料金5ヶ月半額キャンペーン実施中! 

LINEモバイルの初期費用一覧と初期費用を節約する3つの方法まとめ

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事では、LINEモバイルの初期費用と初期費用を節約する方法を解説します。

 

初期費用節約といえばエントリーパッケージが代表的ですが、実はさらにお得になる方法もあります。

※本記事の金額は基本的に税抜です

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

LINEモバイルの初期費用まとめ

 

LINEモバイルを契約する際にかかる初期費用は以下の2つです。

 

初期費用金額
WEB登録事務手数料¥3,000
SIM発行手数料¥400

 

データSIM・音声SIMや、回線(ドコモ・au・ソフトバンク)、SIMのみ契約でも端末セット契約でも上記の初期費用がかかります。

 

WEB登録事務手数料

 

WEB登録事務手数料はいわゆる初期費用といわれるものですが、このWEB登録事務手数料は割引になったり無料にする方法があります。

 

エントリーパッケージで無料になるのもこの「WEB登録事務手数料」です。

 

SIMカード発行手数料

 

一方、SIMカード発行手数料は基本的に必ずかかる費用です。

 

他社では回線タイプ別に金額が異なる場合があります。

しかし、LINEモバイルはドコモ・au・ソフトバンクのどの回線を選んでもSIM発行手数料は一律400円です。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

初期費用を節約/無料にする方法

 

エントリーパッケージ

 

初期費用を無料にする最も代表的な方法はエントリーパッケージを使う方法です。

 

LINEモバイルエントリーパッケージ

 

エントリーパッケージとは、エントリーコードと呼ばれる英数字が書かれた紙です。

LINEモバイル公式サイト」で申し込む際に、パッケージに書かれたエントリーコードを入力すると初期費用のうちWEB登録事務手数料3,000円が無料になります。

 

エントリーパッケージはAmazonなどで400円前後で販売されていますので、差し引き2,600円の得ですね。

 

パッケージの使い方と注意点

 

LINEモバイルのエントリーパッケージは公式サイトで実施中のキャンペーンとも併用可能ですし、SIMのみでも端末セットでも申し込み可能です。

※紹介キャンペーンなど一部対象外あり

 

ただし、LINEフリープランのデータ専用SIMはパッケージを利用して申し込みできません

初期費用を払って「LINEモバイル公式サイト」から申し込むか、エントリーパッケージを使ってSMS付SIMを契約する方法がありますが、契約月数によってどちらがお得か変わります。

 

 

SMS機能付きSIMと音声通話SIMは、次章以降の節約技が適用可能な場合を除いて、基本的にはエントリーパッケージを使って申し込むのがお得です。

 

ただしいくつか注意点もありますので、使う前には下記記事を確認してください。

 

 

 

契約者がいれば「追加申込」

 

家族にLINEモバイルの契約者がいる場合や、自身で2回線目以降を契約する場合は、エントリーパッケージを使うよりもお得な方法があります。

それは「追加申込」を利用する方法です。

 

すでにLINEモバイルに契約している方がいれば、その方のマイページの「追加申込」から契約すれば、WEB登録事務手数料が割引・無料になります。

 

割引額は、追加でどのSIMを契約するかによって異なります。

 

  • 音声通話SIM:3,000円→無料
  • SMS付きSIM:3,000円→500円
  • データ専用SIM:3,000円→1,000円

 

追加申込の注意点とお得技

 

「追加申込」という名前ですが、契約者の名義は自由に設定できますし、他社からのMNP乗り換えで音声通話SIMも契約できます。

 

家族で乗り換える場合など複数回線を契約する場合、まず1人がエントリーパッケージを利用してLINEモバイルに契約し、2人目以降は「追加申し込み」で契約しましょう。

音声SIMはエントリーパッケージを利用するより追加申込みの方がお得です。

 

SMS機能付きSIMの場合はわずかにエントリーパッケージのほうが100円ほどお得ですが、手間や所要時間を考えると追加申し込みの方がおすすめです。

 

初期費用無料キャンペーン

 

LINEモバイルではほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

ですが、初期費用(WEB登録事務手数料やSIMカード発行手数料)が無料になるキャンペーンはほとんどありません

 

そのかわり、エントリーパッケージと公式キャンペーンが併用可能です。

今後初期費用無料キャンペーンを実施するかもしれませんが、基本的にはエントリーパッケージか追加申込を利用しましょう。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

初期費用に関する補足と注意点

 

店舗申込時の初期費用

 

LINEモバイルには即日開通可能な店舗カウンターが設けられています。

 

WEB申込時と同様、店舗で契約する場合の初期費用もWEB登録事務手数料3,000円とSIMカード発行手数料400円です。

 

初期費用金額
WEB登録事務手数料¥3,000
SIM発行手数料¥400

 

初期費用の請求はいつ?

 

LINEモバイル公式サイト」で申し込む場合、初期費用は初回請求にまとめて請求されます。

 

LINEモバイルの料金支払は月末締め・翌月5日請求です。

よって、例えば6月15日に契約した場合は「初期費用」と「6月分の初月料金(定額)+オプション料金」が7月5日に請求されます。

※通話料金は翌々月請求

 

クレジットカード支払いの場合は、カードに応じた引き落とし日に金額が引き落とされます。

それまでに入金しておいてください。

 

契約初月の料金は定額

 

LINEモバイルの契約初月の料金は2019年5月より定額になりました。

契約するSIMに応じて以下の料金が請求されます。

 

  • データ専用SIM:500円
  • SMS付きSIM:620円
  • 音声通話SIM:1,200円

 

契約初月の料金の詳細は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

LINEモバイルの申込はこちら

 

以上、LINEモバイルの初期費用の解説でした。

 

LINEモバイルの初期費用は合計3,400円ですが、「エントリーパッケージ」と「追加申込」を利用することで節約できます。

特にエントリーパッケージの利用は必須の節約技なので是非利用してください。

 

エントリーパッケージをお持ちの方は「LINEモバイル公式サイト」からどうぞ!

お得なキャンペーンも実施中です。

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト

 

 

 

LINEモバイル トップへ