料金5ヶ月半額キャンペーン実施中! 

LINEモバイルの店舗なら即日開通!キャンペーンやネットとの比較も

 

LINEモバイルロゴ

 

本記事では、LINEモバイルの店舗でできることネット・オンラインとの比較を解説します。

 

店舗ではSIMの即日開通が可能ですが、できることは多くありません。

金額的にもネットのほうがお得なので、基本的にはネットで各種手続きをしましょう。

 

▼ネットでLINEに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

主な店舗とできる/できないこと

 

店舗はどこにある?

 

LINEモバイルには、ドコモショップ・ソフトバンクショップのような専門の店舗はありません。

しかし、家電量販店などに即日開通できる店舗が設けられています。

 

店舗がある主な家電量販店は以下のとおりです。

 

  • ヨドバシカメラ
  • ビックカメラ
  • ヤマダ電機
  • ジョーシン
  • エディオン
  • ノジマ
  • ケーズデンキ など

 

上記の家電量販店も、全ての店舗にLINEモバイルの即日受け渡しカウンターがあるわけではありません。

下記の店舗検索ページから、お近くにLINEモバイルの店舗があるか確認してください。

 

検索LINEモバイルの店舗検索

 

店舗でできること

 

LINEモバイルの店舗でできることは、以下の2点のみです。

 

  • 新規契約・MNP転入
  • エントリーパッケージの購入

 

このうち、エントリーパッケージはAmazonなどでも購入でき、価格もほぼ同じなので、わざわざ店舗に行って購入する必要はありません。

 

現実的に、LINEモバイルの店舗はLINEモバイルのSIMカードを即日開通したい場合や、どうしてもWEBでの申込みが不安な場合に利用しましょう。

 

店舗でできないこと

 

店舗でできることは新規契約・MNP転入手続きエントリーパッケージの購入のみです。

SIMカードのサイズ変更やSIMの再発行、回線やプランの変更、解約はできません。

 

  • SIMカード再発行
  • SIMカードサイズ変更
  • 回線変更
  • プラン変更
  • 機種変更
  • 解約
  • MNP予約番号発行 など

 

2019年から取扱い開始したau回線は、本記事執筆時点では店舗で取り扱っていません。
au回線を契約したい場合は「LINEモバイル公式サイト」から申し込みましょう。

 

端末セット購入は可能?

 

LINEモバイルの即日受け渡しカウンターでは、LINEモバイルの取扱端末は用意されていません

 

家電量販店内でSIMフリー端末が販売されていればその端末を購入可能ですが、どの端末が販売されているかは事前に確認しましょう。

もちろん、LINEモバイルの動作確認端末一覧で、その端末がLINEモバイルの各回線で使えるかも確認しておいてください。

 

 

データSIMは契約可能?

 

店舗ではデータ専用SIM・SMS機能付きSIMも契約可能です。

 

ただし、必ず初期費用がかかってしまいますので、基本的にはエントリーパッケージを利用してWEBで申し込んだほうが断然お得です。

 

 

店舗で契約する際の注意点

 

店舗契約時の手数料

 

LINEモバイルの店舗で契約する際にかかる初期費用は以下の2つです。

 

初期費用金額
WEB登録事務手数料¥3,000
SIM発行手数料¥400

 

データSIMでも音声SIMでも上記の初期費用がかかります。

また、選んだ回線(ドコモ・au・ソフトバンク)による手数料の違いはありません。

 

ただし、店舗契約時にはエントリーパッケージは使えませんので、必ず上記の初期費用がかかります。

 

契約時に必要なもの

 

LINEモバイルの店舗で契約する際に必要なものは、以下の4点です。

 

  • 本人確認書類
  • クレジットカード
    (LINE PAYカードも可)
  • メールアドレス
  • MNP予約番号(※)

 

本人確認書類は以下のものが有効です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • マイナンバーカード
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 身体障害者手帳
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類
  • 特定疾患医療受給証+補助書類
  • 特定疾患医療登録者証+補助書類
  • 届出避難場所証明書

※補助書類:住民票または公共料金領収書

 

詳細本人確認書類一覧 | LINEモバイル

 

来店時間に注意

 

LINEモバイルの店舗では、営業時間の他に「受付時間」が設定されています。

この受付時間内に来店しないと、SIMカードの発行・開通はできません

 

LINEモバイル_店舗_ヨドバシ

 

また、受付時間内でも他に契約希望者が多数いる場合、受付不可になる可能性もあります。

できるだけ余裕を持って来店しましょう。

 

エントリーパッケージ不可

 

LINEモバイルの店舗ではエントリーパッケージが購入できますが、店舗で契約する際にはエントリーパッケージは使えません。

そのため、店舗契約時には基本的に必ず初期費用がかかります。

 

エントリーパッケージは店舗で購入して、のちほどWEBからご自身で手続きするためのものです。

 

 

キャンペーンはWEBと異なる

 

LINEモバイル公式サイト」では、ほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

しかし、このキャンペーンは必ずしも店舗でも実施しているわけではありません。

 

例えば、本記事執筆時点で実施中の「新・月300円キャンペーン」は店舗でも実施しています。

しかし、「3000ポイントバックキャンペーン」や「スマホ端末セール」は店舗は対象外です。

 

特にLINEモバイルのキャンペーンは、WEB契約時にコードを入力して適用されるものが多いです。

家電量販店独自のキャンペーンを実施している場合もあるかもしれませんが、基本的には「LINEモバイル公式サイト」で申し込んだほうがお得です。

 

 

店舗とネット、どちらがおすすめ?

 

LINEモバイルは店舗とネット(公式サイト)から申し込みが可能です。

では、店舗とネットはどちらがおすすめでしょうか?

 

店舗のメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

  • icon-circle-o 回線が即日開通する
  • icon-circle-o 店員さんのサポートがある
  • icon-times 受付時間が限られる
  • icon-times 来店が必要
  • icon-times 端末セット契約不可
  • icon-times キャンペーンがネットと異なる
  • icon-times エントリーパケージ使用不可
  • icon-times 待ち時間が長い

 

店舗なら即日受け取り可

 

店舗の最大のメリットは、SIMカードが即日開通してその日から使えることです。

 

LINEモバイル公式サイト」から申し込んだ場合、申し込みからSIM到着まで数日かかります。

しかし、店舗なら申し込んだその日から電話やデータ通信が使えるようになります。

 

また、他社からLINEモバイルに乗り換える場合、ネットではMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていないと手続きできません。

しかし、店舗なら有効期限内ならいつでも手続きできます。

 

店員さんのサポートあり

 

もう一つのメリットは、店員さんのサポートを受けられることです。

 

LINEモバイル公式サイトでの手続きも非常に簡単です。

しかし店舗なら店員さんと一緒になって手続きできますし、プランなども相談できます。

 

「WEBでの手続きはどうしても不安だ…」「自分がどのプランがいいのかわからない…」という方は店舗で申し込みましょう。

 

受付時間が限られる

 

ここからは店舗で契約するデメリットを解説します。

 

店舗では受付時間が限られます。

多くの店舗では19:00または19:30までしか受け付けてくれません。

 

しかし、ネットなら24時間いつでも好きな時間に手続きできるのがメリットです。

 

来店が必要・待ち時間長い

 

店舗で契約するためには、当然店舗に来店する必要があります。

通勤途中などに店舗があればよいですが、ない場合は電車賃やガソリン代を払ってわざわざ来店する手間と費用が発生します。

 

また、個人的に店舗契約の最大のデメリットと感じるのは待ち時間です。

 

店舗では先客がいれば待たなければなりません。

また、自分の順番が来て手続きが開始した後も、手続きの時間はWEBに比べて圧倒的に長いです。

 

端末セット契約はできない

 

LINEモバイルにスマホ端末とセットで契約したいと考えているかたは、「LINEモバイル公式サイト」の方がおすすめです。

LINEモバイルの店舗では端末は用意されていません。

 

家電量販店内にSIMフリー端末がおいてあれば購入は可能ですが、LINEモバイル公式サイトにある取扱端末が全ておいてあるとは限りません。

また、多くの場合iPhoneも購入できませんので、端末セットで購入される方は「LINEモバイル公式サイト」で購入しましょう

 

キャンペーンが異なる

 

繰り返しになりますが、LINEモバイル公式サイトで実施中のキャンペーンの一部は、店舗では実施していません。

 

例えば、本記事執筆時点で実施中の「新・月300円キャンペーン」は店舗でも実施しています。

しかし、「3000ポイントバックキャンペーン」や「スマホ端末セール」は対象外です。

 

特にLINEモバイルのキャンペーンは、WEB契約時にコードを入力して適用されるものが多いです。

家電量販店独自のキャンペーンを実施している場合もあるかもしれませんが、基本的には「LINEモバイル公式サイト」で申し込んだほうがお得です。

 

 

エントリーパッケージ不可

 

LINEモバイルエントリーパッケージ

 

エントリーパッケージを事前に購入し、「LINEモバイル公式サイト」で申し込む際にエントリーコードを入力すれば、初期費用のうちWEB登録事務手数料3,000円が無料になります。

パッケージはAmazonで400円程度なので、差し引き2,600円の得ですね。

 

 

しかし、店舗で申し込む際にエントリーパッケージは使用できません。

店舗独自のキャンペーンが実施中でない限り、初期費用が必ずかかってしまいます

 

格安SIMにおける2600円は大きいので、できればエントリーパッケージを購入して「LINEモバイル公式サイト」から申し込んだほうがお得です。

 

▼今すぐネットで申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

LINEモバイル申し込みはこちら

 

以上、LINEモバイルの店舗でできることと注意点の解説でした。

 

店舗は即日開通できることと店員さんのサポートが受けられることがメリットです。

一方、デメリットも多いので特段の理由がない限り基本的にはWEBで申し込んだほうがお得です。

 

LINEモバイル公式サイト」ならエントリーパッケージで初期費用無料になり、キャンペーンも適用できます。

申し込みはこちらからどうぞ!

 

▼今すぐLINEモバイルに申し込む▼

LINEモバイル公式サイト 

 

 

 

LINEモバイル トップへ