お得な月額300円キャンペーン実施中! 

LINEモバイルのデータ繰り越しを解説!上限やプラン変更時の繰越も

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事ではLINEモバイルのデータ繰越を解説します。

 

また、あわせてプラン変更・回線変更時の繰越や繰越の上限・期限、注意点も解説します。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト 

 

LINEモバイルはデータ繰越可能

 

データ繰越とは?

 

LINEモバイルには余ったデータの繰り越し機能があります。

 

そもそもデータ繰り越しとは、当月使いきれずに余ったデータ容量が消滅せず、翌月のデータ容量に加算される仕組みです。

 

 

例えば3GBプランを契約している方が4月に2GBしか使わずに、1GB余ったとします。

この場合、翌5月は基本容量である3GBに加え、4月から繰り越された1GBも加算され、合計4GB使えるのです。

 

繰越データの有効期限

 

繰り越したデータの有効期限は、もともとの付与月の翌月末までです。

つまり、繰り越しは1回までということですね。

 

例えば3GBプランを契約している方が4月に1GB余り、5月に繰り越したとします。

この場合、5月に繰り越さ入れた1GBの有効期限は5月末です。

 

5月に1GB使いきれずに余っても、有効期限は付与月の翌月末なので6月には繰り越されません

 

データ繰越の上限

 

翌月に繰り越されるデータ容量の上限は、契約している毎月の基本容量です。

 

繰越上限と言うより、データの有効期限が翌月末までなので自動的に基本容量以上は繰り越しできません。(追加購入データは除く)

 

3GBプランを契約中の方は最大3GBまで、10GBプランを契約中の方は最大10GBまでしか繰り越されません。

 

例えば3GBプランを契約中の方が4月に1GBしか使わず、2GB余ったとします。

この場合、翌5月は基本容量3GB+繰り越し2GBで合計5GB使えますが、5月にも1GBしか使わなかった場合は4GB余ることになります。

 

しかし翌月に繰り越されるのは基本容量までなので、6月に繰り越されるデータ容量は3GBです。

6月は基本容量3GB+繰越3GBで合計6GB使えます。

 

繰越データの確認方法

 

マイページで確認する

 

LINEモバイルの繰越データ容量はマイページで確認できます。

 

LINEモバイルマイページからログインすると、トップ画面にデータ残量の円グラフが表示されます。

そこに、当月の残量(基本容量+繰越データ容量)が表示されます。

 

LINEモバイル_マイページ

 

ただし、ここに表示されているのはあくまで「当月に使えるデータ残量」です。

前月にいくら使って、いくら繰り越されたかはわかりません。

 

LINEで確認する

 

LINEモバイルのデータ残量はLINEのアプリでも確認できます。

 

LINEモバイルの公式アカウントの下部に出てくる「データ残量確認」をタップすると、自動で下記のようなメッセージが届きます。

 

この画像の場合は、1GBプランを契約していて前月に全くデータを使用していないようですね。

 

LINEモバイル_データ残量確認

 

こちらも把握できるのはあくまで「繰越データが当月どれだけ残っているか」です。

前月からどれだけ繰り越されたかはわかりません。

 

プラン変更時も繰越

 

LINEモバイルでは、同じサービスタイプ(音声SIM/SMS機能付きSIM/データ専用SIM)であれば、プランの変更や契約容量の変更が毎月可能です。

 

プランや契約容量を変更した場合も、前月に余ったデータ容量は繰り越されます。

例えばコミュニケーションフリープラン(音声SIM・10GB)を契約していた方が4月に5GB余り、5月からLINEフリープラン(音声・1GB)に変更した場合、5月は6GB使えます。

 

回線変更時は繰越なし

 

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が選べ、回線の変更も可能です。

ただし、回線変更した場合はデータ容量は繰り越されません。

 

余ったデータはリセットされてしまいますので、回線変更時はデータ容量を使い切ったほうがお得ですね。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

データ繰越に関する補足/注意点

 

追加チャージ容量も繰越

 

LINEモバイルでは、データ容量を使い切って通信制限がかかった場合などにデータ容量を追加購入(チャージ)できます。

 

この追加購入したデータ容量も翌月に繰り越されます

 

追加購入分の有効期限

 

ただし、追加購入したデータ容量には有効期限があります。

有効期限は購入した翌月末です。

 

4月30日に購入したデータ容量は5月31日までしか使えません。

 

プレゼント分は繰越不可

 

LINEモバイルでは友人や家族間でデータ容量を贈りあえる「データプレゼント」というしくみがあります。

 

このデータプレゼントでもらったデータ容量はもらった当月しか使えません

翌月への繰越はできませんので注意してください。

 

 

データが消費される順番

 

LINEモバイルでは、「基本容量」「繰り越した容量」「追加購入した容量」「データプレゼントでもらった容量」の4つの種類のデータが混在する場合があります。

 

このうち、データ容量は以下の順番で消費されます。

 

  1. 前月から繰り越した容量
  2. データプレゼントで貰った容量
  3. 基本データ容量
  4. 追加購入したデータ容量

 

基本的には有効期限が短い順に消費されます。

基本データ容量より先に繰越データやデータプレゼントのデータが消費されますので、翌月にさらに繰越が発生しやすいしくみです。

 

ただし、追加購入したデータが消費されるのは一番最後です。

購入して使いきれなかった場合、データ容量が無駄になる場合もあるので注意してください。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

データ繰越の活用方法

 

多く使う月は前月から節約

 

データ繰越機能があれば、毎月のデータ使用量の波を吸収できます。

 

例えば「来月は旅行に行くからデータ容量をたくさん使いそう…」という場合は、前々月・前月からできるだけデータを節約しておきましょう。

そうすれば前月に基本容量を全額余らせることができ、当月は基本容量の2倍を使えます。

 

こまめにプラン変更しよう

 

前章でも解説しましたが、LINEモバイルではプラン変更しても前月に余ったデータ容量は全て翌月に繰り越されます。(上限は基本容量まで)

 

そのため、繰り越したデータを全額使い切れなくなったらプランを一つ下の容量に変更するのがおすすめです。

 

例えば6GBプランを契約している方が毎月余ってしまい、6GBまるまる繰り越しになったとします。

この場合、翌月は3GBプランに変更しましょう。

 

基本容量は3GBですが、繰り越しを加えると合計9GB使えます。

翌々月に6GBプランに戻せばまた6GB使えるようになりますので、3GBに変更した月だけ基本料金を安く抑えられます。

 

 

LINEモバイルのお得な申込方法

 

現在実施中のキャンペーン

 

LINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルでは年間を通してさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

月額料金の割引や初期費用無料など、お得なキャンペーンを定期的に実施していますので、LINEモバイル契約時は必ずチェックしましょう。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

 

パッケージで初期費用節約

 

 

LINEモバイルの契約は「LINEモバイル公式サイト」で申し込むのが一番おすすめですが、エントリーパッケージを利用した手続きも可能です。

エントリーパッケージを利用すれば、通常3,000円かかる契約事務手数料が無料になります。

 

 

ただし、エントリーパッケージを購入し、到着してからLINEモバイル公式サイトで手続きをすることになりますので、手間や所要日数は増えます

お急ぎの方は「LINEモバイル公式サイト」で手続きしましょう。

 

繰越を活用してデータ容量を節約しよう

 

以上、LINEモバイルのデータ繰越の解説でした。

 

LINEモバイルは余ったデータ容量を繰越可能で、翌月は先に繰越データを消費するためさらに繰越が発生しやすくなっています。

プラン変更をこまめに行えば毎月のスマホ料金をさらに節約できますのでぜひ利用してください。

 

LINEモバイルの申込は24時間可能で手続き簡単な「LINEモバイル公式サイト」がおすすめです。

お得なキャンペーンも実施中です!

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ