料金5ヶ月半額キャンペーン実施中! 

LINEモバイルに家族割はない!家族でお得に契約する方法は?

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事では、LINEモバイルの家族割について詳しく解説します。

 

結論からいうとLINEモバイルに家族割はありません。

しかし、データプレゼント登録事務手数料無料の特典を利用することで、家族でお得にLINEモバイルに契約できます。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

LINEモバイルに家族割はある?

 

家族割引はなし

 

タイトルそのままですが、LINEモバイルに家族割はありません。

 

大手キャリアやワイモバイル・UQモバイルのように、家族割を申請することで月額料金が更に割引になるようなしくみはありません。

 

 

家族全員乗り換えで節約

 

それでも、家族全員でLINEモバイルに契約すればスマホ料金を大きく節約できます。

 

LINEモバイルの料金はドコモ・au・ソフトバンクに比べてかなり安いです。

最近では大手キャリアでも家族でデータ容量をシェアすることで料金を抑えるプランが導入されていますが、それでもLINEモバイルの方が安いです。

 

下記記事でも解説していますが、特にドコモ・au・ソフトバンクに比べると圧倒的に安いです。

特に毎月使用するデータ容量が少ない場合は、LINEモバイルがおすすめですね。

 

 

家族で契約する際にお得なしくみ

 

前章の通り、LINEモバイルには家族割の制度はありません。

しかし、家族で契約する際にお得になる方法が2つあります。

 

  1. WEB契約事務手数料無料
  2. データプレゼント

 

WEB登録事務手数料が無料

 

家族で申し込む場合、それぞれが申し込むのではなく「追加申し込み」を選ぶことで、契約時のウェブ登録事務手数料(通常3,000円)が割引になります。

 

割引額は、追加でどのSIMを契約するかによって異なります。

 

  • 音声通話SIM:3,000円→無料
  • SMS付きSIM:3,000円→500円
  • データ専用SIM:3,000円→1,000円

 

追加申し込みは、すでに契約した方のマイページから「追加申込」を選択することで手続き可能です。

 

追加申し込みの注意点

 

「追加申し込み」という名前ですが、契約者名義は自由に設定できますし、他社からのMNP乗り換えで音声通話SIMも契約できます。

 

家族でLINEモバイルに乗り換える場合は、まず1人がエントリーパッケージを利用してLINEモバイルに契約し、2人目以降は「追加申し込み」で契約しましょう。

音声SIMはエントリーパッケージを利用するより追加申込みの方がお得です。

 

SMS機能付きSIMの場合はわずかにエントリーパッケージのほうが100円ほどお得ですが、手間や所要時間を考えると追加申し込みのほうがおすすめです。

 

 

データプレゼント

 

家族でLINEモバイルを契約していれば、家族間でデータ容量をやり取りできる「データプレゼント」というしくみがあります。

 

データプレゼントを使えば、家族全員のデータ使用状況や繰り越し状況を見て、余りそうな方から足りなさそうな人にデータを贈れます

データプレゼントでデータを融通し合うことで、データ容量が足りなくなって追加購入する費用や、データ容量を一つ上のプランに上げるよりも料金を節約できます。

 

地味なように見えますが、データプレゼントをうまく活用することでかなりの節約ができますので是非利用しましょう。

 

 

▼家族でLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

家族割があるおすすめ格安SIM

 

ここまで、家族割以外の方法でLINEモバイルのスマホ料金を節約する方法を解説しました。

しかし、家族割でシンプルに料金を節約したいという方もおられると思います。

 

そんな方のために、ここからは家族割のあるおすすめ格安SIMキャリアを紹介します。

 

ワイモバイル

 

 

まず紹介するのはワイモバイルです。

私もメインで契約していて、通信速度がとにかく速いのが特徴です。

 

ワイモバイルの家族割の特徴

 

 

ワイモバイルでは、家族で複数回線のスマホを契約した場合、2台目以降の基本料金が毎月540円割引になる「家族割」のサービスがあります。

2台目以降は月額540円の割引なのでかなりお得です。

 

 

家族割を適用させるための条件は以下のどちらかです。

  • 家族であること
  • 同一住所を証明する資料を提出すること

 

つまり、同じ住所でなくても家族であれば割引が受けられます。

また、戸籍上家族でなくても、同居していれば割引が受けられます。

 

ワイモバイルは少々料金が高いですが、家族割を適用することで料金を安くできます。

 

ワイモバイルのメリット・デメリット

 

冒頭にも書きましたが、ワイモバイルのメリットはとにかく通信速度が速いことです。

格安SIMではUQモバイルと並んで圧倒的な速度で、LINEモバイルよりも速いです。

 

また、店舗が全国に1000店舗以上あり、サポートが受けられます。

ソフトバンク光とのセット割「おうち割」もあり、毎年実施する学割キャンペーンも魅力です。

ソフトバンクWi-Fiスポットが無料で使えたり、ヤフープレミアム会員費が無料といった特典もあります。

 

ただし、最低利用期間は2年と長いです。

また、余ったデータの繰り越しができないのもデメリットですね。

 

 

▼Ymobileの家族割は500円割引▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

UQモバイル

続いてはUQモバイルです。

auのサブブランドとして人気のUQモバイルにも家族割があります。

 

 

UQモバイルのUQ家族割

 

 

UQ家族割は、家族でUQモバイルに申し込むと、2回線目以降の月額料金が1台あたり540円割引になるキャンペーンです。

金額はワイモバイルと同じですね。

最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。

 

UQモバイルの料金もLINEモバイルに比べると少々高いですが、家族割で差は縮まります。

 

UQモバイルのメリット・デメリット

 

UQモバイルもワイモバイルと同様、通信速度が速いのがメリットです。

 

 

ワイモバイルと基本的なサービスや料金は同じですが、余ったデータの繰り越しができ、低速モードへの切り替え機能があるのはメリットです。

 

ただし、メインプランは2年契約が必要です。

また留守電・キャリアメールが有料で、店舗数はワイモバイルのほうが圧倒的に多いです。

 

私はワイモバイルをメインで契約していますが、UQモバイルも大変おすすめです。

現在当サイト「シムラボ」との限定コラボキャンペーンで、最大10,000円のキャッシュバックも貰えます。

 

 

▼UQも家族割で540円引き▼

UQモバイル公式サイト

 

▼サイト限定キャッシュバック中▼

 

 

mineo

 

 

最後はmineo(マイネオ)です。

mineoはLINEモバイルと同じくドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が選べ、契約者数が2番目に多いMVNOです。

 

家族割の割引額は50円

 

mineoには、家族で乗り換えると料金が割引になる「家族割引サービス」があります。

割引額は1回線あたり54円/月です。

 

ワイモバイル・UQモバイルだと1回線あたり500円/月ですので、割引額自体は小さいです。

ただし、ワイモバイル・UQモバイルよりmineoの方がもともとの月額料金が安いです。

 

マイネオのメリット・デメリット

 

mineoは何より料金の安さが最大のメリットです。

先に紹介したワイモバイル・UQモバイルよりも月額料金が安く、さらにお得なキャンペーンでさらに節約できます。

 

また、データ繰越・通信速度の切り替えもできますし、フリータンクでデータ容量を無料で貰えたりします。

2018年からソフトバンク回線も選べるようになったのもメリットですね。

 

ただし、通信速度はLINEモバイルよりは速いものの、ワイモバイル・UQモバイルよりは遅いです。

速度にこだわる方はワイモバイル・UQモバイルがおすすめです。

 

 

▼格安料金からさらに50円引▼

マイネオ公式サイト

 

 

家族でお得にLINEモバイルを使おう

 

以上、LINEモバイルの家族割に関する解説でした。

 

解説の通り、LINEモバイルに家族割はありません。

しかし、追加申し込みによるWEB登録事務手数料無料の特典データプレゼントでお得に契約できます。

 

ぜひ家族でお得にLINEモバイルを活用してください。

LINEモバイルの申し込みは24時間受け付け可能な「LINEモバイル公式サイト」からどうぞ!

 

▼24時間受け付け可能▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ