gooSimsellerで年末大感謝セール中 (~12/23) 

OCNモバイルONEのデータ繰越のしくみとお得な容量節約術を解説

 

OCNモバイルONE ロゴ

 

本記事ではOCNモバイルONEのデータ繰越の仕組みやお得なデータ節約方法を解説します。

 

2019年11月から開始した新コースでも繰越可能です。

また、コース変更や初月無料を利用してさらに料金やデータ容量を節約する裏技も解説します。

 

▼SIM申し込みはこちらから▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼端末セットが超お得▼

OCNモバイルONE

 

データの繰り越しとは?

 

OCNモバイルONEでは、余ったデータの繰り越し機能が備わっています。

余ったデータの繰り越しとは、当月中に使い切れずに余ったデータ容量を翌月にスライドし、翌月も使えるようにするサービスです。

 

データ繰り越し

 

例えば3GBのプランを契約している方が3月に2GBしか使わず1GB余った場合、余った1GBは4月に繰り越されます

4月はもともとの基本容量3GBと、3月から繰り越された1GBの計4GBが使えるのです。

 

このデータ繰越機能は、ワイモバイルを除いた格安SIMキャリアにはほぼ全て備わっています。

 

月次コースのデータ繰越の仕組み

 

余ったデータ容量は翌月に繰越

 

OCNモバイルONEには、これまでの料金プランである「既存コース」に加え、2019年11月から新コースが開始しました。

 

<新コースの料金表(税抜)>

容量音声SIMSMS付データ専用
1GB¥1,180
3GB¥1,480¥1,000¥880
6GB¥1,980¥1,500¥1,380
10GB¥2,880¥2,400¥2,280
20GB¥4,400¥3,920¥3,800
30GB¥5,980¥5,500¥5,380

 

既存コースには1ヶ月に使えるデータ容量が決まった月次コースと、1日に使えるデータ容量が決まった日次コースがあります。

 

<料金表(既存コース)>

容量音声
SIM
SMS付
SIM
データ
専用
3GB¥1,800¥1,220¥1,100
6GB¥2,150¥1,570¥1,450
10GB¥3,000¥2,420¥2,300
20GB¥4,850¥4,270¥4,150
30GB¥6,750¥6,170¥6,050
110MB/日¥1,600¥1,020¥900
170MB/日¥2,080¥1,500¥1,380

 

毎月のデータ容量が決まったコースの場合、当月に使い切れなかった基本データ容量は翌月に繰り越されます。

6GBコースを契約している方が3月に3GBしか使わなかった場合、4月は繰越3GB+4月の基本容量6GBの計9GB使えます。

 

コース変更時も全容量繰越

 

OCNモバイルONEでは、毎月無料でコース変更できます。

3GBから6GBに容量を増やしたり、30GBから20GBに減らすことも可能です。

 

コース変更した場合もデータ容量は翌月に繰り越されます

(既存コースの月次⇔日次プランの変更は除く)

 

例:30GBから3GBに変更する場合

 

例えば30GB契約の方が翌月に3GBに容量変更する場合を例に解説します。

30GB契約の方が当月に10GBしか使わず、20GB余ったとします。

 

この場合、翌月に3GBに変更しても、当月に余った20GBは全量繰り越されます。

よって、翌月は23GB使えることになるのです。

 

繰越データの期限は翌月

 

繰り越したデータの有効期限は1ヶ月です。

 

例えば6GBを契約の方が、3月に3GBしか使わず4月に3GB繰り越したとします。

この場合、繰り越した3GBの期限は4月末日です。

 

4月に3GB使い切れなかったとしても、3月分は5月に再繰り越しはされず消滅してしまいます。

 

追加したデータは3ヶ月繰越

 

OCNモバイルONEでは、当月のデータ容量を使い切った場合にデータ容量を追加チャージできます。

これを容量追加オプションといい、1GB/500円で購入できます。

 

新コース既存コース
アプリで
追加
500円/1GB500円/0.5GB
WEBで
追加
500円/0.5GB500円/0.5GB

 

この容量追加オプションで追加購入したデータの有効期限は3ヶ月間です。

購入月の3ヶ月後の月末まで繰り越されますので、当月使い切れなくても大丈夫です。

 

例えば3月15日に追加購入したデータ容量は、3ヶ月後の6月末日まで使えます。

 

データ消費の順番

 

OCNモバイルONEでは、常に「有効期限が短いデータ容量から消費」されます。

例えば4月に、以下の3種類のデータ容量が合計5GBあるとします。

 

  1. 4月分の基本容量3GB
  2. 3月からの繰越:1.5GB
  3. 2月に購入した追加容量0.5GB

 

データ
容量
期限消費の
順番
4月の
基本容量
(3GB)
5月末3
3月からの
繰り越し
(1.5GB)
4月末1
2月に購入した
追加容量
(0.5GB)
5月末2

 

この場合、最も有効期限が短いのは3月から繰越された1.5GBです。(期限は4月末)

よって、3月から繰り越された1.5GBから使われます。

 

4月の基本容量3GBと、2月に購入した0.5GBの有効期限はともに5月末までです。

この場合、追加容量から先に消費されます。

 

繰越データと追加容量データが同じ有効期限の場合も、追加購入したデータ容量が先に消費されます。

 

▼OCNモバイルに申し込む▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

日次コースのデータ繰越の仕組み

 

この章では、既存コースの日次プラン(110MB/日・170MB/日)に契約している方の繰り越しを解説します。

 

110MB・170MBは翌日に繰越

 

OCNモバイルONEには、使えるデータ容量が1日単位で決められている日次コース(110MB/日、170MB/日)もあります。

この日次コースは、余ったデータ容量が翌日に繰り越されます

 

例えば110MBコースを契約している方が当日に60MBしか使わなかった場合、翌日は繰り越した50MBと基本容量の110MBを足した計160MBまで使えます。

 

コース変更時も全容量繰越

 

日次コースも、月次コース同様毎月無料でコース変更できます。

110MBから170MBに容量を増やしたり、逆に170MB/日から110MB/日に減らすことも可能です。

 

コース変更した場合も、前日に余ったデータ容量は翌日に繰り越されます

例えば、170MBコースの方が月末最終日に100MBしか使わず70MB残った場合、翌月から110MBコースに変更したとしても翌日1日は180MB使えます。

 

繰越データの期限は翌日

 

日次コースの場合、繰り越したデータの有効期限は翌日までです。

例えば110MBコースを契約の方が、2月1日に60MBしか使わず、2月2日に50MB繰り越したとします。

 

この場合、繰り越した50MBの有効期限は2月2日までです。

2月2日に50MB使い切れなかったとしても、2月3日には繰り越されません。

 

データ消費の順番

 

日次コースでも、常に「有効期限が短いデータ容量から消費」されます。

例えば4月1日に、以下の3種類のデータ容量が合計200MBあるとします。

 

  1. 4月1日分の基本容量110MB
  2. 3月31日からの繰越:40MB
  3. 2月に購入した追加容量500MB

 

データ
容量
期限消費の
順番
4/1の基本容量
(110MB)
4/22
3/31からの繰越
(40MB)
4/11
2月に購入した
追加容量
(500MB)
5月末3

 

この場合、最も有効期限が短いのは3月31日からの繰越データなので、まずは3/31分の40MBが先に消費されます。

続いて、翌日4/2まで使用可能な110MB、最後に5月末日まで有効な500MBが消費されます。

 

追加データは3ヶ月繰越

 

日次コースを契約中の方も、容量追加オプションで追加購入したデータ容量の有効期限は「購入日の3ヶ月後の月の末日」です。

3月15日に購入した場合、3ヶ月後の6月末日まで使えます。

 

よって、追加データは基本的に一番最後に消費されます。

 

▼OCNモバイルに申し込む▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

日次⇔月次のコース変更時の繰越

 

月次→日次コースへの変更時

 

例えば3月は3GB/月コースを契約していた方が、4月から110MB/日コースに変更した場合、3月に余ったデータ容量の有効期限は4月1日です。

 

例え3GBまるまる余っていたとしても、有効期限は4月1日の1日のみですので、少々損ですね。

 

日次→月次コースへの変更時

 

日次コースから月次コースに変更した場合、日次コース契約の最終日に余ったデータの有効期限は翌月1ヶ月間です。

ただし、日次コースの場合は最大170MBしか繰り越されません。

 

追加容量は繰越されない

 

コース変更時に注意が必要なのが、容量追加オプションで追加購入したデータ容量です。

 

日次コースと月次コースの間でコース変更した場合、追加購入したデータ容量は繰り越されません

追加データ容量はコース変更と同時に消滅しますので注意してください。

 

以下の場合、追加した通信容量は引き継げません。
・日次コースから、月次コースへコース変更された場合
・月次コースから、日次コースへコース変更された場合
※引用:OCNモバイルONE公式サイト

 

繰越を活用したデータ節約術

 

契約初月は大容量を契約しよう

 

OCNモバイルONEを契約する際、「契約初月の基本料金は無料」「余ったデータは全量繰越」「コース変更は無料」を利用すると大変オトクになる裏技があります。

それは、契約初月は大容量のコースを契約し、翌月から自分にあったデータ容量に変更するという方法です。

 

  • 大容量コースで契約
  • 当月中に3GBコースに変更手続
    (月末最終日を除く)
  • 翌月1日から3GBに変更

 

例えば、自分は3GB/月のコースが最適だなと思っている場合にも、申し込みは6GBなどの大容量のコースで契約しましょう。

OCNモバイルONEは契約初月は基本料金が無料なので、初月は無料で6GB使えます。

 

当月中に3GBコースへの変更手続きをしておけば、翌月1日から3GBコースに自動で変更されます。

また、6GBコース契約時に余ったデータ容量は翌月に繰り越されますので、翌月は3GB+繰越データが使え、たくさんのデータを消費できるのです。

 

注意点は、必ず当月中にコース変更手続きをしておかないと、翌月から高い料金が請求されることです。

変更はマイページからかんたんに申請できますが、月末最終日は変更手続きできませんので注意してください。

 

 

繰越が貯まったらコース変更

 

月次コースの場合、OCNモバイルONEは余ったデータが翌月に繰り越され、さらに翌月は繰り越したデータから先に消費されます。

そのため、どんどんデータ繰越が貯まっていくことがあります。

 

その場合も、コース変更で月額料金を抑えましょう。

 

例えば10GBコースを契約している方が毎月8GBしか使わない場合、4ヶ月後には繰越データが8GB貯まる計算になります。

この場合は、月次コースでもっとも基本料金が安い3GBに変更しましょう。

前月から繰越された8GBと基本容量3GBで11GB使える上、基本料金は1,200円節約になります。

 

このように、繰越データがたまったらデータ容量が少ないコースに変更して繰越データを消費し、料金を節約するのも賢い技です。

 

ただし、日次コースに変更すると繰越データは1日で消えてしまいますので、月次コース内で変更しましょう。

 

繰越を活用してお得にデータを使おう

 

以上、OCNモバイルONEのデータ繰越の仕組みとお得ワザの解説でした。

 

本文中でも解説したとおり、「データ繰越」「初月は基本料金無料」「コース変更無料」を使えば、更に料金やデータ容量を節約できます。

さらに安いOCNモバイルONEが更に安くなりますね。

 

OCNモバイルONEの申し込みは24時間手続き可能で操作簡単の「OCNモバイルONE公式サイト」がおすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼申し込みはこちらから▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

OCNモバイルONE トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました