は音声SIMの方がほとんどでしょう。

 

 

音声SIMを選択後、通話オプション「10分かけ放題」が必要かどうか選択してください。

 

その後、端末購入の有無を選択します。

他で購入したiPhoneを使う場合はSIMカードのみを選択します。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、SIMカードのサイズ・種類を選択します。

ドコモ回線・au回線を選んだ場合、SIMカードはマルチSIMのみです。

マルチSIMとは、自身でSIMカードのサイズを調整するタイプのSIMカードです。

 

LINEモバイル契約手順

 

ソフトバンク回線を選んだ場合、「利用予定の端末」が表示されます。

ここで「iPhone」を選ぶと、SIMカードは「iPhone専用ナノ」となります。

 

もちろんこれでも良いのですが、iPhone専用ナノはAndroidでは使えません。

絶対にAndroidを使わないという方はiPhone専用ナノでよいのですが、もしかしたら使うかも…というかたは「Android・その他」を選び、通常の「ナノ」を選ぶのがおすすめです。

 

<SoftBank回線で使えるSIM>

端末ナノiPhone
専用ナノ
SIM
フリー
SIMロック
解除済み
Softbank
(SIM
ロック
未解除)
iPhone8
以降
iPhone7
~iPhone5
×

 

通常のナノでも、iPhone8以降の機種なら問題なく使えます。

私ならナノを選ぶと思います。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、申し込み区分を選択します。

 

LINEモバイル契約手順

 

他社からの乗り換え(MNP転入)を選択すると、MNP予約番号等の入力画面がでます。

 

 

最後に、キャンペーンコード・エントリーコードの入力画面が表示されます。

LINEモバイルのキャンペーンページを必ず確認し、必要なエントリーコードを入力してください。

 

エントリーパッケージをお持ちの方は、ここでパッケージに書かれたエントリーコードを入力してください。

 

LINEモバイル契約手順

 

ここまでくれば後は大丈夫です。その後は以下の通りです。

 

  1. お客様情報を入力
  2. 登録したアドレスにメールが届く
  3. URLから本人確認書類をアップロード
  4. 支払方法設定
  5. ID・パスワードを設定
  6. 申し込み完了

 

数日後にLINEモバイルからSIMカードが送られてきます。

 

▼LINEモバイルに乗り換える▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

開通手続き(回線切り替え)

 

MNP転入の場合、SIMカードが届いても回線は乗り換え元のキャリアのままです。

そのため、LINEモバイルの開通手続き(回線切り替え手続き)が必要になります。

 

回線の開通手続きは以下の2つの方法でできます。

 

  • WEB(マイページ)
  • 電話

 

LINEモバイルのマイページから手続きする場合、IDとパスワードでログイン後、契約情報確認ページにある「MNP開通申し込み」ボタンを押します。

 

電話の場合、下記に電話します。

 

カスタマーセンター MNP開通受付窓口
電話番号:0120-889-279
受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

マイページで開通手続きするか、または電話で手続きした後、早ければ30分ほど(長くても2時間ほど)で回線が自動的にLINEモバイルに切り替わります。

 

開通すると、元のキャリアのSIMカードは解約され使えなくなるので注意してください。

 

iPhone8のAPN設定

 

回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、手持ちのiPhone8がLINEモバイルの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

 

APN設定が終わればLINEモバイルでiPhone8が使えるようになり、LINEモバイルへのMNP転入手続きは完了です。

 

更に詳しくLINEモバイルへのMNP転入手順を知りたい方は下記記事をお読みください。

 

 

▼今すぐMNPで転入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルで使えるiPhone8

 

他社のiPhone8を持ち込む

 

ドコモやソフトバンク、auで購入したiPhone8もLINEモバイルで使えます

 

ただし、端末の購入元と使用する回線によって、SIMロック解除が必要な場合があります。

 

▼SIMロック解除の要否▼

DプランAプランSプラン
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au不要
SoftBank不要

 

回線タイプと選ぶSIMカードの種類によってはSIMロック解除が不要な場合もありますが、基本的にはSIMロック解除しておくのが断然おすすめです。

 

SIMロック解除の手順

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、au・ソフトバンクを解約・MNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

<SIMロック解除手数料>

店舗WEB
(マイページ)
費用
(税抜)
3,000円無料

 

中古のiPhone8も使える

 

iPhone8・8 Plusはスマホ通販サイトや街のスマホショップでも購入できます。

 

特にイオシスなどではiPhone8の未使用品・中古品が安く購入できますので、探してみてください。

ただし、購入する際はできるだけSIMフリー版やSIMロック解除済の端末を購入しましょう。

 

▼iPhone8が安く購入可能▼

 

 

iPhone8の料金と大手との比較

 

iPhone8の料金・維持費

 

LINEモバイルでは他で購入したiPhone8を持ち込んで使用できます。

この場合も、端末価格+LINEモバイルの月額料金です。

 

イオシスなどではiPhone8の端末のみ(未使用品)が37,000円前後で販売されています。

それに下記の料金が加算されます。

 

<音声SIMの料金表>

データ
容量
ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
500MB¥1,100
3GB¥1,480¥1,760¥1,960
6GB¥2,200¥2,480¥2,680
12GB¥3,200¥3,480¥3,680

 

月額料金も、キャンペーン期間中なら更に安く契約できます。

契約前に必ずキャンペーン情報を確認してください。

詳細LINEモバイルのキャンペーン情報

 

ソフトバンクとの料金比較

 

iPhone8はドコモ・au・ソフトバンクで買って使われている方が多いです。

しかし、端末をアップルストアなどで購入し、LINEモバイルに持ち込んで使ったほうが断然お得です。

 

例として、iPhone8(64GB)を使う場合の料金をソフトバンクと比較してみます。

 

月3GBの場合

 

<3GBの2年総額の比較>

ソフトバンクLINEモバイル
月額料金
(2年総額)
¥167,520¥35,520
端末
代金
¥68,073¥52,800
2年合計
支払額
¥235,593¥88,320

※LINEモバイル:ベーシックプラン3GB、端末価格はApple Storeの価格
※ソフトバンク:ミニモンスター3GB
※税抜

 

上記の通り、月3GB使う方はLINEモバイルが14万円以上安いです。

基本的に、月に使用する容量が少ないほどLINEモバイルのほうがお得になります。

 

月12GBの場合

 

次に、月に12GB使う場合で比較します。

 

<12GBの2年総額の比較>

ソフトバンクLINEモバイル
月額料金
(2年総額)
¥167,520¥76,800
端末
代金
¥68,073¥52,800
2年合計
支払額
¥235,593¥129,600

※LINEモバイル:ベーシックプラン12GB、端末価格はApple Storeの価格
※ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+
※税抜

 

12GBの場合は3GBと比べて差は縮まりましたが、それでも2年で10万円以上LINEモバイルが安いです。

月に使用するデータ容量が12GB以下ならLINEモバイルにしたほうが断然お得です。

 

LINEモバイルのデメリット

 

前章までの通り、ソフトバンクでiPhone8を使うよりLINEモバイルの方が断然お得です。

しかし、いくつか注意点があります。

 

  • LINEモバイルは最大12GB
  • 通信速度はLINEモバイルが遅い

 

ソフトバンクは3GB以上ならウルトラギガモンスター+がお得になり、50GBまで料金が変わりません。

一方、LINEモバイルは12GBのプランまでしかないので、12GB以上使う方はソフトバンクや他キャリアにしましょう。

 

また、LINEモバイルの通信速度はソフトバンクに比べると遅いので注意してください。

 

 

 

SIM契約にお得なキャンペーン

 

LINEモバイルでは常時お得なキャンペーンを実施しています。

LINEモバイルに契約してiPhone8を使う場合も必ずキャンペーンを適用させましょう。

 

3ヶ月500円キャンペーン

 

LINEモバイルキャンペーン

 

8月26日より3ヶ月500円キャンペーンが開始しました。

 

対象プランに申し込むと、料金が3ヶ月間980円割引されます。

音声SIMのベーシックプラン3GBなら月500円で使えますので、大変お得です。

 

<対象プランと割引後の料金>

データ
容量
LINE
データ
フリー
SNS
データ
フリー
SNS音楽
データ
フリー
音声
SIM
500MB¥1,100
3GB¥1,480
¥500
¥1,760
¥780
¥1,960
¥980
6GB¥2,200
¥1,220
¥2,480
¥1,500
¥2,680
¥1,700
12GB¥3,200
¥2,220
¥3,480
¥2,500
¥3,680
¥2,700
データ
SIM
(SMS付)
500MB¥600
3GB¥980¥1,260¥1,460
6GB¥1,700¥1,980¥2,180
12GB¥2,700¥2,980¥3,180

 

上記の通り、データSIMと音声SIM500MBプランは対象外です。

3GB以上の音声SIMならSIM単体でも端末セット契約でも対象となります。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

 

その他実施中のキャンペーン

 

LINEモバイルでは他にも、年間を通してさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

月額料金の割引や初期費用無料など、お得なキャンペーンを定期的に実施していますので、LINEモバイル契約時はキャンペーンを必ずチェックしましょう。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

 

 

iPhone8・8Plus使用時の注意点

 

データのバックアップ/復元

 

以前の端末のデータをiPhoneに移行するためには、事前にバックアップが必要です。

元の端末がiPhoneの方はこちらを参考にバックアップしてください。

 

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらを参考に詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

申し込み時の本人確認書類

 

LINEモバイルの音声通話SIMを申し込む場合は、本人確認書類の提出が必要です。

以下の書類が本人確認書類として有効です。

 

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • マイナンバーカード

 

上記の書類を撮影した画像を、WEB申込み時にアップロードすれば提出が完了します。

 

iPhone8はテザリング可能

 

LINEモバイルでiPhone8を使用する際、どの回線でもテザリング可能です。

 

テザリングとは、iPhoneを介してPCやゲーム機をインターネットにつなぐことです。

LINEモバイルはどの回線を選んでもテザリング可能です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクはテザリングが有料オプション扱いの場合もありますが、LINEモバイルは無料でできます。

 

SIMカードの種類に注意

 

前章でも解説しましたが、LINEモバイルでSIMカードを契約する際にはSIMカードの種類に注意が必要です。

各回線で複数のSIMカードの種類があり、間違えるとiPhone8では使用できません。

 

<iPhone8で使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモマルチSIM
(ナノ)
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

「カンタン選択」でiPhoneを選択すれば上記SIMカードが自動で選択されます。

ただし、ソフトバンク回線はカンタン選択では「iPhone専用ナノ」が出てきますが、ナノの方がおすすめです。(どちらも使えます)

 

iPhone8に機種変更する方法

 

すでにLINEモバイルのSIMカードを契約している方も、端末を別途用意すればiPhone8・iPhone8 Plusに機種変更できます。

 

iPhone8に機種変更する手順

 

iPhone8に機種変更する手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を用意
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhoneにSIMカードを挿入
  4. APN設定

 

機種変更は非常に簡単で、現在の端末からSIMカードを抜き、iPhoneに挿してAPN設定すれば大丈夫です。

APN設定の手順は前章で解説しています。

 

iPhone8へのデータ移行

 

以前の端末のデータをiPhoneに移行するためには、事前にバックアップが必要です。

元の端末がiPhoneの方はこちらを参考にバックアップしてください。

 

 

AndroidからiPhoneへのデータ移行はこちらを参考に詳しく記載されています。

詳細AndroidからiPhoneへのデータ移行 | Apple

 

SIMのサイズに注意

 

既存ユーザーがiPhone8・iPhone8 Plusに機種変更する際の最大の注意点はSIMカードの種類です。

iPhoneで使用できるSIMカードサイズは下記の通りです。

 

<iPhone8で使えるSIM>

回線選ぶべきSIM
ドコモマルチSIM
(ナノ)
auマルチSIM
(ナノ)
ソフトバンクナノSIM
または
iPhone専用ナノSIM

 

これまでドコモ回線でmicroSIMを使用されていた方は、マルチSIMにサイズを変更する必要があります。

また、ソフトバンクでmicro・標準SIMを契約していた方はナノSIMまたはiPhone専用ナノSIMに変更が必要です。

 

ナノSIMとiPhone専用ナノSIMのどちらも使えますが、個人的にはナノSIMがおすすめです

 

LINEモバイルのマイページからSIMカードのサイズ変更手続きをしましょう。

その際、手数料として3000円がかかります。

詳細SIMカード種類・サイズの変更

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

iPhone8用SIM購入はこちら

 

以上、LINEモバイルでiPhone8・iPhone8 Plusを使う手順と料金の解説でした。

 

SIMカードの申込みはLINEモバイル公式サイトで簡単に手続きできます。

こちらからどうぞ!

 

▼iPhone8用SIMを購入▼

LINEモバイル公式サイト

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました