契約前に3回線の速度を必ずチェック! 

LINEモバイルでモバイルルーター/ポケットWiFiを使う全手順を解説!

 

LINEモバイル_モバイルルーター

 

本記事では、LINEモバイルのデータSIMをモバイルルーターやポケットWiFiに入れて使う設定手順や料金を解説します。

 

LINEモバイルのデータSIMをモバイルルーターに挿せば、格安かつ快適にデータ通信を楽しめます。

また、ルーターで通信した場合もSNSデータフリーが適用されます。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

モバイルルーター用のSIMの選び方

 

ルーターはデータ専用SIM

 

LINEモバイルのSIMカードは全部で2種類あります。

 

  1. 音声通話機能付きSIM
  2. データSIM

 

音声通話SIMは、主にスマホに挿して使います。

モバイルルーターやポケットWiFiで使用するのは主に「2. データSIM」です。

 

以前はデータ専用SIMもありましたが、2020年2月より申し込みが停止されました。

 

3キャリアの回線が選べる

 

また、LINEモバイルには同じSIMカードでもドコモ回線・au回線・ソフトバンク回線の3種類があります。

通信速度や、使用するルーター本体が対応している回線をもとに、どの回線にするか選択してください。

 

通信速度はソフトバンク回線が速く、ドコモ・au回線はかなり遅いので、できるだけソフトバンク回線を選ぶのがおすすめです。

 

 

使用前にAPN設定が必要

 

SIMカード到着後、モバイルルーター本体にSIMカードを挿入したらAPN設定が必要です。

APN設定とは、モバイルルーターをLINEモバイルの回線に接続するための設定です。

 

設定手順はルーターによって異なりますので説明書などを参考にしてください。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

ルーターに使う回線の選び方

 

一番複雑で難しいのが、手持ちのルーターがどの回線に対応しているかを確認する作業です。

ルーターにはどの回線タイプを選べばよいでしょうか。

 

ルーターの対応バンドを確認

 

まず確認が必要なのは、お持ちのルーターがどの回線に対応しているかです。

 

ルーターはSIMフリーだからといって全回線が使えるわけではありません。

多くのルーターは、「ドコモ回線のみ対応」「ドコモとau回線に対応」「ソフトバンク回線に対応」といった制限があります。

 

SIMフリーのルーターをお持ち(またはこれから購入される方)は、必ずルーターがどの回線に対応しているか確認しましょう。

 

わからない方は、のちほど解説するおすすめルーターを参考にしてください。

 

速度はソフトバンクが速い

 

どの回線でも選べるのであれば、ソフトバンク回線がおすすめです。

通信速度が最も速いからです。

 

こちらの記事でLINEモバイルの毎月の通信速度を計測していますが、最も速いのがソフトバンク回線です。

料金も同じなので、どの回線も選べる場合はソフトバンク回線を選びましょう。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

LINEモバイルで使えるルーター

 

Aterm MR05LN

 

LINEモバイルでもモバイルルーターを販売中です。

 

まずはAterm MR05LNです。

私も現在使用しています。

 

LINEモバイル_モバイルルーター

 

このMR05LNはドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの回線で使えます

(ちなみに楽天モバイルでも使えます)

 

また、デュアルSIM対応で、SIMカードを2枚同時に挿せるのが特徴です。

さらにキャリアアグリケーションにも対応しており、通常よりも速度が高速になる可能性もあります。

 

APN設定もタッチパネル上で選ぶだけなので、かんたんです。

 

<端末価格>

  • 一括価格:23,800円
  • 分割価格:1,080円×24回

 

▼LINEモバイルで購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

MR05LNはAmazonやイオシスなどでも購入できます。

 

また、別売りのクレドール(専用充電台)を購入すれば、自宅で固定ルーターとしても使えます。

私もクレドールに挿して固定回線代わりに使っています。

 

 

Aterm MP02LN

 

Aterm MP02LN

 

続いてはAterm MP02LNです。

こちらはドコモ回線・au回線で使えます。

※LINEモバイル上の表記ではドコモ回線のみ

 

名刺やカードサイズでとにかく小さく軽いのが魅力です。

また、APN設定不要でSIMを挿せば簡単に使えるのが嬉しいですね。

 

速度が速いソフトバンク回線では使えませんが、その分価格は安いです。

 

<端末価格>

  • 一括価格:11,980円
  • 分割価格:550円×24回

 

▼LINEモバイルで購入する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

ただし、ドコモ・au回線は速度が遅いのであまりおすすめしません。

ドコモ回線ならOCNモバイルONEかBIGLOBEモバイル(D)、au回線ならUQモバイルかBIGLOBEモバイル(A)がおすすめです。

 

Aterm MP01LN

 

LINEモバイル_モバイルルーター

 

続いてはAterm MP01LNです。

以前はLINEモバイルで販売しており現在は終売になりましたが、Amazonなどで購入できます。

 

Aterm MP02LNと同様、名刺サイズで薄く、軽いのが特徴です。

最大10時間連続で通信でき、バッテリーの持ちも抜群です。

 

LINEモバイル公式サイトではドコモ回線のみ使用可とされていますが、au回線でも使用できます。

ただし、ソフトバンク回線では使えません。

 

 

HUAWEI E5785

 

HUAWEIのE5785はドコモ・au・ソフトバンクの全回線で使えるのが特徴です。

2020年発売の新しい商品のため、同時に接続できる端末が多く通信速度も速いです。

 

 

+F FS030W

 

+F FS030Wはドコモ・au・ソフトバンクの全回線で使えます。

最大20時間使える大容量バッテリーで、APNも自動設定してくれます。

 

流通量が多いため、情報がたくさんあるのも嬉しいですね。

 

 

中古のルーターでもOK

 

モバイルルーターはスマホ通販サイトなどでも販売されています。

特にイオシスやじゃんぱらでは中古や未使用品のモバイルルーターの在庫が豊富で価格も安いです。

 

ぜひチェックしてください。

 

▼状態の良いルーターが豊富▼

 

 

LINEモバイルのデータSIMの料金

 

データSIMの初期費用

 

LINEモバイルでデータSIMを契約する場合の初期費用は3,400円です。

 

金額
WEB登録
事務手数料
¥3,000
SIM発行
手数料
¥400

 

エントリーパッケージがお得

 

LINEモバイルエントリーパッケージ

 

ただし、エントリーパッケージを使えばWEB登録事務手数料は無料になります。

 

特にデータSIMを契約する場合はパッケージを使うのがおすすめです。

 

 

 

追加申込で初期費用割引

 

また、すでにLINEモバイルを契約している方は、マイページの「追加申込」から契約すればWEB登録事務手数料が割引になります。

 

  • 音声SIM:3,000円→0円
  • データSIM:3,000円→500円

 

データSIMの月額料金

 

データSIMの月額料金は以下の通りです。

2020年2月から新料金プランが開始し、ベーシックプランにSNSデータフリーオプションを追加する形になりました。

 

<データSIMの料金表>

データ
容量
ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
500MB¥600
3GB¥980¥1,260¥1,460
6GB¥1,700¥1,980¥2,180
12GB¥2,700¥2,980¥3,180

 

▼データSIMに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

ルーター使用時の補足・注意点

 

ルーターもデータフリー対象

 

LINEモバイルでは、プラン/オプションによって特定のサービスで使用したデータ容量をカウントしない「データフリー」という機能があります。

 

例えば人気のベーシックプランにSNSデータフリーオプションを追加すれば、LINEに加えTwitter・Facebookで消費した通信容量がカウントされません。

 

ベーシック
プラン
ベーシック
+SNS
データフリー
ベーシック
+SNS音楽
データフリー
カウント
フリー
対象
LINELINE
Twitter
Facebook
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
LINE MUSIC
AWA
Spotify

 

このデータフリーは、ルーターに挿してスマホ・PCやタブレットで使った場合も対象です。

例えばルーターにLINEモバイルのSIMを挿し、タブレットでLINEを見た場合も容量は消費されません。

 

余ったデータを繰り越せる

 

LINEモバイルは当月使いきれずに余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

 

例えば3GBプランを契約している方が、今月2GBしか使わなかった場合、余った1GBを翌月に繰り越し、翌月は4GBまで使うことができます。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

 

 

通信エリアは広い

 

LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクの電波が届くエリアならどこでも大丈夫です。

 

どの回線を選んでも人口カバー率は99%を超えていますので、山間部などを除けばほとんどの場所で快適に接続できるでしょう。

 

契約解除料1,000円

 

LINEモバイルのデータSIMは最低利用期間はありません。

 

しかし、2020年2月以降に契約する方は、データSIMでも解約時に1000円の解除料がかかるようになりました。

契約後すぐに解約しても、2年使って解約しても1,000円かかります。

 

 

au回線は3日間の速度制限あり

 

au回線のSIMでは、直近3日間の使用量が6GBを超えると速度制限が掛かる可能性があります。

この3日間の使用量による速度制限はau回線のみです。

 

6GBを超えたからといって必ず制限されるわけではないですが、大きく超えると制限の可能性がありますので注意してください。

 

 

▼お得にSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

お得なキャンペーン実施中

 

LINEモバイルキャンペーン

 

LINEモバイルでは、期間限定でお得な割引キャンペーンを実施しています。

 

特に基本料金が毎月割引になるキャンペーンがお得で、最近は初期費用無料キャンペーンも実施しています。

データSIMは対象外のことも多いですが、まれに豪華な特典がありますので必ずチェックしてください。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にまとめています。

 

 

モバイルルーター用SIM購入はLINEモバイル公式サイトで

 

以上、LINEモバイルのSIMをモバイルルーターで使う手順の解説でした。

 

SIMカードをLINEモバイルにすることで格安でモバイルルーターやポケットWiFiを使えます。

ぜひご検討ください。

 

LINEモバイル公式サイト」なら24時間、待ち時間なしでデータSIMを申し込めますので、ぜひ利用してください。

 

▼お得にSIMを契約する▼

LINEモバイル公式サイト

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

 

LINEモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました