お得な新キャンペーン&SALE実施中 

LINEモバイルにMNP転入する全手順を解説!MNP予約番号や所要日数、手数料も

 

LINEモバイル ロゴ

 

本記事では、LINEモバイルにMNPで転入する手順を詳しく解説します。

 

LINEモバイルはSNS使い放題と抜群の知名度で人気爆発中です。

また、2020年春以降ソフトバンク回線の速度が再び速くなり、かなりおすすめできるキャリアになりました。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

LINEモバイルにMNP転入する手順

 

MNPを利用してドコモ・au・ソフトバンクなどからLINEモバイルに転入するためには、主に以下の5つの手順を踏む必要があります。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. 転入元でMNP予約番号を発行
  3. LINEモバイルでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え(開通手続き)
  5. APN設定

 

これから、それぞれの手順について詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、他社で購入したスマホをLINEモバイルで使用する場合のみ必要です。
LINEモバイルでスマホを購入する場合は不要です。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMキャリアで購入したスマホをLINEモバイルでそのまま使う場合、SIMロック解除が必要な場合があります。

また、端末購入元と回線の組み合わせによっては使えない場合もありますので注意してください。

 

詳細は後ほど詳しく解説します。

 

SIMロック解除手順・手数料

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

ただしソフトバンクだけは解約・MNP転出した後のSIMロック解除は店舗でしかできないため、手数料が3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

ドコモ・auは解約後や中古端末でもWEBから無料で手続きできます。

 

<SIMロック解除手数料>

店舗WEB
(マイページ)
費用
(税抜)
3,000円無料

 

MNP予約番号の発行

 

次に、乗り換え元キャリアの解約・MNP転出手続きに入ります。

 

MNPで他社に転出する場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号の発行方法

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

  • 各スマホショップ店頭
  • 電話
  • マイページ

 

▼MNP予約番号の発行方法▼

予約番号
発行方法
備考
ドコモ店舗
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au店舗
電話0077-75470
WEBMy au
ソフト
バンク
店舗
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

 

MNP予約番号の有効期限

 

転出手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

ただし、このMNP予約番号には15日間の有効期限があります

15日以内にLINEモバイルへのMNP転入手続きを完了しなければなりません。

 

さらに、LINEモバイルのWEBでMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残った状態でしか申し込みできません。

残り10日を過ぎるとWEBでのMNP転入手続きは不可となり、店頭に行くか予約番号の再発行が必要になりますので注意してください。

 

LINEモバイルでMNP転入

 

いよいよ、新しいキャリア「LINEモバイル」で手続きします。

 

MNP転入手続きはLINEモバイル公式サイトで進めます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので参考にしてください。

 

LINEモバイル公式サイト」にアクセスし、右上の「申し込む」を選択⇒画面最下部の「上記事項に同意のうえ、申しこむ」を選択

 

 

「同意して申し込む」をタップ

 

プラン(データフリーオプション)を選択

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、データ容量を選びます。

音声SIMの月額料金は以下のとおりです。

 

<音声SIMの料金表>

データ
容量
ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
500MB¥1,100
3GB¥1,480¥1,760¥1,960
6GB¥2,200¥2,480¥2,680
12GB¥3,200¥3,480¥3,680

 

続いて、回線を3つの中から選択します。

おすすめは速度が一番速いソフトバンク回線です。

回線を選べる場合はソフトバンク回線を選びましょう。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、SIMタイプを選択します。

音声SIMの方がほとんどでしょう。

 

 

音声SIMを選択後、通話オプション「10分かけ放題」が必要かどうか選択してください。

 

その後、端末購入の有無を選択します。

手持ちのスマホをそのまま使う場合はSIMカードのみを選んでください。

 

LINEモバイル契約手順

 

以降はSIMカードのみを選択した場合を解説します

 

続いて、SIMカードのサイズ・種類を選択します。

 

ドコモ回線・au回線を選んだ場合、SIMカードはマルチSIMのみです。

マルチSIMとは、自身でSIMカードのサイズを調整するタイプのSIMカードです。

 

LINEモバイル契約手順

 

ソフトバンク回線を選んだ場合、「利用予定の端末」が表示されます。

ここで「iPhone」「Android・その他」を選ぶと、自動的にSIMの種類が選択されます。

 

ただし、iPhone8以降の機種を使う場合は「iPhone専用ナノ」より「通常のナノ」のほうがおすすめです。

通常のナノでも、iPhone8以降の機種なら問題なく使えます。

 

逆に、iPhone7・7 plusまでの機種を使う場合は必ず「iPhone専用ナノ」を選びましょう。

 

LINEモバイル契約手順

 

続いて、申し込み区分を選択します。

 

LINEモバイル契約手順

 

他社からの乗り換え(MNP転入)を選択すると、MNP予約番号等の入力が必要になります。

 

 

最後に、キャンペーンコード・エントリーコードの入力画面が表示されます。

LINEモバイルのキャンペーンページを必ず確認し、必要なエントリーコードを入力してください。

 

エントリーパッケージをお持ちの方は、ここでパッケージに書かれたエントリーコードを入力してください。

 

LINEモバイル契約手順

 

 

ここまでくれば後は大丈夫です。その後は以下の通りです。

 

  1. お客様情報を入力
  2. 登録したアドレスにメールが届く
  3. URLから本人確認書類をアップロード
  4. 支払方法設定
  5. ID・パスワードを設定
  6. 申し込み完了

 

WEBでのMNP乗り換え手続きが完了したら、早ければ2~3日でSIMカードが自宅に送られてきます。

 

▼MNP転入手続きはこちら▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

開通手続き(回線切り替え)

 

MNP転入の場合、SIMカードが届いても回線は乗り換え元のキャリアのままです。

そのため、LINEモバイルの開通手続き(回線切り替え手続き)が必要になります。

 

回線の開通手続きは以下の2つの方法でできます。

 

  • WEB(マイページ)
  • 電話

 

LINEモバイルのマイページから手続きする場合、IDとパスワードでログイン後、契約情報確認ページにある「MNP開通申し込み」ボタンを押します。

 

電話の場合、下記に電話します。

 

カスタマーセンター MNP開通受付窓口
電話番号:0120-889-279
受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

マイページで開通手続きするか、または電話で手続きした後、早ければ30分ほど(長くても2時間ほど)で回線が自動的にLINEモバイルに切り替わります。

開通すると、元のキャリアのSIMカードは使えなくなるので注意してください。

 

APN設定

 

回線の切り替え手続きが完了したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、手持ちの端末がLINEモバイルの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末がAndroidかiPhoneかで異なりますので注意してください。

 

 

以上でLINEモバイルへのMNP転入手続きは完了です。

 

▼今すぐMNPで転入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルで使えるスマホ

 

他社の端末も使える

 

MNP転入の際、ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したスマホをLINEモバイルに持ち込んで使用も可能です。

 

ただし、ドコモ・au・ソフトバンクなどのスマホ端末は、購入したキャリア以外で使用できない「SIMロック」という状態になっています。

そのため、MNP転入前に他社でも使用できるように「SIMロック解除」が必要です。

 

LINEモバイルはドコモ回線・ソフトバンク回線・au回線の3種類があり、スマホの購入元と契約する回線によってはSIMロック解除が必要になります。

 

iPhoneは使える?

 

iPhoneの、回線と端末の組み合わせによるSIMロック解除要否は以下の通りです。

※下表の対象はiPhone6S・iPhone SE(初代)以降の機種です。

 

<iPhoneのSIMロック解除要否>

DプランAプランSプラン
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au要/不要
SoftBank不要

 

SIMフリー端末およびSIMロック解除済のiPhoneは、どの回線でも使えます。

基本的には必ずSIMロック解除しましょう。

 

iPhoneはSIMロック解除すればどの回線でも使えますので、できるだけソフトバンク回線を選びましょう。

 

SIMロック解除していない場合、端末購入元と回線を合わせれば使えます。

(ドコモのiPhoneをドコモ回線で使う、ソフトバンクのiPhoneをソフトバンク回線で使う)

 

ただし、auのiPhoneをau回線で使う場合は、端末によってSIMロック解除要否が異なります

 

<au版iPhoneのSIMロック解除>

端末SIMロック
解除要否
6S・6S Plus
初代SE
7・7 Plus
必要
8・8 Plus
X 以降
不要

 

上表の通り、iPhone SE・iPhone6S・iPhone7(各Plusを含む)はSIMロック解除が必要なので注意してください。

 

iPhone5C・5S・6・6 Plus

 

SIMフリーのiPhone5S・6・6 Plusはドコモ回線・ソフトバンク回線で使えますが、au回線では使えません。

 

ドコモ版のiPhone5S・5C・6・6 Plusはドコモ回線のみ、ソフトバンク版のiPhone5S・5C・6・6 Plusはソフトバンク回線のみで使えます。

au版のiPhone5・5S・5C・6・6 Plusはau回線を含めどの回線でも使えません。

 

詳細動作確認端末一覧

 

AndroidのSIMロック解除要否

 

Androidは非常に複雑です。

 

端末購入元DプランAプランSプラン
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au要/不要
SoftBank要/不要

ー:使えない場合あり

 

まず、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したAndroid端末は端末購入元と回線を合わせるのが基本です。

ドコモで購入したAndroidはドコモ回線で、auで購入したAndroidはau回線で使ってください。

 

iPhoneはSIMロック解除すればどの回線でも使えますが、Android端末はSIMロック解除しても他の回線では使えない場合があります。

端末が掴むことができる電波(バンド・周波数)が限られているためです。

Pixel3・Pixel3 XLやPixel3aなど、全回線に対応しているAndroidもあります

 

ソフトバンク版・au版はSIMロック解除が必要な場合も

 

また、au・ソフトバンクのAndroid端末は、2017年8月以降に発売された機種なら回線を合わせればSIMロック解除不要で使えます。

2017年8月以前に発売された機種は、回線を合わせてもSIMロック解除必要です。

 

発売日使用可否
~2015年
5月
使えない
2015年6月~
2017年7月
SIMロック解除
すれば使える
2017年
8月~
SIMロック
不要で使える

 

非常にややこしいですが、基本的には「SIMロック解除して」「端末購入元と回線を合わせる」のがおすすめです。

 

ソフトバンク版はテザリングに注意

 

ソフトバンクのAndroidはソフトバンク回線を選べば使えます。

ただし、2018年5月以前に発売されたスマホは、ソフトバンクのSIMを挿してもテザリングができません。

 

これはソフトバンクの端末に制限がかかっているためで、ワイモバイルやマイネオのSプランも同様です。

 

 

 

LINEモバイルへMNP転入時の注意点

 

MNP予約番号の期限は15日

 

乗り換え元キャリアで発行してもらったMNP予約番号には15日間の有効期限が設けられています。

この15日間以内に、LINEモバイルへのMNP転入手続きを開通まで完了させなければなりません。

 

WEB手続きは残り10日必要

 

前章の通り、15日間のMNP予約番号の有効期限内に、LINEモバイルの開通まで全てを完了させる必要があります。

 

そのため、「LINEモバイル公式サイト」でMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残っている場合しか受け付けてもらえません

残日数に余裕がないと、15日間の有効期限内に開通まで完了できないからです。

 

残り10日を過ぎた場合は店舗で転入手続きするか、MNP予約番号を再発行してもらわなければなりません。

そうならないよう、MNP予約番号を取得したらすぐにLINEモバイルでMNP転入手続きしましょう。

 

MNP転入の所要日数

 

LINEモバイルにMNP転入する場合、最短で3日程度で開通まで完了します。

私もMNP転入手続きした事がありますが、そのときの大まかな流れを記載します。

 

  • 7月2日:ドコモでMNP予約番号発行
  •  〃  :LINEモバイルWEBサイトで転入手続き
  • 7月4日:SIMカード発送連絡
  • 7月5日:SIMカード到着
  •  〃 :開通手続き完了

 

私は都内在住ですので発送翌日に自宅に到着しましたが、それ以外の地域の方は+1日になるかもしれません。

また、月初や3~5月などの申し込みが集中する期間は発送まで時間を要するかもしれません。

お急ぎの方は余裕を持って手続きしてください。

 

MNP時の空白期間・不通期間

 

LINEモバイルにMNP転入した場合、開通手続きを自ら行うため不通期間(空白期間)は発生しません。

 

回線切り替え手続きをした後、最短で10分ほど、長くても2時間ほどで回線が切り替わります。

切り替わるまでは乗り換え元の回線は使用できます。

 

ただし、切り替え手続き中は電話やデータ通信をしないよう、電源を切っておくのがおすすめです。

 

▼今すぐMNP転入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

開通手続き・回線切り替えの詳細

 

開通受付センターの電話番号

 

ラインモバイルの回線開通手続きはマイページで簡単にできますが、電話でも可能です。

電話で開通手続きをする際の電話番号は以下の通りです。

 

カスタマーセンター MNP開通窓口
電話番号:0120-889-279
受付時間 10:00-19:00(年中無休)

 

電話で開通手続きする場合は受付時間が決まっている点に注意してください。

 

回線切り替えの受付時間

 

開通手続きはマイページなら24時間できます。

ただし、手続きした時間によって開通のタイミングが異なります。

 

手続きした
時間
開通する
タイミング
開通までの
最大所要時間
10時~
19時
当日中2時間
19時~
翌10時
翌日10時~2時間

 

夜19時以降にWEBで開通手続きをしても、実際に開通するのは翌朝10:00以降になります。

翌日だとMNP有効期限が切れてしまうこともありますし、月をまたぐと乗り換え元のキャリアの月額料金がさらに1か月分かかる可能性もあります。

十分注意してください。

 

手続きしなければ自動開通

 

LINEモバイルのSIMカードが届いても開通手続きをしなかった場合、商品到着の翌々日の午後以降に自動で開通(回線切り替え)がされます。

この場合、開通のタイミングがいつになるかわかりませんので、可能ならマイページから手動で手続きすることをおすすめします。

 

▼今すぐMNPで乗り換える▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

店舗ならMNPで即日開通可能

 

LINEモバイルへのMNP転入手続きは店舗でもできます。

店舗での手続きはその場で開通まで完了するのがメリットですが、店舗までいく必要があり、待ち時間が長い場合が多いのがデメリットです。

 

 

店舗でMNPに必要なもの

 

店舗でMNP転入手続きをする場合、以下のものを持参・準備してください。

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類
  • 支払い用クレジットカード
  • メールアドレス

 

LINEモバイルの店舗は少ない

 

店舗だと、即日でMNPの転入手続きが全て完了するのがメリットです。

 

しかし、LINEモバイルの店舗はまだまだ少ないのが現状です。

また、家電量販店の中の小さなカウンターの場合が多いので、スタッフの数も少なく混雑しています。

 

近くに店舗があれば店舗で手続きしても良いですが、ない場合はWEBで手続きしましょう。

 

▼WEBで今すぐMNP転入▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

MNP転入の費用・手数料とお得な転入方法

 

MNP転入にかかる費用一覧

 

LINEモバイルにMNP転入する際にかかる費用は以下の通りです。

 

  1. MNP転出手数料:3,000円
  2. 契約事務手数料:3,000円
  3. SIMカード発行手数料:400円
  4. SIMロック解除費用:無料/3,000円
  5. 解約金・違約金:無料~9,500円

 

1.2.3はMNP転入する場合には基本的に必ずかかる費用です。

2の契約事務手数料はエントリーパッケージを使えば無料にできます。

 

 

SIMロック解除費用は、他社の端末を乗り換え後のLINEモバイルで使用する場合にかかりますが、マイページで手続きすれば無料になります。

 

また、解約金・違約金は、乗り換え元キャリアの契約更新月以外にMNP転出した場合にかかります。

できれば違約金がかからない契約更新月内に転出しましょう。

 

2019年秋以降は違約金が最大1,000円になりましたが、それ以前に契約した方は1万円近い違約金がかかる場合があるので注意してください。

 

MNP転入のキャンペーン

 

LINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルでは年間を通してさまざまなキャンペーンを実施しています。

 

初期費用が安くなったり、オプションが無料になったりといったキャンペーンを定期的に実施していますので、MNP転入時は必ずチェックしましょう。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

 

エントリーパッケージがお得

 

 

LINEモバイルのMNP転入は公式サイトで申し込むのが一番おすすめですが、エントリーパッケージを利用して手続きすることも可能です。

エントリーパッケージを利用すれば、通常3,000円かかる契約事務手数料が無料になります。

 

 

ただし、エントリーパッケージを購入し、到着してからLINEモバイル公式サイトで手続きをすることになりますので、手間や所要日数は増えます

お急ぎの方は「LINEモバイル公式サイト」で手続きしましょう。

 

お得なMNP転入タイミング

 

LINEモバイルにMNP転入する際、もっともお得なタイミングはいつでしょうか。

最もお得なタイミングは、「乗り換え元のデータ容量を使い切ったタイミング」です。

 

まず、ドコモ・au・ソフトバンクから転入する場合、これらの3社の解約月は解約タイミングに関わらず満額請求されます。

よって、いつ解約しても一緒ですので、データ容量はできるだけ使ったほうがお得です。

 

また、LINEモバイルの契約初月の基本料金は日割り計算されます。

そのため、いつ契約してもお得度は変わりません。

 

 

結論として、乗り換え元のデータ容量を使いきったらMNP転入し、LINEモバイルで余ったデータは翌月に繰り越す、というのが一番お得です。

 

ただし、開通日が翌月になると乗り換え元のキャリアの料金がさらに1ヶ月分の料金が請求され、契約更新月が終了して解約金がかかることもありますので注意してください。

 

▼お得にLINEモバイルに転入▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルへMNP転入はこちら

 

以上、LINEモバイルにMNPで転入する手順と注意点の解説でした。

 

LINEモバイルではソフトバンク回線・au回線も選べるようになり、利便性が向上しました。

スマホ料金を節約したい方は、ぜひLINEモバイルに乗り換えましょう!

 

さらにLINEモバイルでは期間限定でお得なキャンペーンを実施中です。

LINEモバイルへのMNP転入はLINEモバイル公式サイトでどうぞ!

 

お得なキャンペーン中▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました