【お得】料金320円×2年間割引キャンペーン中 

OCNモバイルONEの口コミ・評判総まとめ【2019最新】メリット・デメリットも解説

 

このページは、人気の格安SIM「OCNモバイルONE」の評判・口コミやメリット・デメリット、通信速度を詳しく解説します。

 

このページを読めばOCNモバイルONEの事が全てわかります。

OCNモバイルONEへMNP転入を検討の方も新規契約の方もぜひ参考にしてください!

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

  1. OCNモバイルONEってどんな格安SIM?
    1. NTTグループのMVNO
    2. エリアの人口カバー率は99%超
    3. 端末がほぼ格安SIM最安値
    4. 通話オプションが充実
  2. 私のOCNモバイルONEの評価
    1. 端末がとにかく安い
    2. 最低利用期間が6ヶ月
    3. 日割りプランが使える
    4. 通信速度は速くない
  3. OCNモバイルONEのメリット・長所
    1. メリット・長所一覧表
    2. 月額料金が非常に安い
    3. ドコモ・au・ソフトバンクより年間6万円節約可能
    4. 契約初月は基本料金無料
    5. データが1日単位のコースあり
    6. ほぼ使い放題のコースもある
    7. SIM追加で大容量プランをシェア
    8. バースト転送で低速でも速い
    9. 3日間使用量による通信制限なし
    10. テザリングが無料
    11. 音楽視聴がカウントフリー
    12. 取り扱いスマホ端末が豊富
    13. 端末セールを定期的に実施
    14. goo(グー)のスマホが買える
    15. ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ端末も使える
    16. ドコモ端末はSIMロック解除不要
    17. iPhoneも使える!テザリング可
    18. 端末保証オプションが充実
    19. 持ち込み端末・iPhoneも保証可能
    20. 通話オプションが他より充実
    21. 050 plusの月額料金が半額
    22. 公衆無線LAN(WiFiスポット)無料
    23. OCN光とのセット割が適用可
    24. 余ったデータを翌月に繰り越せる
    25. 通信速度を低速に切り替え可能
    26. データ容量を毎月無料で変更
    27. 最低利用期間が6ヶ月と短い
    28. エリアが広いドコモLTE回線使用
    29. 口座振替での支払い可能
  4. OCNモバイルONEのデメリット
    1. デメリット・欠点一覧表
    2. 通信速度は決して速くない
    3. お昼・通勤時間は速度が遅い
    4. 基本料金は他社よりわずかに高い
    5. 完全かけ放題のオプションなし
    6. キャリアメールが使えない
    7. キャリア決済も使えない
    8. お得なキャンペーンが少ない
    9. サポート可能な店舗が少ない
  5. OCNモバイルONEの評判・口コミ
    1. 料金プランの安さの評判
    2. 通話料金の評判
    3. 通信速度の評判・口コミ
    4. 料金プランの評判
    5. SIM追加・容量シェアの評判
    6. MNP転入の評判・口コミ
    7. プラン・コース変更の評判
    8. データ速度切り替えの評判
    9. データ繰り越しの評判
    10. 無料で使えるWiFiの評判
    11. スマホ端末・機種代金の評判
    12. 最低利用期間・解約手数料の評判
    13. OCNモバイル × iPhoneの評判
    14. OCN光とのセット割の評判
    15. 店舗・サポートの評判
    16. お得なキャンペーンの評判
    17. エントリーパッケージの評判
    18. OCNモバイルONEの悪い評判
  6. OCNモバイルONEで使える端末
    1. ドコモ・au・ソフトバンクのスマホが使える
    2. 手持ちのiPhoneも使える
    3. SIMフリースマホが購入可能
    4. タブレット/モバイルルーターも
  7. OCNモバイルにMNPで乗り換える手順
  8. お得なキャンペーン実施中
  9. OCNモバイルONEの申込みはこちら

OCNモバイルONEってどんな格安SIM?

 

 

NTTグループのMVNO

 

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営する格安SIMキャリア・MVNOです。

 

MVNOとは仮想移動体通信事業者のことです。
スマホや携帯電話などの通信回線をドコモ・auやソフトバンクなどの他の事業者から借りて、通信サービスを提供しています。

 

NTTやOCNはご存知かもしれませんが、OCNモバイルONEはまだまだ知名度が高くないかもしれませんね。

 

NTTグループだけあって、扱っている回線はドコモ回線のみです。

 

ただし、NTTドコモとの関係は厚くありません。

OCNモバイルONEはドコモ回線なのでドコモで購入した端末をSIMロック解除なしで使えるメリットはあります。

しかし、ドコモのサブブランドという扱いではありませんし、ドコモと共通のサービスもほとんどないので、特段優遇されているわけではありません。

 

エリアの人口カバー率は99%超

 

OCNモバイルONEはNTTドコモのLTE回線を借りて運用しています。

そのため、ドコモのスマホが使えるエリアなら全国どこでも使用可能です。

 

ドコモのLTE回線の人口カバー率は99%を超えていますので、一部の山間部などを除くと、日本全国ほぼ全てのエリアでOCNモバイルONEを利用できます。

 

端末がほぼ格安SIM最安値

 

OCNモバイルONEの最大の特徴は端末の安さです。

人気のSIMフリー端末が、格安SIMキャリアではほぼ最安値で購入できます。

 

端末をセットで購入したい方は、OCNモバイルONEかIIJmioがほぼ最安値なので、どちらが安いかをチェックすれば大丈夫です。

特に、定期的に実施するスマホセールが非常にお得です。

詳細記事OCNモバイルONEのスマホセールを解説

 

通話オプションが充実

 

NTTグループだけあって通話オプションが格安SIMのなかでも充実しています。

電話をよくされる方にも大変人気の格安SIMキャリアです。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

私のOCNモバイルONEの評価

 

端末がとにかく安い

 

OCNモバイルONEの最大の特徴・メリットは端末が安いことです。

格安SIMキャリアはほとんど同じSIMフリー端末を販売していますが、端末価格はOCNモバイルONEがほとんど最安値です。

 

OCNモバイルONEと同様、IIJmioも端末価格が安いのです。

ですが、OCNモバイルONEはそもそもの販売価格が安いのに対し、IIJmioはAmazonギフト券で還元されます。

よって、どちらかといえばOCNモバイルONEの方がおすすめですね。

 

さらに、OCNモバイルONEでは定期的に端末セールを実施します。

これが非常にお得なので、端末セットで契約したい方はぜひOCNモバイルONEのセールを狙いましょう。

(少なくとも2ヶ月に1回以上は実施します)

 

最低利用期間が6ヶ月

 

さらに嬉しいのが、OCNモバイルONEは音声通話SIMの最低利用期間が6ヶ月であることです。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルが2年縛りなのに対し、多くの格安SIMは最低利用期間が1年です。

 

しかし、OCNモバイルONEは更に短く、6ヶ月でOKです。

契約の自動更新もないので、6ヶ月経過後はいつでも解約・MNP転出できます。

 

前章で解説したOCNモバイルONEのスマホセールは音声通話SIMとセット契約が必須ですが、最低利用期間は6ヶ月です。

もし通信速度などが気に入らなくても6ヶ月我慢すればMNP転出可能です。

 

よって、端末セット購入される方は、まずはOCNモバイルONEでスマホセットで契約してみるのがよいと思います。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

日割りプランが使える

 

OCNモバイルONEは主要な格安SIMの中で唯一、データ容量が日割りのプランが用意されています。

日割りのプランとは、1日あたりに使用可能なデータ容量が決まっているプラン(コース)です。

 

データを使いすぎるとその日は速度が低速に制限されますが、深夜12時を過ぎるとリセットされて高速に戻ります。

ついついデータ容量を使いすぎて、月末になると毎月速度制限がかかる方におすすめです。

 

通信速度は速くない

 

格安SIMに乗り換える際、一番不安なのが通信速度です。

OCNモバイルONEの通信速度は格安SIMの中では普通レベルです。決して速いとはいえません。

 

普通レベルなので、普段使いには問題ありませんが、平日のお昼12時~13時や、朝夕の通勤時間帯は一気に通信速度が低下します。

 

ただ、通信速度は地域や周囲の環境によって変化します。

繰り返しになりますがOCNモバイルONEの最低利用期間は6ヶ月なので、気になる方は一度契約してみて、ダメだったら半年後に解約しても良いかなと思います。

 

ちなみに、通信速度にこだわる方は、「ワイモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル(ソフトバンク回線)」「BIGLOBEモバイル(au回線)」がおすすめです。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEのメリット・長所

 

メリット・長所一覧表

 

OCNモバイルONEのメリットや長所は以下の通りです。

 

  • icon-circle-o 3キャリアに比べ料金が安い
  • icon-circle-o 契約初月は基本料金無料
  • icon-circle-o データが1日単位のコースがある
  • icon-circle-o データ使い放題のコースも選べる
  • icon-circle-o 20GB・30GBの大容量プランもある
  • icon-circle-o バースト転送で低速時も速い
  • icon-circle-o 3日間使用量による通信制限なし
  • icon-circle-o テザリングが無料
  • icon-circle-o 音楽視聴がカウントフリー
  • icon-circle-o 取り扱いスマホ端末が豊富
  • icon-circle-o 端末の格安セールを定期的に実施
  • icon-circle-o goo(グー)のスマホが買える
  • icon-circle-o ドコモ端末はSIMロック解除不要
  • icon-circle-o 通話オプションがどこよりも充実
  • icon-circle-o 端末保証オプションも充実
  • icon-circle-o 050 plusが半額で使える
  • icon-circle-o 公衆無線LAN(WiFi)が無料
  • icon-circle-o OCN光とのセット割
  • icon-circle-o 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • icon-circle-o 通信速度の低速切り替えが可能
  • icon-circle-o 最低利用期間が6ヶ月と短い
  • icon-circle-o 口座振替での支払い可能

 

ここから、上記メリットについて詳しく解説していきます。

 

さらに詳しい内容は下記に詳しくまとめています。
詳細記事OCNモバイルのメリット・デメリット

 

月額料金が非常に安い

 

OCNモバイルONEの最大のメリットはやはり毎月のスマホ料金を大幅に抑えられることです。

私はOCNモバイルONEのデータSIM(日割コース)を契約していますが、毎月900円で実質3GB以上使えています。

 

▼データSIMの料金プラン▼

コースデータ基本料
標準
3GB¥1,100
6GB¥1,450
10GB¥2,300
20GB¥4,150
30GB¥6,050
日割
110MB¥900
170MB¥1,380
低速15GB¥1,800

 

もちろん音声通話SIMの料金も安いので、メインの回線としても使えます。

 

▼音声SIMの料金プラン▼

コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

 

スマホを格安の料金で使えるのがOCNモバイルONEの最大のメリットです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクより年間6万円節約可能

 

前章で解説したとおり、OCNモバイルONEは料金の安さが最大のメリットです。

特に、ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えれば、月々のスマホ料金を大きく削減することができます。

 

私は以前ドコモを利用しており、月5GBのプランで月8,000円以上支払っていました。(端末代なし)

しかし、OCNモバイルONEなら毎月6GB使えて2,150円です。

10分かけ放題オプションを追加しても月額3,000円ほどに抑えることができます。

 

ドコモ時代に比べて、月5,000円、年間6万円の削減も可能です。

 

契約初月は基本料金無料

 

もともと月額料金が安いのがメリットのOCNモバイルONEですが、さらに契約初月は基本料金が無料です。

乗り換えや新規契約の際、月初に開通するよう調整すれば、初月はまるまる1ヶ月無料でスマホを使用できます。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

データが1日単位のコースあり

 

OCNモバイルONEの料金プランの特徴・メリットは、日割コースが選べることです。

 

日割コースとは、月単位ではなく1日単位でデータ容量の上限が決まっているコースです。

データを使い切っても夜12時を超えると容量が復活するので、大変人気です。

 

1日110MBのコースなら月額900円から使用できます。アプリのダウンロードなどをしなければ十分ですので、私もこのコースを契約しています。

 

ほぼ使い放題のコースもある

 

OCNモバイルONEでは日割コース以外にも、最大500kbpsながら15GBまで使用できる低速大容量コースも人気です。

データ容量を気にせずに使えるのは大きなメリットです。

 

通信速度は低速なため動画視聴は厳しいですが、最大500KbpsなのでSNSやWEBの閲覧、音楽ストリーミングやラジオの視聴などは十分です。

15GBはほぼ使い放題に近いので、容量を気にせず安心して使用できます。

 

SIM追加で大容量プランをシェア

 

OCNモバイルONEでは20GB・30GBの大容量プランも選べます

他の格安SIMでは最大10GB程度しかないキャリアもありますので、OCNモバイルONEで30GBが選べるのはひとつのメリットです。

 

また、SIMカードを追加してSIM間でデータ容量をシェアできますので、タブレットで使ったり、家族でデータ容量を分け合うこともできます。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

バースト転送で低速でも速い

 

 

OCNモバイルONEにはバースト転送機能があります。

バースト転送がある格安SIMキャリアは少ないので、これはOCNモバイルONEの大きなメリットです。

 

バースト転送とは、低速通信時(アプリで低速に設定した場合や速度制限時)にWEBサイトなどを表示する際、最初の読み込みを高速にすることで表示速度を向上させる機能です。

バースト転送機能のおかげで、低速通信時でもWEBやSNSの表示が快適になります。

 

この機能は申し込みなど不要で、だれでも無料で使えるのもメリットです。

 

3日間使用量による通信制限なし

 

OCNモバイルONEには、3日間のデータ使用量による通信制限がないのがメリットです。

契約データ容量内なら、通信制限を気にせずに安心してデータ通信が楽しめます。

 

一部のau回線の格安SIMでは、3日間の使用量により通信制限がかかる場合があります。

しかし、OCNモバイルONEには大容量プランも低速プランにも制限がないのはメリットです。

 

テザリングが無料

 

OCNモバイルONEのテザリングは無料です。

ドコモ・au・ソフトバンクでは有料の場合もありますが、OCNモバイルONEは大容量プランでも無料でテザリングできるがメリットです。

 

もちろんテザリングでもデータ容量は消費しますが、外出先でPCやタブレットを操作する事が多い方には大変嬉しいメリットです。

 

音楽視聴がカウントフリー

 

 

OCNモバイルONEはMUSICカウントフリーというサービスを2018年に開始しました。

これは、対象サービスの音楽ストリーミングならデータ容量を消費しないというサービスです。

音楽ストリーミングを利用する方には大きなメリットです。

 

対象のサービスは以下の通りです。

  • Amazon Music
  • AWA
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • Spotify など

 

このMUSICカウントフリーは無料です。

申し込みさえすれば、誰でも無料でカウントフリーになります。

 

メジャーな音楽ストリーミングサービスが網羅されているので、ぜひ利用してください。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

取り扱いスマホ端末が豊富

 

OCNモバイルONEでは手持ちのスマホにSIMを挿して使用することもできますが、スマホを購入することもできます。

高性能で人気の「ZenFone5」をはじめ、高性能・低価格の「HUAWEI nova 3」「nova lite 2」や国産スマホ「AQUOS R compact」「AQUOS sense lite」など種類豊富に取り扱っていることがメリットです。

 

OCNモバイルONEのおすすめスマホは下記記事にまとめています。

詳細記事OCNモバイルONEのおすすめスマホ機種ランキング

 

端末セールを定期的に実施

 

OCNモバイルONEのメリットのひとつが、定期的に行うスマホセールが大変お得なことです。

NTT系列のグループ会社「goosimseller」と協力し、人気機種が大幅割引で購入できます。

このスマホセールを狙って契約される方も多いですね。

 

現在実施中のセール・キャンペーン情報は以下のページにまとめています。

詳細記事OCNモバイルONEの端末セール情報

 

goo(グー)のスマホが買える

 

 

OCNモバイルONEおよび系列のgoosimsellerでは、格安SIMキャリアで唯一gooのスマホが購入できるというメリットがあります。

 

gooのスマホは知名度はありませんが、低価格の割に性能が高く、DSDSに対応していたりと非常に人気です。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ端末も使える

 

前章で解説したとおりOCNモバイルONEでは契約時にスマホをセット購入できます。

しかし、ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入した端末をお持ちの方は、そのスマホをOCNモバイルONEで使用可能です。

 

スマホをお持ちの方は端末代金の支払いがないので、ほぼ基本料金だけで使えるのがメリットです。

 

ドコモ端末はSIMロック解除不要

 

さらに、ドコモからOCNモバイルONEに乗り換える方は、ドコモで購入したスマホをSIMロック解除なしで使えます

 

SIMロック解除自体は契約中ならドコモのマイページから無料でできます。

しかし、手続きがよくわからないという方や、SIMロックがかかった端末を既にお持ちの方でも、OCNモバイルONEならそのまま使えるのがメリットです。

 

もちろん、ソフトバンクやauで購入した端末もSIMロック解除すればOCNモバイルONEで使用できます。

 

iPhoneも使える!テザリング可

 

 

OCNモバイルONEでは、残念ながらiPhone7・iPhone8・iPhoneXは販売していません。

しかし、これらのiPhone端末をお持ちの方はOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使用できます

料金が安いOCNモバイルONEでも人気のiPhoneが使えるのがメリットですね。

 

使うための設定(APN設定)も非常に簡単ですし、もちろん最新のiPhone XS・iPhone XS Max・iPhone XRも使えます

 

詳しい設定手順や料金は以下の記事を参照してください。

詳細記事OCNモバイルONEでiPhoneを使う手順

 

端末保証オプションが充実

 

 

OCNモバイルONEは端末保証オプションが充実しているのがメリットです。

OCNモバイルONEでスマホ端末を購入した場合は、月額430円で「グーの端末補償」というオプションに加入できます。

 

オプションに加入していれば、無償で修理、修理不可時は新しい端末と交換してくれます。

 

持ち込み端末・iPhoneも保証可能

 

 

OCNモバイルONEには、OCNモバイルONE以外で購入したスマホも加入できる「あんしん補償」というオプションがあるのもメリットです。

 

月額500円で加入でき、端末故障・破損時に無料で修理してくれたり、修理不可時は格安の値段で交換してくれます。

 

対象端末も多く、iPhoneもオプションに加入できます。

アップルケアよりも安いのが大きなメリットです。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

通話オプションが他より充実

 

OCNモバイルONEにはお得な通話オプションが選べるのがメリットです。

このオプションは月額850円~ですが、大変お得で人気なのです。

 

  • 10分かけ放題(月額850円)
  • トップ3かけ放題(月額850円)
  • かけ放題ダブル(月額1300円)

 

「10分かけ放題」は、10分以内の国内通話は何度かけても無料なので、長電話さえしなければ毎月の通話料金は850円以上かかりません。

また、特定の相手とよく電話する場合は、通話時間上位3番号が無料になる「トップ3かけ放題」もお得です。

さらに、10分かけ放題とトップ3かけ放題がセットになった「かけ放題ダブル」も用意されています。

 

OCNモバイルONEはNTTグループの格安SIMキャリアだけあって、通話オプションは格安SIMキャリアの中で最も充実しています。

 

050 plusの月額料金が半額

 

 

OCNモバイルONEに契約されている方は、NTTの通話サービス「050 plus」に通常の月額基本料の半額で加入できます。

これはNTTグループのOCNモバイルONEならではのメリットですね。

 

050 plusならアプリ同士や050のIP電話が無料になりますし、固定電話や他のスマホへも格安で通話できます。

通常は月額324円なのですが、OCNモバイルONE契約者なら半額の162円/月で使えます。

 

公衆無線LAN(WiFiスポット)無料

 

OCNモバイルONEを契約している方は、全国にある公衆無線LAN「OCNモバイルONE WiFiスポット」を無料で利用できます。

 

「OCNモバイルONE WiFiスポット」は、全国の駅やカフェ、ファストフードなど約8万ヶ所以上にあります。

 

<主な設置場所>

  • JR主要駅
  • 空港
  • カフェ(スターバックス・タリーズ)
  • ファストフード(ロッテリア・モスバーガー)
  • コンビニ(セブンイレブン、ローソン)
  • ホテル
  • 商業施設 など

 

公衆無線LANを使用するための設定も簡単ですし、無料で高速通信が利用できるのは大きなメリットです。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCN光とのセット割が適用可

 

 

スマホがOCNモバイルONEの方は、家の光回線を「OCN光」にすると毎月のスマホ料金が200円割引になります。

これを「OCN光モバイル割」といいます。

”200円”ときくと小さいように思うかもしれませんが、格安SIMにおける200円割引は大きなメリットです。

 

割引は最大5回線まで適用されますので、家族でOCNモバイルONEに契約している方は毎月のスマホ料金が最大1,000円引きになります。

OCNモバイルONEのスマホを契約されている方はぜひ家のネットをOCN光にしましょう。

 

▼OCN光とセットでさらにお得▼

OCN光申し込みサイト

 

余ったデータを翌月に繰り越せる

 

OCNモバイルONEでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越したデータが使えるのは、標準コースは翌月末まで(3月分のデータは4月末まで)、日割コースでは翌日までになります。

1日のデータ量が決められた日割コースでも繰り越しされるのが嬉しいメリットですね。

 

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、低速大容量コースでは繰り越しされませんので注意してください。

 

通信速度を低速に切り替え可能

 

 

OCNモバイルONEには「ターボ機能」という便利ワザがあります。

これは、高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限されるかわりにデータ消費がカウントされません

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

速度の切り替えはアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、ターボ機能を使えば賢くデータ節約できるのがメリットです。

 

データ容量を毎月無料で変更

 

OCNモバイルONEでは、毎月1回までならプラン(データ容量)を無料で変更できます。

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

ただし、変更は翌月1日からで、変更は前月のうちに申し込んでおく必要があります。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

最低利用期間が6ヶ月と短い

 

OCNモバイルONEの音声通話SIMには最低利用期間(いわゆる縛り期間)があります。

しかし、ドコモやau・ソフトバンクは通常2年なのに対し、OCNモバイルONEの最低利用期間は6ヶ月です。

他の格安SIMでも1年のところがほとんどなので、最低利用期間が短いのは大きなメリットですね。

 

6ヶ月経過後は契約の自動更新もありませんので、好きなタイミングで解約・MNP転出をすることができます。

 

エリアが広いドコモLTE回線使用

 

OCNモバイルONEはドコモのLTE回線を借りて運営しています。

ドコモのLTE回線は高速で、対象エリアが非常に広いのがメリットです。

 

人口カバー率は99%を超えていますので、よほどの山間部などではない限りしっかりとつながります。

 

口座振替での支払い可能

 

OCNモバイルONEは、毎月のスマホ料金を口座振替・クレジットカードで支払えるのがメリットです。

格安SIMは料金支払いがクレジットカードのみのところも多いのですが、OCNモバイルONEは口座振替も可能ですので安心です。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEのデメリット

 

デメリット・欠点一覧表

 

続いて、OCNモバイルONEのデメリット・注意点を解説します。

 

  • icon-times 通信速度は大手キャリアに劣る
  • icon-times お昼・通勤時間帯は速度が低下
  • icon-times 料金は他社よりわずかに高い
  • icon-times 完全かけ放題オプションがない
  • icon-times キャリアメールが使えない
  • icon-times キャリア決済もない
  • icon-times お得なキャンペーンが少ない
  • icon-times サポートが受けられる店舗が少ない

 

さらに詳しい内容は下記に詳しくまとめています。
詳細記事OCNモバイルのメリット・デメリット

 

通信速度は決して速くない

 

OCNモバイルONEだけでなく、格安SIMに乗り換える際の最大の注意点は通信速度です。

OCNモバイルONEは普段使いには十分な速度はありますが、ドコモやau・ソフトバンクに比べると通信速度は劣ります

 

普段の時間帯は十分ですが、通信速度にこだわる方は高い料金を払ってでもドコモ・au・ソフトバンクに残るか、「ワイモバイル」「UQモバイル」「LINEモバイル(ソフトバンク回線)」「BIGLOBEモバイル(au回線)」がおすすめです。

 

お昼・通勤時間は速度が遅い

 

OCNモバイルONEを含めた格安SIMのほとんどは、特に12~13時のお昼と朝夕の通勤時間帯など通信が混雑する時間帯は通信速度が低下します。

これはOCNモバイルONEでも同様で、格安SIMでは避けられない最大のデメリットですね。

 

繰り返しになりますが、通信速度にこだわる方は高い料金を払ってでもドコモ・au・ソフトバンクに残るか、格安SIMのなかでは速度がダントツで速い「ワイモバイル」「UQモバイル」などにしましょう。

 

一方、高速のデータ通信が必要な場面は限られます。

12時~13時や朝夕の通勤時間帯にデータ通信を回避できる方や、そもそもあまりデータ通信を使わない方はOCNモバイルONEの料金の安さは圧倒的なメリットです。

 

私も格安SIMに乗り換えて本当に良かったと思っていますので、料金と速度のバランスで検討してみてください。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

基本料金は他社よりわずかに高い

 

OCNモバイルONEの基本料金は非常に安いのですが、他の格安SIMキャリアと比べるとわずかに高いです。

 

しかし、料金の差もほんのわずかですし、OCNモバイルONEはスマホセールがお得であったり、無料で街中の公衆無線LANが使えたり、OCN光とのセット割が適用できたりと、更に料金を安くすることも可能です。

ここはあまり気にしなくてもよいでしょう。

 

完全かけ放題のオプションなし

 

OCNモバイルONEは通話オプションが充実しているのがメリットです。

しかし、通話定額オプションは下記の3つだけで、純粋な完全かけ放題オプションはありません

 

<OCNモバイルの通話オプション>

  1. 10分かけ放題
  2. トップ3かけ放題
  3. かけ放題ダブル(1+2)

 

多くの方は上記1・2のどちらかで対応できると思います。

また、NTTの050 Plusという格安の通話サービスにも月額料金半額で加入できます。

 

しかし、仕事などでよく通話をする方にとっては、完全かけ放題オプションがないのはデメリットかもしれません。

 

完全かけ放題オプションはワイモバイルの「スーパー誰とでも定額」か、イオンモバイルの050かけ放題を選びましょう。

 

キャリアメールが使えない

 

OCNモバイルONEにキャリアメールの機能はありません

 

キャリアメールとは「~@docomo.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」などキャリア独自のアドレスでできるメールサービスです。

このキャリアメールがないと使えないサービスもあるのですが、OCNモバイルONEではキャリアメール機能がないため、一部のサービスが使えないのがデメリットです。

 

キャリアメールが必要な方は無料で使える「ワイモバイル」か、月額200円の「UQモバイル」にしましょう。

 

キャリア決済も使えない

 

キャリアメールと同様、OCNモバイルONEにはキャリア決済機能もありません

キャリア決済が必要なサービスはOCNモバイルONEでは利用できないというデメリットに注意が必要です。

 

キャリア決済が必要なかたは、こちらも「ワイモバイル」「UQモバイル」を選択しましょう。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

お得なキャンペーンが少ない

 

OCNモバイルONEは端末セールが格安SIMのなかで圧倒的にお得というメリットがあります。

しかしその反面、キャンペーンはあまりお得でないのがデメリットです。

 

月額料金割引や初期費用無料などのキャンペーンが少なく、SIMのみを契約しようとされている方は少々物足りないかもしれません。

詳細記事OCNモバイルONEで実施中のキャンペーン情報

 

サポート可能な店舗が少ない

 

OCNモバイルONEは各種手続きや相談ができる店舗が少ないのがデメリットです。

また、ドコモショップのような専門の店舗はありません。

 

一応全国のゲオやヨドバシカメラ、ビックカメラに即日受渡カウンターがあります。

しかしこれらは基本的には新規契約・MNP転入手続きをするためのカウンターとなっていて、ドコモショップなどのようにゆっくり相談する感じにはなっていません。

 

また、店舗数も少なく、店舗が1つもない都道府県もあります。

基本的にはWEB上で各種手続きを行う必要があるというデメリットに注意が必要です。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEの評判・口コミ

 

料金プランの安さの評判

 

音声通話SIMの料金

 

OCNモバイルONEの使用者の声で何より多いのが料金が安いという意見

ドコモ・au・ソフトバンクと比べれば、毎月5,000円程度は通信量を削減できます。

 

OCNモバイルONEの音声通話SIMなら、月額1,600円から使えます。

既にSIMをお持ちの方は1600円で使えますし、新しい端末をセットで買っても3,000円程度ですね。

 

10年以上お世話になったauをやめてOCNモバイルに変えてみた。
めっちゃ安いけどたまに遅い。
でも本当に安い!

 

私もドコモから格安SIMに乗り換えましたが、年間で6万円ほど節約になりました。

OCNモバイルONEなら更に料金が安いので、節約の幅は更に大きくなるでしょう。

 

データSIMの料金

 

OCNモバイルONEは、音声通話SIMだけでなくデータ通信SIMもお得です。

モバイルルーターやタブレットをお持ちの方は是非SIMをOCNモバイルONEにしましょう。

 

また、最近ではSIMカードを2枚入れられる「デュアルSIM」のスマホも増えてきます。

音声通話SIMとデータ専用SIMを1枚ずついれ、データ通信は価格の安いデータ専用SIMで運用するのがおすすめです。(私もそうしています)

 

下記は1日110MBのプランに関する評判ですが、OCNモバイルONEならもちろん月3GB・6GB・10GB・20GBのプランも安いです。

 

スマホはASUSのzenfoneにocnモバイルoneの音声対応simを入れ、
タブレットはZenpad(電話機能付き)にocnの容量シェア用のSMS対応simを入れて利用中。

 

ちなみに1日110MBプラン。
これで一月2200円くらい。安いし動画も見れるし全然問題ない。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

通話料金の評判

 

OCNモバイルONEはNTTグループだけあって、通話料金に力を入れています。

 

国内通話は通常20円/30秒ですが、スマホアプリ「OCNでんわ」からかければ国内通話はほぼ全て半額になります。

アプリから電話をかけるといっても非常に簡単なので、実質半額になるようなものです。

 

 

さらに、よく電話をされる方にはお得な通話オプションもあります。

 

通話オプション月額料金
国内10分かけ放題¥850
トップ3かけ放題¥850
かけ放題ダブル¥1,300

 

電話をよくかける方には非常に嬉しいオプションです。

 

OCNモバイルが10分無料&長時間通話上位3件無料のプランあるな。
安いしいいかも。

 

個人的な意見ですが、通話オプションはOCNモバイルONEが最も充実しています。

よく通話をする方にOCNモバイルONEは非常におすすめです。

 

通信速度の評判・口コミ

 

続いてはOCNモバイルONEの通信速度の口コミです。

個人的な評価としては、OCNモバイルONEの通信速度は格安SIMの平均程度です。

決して速いとはいえませんが、使えないレベルに遅いわけでもありません。

 

スマホの通信速度は地域や時間帯により大きく変動しするため一概に速い・遅いは判断できません。あくまで参考程度にとどめておいてください。

 

正直、OCNモバイルONEは遅いという不満ばかりかと思いましたが、意外と満足のようです。(もちろん遅いというご意見もありますが)

 

他キャリアも含め、格安SIMの通信速度はドコモ・au・ソフトバンクにはかないません。

しかし、スマホをあまり使わない方やとにかく通信料を下げたい方は今すぐ乗り換えましょう。

 

遅い遅いとは言いますが、OCNモバイルONEの通信速度は普段使いには十分です。

評判・口コミを見ると、地域によっては3大キャリアに劣らない速度が出る場合もあるようです。

 

ところで私のipadのsimはocnのモバイルONEなわけですが、移動中も、ここ大阪でも快適な速度で使えています。
さすがだ。

 

速度が遅いという口コミ

 

もちろん速度が遅いという意見もあります。

ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイル・UQモバイルと比べると速度は落ちますので、価格と自分の利用スタイルとのバランスで選ぶことが重要ですね。

 

特に12時~13時はどの格安SIMもガクッと速度が落ちます。

会社のお昼休みなどでこの時間によくデータ通信をされる方は、高い料金を払ってでもドコモ・au・ソフトバンクに残ったほうがよいでしょう。

一方、それほど気にならない方はOCNモバイルONEが大変おすすめです。

 

OCNモバイルONE、昼時はクッソ遅いけどそれに目を瞑れば快適よ。

 

お昼の速度低下を避けるか、料金を選ぶかはスマホの使用スタイルによります。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

料金プランの評判

 

OCNモバイルONEの料金は大きく3つに分類されます。

「標準コース」は、月に使える高速データ通信の容量が決まったコースです。

 

また、月単位ではなく日単位でデータ用量が決まっている「日割コース」もあります。このコースはOCNモバイルONEの特徴的なコースですね。

また、低速データ通信(500kbps)ながら大容量使える「低速大容量コース」もあります。

 

各コースの料金は以下の通りです。

 

コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

 

OCNモバイルONEの特徴は1日110MB・170MBまで使える「日割プラン」があることです。

データの使いすぎ制御につながりますし、もし制限容量を超えても深夜0時を超えれば元に戻るので、月末まで待つ必要がありません。

余ったデータは翌日に繰り越しされます。

 

あ~!!タブレットの回線が速度制限になった・・・さっきyoutubeの動画見たからか。
まぁいいか。
0時越えれば制限解除されるOCNの110MB/1日プランだから、月末まで制限されっぱなしと言う訳じゃないし。

 

この1日ごとのデータ容量が決められたコースはOCNモバイルONEにしかありません。

OCNモバイルONEの中でも非常に人気の料金プランです。

 

SIM追加・容量シェアの評判

 

OCNモバイルONEには月20GB・30GBの大容量プランが用意されています。

また、SIMカードを無料で追加できるので、この方のように家族でデータ容量を分け合うとさらにお得になります。

 

うちの携帯料金
スマホ4台 OCN モバイル one で 3000円/月
ドコモ FOMAガラケー 2台で 4000円/月
の7000円/月で家族4人分なんだが、世の中にはキャリアに多額のお布施を払っている方々がいるようだ。

 

家族で分け合うだけでなく、スマホ・タブレット・モバイルルーターなど、複数の機器をお持ちの方はそれらにシェア用のSIMを挿して使うと便利です。

料金もかなり節約になります。

 

▼料金詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

MNP転入の評判・口コミ

 

OCNモバイルONEの魅力はなんといっても価格の安さです。

ドコモ・au・ソフトバンク大手3キャリアからMNPで乗り換えて、大きく料金を削減できます。

 

OCNモバイルONEの評判をみても、MNPで乗り換えて料金を大きく節約したという口コミが多いですね。

 

OCNモバイルONE、音声通話ありの6GBプランで月2150円
部屋のインターネットもOCNなのでセット割で-200円で月1950円
さらに1/9までMNP乗り換え割みたいのがあってさらに6ヶ月間-600円で月1350円

使用してみた感じ今のところSNSやるには速度十分かも
今までドコモで8500円くらい払ってた…

 

また、ドコモからOCNモバイルONEへのMNPなら、端末はSIMロック解除なしでそのまま使えます。

OCNモバイルONEへはドコモから乗り換える方が非常に多いですね。

 

また、他の格安SIMからOCNモバイルONEにMNPで乗り換える方も多いようです。

お得な端末セールはもちろん、通話オプションの充実も理由のひとつです。

 

プラン・コース変更の評判

 

OCNモバイルONEでは、毎月コースの変更ができます。

変更が適用されるのは翌月初日からです。

 

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

来月は3GB契約に変更だな。
月ごとにプラン変更可能なのがOCNモバイルONEの良い点かな。
そんなに速度はでないけど満足してる(低速モードの無制限も)

 

OCNモバイルONEでは余ったデータは繰り越しされますので、繰り越し残量と当月の使用予定を見て、毎月こまめにプランを変更することで、さらに料金を節約できます。

 

プラン変更はマイページから簡単に手続きできます。

ただし注意点として、月末日は変更の申請手続きができません

余裕を持って変更をしてください。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

データ速度切り替えの評判

 

 

OCNモバイルONEにはデータ消費を節約するための便利な機能があります。

まずはデータ速度を切り替えるターボ機能です。

高速と低速をワンタッチで切り替えることができ、低速モードのときはデータが消費されません。

 

動画を見る際などは通常の高速モードに切り替えましょう。

このターボ機能を賢く使うとデータ消費を抑えることができます。

 

使ってるのはOCNモバイルONE。
速度は別に速いとも遅いとも。高速通信のオンオフ切り替えができて、Twitterのタイムライン見るとかならオフで容量浪費しなくて済むのがお気に入り。
DOCOMOで月6GBくらい使ってたのが、乗り換え後は3GBプラン繰越ありで回ってる

 

低速モードといっても200kbps出るので、LINEやSNS、音楽ストリーミングは快適です。

OCNモバイルONEは低速でも快適という意見が多いですね。

 

データ繰り越しの評判

 

さらに、OCNモバイルONEにはデータ繰り越し機能があります。

余った分は翌月に回せるので、データの無駄がありません。

 

OCNモバイル繰り越しがあるおかげで今月トータル約15GB使える安心感やばい

 

OCNモバイルONEのデータ繰り越し機能をうまく利用すれば、契約プランを下げて更に料金を節約することもできます。

人気の日割コース(1日110MB・170MBのコース)でも繰り越しされます。

 

さらに、OCNモバイルONEでは翌日・翌月は繰り越されたデータから先に消費されます。

そのため、また翌月・翌日に繰り越ししやすくなっており、非常に評判がよいですね。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

無料で使えるWiFiの評判

 

 

OCNモバイルONEを契約している方は、全国にある公衆無線LAN「OCNモバイルONE WiFiスポット」が無料で利用できます。

 

「OCNモバイルONE WiFiスポット」は、全国の駅やカフェ、ファストフードなど約8万ヶ所以上で使用できます。

公衆無線LANを使用するための設定も簡単ですし、無料で高速通信が利用できるのは非常に評判がよいですね。

 

ocnモバイルはフリーwifiスポットが充実しまくってて便利すぎなんだよなぁ

 

実はOCNモバイルONE契約者は無料でWiFiが使えることはあまり知られていません。

NTTグループだけあって使える場所が多いですし、高速なのでぜひ利用しましょう。

 

スマホ端末・機種代金の評判

 

OCNモバイルONEの大きな特徴のひとつに、端末代金が非常に安いことがあります。

グループ会社のNTTレゾナントという会社が端末を安く仕入れており、それを利用できることでこの価格を実現しています。

SNSでも端末代金が安いという声が多かったです。

 

結局、私のスマホはOCNモバイルになりました。
セールの時の機種代がすごく安かった。

 

私も随時チェックしていますが、OCNモバイルONEでは特に「P20 lite」「nova lite 2」「AQUOS sense lite」といった人気のスマホ端末が非常に安いです。

 

OCNモバイルONEでは定期的にセールを実施しています。

NTT系列のgoosimsellerと共同で定期的に破格のセールを実施しており、かなり安く端末が変えます。

セール情報は下記記事で詳しくまとめていますのでぜひチェックしてみてください。

 

詳細記事OCNモバイルONEのお得なセール情報まとめ

 

HUAWEI P20 liteは今私が一番欲しいSIMフリースマホですが、それが税抜5,000円以下で買えるのは衝撃でした。

 

▼取り扱い端末をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

最低利用期間・解約手数料の評判

 

OCNモバイルONEの音声SIMを契約の場合、利用開始月を1ヶ月目とした6ヶ月間が最低利用期間になっています。つまり「半年縛り」ということです。

半年経過後の自動更新もありません。

 

ただし、6ヶ月以内に解約すると解約違約金が発生します。解約違約金は8,000円(不課税)です。

大手キャリアの縛り期間は2年なので、それに比べると非常に短いですね。

 

結局OCNモバイルにしてきた。
今月無料、半年1080円かつ縛り半年なんで、悪くはない。

 

OCNモバイルONEは最低利用期間が6ヶ月と短いので安心ですし、何らかの理由で別のキャリアに乗り換えるときも違約金不要で乗り換えられます。

 

OCNモバイル × iPhoneの評判

 

OCNモバイルONEでは、手持ちのiPhoneにOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使うこともできます。

これで毎月のスマホ料金を大幅に下げられますね。

 

OCNモバイルの追加SIMが届いた
これで隠し持ってたiPhoneが使えますわ

 

 

もちろんiPhone8iPhone7や、最新のiPhone XS・XRも使えます。

 

SIMフリーなiPhone8をApple Storeで購入。
OCNモバイルのSIMをiPhone5sから差し替えても、プロファイルだけ入れたらすぐに仕えた!

 

OCNモバイルONEでiPhoneを使用する方法については下記記事に詳しくまとめています。

詳細記事OCNモバイルONEでiPhoneを使う全手順

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCN光とのセット割の評判

 

OCNモバイルONEはもともとスマホ料金が格安ですが、さらに家のネット回線がOCN光の方は、毎月600円の割引になります。

これを適用すれば本当にかなり安くなりますのでおすすめです。

 

ちなみに家の回線がOCNならOCNモバイルONEの方が安いゾ(割引効く

 

OCN光はネット回線では非常にメジャーで、もちろんNTTフレッツと同じ回線を使っていますので、速度も安心です。

 

▼OCN光とセットでさらにお得▼

OCN光申し込みサイト

 

店舗・サポートの評判

 

OCNモバイルONEは基本的に全ての手続きがネットで完結します。

わざわざ店舗に行かなくてもよいのが大きなメリットです。

 

スマホ3台目開通~
OCNモバイルONE使って4年目になるけど、店舗いかなくても全て済むのが快適過ぎる(๑•∀•๑)

 

ただし、ヨドバシカメラや全国のレンタルビデオショップ「GEO(ゲオ)」には、当日に契約やMNP乗り換えができる「即日カウンター」が設置されています。

また、店舗では特別なセールを実施することもあるようです。

 

ただし、まだまだ知名度が低く、またDVD・コミックレンタルに比べて件数も少ないため、店員さんの処理が遅いとの口コミもありました。

 

どうしても即日開通が必要でなければ、「OCNモバイルONE公式サイト」で手続きしたほうが確実です。

 

お得なキャンペーンの評判

 

OCNモバイルONEはスマホ端末セールが人気で有名ですが、お得なキャンペーンも実施しています。

キャンペーンを利用することで、更にお得にOCNモバイルONEに乗り換えできます。

 

OCNモバイルONEでSIM発行手数料無料キャンペーンやってるのでさらに1枚追加発行した

 

エントリーパッケージの評判

 

OCNモバイルONEは公式サイトで直接申し込むことができますが、アマゾンや楽天などで販売しているエントリーパッケージを購入することもできます。

 

エントリーパッケージを購入してから申し込めば、初期費用(SIMパッケージ費用:3,000円)が400円程度になります。

手間は少し増えてしまいますが、2500円程度お得になりますのでぜひ利用してください。

 

購入はこちらOCNモバイルONEエントリーパッケージ

 

▼こちらから購入可能▼

 

OCNモバイルONEの悪い評判

 

ここからら、OCNモバイルONEの悪い評判を解説します。

OCNモバイルONEの悪い評判でもっとも多いのが、やはり通信速度に関する評判です。

 

これは格安SIMの宿命なので仕方ありません。

 

特にお昼や朝夕の通勤ラッシュ時は大きく速度が下がる事が多いようです。

お昼もふくめ、この時間帯はサラリーマンの方が通勤時・昼休み時に一斉にスマホを操作するため、回線が集中してしまいます。

 

OCNモバイルone 通勤時はやっぱりめっちゃ遅いな…
退勤時にゆうパラ聴けない

 

この時間帯に操作したい方は、高い料金を払ってでもドコモ・au・ソフトバンクに残るか、格安SIMの中でも速度がダントツで速い「ワイモバイル」「UQモバイル」への乗り換えがおすすめです。

 

私もワイモバイルを使用していますが、お昼でも40Mbpsは出ていますね。

詳細記事ワイモバイルの速度を実際に計測しました

 

一方、回線が集中して遅くなるのは朝・夕・昼の限られた時間です。

その時間にデータ通信をあまり使わない、WiFiが使える、といった環境ならば、わざわざドコモ・au・ソフトバンクで高い料金を払う必要はありません。

ぜひOCNモバイルONEに乗り換えましょう。

 

また、OCNモバイルONEの悪い口コミは速度意外にありません。

混雑時間帯の速度に耐えられる人は不満なく使えるでしょう。

 

▼今すぐ詳細をチェックする▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEで使える端末

 

ドコモ・au・ソフトバンクのスマホが使える

 

OCNモバイルONEの活用方法として最も多いのが、手持ちのスマホ端末にOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使用する方法です。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを手持ちのスマホに挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信ができるようになります。

 

 

ドコモ・au・ソフトバンクなどで購入したスマホをすでにお持ちの方は、OCNモバイルONEのSIMカードを挿せば、OCNモバイルONEの格安料金プランでスマホを使うことができます。

 

ただし、auやソフトバンクのスマホ端末を使う場合は、事前に端末のSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、購入したスマホ端末を他のスマホキャリアで使用できるようにロックを解除する手続きのことです。

 

ドコモで購入した端末やSIMフリー端末はSIMロック解除不要で、SIMカードを挿せばそのまま使用することができます。

 

<SIMロック解除の要否>

端末購入元要否
SIMフリー
不要
ドコモ
au
ソフトバンク

 

手持ちのiPhoneも使える

 

OCNモバイルONEでは、もちろんiPhone端末も使用可能です。

ドコモやau、ソフトバンクで購入したiPhoneもOCNモバイルONEで使えますし、アップルストアでiPhoneを購入して使うこともできます。

 

「絶対にiPhoneがいい!でも毎月のスマホ料金は抑えたい…」

そんな方にOCNモバイルONEは大変おすすめです。

 

iPhoneの具体的な設定手順についてはこちらをご覧ください。

詳細記事OCNモバイル ONEでiPhoneを使う手順

 

▼iPhone用SIMを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

SIMフリースマホが購入可能

 

OCNモバイルONEは手持ちのスマホを使えるだけでなく、新たにスマホ端末を購入することも可能です。

初めてスマホに契約される方や、OCNモバイルONEへの乗り換えを機に新しい機種にしたいという方にも安心です。

 

OCNモバイルONEでは、高性能・低価格の「HUAWEI nova 3」やコスパ抜群の国産人気機種「AQUOS sense2 SH-M08」、とにかく価格が安い「ZenFone Live L1 (ZA550KL)」など、種類豊富に端末が揃っています。

 

スマホとセットで契約される方は下記記事を参考にしてください。

詳細記事OCN モバイルONEのおすすめ端末ランキング

 

タブレット/モバイルルーターも

 

OCNモバイルONEが使えるのはスマホだけではありません。

タブレットやモバイルルーター(ポケットWiFi)にも非常におすすめです。

 

OCNモバイルONEでは音声通話機能が無い「データ通信専用SIM」や「SMS対応SIM」を契約することもできます。

特に外出先でPCを使う人は、モバイルルーターにOCNモバイルONEのSIMカードを入れて使うのがおすすめですね。

 

データSIMの料金や設定手順はこちらを参照ください。

詳細記事OCNモバイルONEでタブレットやWiFiルーターを使う

 

▼データ専用SIMを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルにMNPで乗り換える手順

 

現在ドコモやau、ソフトバンクをはじめとした他のスマホ会社に契約している方も、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)という制度のおかげで、現在使用している携帯電話番号はそのままでOCNモバイルONEに乗り換えることができます。

携帯番号の変更をみんなに伝える必要が無いので大変便利ですね。

 

乗り換えは主に以下の5つの手順で完了します。

  1. SIMロック解除(端末を流用する場合)
  2. MNP予約番号取得
  3. OCNモバイルONEに契約
  4. SIMカードをスマホ本体に挿入
  5. 各種設定(APNプロファイルの設定)

 

繰り返しになりますが、au・Softbankで購入した端末を流用する場合は、スマホ本体のSIMロック解除が必要です。

事前に各キャリアで手続きをしましょう。

 

ドコモで購入した端末をそのまま使う場合や、SIMフリー端末を使う場合はSIMロック解除は必要ありません。

 

詳細記事OCNモバイルONEにMNP転入する手順

 

▼MNP乗り換えはこちら▼

OCNモバイルONE(公式)

 

お得なキャンペーン実施中

 

OCNモバイルONEでは定期的にセールやキャンペーンを実施しています。

特に、同じNTTグループのgoosimsellerと実施するスマホ端末の値引きセールが大変お得です。

このセールは格安SIMキャリアではダントツのお得さです。

 

現在実施中のセール・キャンペーン詳細や条件はこちらをご覧ください。

 

詳細記事端末セール情報総まとめ

詳細記事現在実施中のお得なキャンペーン

 

OCNモバイルONEの申込みはこちら

 

以上、人気の格安SIM「OCNモバイルONE」の解説でした。

 

OCNモバイルONEの特徴はなんといっても基本料金の安さです。

さらに通信速度も十分ですし、通話オプションが充実しているので電話をよくされる方にもおすすめのスマホキャリアです。

定期的に実施するスマホセールも大変お得なので、随時チェックしてください。

 

OCNモバイルONEの申込みは「OCNモバイルONE公式サイト」 からどうぞ!

 

▼料金プランを詳しく確認する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

シムラボ トップへ戻る