お得な月額料金割引キャンペーン中 

マイネオのSIMをモバイルルーター/ポケットWiFi/タブレットで使う手順

 

モバイルルーター

 

本記事では、mineoのデータSIMをモバイルルーターやポケットWiFi・タブレット・iPadに入れて使う設定手順や料金を解説します。

 

mineo(マイネオ)の格安のデータSIMを手持ちのモバイルルーター(Pocket WiFi・ポケットWiFi)に挿せば、格安かつ快適にデータ通信を楽しむことができます。

ぜひ活用ください。

 

▼今すぐデータSIMを申し込む▼

マイネオ公式サイト

 

mineoのデータSIMの料金プラン

 

mineoのSIMカードは2種類

 

mineo(マイネオ)のSIMカードは全部で2種類あります。

シングルタイプとデュアルタイプです。

 

シングルタイプは他の格安SIMでいうところのデータSIM、デュアルタイプは音声通話SIMです。

 

  • シングルタイプ:データSIM
  • デュアルタイプ:音声通話SIM

 

SIMはシングルタイプ

 

タブレットやモバイルルーター(ポケットWiFi)で使う場合、通話機能は不要です。

よって、基本的にはシングルタイプのSIMを選択します。

 

本記事でもシングルタイプについて解説します。

「デュアルタイプ」については別記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

 

 

シングルタイプの月額料金

 

mineoのSIMカードをモバイルルーター・ポケットWiFi・タブレットに挿して使用する場合は、シングルタイプ(データSIM)を契約します。

 

シングルタイプの月額料金は回線プラン毎に異なっています。

 

<シングルSIMの月額料金表>

auドコモソフト
バンク
500MB¥700¥700¥790
3GB¥900¥900¥990
6GB¥1,580¥1,580¥1,670
10GB¥2,520¥2,520¥2,610
20GB¥3,980¥3,980¥4,070
30GB¥5,900¥5,900¥5,990

 

SMS機能の追加料金

 

mineo(マイネオ)はデータSIMにオプションとしてSMS機能を追加できます。

(SMS機能が必要なパターンはのちほど解説します)

 

SMS機能追加時の追加料金(月額)は以下の通りです。

 

Aプラン
(au)
Dプラン
(ドコモ)
Sプラン
(Softbank)
申込必要
月額
料金
無料120円180円

 

上表の通り、Dプラン・SプランのシングルタイプでSMS機能を追加するには月額料金がかかります。

 

一方、au回線のAプランを選べば月額の追加料金は不要ですが、申し込みは必要ですので注意してください。

 

▼今すぐデータSIMを申し込む▼

マイネオ公式サイト

 

 

mineoのルーター用SIMの選び方

 

回線プランの選び方

 

ドコモ・au・ソフトバンク回線が選べる

 

mineo(マイネオ)では、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線を取り扱っています。

そのため、手持ちのモバイルルーターにmineoのSIMを挿して使用する場合は、モバイルルーターがどの回線プランに対応しているか確認が必要です。

 

対応回線プランの確認方法

 

ご自分のモバイルルーター(ポケットWiFi)がどの回線プランに対応しているかは、「マイネオ公式サイト」の動作確認端末一覧で確認します。

 

マイネオ公式サイト」にアクセス

 

「端末」⇒「動作確認済み端末検索」を選択

 

 

ルーターの端末名がわかれば「キーワード」欄に入力

分からなければ、「詳細絞り込み」を選択

 

 

「ルーター・その他」を選択

 

 

 

例えばNECのルーター「Aterm MR05LN」はSIMフリー端末なので、どの回線でも使用できることがわかります。

 

 

一方、ドコモのルーター「L-09C」の場合は、ドコモ回線のDプランの動作確認しか表示されません。

この場合は、DプランのSIMカードを選択しましょう。

 

 

mineoのデータ専用SIMカードは「マイネオ公式サイト」で簡単に注文できます。

 

SIM挿入後にAPN設定が必要

 

マイネオ公式サイト」でSIMカードを注文し自宅にSIMカードが到着した後、モバイルルーター・ポケットWiFi本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

 

APN設定とは、モバイルルーターをmineo(マイネオ)の回線に接続するための設定です。

 

APN設定方法は、端末によって異なります。

mineo公式サイトの動作確認端末の右下にある「ネットワーク設定方法」をクリックすると、詳細が載っています。

 

 

動作確認端末に記載がないモバイルルーター端末の詳細は、各端末の公式サイトを確認してください。

 

▼今すぐデータSIMを申し込む▼

マイネオ公式サイト

 

 

mineoで使えるおすすめルーター

 

mineoで買えるルーター

 

 

mineoではモバイルルーターを販売しています。

 

Aterm MR05LN

 

2019年4月現在発売中のAterm MR05LNは、非常に高性能で、ドコモ・au・ソフトバンクの3回線で使えます。

クレドールも使えば自宅の固定回線代わりとしても使えるのが嬉しいですね。

 

  • 24回分割:950円×24回
  • 一括払い:22,800円

 

▼Aterm MR05LNを確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

 

HUAWEI E5577

mineo_E5577

HUAWEI E5577は少々古い端末ですが、Aterm MR05LNの半額以下で購入できるのがメリットです。

 

mineoで購入する際はドコモ回線のSIMとのセットのみですが、ソフトバンク回線でも使えます。

ただし、au回線では使えません。

 

<端末代金>

  • 24回分割:400円×24回
  • 一括払い:9,600円

 

▼HUAWEI E5577を確認・購入▼

マイネオ公式サイト

 

 

SIMフリールーターを使う

 

モバイルルーターは、mineo以外でも市販されています。

 

mineoで販売中の「Aterm MR05LN」「Mobile WiFi E5577」もAmazonや楽天市場で購入できます。

他にも「Aterm MP01LN 」が人気ですね。

 

ただし、これらのSIMフリーのモバイルルーターは端末によって使える回線タイプが異なります

 

Aterm MR05LN

 

mineoで販売中の「Aterm MR05LN」もAmazonや楽天市場で購入できます。

 

 

Aterm MR05LNはタイプAでもタイプDでも使えます

 

また、同シリーズの「Aterm MR04LN」「Aterm MR03LN」も人気で、ドコモ・au・ソフトバンクの全回線で使えます。(一部プラチナバンドには対応していないので注意)

 

 

 

Aterm MP01LN

 

人気のAterm MP01LNもバンド1・19・26に対応しているので、Dプラン・Aプランで使えます

 

 

HUAWEI E5577

 

mineoでも販売中のHUAWEI E5577はAmazonや「イオシス」などの中古スマホ店でも購入できます。

こちらで買った方が安いですね。

 

HUAWEI E5577はDプランとSプランで使えます。

 

 

SIMフリーというと何でも使えそうなイメージですが、端末によって使えない回線がありますので注意してください。

 

中古のルーターを購入

 

モバイルルーターはスマホ通販サイトなどでも販売されています。

特に「イオシス」では中古や未使用品のモバイルルーターの在庫が豊富で価格も安いです。

 

SIMフリーだけでなくドコモやauのルーターも選べますので、ぜひチェックしてください。

 

▼状態の良いルーターが豊富▼

 

 

mineoでタブレットでも使える

 

タブレットに使えるSIM

 

mineoのデータSIMはタブレットに挿しても使用できます。

ほとんどの場合、タブレットに音声通話機能は不要ですので、データ専用SIMの「シングルタイプ」を選択しましょう。

 

SMS機能が必要な場合

 

シングルタイプ(データSIM)には、SMS機能を追加できます。

 

SMSがあればLINEの登録・認証が非常に簡単になります。

 

LINEに登録する際は電話番号の認証が必要ですが、このSMSがあれば、簡単にLINEに登録することができるのです。

(ただし、LINEの登録は電話番号がなくてもFacebookでもできます)

 

また、LINEのほかにも一部のゲーム系アプリで電話番号認証が必要な場合があります。

タブレットで電話番号認証が必要なゲームをする場合には、SMS機能を追加しましょう。

 

ただし、ほとんどの方はデータ専用SIMで足ります。

必要かどうかわからない場合は、ひとまずSMS機能は不要です。

 

回線プラン別SMSの料金

 

シングルタイプのSIMにSMS機能をつける場合、回線によって料金がかかります。

回線プラン別の料金は以下の通りです。

 

Aプラン
(au)
Dプラン
(ドコモ)
Sプラン
(Softbank)
申込必要
月額
料金
無料120円180円

 

au回線のAプランなら、無料でSMS機能がつけられます。(申し込みは必要)

 

ドコモ回線のDプラン、ソフトバンク回線のSプランは月額料金がかかります。

とくにSプランは料金が高いので注意してください。

 

タブレット用のプランの選び方

 

ドコモ・au・ソフトバンク回線が選べる

 

mineo(マイネオ)では、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの回線を取り扱っています。

そのため、手持ちのタブレットにmineoのSIMを挿して使用する場合は、タブレットがどの回線プランに対応しているか確認が必要です。

 

対応回線プランの確認方法

 

ご自分のタブレット端末がどの回線プランに対応しているかは、「マイネオ公式サイト」の動作確認端末一覧で確認します。

 

マイネオ公式サイト」にアクセス

 

「端末」⇒「動作確認済み端末検索」を選択

 

タブレットの端末名がわかれば「キーワード」欄に入力

分からなければ、「詳細絞り込み」を選択

 

 

端末種別でタブレットを選択

 

例えばAppleの「11インチiPad Pro(SIMフリー版)」の場合、どの回線でも使用できることがわかります。

ただし、AプランのnanoSIMを選択した場合、テザリングができません。

 

 

一方、同じ「11インチiPad Pro」でもドコモ版の場合は、ドコモ回線のDプランの動作確認しか表示されません。

この場合は、DプランのSIMカードを選択しましょう。

 

 

mineoのデータ専用SIMカードは「マイネオ公式サイト」で簡単に注文できます。

 

SIMロック解除で他回線も可

 

上記のiPad Proの例の場合、ドコモで購入した端末はドコモ回線しか動作確認されていません。

しかし、SIMロック解除すればAプランやSプランでも使えます。

 

SIMロックが必要な場合・不要な場合

 

SIMロック解除が必要かどうかは、「端末の購入元」と回線プランの組み合わせで決まります。

 

<SIMロック解除が不要な場合>

  • ドコモ端末をドコモ回線で使う
  • au端末をau回線で使う
  • ソフトバンク端末をソフトバンク回線で使う
  • SIMフリー端末を使う

 

ただし、au端末をau回線で使う場合とソフトバンク端末をソフトバンク回線で使う場合は機種と選ぶSIMカードによってSIMロック解除が必要な場合があります。

必ず動作確認端末一覧を確認してください。

 

▼SIMロック解除の要否▼

ドコモ
回線
au
回線
Softbank
回線
SIMフリー不要不要不要
ドコモ不要
au要/不要
Softbank要/不要

 

SIMロック解除する手順

 

SIMロック解除はドコモショップ・auショップ・ソフトバンクショップなどの店頭でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

 

ですので、必ずドコモ・au・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページで手続きすれば無料です。

 

 

また、ドコモ・au・ソフトバンクを解約、またはMNP転出した後にSIMロック解除する場合は店頭での手続きのみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

▼SIMロック解除の料金▼

店舗・電話マイページ
SIMロック
解除費用
¥3,000無料

 

タブレットもAPN設定が必要

 

手持ちのタブレットにmineoのSIMカードを挿して使う場合も、APN設定が必要です。

APN設定は、タブレットがAndroidかiOS(iPad)かによって異なります。

 

下記に詳しく書かれていますので参考にしてください。

 

 

APN設定(プロファイルのインストール)が完了すると、いよいよ手持ちのタブレットがmineoで使えるようになります。

 

Aプランでテザリングする場合

 

au回線のAプランのSIMをタブレットに挿して使う場合、テザリングに関して注意が必要です。

AプランのSIMは「nano」「micro」の3種類があります。

 

ですが、テザリングができるのは「au VoLTE対応SIM」のみです。

テザリングしたい場合は、「nano」「micro」を選択しないようにしましょう。

 

「au VoLTE対応SIM」を選択すれば、自身でmicroやnanoにサイズを変更できます。

 

▼今すぐデータSIMを申し込む▼

マイネオ公式サイト

 

 

mineoのデータSIMのメリット

 

mineoは月額料金が安い

 

mineoの特徴はなんといってもその料金の安さ。

3GBのデータが使えるデータ専用SIMカードが、なんと月900円から使えます。

タブレットやモバイルルーター(ポケットWiFi)に挿せば、格安で使えますね。

 

既にお持ちのタブレット・モバイルルーターはmineoでSIMカードを発行すればすぐに使えます。

また、お持ちで無い方も、中古ショップなどでタブレット・モバイルルーターを購入すれば、格安で使えます。

 

毎月容量コースを変更可

 

mineo(マイネオ)では、同回線・同プラン内なら毎月1回契約データ容量ができます。

これも大きなメリットです。

 

例えば「繰り越しデータが貯まっているので来月はデータ容量を下げたい」という場合には、その月だけ容量を下げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

ただし、当月25日までにマイページ上で変更申請したものが、翌月1日より変更になります。

毎月26日~月末は変更申請できませんので注意してください。

 

 

通信速度の切り替え可能

 

mineo(マイネオ)は専用アプリで通信速度を高速⇔低速に切り替えることができます。

高速通信と低速通信をうまく切り替えることで、データ消費を節約できるのです。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限されるかわりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbps出ますので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

切り替えはアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、この便利機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

 

テザリングが無料で使える

 

マイネオでテザリングをする際、オプション料金などはかかりません。

大手キャリアではテザリングに料金がかかる場合もありますが、マイネオは無料なのがメリットです。

 

テザリングでもちろんデータ容量は消費しますが、マイネオは大容量プランでも料金が安いので、外出先でPCやタブレットを使用する方でもおすすめです。

 

余ったデータを繰り越し可能

 

f:id:SCANTY:20180102085059p:plain

 

mineoでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのがメリットです。

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

 

ただし、繰り越したデータが使えるのは翌月末まで(4月分のデータは5月末まで)です。

 

 

契約データ容量以上繰り越せる

 

mineo(マイネオ)では、当月に契約したデータ容量以上の容量でも繰り越せるのがメリットです。

例えば前月に10GBプランを契約していて5GB余り、翌月から3GBプランに変更しても、前月分は5GBまるまる繰り越されます。

 

そのため、毎月データ容量の変更が無料で可能な点と生かすと、こまめにデータ容量を変更することで毎月の料金を更に下げられます。

 

パケットギフトで容量を贈れる

 

mineoにはパケットギフトという仕組みがあります。

これは、自分のデータ容量を他の回線にプレゼントできる仕組みです。

 

データ容量を無駄なく使えますし、パケットギフトを使ってデータ容量の有効期限を永久に延ばす裏技もあります。

 

 

パケットシェアで容量を共有

 

家族でmineoを契約している場合、翌月に繰り越したデータは家族や友人間で分け合えるのがメリットです。

 

例えば、父・母・息子で1GBずつ契約している場合、父の余ったデータ500MBは翌月に家族3人でつかうことができます。

ただし、分け合う家族は事前に登録が必要です。

 

 

フリータンクでデータが貰える

 

 

mineoには「フリータンク」という便利なシステムがあります。

これはmineo(マイネオ)の大きなメリットのひとつです。

 

フリータンクとは、月末にデータが足りないときにフリータンクと呼ばれる「共有データ容量の貯蔵庫」からデータ容量を借りることができるシステムです。

データが余った人から足りない人にデータを分け合うシステムですね。

 

月末21日以降に容量が足りなそうなとき、フリータンクから容量を無料で借りて使うことができます。(容量には制限があります)

 

そのかわり、月末に容量が余りそうなときはフリータンクに預けてくださいね。

容量を借りてばっかりの人はフリータンクの利用に各種の制限がかかります。

 

最低利用期間・自動更新なし

 

SIMを契約する場合にチェックが必要なのが、最低利用期間です。

最低利用期間を迎えるまでに解約すると解除手数料がかかる、というしくみです。

 

しかし、mineoのシングルタイプ(データSIM)に最低利用期間はありません。

もちろん違約金や契約の自動更新もないので、いつでも自由に解除することができます。

 

 

▼今すぐデータSIMを申し込む▼

マイネオ公式サイト

 

 

モバイルルーター・ポケットWiFi用SIM購入はmineo公式サイトで

 

以上、mineoのデータSIMをモバイルルーター・ポケットWiFi・タブレットで使う手順の解説でした。

SIMカードをmineoにすることで格安でタブレット・モバイルルーター・ポケットWiFi・を使えます。

ぜひご検討ください。

 

マイネオ公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込めます。

ぜひご利用くださいね!

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

マイネオ公式サイト

 

 

 

mineoトップページへ

 

タイトルとURLをコピーしました