お得な月額料金割引キャンペーン中 

マイネオでiPhone SEを使う手順を全解説!APN設定や機種変更も【mineo】

 

mineoでiPhone6Sを使う手順の解説は下記記事に移転しました
mineoでiPhone6Sを使う全手順

 

iPhone SE

 

本記事では、mineoでiPhone SEを使用する手順を説明します。

 

iPhone SEはmineoでも販売中ですが、手持ちのiPhone SEもmineoで使えます。

mineoならドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線が全て利用可能ですし、au回線でもテザリングが可能になりました。

 

▼iPhone SE用SIMを購入▼

マイネオ公式サイト

 

mineoでiPhone SEは使える?

 

iPhone SEが販売中

 

マイネオでは2019年2月よりiPhone SEの発売を開始しました。

 

ただし、mineoで購入できるiPhone SEは海外版で、価格も高いです。

mineoで買うより、「イオシス」などの中古スマホ店でSIMフリーの未使用品を購入するのが断然おすすめです。

 

▼未使用のSEが豊富で安い▼

 

 

iPhone SEの動作確認状況

 

mineoではiPhone SEの動作確認が完了しています。

mineoではSIMフリー版・ドコモ版・au版・ソフトバンク版のiPhone SEはどの回線でも使えます

 

詳細mineoの動作確認端末一覧

 

全回線でテザリング可能

 

iPhone SEはどの回線を選んでもテザリングが可能です。

以前はau回線のAプランではiPhoneでテザリングできませんでしたが、現在は解消されました。

 

ただし、AプランのnanoSIMを選んだ場合はテザリングできません

Aプランで使う場合は必ずau VoLTE対応SIMを選びましょう。

 

▼iPhone SE用SIMを購入▼

マイネオ公式サイト

 

 

mineoでiPhone SEを使う手順

 

mineoではiPhone SEを販売中ですが、他で購入したiPhone SEもmineoで使えます。

 

持ち込みのiPhone SEを使うには以下の5手順が必要です。

 

  1. iPhone SE本体を準備
  2. MNP予約番号発行(※)
  3. mineoのSIMカードを購入
  4. SIMを本体に挿入(※)
  5. APN設定

※は他社からMNP転入する場合のみ

 

iPhone SE本体を入手

 

繰り返しになりますが、mineoで買えるiPhone SEは海外版で価格も高いです。

 

これから購入される方は「イオシス」などで国内版・SIMフリーの新品を買ったほうが良いですし、すでにお持ちの方は手持ちのiPhone SEも使えます。

 

端末の入手方法は主に以下の2つです。

  • ドコモ/au/ソフトバンク版を流用
  • 中古スマホ店で購入

 

入手方法の詳細や価格はのちほど詳しく解説します。

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、MNPで他社からmineoに乗り換える場合のみに発生します。
mineoに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでマイネオに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフト
バンク
店頭
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

 

iPhone SE用のSIMを購入

 

次に、mineoでiPhone SEに挿入するSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードは「マイネオ公式サイト」で購入できます。

契約するまでの画面の遷移を載せておきますので、参考にしてください。

 

1. 公式サイトにアクセス

 

マイネオ公式サイト」にアクセスし、「お申込みはこちら」⇒「お申込み手続きへ」⇒「通常のお申し込み」を選択

 

 

「通常のお申し込み」を選択

 

 

2. プラン(回線の種類)とタイプ(シングル/デュアル)を選択

 

次章「SIMの種類とサイズの選び方」での説明を参考に、ドコモ・au・ソフトバンクの中から回線の種類を選択してください。

 

 

その後、タイプを選択します。

通常はデュアルタイプ(データ通信+SMS+音声通話付)です。

 

「デュアルタイプ」を選択

 

 

3. 端末購入の有無とSIMのサイズを選択

 

サイズについて、mineoではサイズの異なる数種類のSIMカードが販売されています。

 

Dプラン(ドコモ回線)を選ぶ場合はどんな場合でもnanoを選択しましょう。

ただし、au回線・ソフトバンク回線は2つのSIMが選べます

選び方は次章「SIMの種類とサイズの選び方」で解説します。

 

SIMカードのみを選択

 

 

DプランはnanoSIMを選択

 

 

4. 毎月のデータ容量やオプションを選択

 

次に、毎月のデータ容量、必要に応じて加入するオプションを選択します。

 

5. MNP番号を入力(MNPの場合のみ)

 

他キャリアからMNP(番号そのまま)で移転してくる場合は、MNP予約番号などの情報を入力します。

 

 

MNPの場合はMNP番号などを入力

 

 

ここまでくれば大丈夫です。

その後は契約者の情報を入力し、本人確認書類をアップロードすれば大丈夫です。

 

以上で申込みは完了です。

準備が出来次第、SIMカードが送られてきます。

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

iPhoneSEにSIMを挿入

 

iPhone SEの端末とmineoのSIMカードが手元に届いたら、iPhone SE本体にSIMカードを挿入します。

 

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える – Apple サポート

 

APN設定

 

iPhone SE本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhone SEをマイネオのデータ通信に接続するための設定です。

 

作業は非常に簡単です。

こちらの手順に従ってファイルをダウンロード・インストールすればOKです。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

 

2. APN構成プロファイルをDL

 

サファリで下記URLに接続します。

 

<APNプロファイル>

 

上記URLにアクセス

 

 

「インストール」をタップ

 

 

パスコードを入力

 

 

「次へ」をタップ

 

 

「インストール」をタップ

 

 

再度「インストール」をタップ

 

 

「完了」を選択

 

 

以上で設定は完了です。

 

なお、APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhone SE本体はまだデータ通信ができません。

そのため、Wi-Fiに繋がった状態で操作する必要があります。

 

プロファイスのインストールが完了すると、いよいよiPhone SEがmineoで使えるようになります。

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

SIMの種類とサイズの選び方

 

mineoにはSIMカードがいくつか種類が分かれています。

 

公式サイトでiPhone SE用のSIMカードを購入する場合には、端末購入元や選ぶ回線によって選ぶべきSIMが分かれますので、必ず確認してください。

 

SIMフリー/ロック解除済

 

AppleStoreなどで購入したSIMフリーのiPhone SEや、すでにSIMロック解除済の端末を使う場合は、下記のSIMカードを選択しましょう。

 

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au VoLTE対応SIM
  • Sプラン:nano

 

DプランはSIMの種類が1種類なので、どの端末をどの回線で使う場合にもSIMサイズだけnanoを選択すればOKです。

 

Aプランはau VoLTE対応SIMとnanoSIM(VoLTE非対応)が選べますが、au VoLTE対応SIMを選択してください。

テザリングができるのはau VoLTE対応SIMのみで、他の機能は変わりません。

 

SプランはnanoSIMとiPhone7以前用nanoSIMが選べますが、nanoSIMを選択してください。

 

ドコモ端末

 

ドコモで購入した、SIMロック解除されていないiPhone SEを使う場合は、以下のSIMを選択しましょう。

 

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au VoLTE対応SIM
  • Sプラン:nano

 

こちらも選ぶべきSIMはSIMフリー版・SIMロック解除版と同じです。

 

Aプランは「nanoSIM」、Sプランは「iPhone7以前用nanoSIM」も選べますが、メリットはないので必ず上記のSIMを選びましょう。

なお、Aプラン・Sプランを選択する場合には事前にSIMロック解除が必要です。

 

au端末

 

auで購入し、SIMロック解除されていないiPhone SEを使う場合は少々複雑です。

 

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au VoLTE対応SIMまたはnanoSIM
  • Sプラン:nano

 

Dプラン・Sプランで使う場合には、SIMロック解除した上でnanoSIMを選びましょう。

 

複雑なのはAプランです。

auで購入し、SIMロック解除されていないiPhone SEをAプランで使う場合は2種類のSIMが選べます。

「au VoLTE対応マルチSIM」と「nanoSIM」です。

 

au VoLTE対応マルチSIMを選んだ場合、端末のSIMロック解除が必要になります。

そのかわり、テザリングが可能です。

 

一方、nanoSIMはSIMロック解除不要で使えますが、テザリングはできません。

 

<au端末×Aプラン選択時のSIM>

SIMSIMロック
解除
テザリング
au VoLTE対応
マルチSIM
必要
nano不要不可

 

端末のSIMロック解除できる方は必ずSIMロック解除し、au VoLTE対応マルチSIMを選ぶのがおすすめです。

すでにauを解約済の場合やSIMロック未解除の中古端末を購入した場合などは、テザリングはできませんがnanoSIMを選ぶしかありません。

 

ソフトバンク端末

 

ソフトバンクで購入し、SIMロック解除されていないiPhone SEを使う場合も少々複雑です。

 

  • Dプラン:nano
  • Aプラン:au VoLTE対応SIM
  • Sプラン:nanoまたはiPhone7以前用nano

 

Dプランはどんなときでもnanoです。

 

Aプランの場合、SIMロック解除した上でau VoLTE対応マルチSIMを選びましょう。

nanoSIMも選べますが、テザリングができませんしSIMロック解除は必要なので選ぶ価値はありません。

 

複雑なのはソフトバンク端末をSプランで使う場合です。

この場合、nanoSIMとiPhone7以前用nanoSIMが選べます。

 

nanoSIMを選んだ場合、端末のSIMロック解除が必要になります。

一方、iPhone7以前用nanoSIMはSIMロック解除不要で使えます。

どちらを選んでもテザリングは可能です。

 

<Softbank端末×Sプラン選択時のSIM>

SIMSIMロック
解除
テザリング
nano必要
iPhone7以前用
nano
不要

 

上記を見ればiPhone7以前用nanoSIMの方が良いように見えますが、iPhone7以前用nanoSIMは使える端末が少ないため、機種変更する際にはSIMカードの変更が必要になります。

 

そのため、おすすめはSIMロック解除した上でnanoSIMを選ぶ方法です。

端末のSIMロック解除ができる方は必ずSIMロック解除し、nanoSIMを選びましょう。

 

すでにソフトバンクを解約済の場合やSIMロック未解除の中古端末を購入した場合などは、iPhone7以前用nanoSIMを選んでください。

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

iPhone SE本体の入手方法

 

繰り返しになりますが、mineoではiPhone SEを販売中です。

しかし、海外版なのに加え価格が高いため、mineoでの購入はおすすめしません。。

 

iPhone SEは以下の方法で入手しましょう。

 

au/ドコモ/Softbank版を流用

 

1つ目は、他社で購入したiPhone SEをmineoで流用する方法です。

 

ただし、端末の購入元と使用する回線によって、SIMロック解除が必要な場合があります。

また、複数の種類のSIMカードが選べる場合があります。

 

前章「SIMの種類とサイズの選び方」を参考にしてください。

 

中古スマホ店で購入

 

iPhone SEは中古スマホ店でも購入できるようになりました。

 

イオシス」「ムスビー」やじゃんぱらなどでは、iPhone SEの中古品や未使用品が安く購入できることもあります。

オンラインサイトでも購入できますので、ぜひチェックしてください。

 

なお、購入時は必ず「SIMフリー版」から「SIMロック解除済」の端末を購入してくださいね。

 

▼格安でiPhoneが買えるかも▼

 

 

iPhone SE使用時の注意点

 

SIM購入時の本人確認書類

 

本人確認書類は以下の書類が使えます。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 顔写真付き住民基本台帳カード
  • 個人番号カード(表面のみ)
    など

 

au回線でもテザリング可

 

iPhone SEはどの回線を選んでもテザリングが可能です。

以前はau回線のAプランではiPhoneでテザリングできませんでしたが、現在は解消されました。

 

ただし、AプランのnanoSIMを選んだ場合はテザリングできません

Aプランで使う場合は必ずau VoLTE対応SIMを選びましょう。

 

持込み端末安心保証の対象

 

mineoには「持込み端末安心保証サービス」というオプションサービスがあります。

これは、mineo以外で購入したスマホ端末も無料で修理してくれたり、格安で交換してくれるサービスです。

 

mineoでiPhone SEを使用する場合も、この「持込み端末安心保証サービス」に加入できます。

高額なiPhoneですが、月額500円で保証オプションに加入できますので、ぜひ利用しましょう。

 

 

▼iPhone SE用SIMを購入する▼

マイネオ公式サイト

 

 

iPhone SEに機種変更する方法

 

自分でiPhoneSEに機種変更

 

現在すでにマイネオを契約している方は、持ち込みのiPhone SEにも機種変更できます。

機種変更の手順は以下の通りです。

 

  1. iPhone端末を準備
  2. 現在の端末からSIMを抜く
  3. iPhone本体にSIMを挿入
  4. APN設定

 

少々価格が高いのでおすすめではありませんが、mineo公式サイトで販売中のiPhone SEにも機種変更できます。

 

機種変更の詳しい手順は下記記事に詳しくまとめています。

 

 

SIMの種類・SIMサイズ

 

新規にマイネオに契約する場合と同様、iPhone SEに挿して使えるSIMカードは複数の種類が選べます。

選んだSIMによってSIMロック解除の要否やテザリング可否が分かれます。

 

前章「SIMの種類とサイズの選び方」を参考にしてください。

 

現在の端末に挿して使用しているSIMカードがiPhone SEで使えない場合、SIMカードを交換してもらう必要があります。

マイネオ公式サイトのマイページからSIM交換手続きをしましょう。

 

ただし、手数料として2,500円ほどかかります。

 

 

SIMをお得に契約する方法

 

必ずキャンペーンを確認

 

mineoキャンペーン

 

mineoではほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

特に月額料金が割引になるキャンペーンが人気ですね。

 

キャンペーンをうまく利用すれば、もともと安いmineoのスマホ料金が、さらに安くなります。

 

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

契約前に必ずキャンペーンを確認してください。

 

 

エントリーパッケージもお得

 

mineoエントリーパッケージ

 

mineoに契約する際、通常は初期費用がかかります。

 

初期費用は合計3,400円+税です。

  • 契約事務手数料:3,240円
  • SIMカード発行料:432円

 

ですが、このうち契約事務手数料3,240円はエントリーパッケージを使うことで無料にできます。

エントリーパッケージは300円ちょっとで販売されていますので、差し引き2,900円ほどのお得ですね。

 

キャンペーンとも併用可能なので、パッケージ利用がお得です。

 

 

 

iPhone SE用SIM購入はこちら!

 

以上、mineoでiPhone SEを使う手順の解説でした。

 

mineoでiPhoneを使用することで月額料金を大幅に安く抑えることができます。

設定も簡単ですので、スマホ料金の節約にぜひmineoを活用してください!

 

SIMカードの申込みはmineoオンラインサイトで簡単に手続きできます。

こちらからどうぞ!

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

マイネオ公式サイト

 

 

 

mineoトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました