お得な月額300円キャンペーン実施中! 

LINEモバイルの最安値LINEフリープランを解説!お得な契約方法も

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事では、LINEモバイルの最安値のプラン「LINEフリープラン」を解説します。

 

月額500円から契約でき、使い勝手抜群です。

LINEモバイルを試したい方にもおすすめのプランです。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

最安値はLINEフリープラン

 

月額500円から使える

 

LINEモバイルには「LINEフリープラン」「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」という3つのプランが用意されています。

 

3つのプランの違いは、データ通信をしても容量が消費されないデータフリーの対象サービスです。

 

プラン
カウントフリー対象
LINEtwitter
Facebook
Instagram
LINE
MUSIC
LINEフリー
コミュニケーションフリー
MUSIC+

 

このうち、月額料金が最も安いのはLINEフリープランです。

データフリー対象はLINEだけですが、1ヶ月1GB使えてデータ専用SIMなら月額500円で使えます。

 

データ専用/音声SIMを選択可

 

LINEフリープランはデータ専用SIM・SMS機能付きSIM・音声SIMの3つが選べます。

月額料金は以下のとおりで、最も安いデータ専用SIMは月額500円で使えます。

 

<LINEフリープラン料金表>

SIMの種類データ量基本料
データ専用1GB¥500
データ+SMS1GB¥620
データ+SMS
+音声通話
1GB¥1,200

 

もちろんどれを選んでもLINEのデータ通信はデータフリー(カウントフリー)です。

 

3キャリアの回線が選べる

 

LINEフリープランはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が選べます

お持ちのスマホ端末によって使える回線の種類が異なりますので、自身のスマホにあった回線を選択してください。

 

ただし、月額500円のデータ専用SIMはドコモ・ソフトバンク回線のみです。

au回線はSMS機能付きSIMと音声通話SIMしか選べません。

 

SIMの種類ドコモSoftbankau
データ専用×
データ+SMS
データ+SMS
+音声通話

 

サブ回線もにおすすめ

 

また、SIMフリースマホなど複数の回線に対応した端末をお持ちの方は、あえてサブ回線として契約するのもおすすめです。

 

例えば私はワイモバイルをメインの回線として使っていますが、2018年にはソフトバンク・ワイモバイル回線で通信障害が発生しスマホが使えなくなりました。

そんな場合も、例えばLINEフリープランのドコモ回線のSIMを契約しておけば、ソフトバンク回線が使えない場合もドコモ回線のSIMに切り替えて使うことができます。

 

他にも、地方や山間部は場所によって繋がりやすさに差がありますので、2つの回線のSIMを契約しておくと使用場所に応じて使い分けができます。

 

LINEは使い放題

 

LINEフリープランは、その名の通りLINEによるデータ通信がデータフリー(データ容量を消費しない)になります。

 

LINEのやりとりがメインという方は、LINEフリープランなら大変お得です。

 

余ったデータは繰越

 

LINEフリープランを始め、LINEモバイルは全プランで余ったデータ容量が翌月に繰り越されます

 

LINEフリープランは1GBしか選べませんが、データ繰り越しを使えば最大2GBまで使用できます。

 

 

▼LINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

LINEフリープランの注意点

 

データ容量は1GB

 

LINEフリープランで選べるデータ容量は1GBのみです。

 

他のプランは3GB・5GB・7GB・10GBから選べますが、LINEフリープランは1GBしか選べません。

データ繰越機能があるのでうまく節約すれば1GB以上使えますが、毎月1GB以上使う場合にはコミュニケーションフリープランを選びましょう。

 

データフリー対象外の通信

 

LINEフリープランはLINEによるデータ通信が使い放題(データフリー)と説明しましたが、全てが無料になるわけではありません。

 

以下に無料対象・対象外の通信をあげます。

LINEから外部サイトへジャンプした場合や、LINE LIVEは対象外ですので注意してください。

 

<無料対象となる通信>

  • テキスト・音声メッセージの送受信
  • 動画・その他ファイルの送受信
  • スタンプの送受信
  • 無料通話・ビデオ通話
  • タイムラインの利用
  • ニュースの閲覧
  • スタンプや着せ替えのDL

 

<無料対象外の通信>

  • LINEから外部リンクへの接続
  • LINE LIVEの利用

 

データ専用SIMはエントリーパッケージ不可

 

 

LINEフリープランを申し込む際は、エントリーパッケージの利用がおすすめです。

初期費用のうちウェブ登録事務手数料3,000円が無料になります。(詳細は後述)

 

しかし、エントリーパッケージが使えるのはSMS機能付きSIMと音声通話SIMのみです。

データ専用SIMはエントリーパッケージ経由で申し込みできませんので注意してください。

 

ただし、データ専用SIMを契約される方がエントリーパッケージでお得になる方法も存在します。

詳細は次章で解説します。

 

 

 

お得なLINEフリープランの契約方法

 

この章では、LINEモバイルの最安値である「LINEフリープラン」を更にお得に契約する方法を解説します。

 

キャンペーンを利用

 

LINEモバイル300円キャンペーン

 

まず最も基本となるのが、キャンペーンを利用する方法です。

 

LINEモバイルではほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

特に音声通話SIMを申し込む方は月額料金が割引になったりLINEポイントが還元されたりといった、お得な特典が受けられます。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事にて詳しく解説しています。

 

 

招待コードを利用

 

LINEモバイルでは招待キャンペーンを実施しています。

 

現在LINEモバイルを契約している方から専用の招待URLを発行してもらい、そこから申し込めば初期費用のうちウェブ登録事務手数料3,000円が無料/割引になります。

 

この招待キャンペーンは、時期によって音声SIMのみが対象だったり、データSIMも対象だったりします。

こちらも下記記事で詳しく解説していますので確認してください。

 

 

周りにLINEモバイルの契約者がいない場合は、お問い合わせページから言ってもらえれば私のURLを発行しますのでおっしゃってください。

 

エントリーパッケージを利用

 

WEB登録事務手数料3000円が無料

 

LINEフリープランを契約する際に、エントリーパッケージの使用も非常にお得です。

 

Amazonなどでエントリーパッケージを購入し、パッケージに書かれているエントリーコードを入力すれば初期費用のうちウェブ登録事務手数料3,000円が無料になります。

 

パッケージが400円ほどで買えますので、差し引き2,600円ほどのお得です。

 

 

データ専用SIMを契約する場合

 

エントリーパッケージで契約できるのはSMS機能付きSIMと音声通話SIMのみです。

データ専用SIMはパッケージ経由では申し込みできません。

 

ただし、あえてSMS機能付きSIMを契約したほうが安い場合もあります。

 

データ専用SIMとSMS機能付きSIMの差額は120円です。

パッケージを使えば2600円ほど節約できますので、2,600÷120=21.666…となります。

 

つまり、21ヶ月以内に解約する場合にはデータSIM(SMS付)を契約したほうが安くなります

逆に22ヶ月以上継続して契約する場合は初期費用を払ってでもデータ専用SIMを契約したほうがお得です。

 

この方法も下記記事で詳しく解説しています。

 

 

追加申込で初期費用無料

 

家族にLINEモバイルの契約者がいる場合や、すでにLINEモバイルを契約している方が追加でSIMを契約する場合は、「追加申し込み」を選ぶことで、契約時のウェブ登録事務手数料(通常3,000円)が割引になります。

 

追加申し込みは、すでに契約した方のマイページから「追加申込」を選択することで手続き可能です。

追加申込といっても、名義や契約条件は個別に契約する場合と変わりません。

 

割引額は、追加でどのSIMを契約するかによって異なります。

 

  • 音声通話SIM:3,000円→無料
  • SMS付きSIM:3,000円→500円
  • データ専用SIM:3,000円→1,000円

 

初期費用はエントリーパッケージでも節約できますが、追加申込の方がお得です。

家族が契約している場合は、必ず追加申込を利用しましょう。

 

契約は月初に

 

LINEモバイルの契約初月の料金は定額です。

いつ契約しても決まった額が請求されます。

 

データ容量は全額付与されるので、LINEモバイルは月初に申し込んだほうがお得です。

 

WEB「LINEモバイル公式サイト」で申し込んだ場合の利用開始日は以下の表の通りです。

 

回線契約利用開始日
ドコモ
新規商品発送の翌々日
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「商品到着の3日後」の早い方
ソフト
バンク
新規「利用開始手続完了の翌日」か「商品発送日の8日後」の早い方
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方
au
新規商品発送の翌々日
MNP「利用開始手続完了の翌日」か 「MNP予約番号有効期限の最終日の翌日」の早い方

 

利用開始日が月初にくるようにうまく調整しましょう。

詳細は下記記事にまとめています。

 

 

端末は別購入しよう

 

LINEフリープランに申し込む際、スマホ端末とセットでも契約できます。

 

しかし、LINEモバイルのスマホ端末は取扱機種が少なく、価格も高いです。

できれば別途購入してLINEモバイルで使ったほうがお得です。

 

イオシス」「ムスビー」や「じゃんぱら」とったスマホショップでは、中古・新品・未使用品のスマホが比較的安く手に入ります。

また、「goo Simseller 楽天市場店」や「goosimseller Yahooショッピング店」では新品のスマホ端末を格安で購入できます。

 

LINEモバイルの端末は高いので、面倒でなければ他で購入して使うのがおすすめです。

 

▼おすすめはイオシス▼

イオシス(公式)

 

 

LINEモバイルの申込はこちら!

 

以上、LINEモバイルの最安値プラン「LINEフリープラン」の詳細と注意点の解説でした。

月額500円から使えるLINEフリープランですが、本記事の方法を使ってさらにお得に契約してください。

 

LINEモバイルの申込は24時間受け付け可能な「LINEモバイル公式サイト」からどうぞ。

お得なキャンペーンも実施中です。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ