3ヶ月330円で使えるキャンペーン中! 

ソフトバンクからマイネオにMNPで乗り換える全手順を解説

ソフトバンクロゴ

本記事では、ソフトバンクからmineoにMNPで乗り換える手順を解説します。

 

ソフトバンクからmineoへのMNP乗り換えで、スマホ料金を年間6万円ほど節約できます。

また、マイネオではソフトバンク回線も選べますので、ソフトバンクで買ったスマホをSIMロック解除なしで使えます。

 

乗り換え前に必ず確認!
mineoのメリット/デメリット一覧

 

ソフトバンクから乗り換える手順

 

ソフトバンクからmineo 乗り換え MNP

 

ソフトバンクからマイネオにMNPで乗り換えるためには、主に以下の手順が必要です。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. SoftbankでMNP予約番号発行
  3. mineoでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え
  5. APN設定

※1はソフトバンクで購入したスマホをそのまま使用する場合のみ

 

これから、それぞれについて詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、ソフトバンクで購入したスマホをそのままmineoで使用する場合のみ必要です。

 

ソフトバンクで販売されたスマホは、他社回線で使えないように「SIMロック」がかかっています。

 

mineoで使う場合、ソフトバンク回線(Sプラン)ならSIMロック解除不要でそのまま使えます。

しかし、Aプラン・Dプランを選択する場合はSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除は無料でできますので、解除不要な場合でも事前に解除しておきましょう。

詳細SIMロック解除 | ソフトバンク

 

SoftbankでMNP予約番号発行

 

続いて、ソフトバンクで「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは、今の携帯電話番号をマイネオに引き継ぐための番号です。

 

MNP予約番号は以下の3つの方法で取得できます。

 

  • ソフトバンク店舗
  • マイページ
  • 電話

 

<MNP予約番号の発行方法>

予約番号
発行方法
備考
店舗
WEBMy SoftBank
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

詳細MNP予約番号 | Softbank

 

手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

 

MNP予約番号の有効期限は15日間ですが、マイネオへのMNP乗り換え手続きは10日以上有効期限が残っている状態で手続きしましょう。

 

マイネオでMNP転入手続き

 

いよいよ、新しいキャリア「mineo」でMNP転入手続きします。

MNP転入手続きは「マイネオ公式サイト」で進めます。

 

手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ(MNPを申し込む)」を選択し、あとの画面でMNP予約番号や有効期限などを入力するだけです。

 

 

 

オンラインで簡単に手続きできますし、端末やSIMカードもすぐに送られてきます。

 

乗り換え前には必ずキャンペーン情報を確認してください。
mineoで実施中のキャンペーン一覧

 

▼MNP転入はこちら▼

  マイネオ公式サイト  

 

 

回線切り替え・開通手続

 

自宅にmineoのSIMカードが届いたら、回線の切り替え手続きが必要です。

 

回線切り替えとは、現在使っている電話番号の契約先をソフトバンクからmineoに変更する手続きです。

この「回線切り替え」手続きをすることで、ソフトバンクが正式に解約され、mineoへのMNP転入が完了します。

 

回線の切り替えはmineoのマイページで行います。

手順は以下の通りです。

 

1. 端末にSIMカードを挿し、電源を切る
2. マイページにアクセス
3. eo IDでログイン

 

mineo 回線切り替え手順

 

4.  「登録情報の変更・サポート」から「MNP転入切替/回線切替手続き」を選択

 

mineo 回線切り替え手順

 

5. 「ICCID/製造番号」の下4桁を入力後、「回線切替」をクリック

 

mineo 回線切り替え手順

 

※ICCID/製造番号は、SIMカード台紙に記載されています

 

mineo 回線切り替え手順

 

上記手続き完了後、30分程度で切り替えが完了します。

 

回線切り替えの受付時間は9:00~21:00です。

21時をすぎると翌日受付になるので注意してください。

 

APN設定

 

これまでSoftbankで使っていたスマホをそのままmineoで使う場合は、APN設定(ネットワーク設定)が必要です。

 

APN設定とは、手持ちのスマホ端末がmineoの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末(Android/iPhone)によってインストールするプロファイルが異なりますので注意してください。

 

 

APN設定後、通話・データ通信が問題なくできたら乗り換えは完了です。

 

▼MNP転入はこちら▼

  マイネオ公式サイト  

 

 

お得にmineoに乗り換える方法

 

mineoではほぼ年間を通してお得なキャンペーンを実施しています。

キャンペーンをうまく利用すれば、もともと安いmineoのスマホ料金が、さらに安くなります。

 

料金3ヶ月1,188円割引

 

mineo 料金割引キャンペーン 4月

 

マイネオでは2月1日から新料金プラン「マイピタ」を開始しました。

それにあわせて月額料金3ヶ月1,188円割引キャンペーンを実施中です。

 

割引適用後の料金は以下のとおりです。

 

<割引後の月額料金>

通常料金キャンペーン
適用後
1GB¥1,298
5GB¥1,518¥330※
10GB¥1,958¥770
20GB¥2,178¥990

※税込
※5GBはデータSIMからの移行除く

 

対象は5GB以上のデュアルタイプ(音声SIM)と新規で契約した方と、10GB以上のデュアルタイプ(音声SIM)にシングルタイプ(データSIM)から移行した方です。

 

  • 新規で5GB以上の音声SIMに契約
  • データSIMから乗り換えで、10GB以上の音声SIMに契約

 

本キャンペーンは2月1日から5月31日(月)までです。

 

▼お得な割引キャンペーン中▼

mineo(マイネオ)

 

 

パケット放題4ヶ月無料

 

mineo パケット放題

 

マイネオにはオプションとして「パケット放題」が用意されています。

これは、オプション加入者は低速モードをONにした場合の最大速度が200kbpsから500kbpsに速くなるオプションです。

 

低速モードはもともと容量使い放題なので、パケット放題契約者は最大500kbpsの速度で使い放題になります。

 

 

2月1日から、このパケット放題オプションが4ヶ月間無料で使えるキャンペーンを実施中です。

すでにSIMを契約中の方も対象なので、とりあえず申し込みましょう。

 

ただし、これまでパケット放題のキャンペーンを適用されたことがある方は対象外です

 

本キャンペーンは2月1日から5月31日(月)までです。

 

mineo(マイネオ)

 

 

その他キャンペーン詳細はこちらにまとめています。

 

 

お得な乗り換えタイミング

 

ソフトバンクからmineoへのお得な乗り換えタイミングは月末です。

mineoの契約初月は日割り計算なので、いつ契約してもお得度は同じです。

 

一方、ソフトバンクはいつ乗り換え手続きをしても解約月の料金は全額請求されます。

日割りにはなりませんので、そうであれば月末まで使ったほうがお得ですね。

 

ただし、あまりに月末ギリギリを狙いすぎると、誤って回線開通が翌月になった場合にもう1ヶ月分余計にソフトバンクの料金を支払うことになります。

あまり無理せず、余裕を持って続きするのがおすすめです。

 

 

mineoで使えるスマホ

 

ソフトバンクで使っているスマホは、Sプランを選べばそのまま使えます。

 

ただし、機種によってはSプランで使う場合にもSIMロック解除が必要な場合があります。

また、SIMロック解除すればAプラン・Dプランで使える機種もあります。

 

これから、mineoで使えるソフトバンク端末を解説しますが、必ず動作確認端末一覧を確認してください。

 

ソフトバンクのiPhone

 

iPhone12

 

Sプランで使う

 

ソフトバンクで購入したiPhoneは、mineoのSプランならSIMロック解除無しでそのまま使えます

使える端末はiPhone5以降の端末です。

 

Sプランには2種類のSIMがあります。

  • iPhone7以前用nanoSIM
  • nanoSIM

 

<Sプラン選択時のSIM種類>

端末SIMSIMロック
解除
テザ
リング
iPhone
5・5C
5S・6
iPhone7
以前用
nano
不要
iPhone
6S・SE
7
iPhone7
以前用
nano
不要
nano必要
iPhone
8・X
以降
nano不要

※各Plusを含む

 

iPhone5・iPhone5S・iPhone5C・iPhone6は、「iPhone7以前用nanoSIM」を選べばSIMロック解除不要で使えます。

 

iPhone6S・SE・iPhone7は「iPhone7以前用nanoSIM」ならSIMロック解除不要で使えます

また、SIMロック解除すればnanoSIMでも使えます

 

どちらを選んでもよいのですが、nanoSIMの方が用途が広いので、自分ならiPhoneをSIMロック解除してnanoSIMを使いますね。

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

iPhone8・iPhone X以降の機種は、nanoSIMがSIMロック解除不要で使えます

 

Dプラン・Aプランで使う

 

ソフトバンクで購入したiPhoneは、SIMロック解除すればAプラン・Dプランでも使えます

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

ただし、SIMロック解除できるのはiPhone6S・初代iPhone SE以降の機種です。

それ以前の機種はSIMロック解除できませんので、Sプランでしか使えません。

 

ソフトバンクのAndroid

 

 

ソフトバンクで購入したAndroidはSプランで使いましょう

SIMロック解除すればAプラン・Dプランでも使えないことはないですが、一部のバンドに対応していませんのでおすすめしません。

 

また、2017年8月以前に発売されたAndroid端末は、Sプランで使う場合にもSIMロック解除が必要です。

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

事前に必ず動作確認端末一覧を確認してください。

 

なお、Googleから発売されたPixelシリーズやSHARPなどの一部機種はSIMロック解除すればDプラン・Aプランでも使えます

 

 

▼mineoへのMNP転入はこちら▼

  マイネオ公式サイト  

 

 

mineoへのMNP乗り換えはこちら

 

以上、ソフトバンクからmineoにMNP転入する手順の解説でした。

 

マイネオの契約はマイネオ公式サイトがお得です。

契約前には必ずキャンペーン情報を確認してくださいね。

 

 

▼お得な割引キャンペーン中▼

mineo(マイネオ)

 

乗り換え前に必ず確認!
マイネオのメリット/デメリット

 

 

mineo 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました