マイネオで使えるおすすめモバイルルーターと設定手順

 

MR05LN

 

本記事では、mineoでモバイルルーターを使う手順を解説します。

 

mineoの格安のデータSIMを手持ちのモバイルルーター(Pocket WiFi・ポケットWiFi)に挿せば、格安かつ快適にデータ通信を楽しめます。

また、お得にSIMをお得に契約する方法も解説します。

 

データSIMのお得な契約方法

 

SIMはデータSIM

 

モバイルルーターにSIMを入れて使う場合、音声通話機能は必要ありません。

またSMSも不要なのでデータ通信のみのシングルタイプでOKです。

 

<データSIMの料金表>

シングルタイプ
(データ専用)
1GB¥880
5GB¥1,265
10GB¥1,705
20GB¥1,925

 

紹介キャンペーンが一番お得

 

これからデータSIMを契約する方は紹介キャンペーンを利用しましょう。

以前はエントリーパッケージを使って契約するのがお得でしたが、現在はこの紹介キャンペーンを利用して契約するのが最もお得です。

 

契約者からの紹介によりマイネオのデータSIMに契約すると、以下の特典が受けられます。

 

特典
紹介
した方
・最大3,500円/件の
電子マネーギフト進呈
紹介
された方
・契約事務手数料が無料
・端末セットなら2000円分の
電子マネーギフト進呈

 

紹介URLからマイネオに契約した方は、通常3,300円の初期費用(契約事務手数料)が無料になります。

音声SIMはもちろん、データSIMも対象です。

 

まわりにmineo契約者がいない方は、こちらのURLから契約すれば事務手数料が無料になります。

契約者の個人情報などは紹介者にはわかりませんので安心して利用してください。

 

 

▼誰でも事務手数料無料▼

紹介アンバサダー | mineo 

 

 

mineoでルーターを使う手順

 

マイネオ mineo モバイルルーター Pocket wifi

 

販売中のルーターを使う

 

mineoではモバイルルーターを販売しています。

記事執筆時点では富士ソフトの「FS040W」と「Aterm MR05LN」が販売中です。

 

現在の取り扱い端末はこちら
格安SIM対応ルーター | mineo

 

SIMとセット契約はもちろん、すでにmineoに契約中の方はルーター端末のみを購入できます。

SIMカードのサイズや種類の変更が必要な場合も、ルーターを買えば自動で最適なSIMを選んで送ってきてくれます。

 

FS040W

 

まずは富士ソフトのFS040Wです。

ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの回線で使えますし、事前にmineoの設定がされているので、FS040WはSIMを入れると自動でAPN設定してくれます。

 

ただし、FS040Wのmineo価格はAmazonや楽天市場の価格よりも高いです。

販売しているのは同じものなので、少しでも安く買いたい方は自身でルーターのみを買ってSIMを差し替えるのがおすすめです。

 

 

また、Amazonなどで別売りのホームキットを買えば自宅で固定回線替わりにもできます。

また車の中でも使えるカーキットもあるので車内用のWi-Fiとして使うことも可能です。

 

MR05LN

 

続いてはNECのMR05LNです。

私も使っているモバイルルーターで、ドコモ・au回線に対応しています。

mineo公式サイトではソフトバンク回線での使用可否が書かれていませんが、バンドも対応していますし実際に使えています。

おそらくソフトバンク回線でも使えるでしょう。

ちなみに楽天モバイルでも使えます。

 

MR05LNはAPN設定が必要です。

手順はこちらをご確認ください。

詳細MR05LNの設定手順 | mineo

 

ただし、MR05LNもmineoの価格はAmazonや楽天市場の価格よりも高いです。

販売しているのは同じものなので、少しでも安く買いたい方は自身でルーターのみを買ってSIMを差し替えるのがおすすめです。

 

また、専用の台(クレドール)を買えば自宅内でも充電器や固定回線替わりにも使えます。

 

持ち込みのルーターを使う

 

mineo以外で購入したモバイルルーターもmineoで使えます。

手順は以下のとおりです。

 

  1. 動作確認端末一覧を確認
  2. SIMを契約
  3. 端末にSIMを挿入
  4. APN設定

 

動作確認端末一覧を確認

 

本体を購入・SIMを契約する前に必ず動作確認端末一覧を確認しましょう。

端末と回線の組み合わせによっては使えない場合があります。

 

動作確認端末一覧に記載のないルーターも使える場合がありますが、その場合は自己責任になります。

また、ルーターはSIMのサイズがnano以外の場合も多いので、SIMカードのサイズも必ず確認してください。

詳細動作確認端末一覧 | mineo

 

APN設定

 

本体とSIMが準備できたら、ルーター本体にSIMを挿します。

続いてAPN設定が必要です。

 

APN設定の手順は機種によって異なります。

SIMを差すと自動でAPN設定してくれる機種もありますし、PCに接続して設定が必要な機種もあります。

Googleなどで「(機種名) APN設定」で検索してみてください。

 

 

おすすめのモバイルルーター

 

mineoで販売中のルーター以外にも、mineoで使えるモバイルルーターがあります。

ここではいくつかシムラボのおすすめを紹介します。

 

HUAWEI E5785

 

E5785 mineo

 

HUAWEI E5785は2020年に発売された機種です。

新しい機種ながらAterm MR05LNの半額以下で購入できるのがメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの回線に対応しており、mineo公式サイトでも動作確認されているので安心して使えます。

詳細動作確認端末一覧 | mineo

 

ただしSIMカードのサイズはmicroなので注意してください。

 

 

 

Aterm MP02LN

 

MP02LN

 

続いてはAterm MP02LNです。

 

名刺やカードサイズでとにかく小さく軽いのが魅力です。

また、APN設定不要でSIMを挿せば簡単に使えるのが嬉しいですね。

 

対応している回線はDプラン・AプランのみでSプランでは使えませんが、その分価格は安いです。

 

 

FS030W・FS040W

 

FS030W 楽天モバイルアンリミット

 

続いては富士ソフトのFS030W・FS040Wです。

FS030Wはやや古い機種ですが、ソフトバンク系の大容量SIM契約時に貸与されることが多く、今でも使っている人が多い機種です。

 

FS030W・FS040Wはドコモ・au・ソフトバンクはもちろん、楽天モバイルにも対応しています。

 

最大連続使用時間は20時間とかなりバッテリーの持ちが良いです。

また、専用クレドールを使えば固定回線代わりにもできます。

 

ただし、FS030WはSIMサイズがマイクロなので注意が必要です。(FS040Wはnano)

もしnanoにしてしまった場合は、SIMを交換するか変換アダプターを使うなどの工夫が必要です。

 

FS030WとFS040WはAmazonや楽天市場で購入できます。

 

 

中古のルーターを購入

 

モバイルルーターはスマホ通販サイトなどでも販売されています。

特に「イオシス」では中古や未使用品のモバイルルーターの在庫が豊富で価格も安いです。

 

SIMフリーだけでなくドコモやauのルーターも選べますので、ぜひチェックしてください。

ただし、必ず動作確認端末一覧に記載のある端末を買いましょう。

 

▼状態の良いルーターが豊富▼

スマホ通販のイオシス

 

 

データSIMの契約はこちら

 

以上、mineoのデータSIMをモバイルルーター・ポケットWiFiで使う手順の解説でした。

 

SIMカードをmineoにすることで格安でモバイルルーター・ポケットWiFiを使えます。

ぜひご検討ください。

 

データSIMを契約する場合は紹介きゃぺーんが最もお得です。

初期費用が無料になるので、周りにmineoの契約者がいる方はぜひ利用してください。

 

まわりにmineo契約者がいない方は、こちらのシムラボの紹介URLから契約すれば事務手数料が無料になります。

契約者の個人情報などは紹介者にはわかりませんので安心して利用してください。

 

 

 

▼かけ放題オプションがお得▼

mineo(マイネオ)

 

 

mineo 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました