料金割引が復活!MNPで800円×6ヶ月割引 

マイネオでiPhone SE (第2世代)が使えた!設定手順と注意点まとめ

 

iPhone SE 第2世代

 

4月24日に新型のiPhone SE(第2世代)が発売されました。

本記事ではmineoでiPhone SE(第2世代)を使う方法を解説します。

 

私自身も発売日にiPhone SEを購入し、早速SIMを入れて検証しました。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

mineo(マイネオ)

 

mineoでiPhoneSEは使える?

 

mineoで使えた

 

私も早速mineoのSIMを入れて、APN設定してみましたが、A・D・Sのどのプランも問題なく使えました。

通話・データ通信ともにOKでした。

 

公式でも動作確認済み

 

mineoでは発売日当日にSIMフリー版の動作確認が終了し、A・D・Sのどのプランでも問題なく動作することが確認されています。

 

  • データ通信
  • 音声通話
  • テザリング
  • SMS送受信

詳細マイネオ公式サイト

 

テザリングも可能

 

mineoのSIMはiPhone SEでテザリングも可能です。

 

以前はAプランのSIMをiPhoneに入れるとテザリングができないという問題がありましたが、現在は解消しています。

 

AプランのSIMに注意

 

Aプランを契約中の方はSIMの種類に注意が必要です。

 

Aプランには3種類のSIMがあります。

SIMのサイズだけみると「au VoLTE対応SIM」「nanoSIM(VoLTE非対応)」が使えるのですが、動作確認されているのはau VoLTE対応SIMのみです。

 

mineo Aプラン SIMサイズ

 

これから契約される方は必ずau VoLTE対応SIMを選びましょう

機種変更する方で現在nanoSIM(VoLTE非対応)を使っている方は、マイページからSIMの変更手続きをしてください。

 

なお、nanoSIM(VoLTE非対応)は黒色です。

 

発売は当面なしと予想

 

前章までの通りiPhone SE(第2世代)はmineoで問題なく使えます。

ただし、mineoでの販売は当面ないと予想しています。

 

mineoは格安SIMでは珍しくiPhone11やiPhone XRを販売していますが、iPhone SE (第2世代)がそのラインナップに加わるのはまだ先になるでしょう。

ただし、ワイモバイルやUQモバイルなどよりは早く発売を開始するかもしれません。

 

SIMフリー版の価格

 

iPhone SE (第2世代)をmineoで使いたい方は、Apple Storeで買いましょう。

私もApple Storeで買いました。

 

<iPhone SE 第2世代の価格>

64GB128GB256GB
iPhone SE
(第2世代)
¥44,800¥49,800¥60,800

※税抜

 

詳細iPhone SE | Apple(日本)

 

mineo(マイネオ)

 

 

mineoでiPhoneSE (第2世代)を使う

 

mineoのオンラインストアではiPhone8・iPhone XR・iPhone XS・XS Max・iPhone11を販売中です。

 

しかし、iPhone SE (第2世代)を別途購入すればmineoでも使えます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone SE本体を準備
  2. mineoのSIMカードを購入
  3. SIMカードを本体に挿入
  4. APN設定

 

上記以外に、MNPで他社から乗り換えてiPhone SEを使う場合は、MNP予約番号の発行や回線切り替えが必要です。

詳細は下記記事にまとめています。

詳細mineoにMNP転入する手順

 

iPhone SE本体を購入

 

まずはiPhone SE本体を準備しましょう。

 

いずれは中古スマホ店で買ったりキャリア版の流用もできますが、しばらくはApple Storeで買って使うのがメインとなります。

 

アップルストアでの端末価格やSIMロック解除については前章をお読みください。

 

iPhone SE用のSIMを購入

 

次に、mineoでiPhone SEに挿入するSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードはマイネオ公式サイトで購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので、参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

 

マイネオ公式サイト」にアクセスし、「お申込みはこちら」⇒「お申込み手続きへ」⇒「通常のお申し込み」を選択

 

 

「通常のお申し込み」を選択

 

 

2. プラン(回線の種類)とタイプ(シングル/デュアル)を選択

 

前章での説明を参考に、ドコモ・au・ソフトバンクの中から回線の種類を選択してください。

 

 

その後、タイプを選択します。

通常はデュアルタイプ(データ通信+SMS+音声通話付)です。

 

「デュアルタイプ」を選択

 

 

3. 端末購入の有無とSIMのサイズを選択

 

サイズについて、mineoでは回線タイプごとに複数のSIMカードが販売されています。

以下を選択してください。

 

  • Aプラン:au VoLTE対応SIM
  • Dプラン:マルチSIM
  • Sプラン:nano

 

誤って別のSIMを購入すると、SIMサイズの交換に3,000円かかってしまいます。

慎重に選択してください。

 

SIMカードのみを選択

 

 

SIMカードの種類を選択

 

 

 

4. 毎月のデータ容量やオプションを選択

 

画面の指示に従って毎月のデータ容量やオプションを選択してください。

 

5. MNP番号を入力(MNPの場合のみ)

 

他キャリアからMNP(番号そのまま)で移転してくる場合は、MNP予約番号などの情報を入力します。

 

 

MNPの場合はMNP番号などを入力

 

 

ここまでくれば大丈夫です。

その後は契約者の情報を入力し、本人確認書類をアップロードすれば大丈夫です。

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

  マイネオ公式サイト  

 

 

iPhone SE本体にSIMを挿入

 

iPhone SE本体とmineoのSIMカードが手元に届いたら、本体にSIMを挿入します。

 

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

詳細iPhoneにSIMを差す – Apple

 

APN設定

 

iPhone SE本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhone SEをインターネットに接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってプロファイルをインストールすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

まずはWi-Fiに接続してください。

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。(クロームなどは不可)

 

 

すると下記のような文言が表示されるので、「許可」をタップ

 

mineoiPhoneプロファイルインストール

 

設定をタップすると表示されている「プロファイルがダウンロードされました」をタップ

 

mineoiPhoneプロファイルインストール

 

その後は右上の「インストール」をタップし、パスコードを入力していけばインストールが完了です。

画面はAプランですが、D・Sも同様です。

 

mineoiPhoneプロファイルインストール

 

完了後、設定→一般をタップしプロファイルの欄にmineoと記載があればインストールが成功しています。

 

mineoiPhoneプロファイルインストール

 

以上で設定は完了です。

 

なお、APN設定をするためにはデータ通信が必要になりますが、iPhone本体はまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

 

インストールが完了すると、いよいよiPhone SEがmineoで使えるようになります。

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

  マイネオ公式サイト  

 

 

契約者がiPhone SEに機種変更する

 

iPhone SEに機種変更する手順

 

すでにマイネオを契約している方も、iPhone SE本体を用意すれば機種変更できます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. iPhone SE本体を準備
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhone SEにSIMを挿入
  4. APN設定

 

基本的には現在の端末からSIMを抜いてiPhone SEに挿し、APN設定すれば使えます。

APN設定手順は前章をお読みください。

 

SIMのサイズ・種類に注意

 

機種変更時の最大の注意点はSIMカードの種類とサイズです。

 

mineoは回線タイプごとに複数のSIMカードの種類があり、SIMカードによってはテザリングができない場合もあります。

 

  • Aプラン:au VoLTE対応SIM
  • Dプラン:マルチSIM
  • Sプラン:nano

 

現在の端末に挿して使用しているSIMカードが該当の種類以外の場合、SIMカードを交換してもらう必要があります。

マイネオ公式サイトのマイページからSIM交換手続きをしましょう。

 

ただし、手数料として2500円ほどかかります。

 

iPhone SE (第2世代)の入手方法

 

現在mineoではiPhone8・iPhone XR・iPhone11を販売中ですが、iPhone SE (第2世代)は発売されません。

iPhone SE (第2世代)を使う場合は各自で用意する必要があります。

 

iPhone SE(第2世代)の入手方法は主に以下の3通りです。

 

AppleでSIMフリー版を購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

 

アップルストアでは、mineoのSIMを挿して使用できるiPhone SE(第2世代)のSIMフリー版が購入できます。

現在店舗は閉鎖中のため、通販で購入することになります。

 

詳細iPhone SEを購入 – Apple

 

▼iPhone SE 第2世代 価格表▼

64GB128GB256GB
iPhone SE
(第2世代)
¥44,800¥49,800¥60,800

※税抜

 

他社のiPhoneSEを持ち込み

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで購入したiPhone SE(第2世代)を持ち込んで流用する方法です。

ただし、この場合はSIMロック解除が必要な場合があります。

 

SIMロック解除とは、ドコモ・au・ソフトバンクなどの携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

端末購入元と使う回線を一致させればSIMロック解除は不要ですが、異なる回線を選ぶ場合はSIMロックを解除しないと使えません。

(例:ドコモ版のiPhone SEをAプランで使う、など)

 

端末購入元DプランAプランSプラン
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au不要
Softbank不要

 

また、SIMロック解除が不要な場合でも事前に解除しておくのがおすすめです。

解除はドコモ・au・ソフトバンクのマイページから簡単にできます。

 

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店舗で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

スマホ店で中古/新品を購入

 

iPhone SE(第2世代)本体は、しばらくするとスマホ通販サイトや街なかの中古スマホ店でも購入できるようにます。

 

特にスマホ通販大手のイオシスではiPhoneの中古/未使用品の在庫が豊富です。

また、価格が安いのも特徴なので、ぜひ探してみてください。

 

▼中古/未使用のiPhoneが格安▼

スマホ通販のイオシス

 

 

iPhone SE用SIM購入はこちら!

 

以上、mineoでiPhone SE (第2世代)を使う手順の解説でした。

 

SIMカードの申込みはmineoオンラインサイトで簡単に手続きできます。

こちらからどうぞ!

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

  マイネオ公式サイト  

 

mineo(マイネオ)

 

 

mineoトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました