【お得】料金320円×2年間割引キャンペーン中 

OCNモバイルONEでモバイルルーター/WiFiルーターを使う設定・料金

 

本記事では、OCNモバイルONEのデータSIMをモバイルルーター(ポケットWiFi)やタブレットに入れて使う設定手順や料金を解説します。

 

OCNモバイルONEの格安のデータSIMを手持ちのモバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)やタブレットに挿せば、格安かつ快適にデータ通信を楽しむことができます。

ぜひ活用ください。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルのデータSIMの選び方

 

OCNモバイルONEのSIMカードは全部で3種類あります。

 

  1. 音声通話機能付き
  2. SMS機能付き
  3. データ通信専用

 

1の「音声通話機能付きSIMカード」については別記事で紹介しています。

詳細記事OCNモバイルONEの料金プラン完全ガイド

 

モバイルWiFiルーターで使用するのは主に「3. データ通信専用」です。

タブレットの場合はSMS付SIMが必要な場合もありますが、ほとんどはデータSIMでよいでしょう。

 

▼データSIMを購入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

モバイルルーターで使う方法

 

WiFiルーターでの使用にはAPN設定が必要

 

SIMカード到着後、モバイルWiFiルーターやタブレット本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

APN設定とは、モバイルWiFiルーターやタブレットをOCNモバイルONEの回線に接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

こちらのOCNモバイルONEのサイトに詳しくまとめられているので参考してください。

 

ただし、モバイルルーター端末によって設定方法は異なりますので、詳細は各端末の公式サイトを確認してください。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

タブレットで使う方法

 

タブレットに使えるデータSIM

 

OCNモバイルONEのデータSIMはタブレットに挿しても使用できます。

タブレットに音声通話機能は不要ですので、「3. データ専用SIM」または「2. SMS機能付SIM」のどちらかとなります。

 

SMS機能付きはLINE登録が簡単

 

「2. SMS機能付き」と「3. データ通信専用」の違いは、SMS機能があるかどうかです。

SMSとは、電話番号でショートメッセージを送る機能ですが、現在ではSMSでメッセージのやり取りをすることはあまり多くありません。

 

しかし、SMSがあればLINEの登録・認証が非常に簡単になります。

LINEに登録する際は電話番号の認証が必要になります。

このSMSがあれば、簡単にLINEに登録することができるのです。(ただし、LINEの登録は電話番号がなくてもFacebookでもできます)

 

また、LINEのほかにも一部のゲーム系アプリで電話番号認証が必要な場合があります。

タブレットで電話番号認証が必要なゲームをする場合には、SMS機能付きのSIMカードにしましょう。

 

ただし、ほとんどの方はデータ専用SIMで足ります。

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

タブレットのAPN設定手順

 

タブレットでOCNモバイルONEのSIMカードを使用する場合もAPN設定が必要です。

APN設定とは、タブレットでOCNモバイルONEのデータ通信ができるようにするための設定です。

 

詳細は下記に詳しくまとまっています。

 

▼OCNモバイルのデータSIMを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEのデータSIMの料金プラン

 

データSIMの料金表

 

OCNモバイルONEでデータSIM(データ専用SIM・SMS機能付SIM)を契約した場合の基本料金は以下の通りです。

 

<月額料金表>

コースデータデータ専用SMS付
標準
3GB¥1,100¥1,220
6GB¥1,450¥1,570
10GB¥2,300¥2,420
20GB¥4,150¥4,270
30GB¥6,050¥6,170
日割
110MB¥900¥1,020
170MB¥1,380¥1,500
低速15GB¥1,800¥1,920

※料金は税抜

 

データSIMの日割りコースとは

 

OCNモバイルONEの日割コースとは、1日あたりに使用できるデータ容量が決まっているコースです。

通常は月単位でデータ容量が決まっています、日単位の場合は毎日12時にデータ容量がリセットされるので、月末に速度制限に悩む事がなくなります。

 

低速大容量コースも選べる

 

さらに、低速大容量コースもあります。

データ通信速度は最大500Kbpsに制限されるかわりに、格安の料金で15GBまで使えます。

 

500KbpsだとWEB閲覧や動画視聴は辛いですが、SNSやLINE、音楽ストリーミングやラジオ視聴などは快適です。

タブレットに挿してカーナビとして使っている方もいらっしゃいます。

 

▼データSIMを契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

エントリーパッケージ利用で初期費用無料

 

通常、OCNモバイルONEのデータSIMを契約する場合は初期費用がかかります。

しかし、公式サイトでエントリーパッケージを購入してから申し込むと、初期費用が無料になります。

 

エントリーパッケージ利用で3,000円近く安くなりますので、ぜひ利用してください。

エントリーパッケージは公式サイトで購入できます。

パッケージ注文はこちらOCNモバイルONE公式サイト

 

 

OCNモバイルONEのデータSIMの特徴・メリット

 

OCNモバイルは月額料金が安い

 

OCNモバイルONEの特徴はなんといってもその料金の安さ。

データ専用SIMカードが、なんと月900円から使えます。

タブレットやモバイルルーター(ポケットWiFi)に挿せば、格安で使えますね。

 

既にタブレット・モバイルWiFiルーターをお持ちの方は、OCNモバイルONE公式サイトでSIMカードを発行すればすぐに使えます。

また、お持ちで無い方も、中古ショップなどでタブレット・モバイルWiFiルーターを購入すれば、格安で使うことができます。

 

SIM追加でデータシェア可

 

OCNモバイルONEは、SIMカードを複数枚発行することができるのも特徴。

新規でデータ通信専用SIMに申し込む際に追加SIMも申し込めば、400円弱でもう1枚SIMカードを発行できます。

 

複数枚発行することのメリットは、2枚のSIMカード間で容量を分け合えることです。

例えばタブレットとモバイルルーターを1台ずつ持っている場合、SIMをもう1枚追加すれば、タブレットとモバイルルーターの両方に挿して、端末間でデータ容量を分け合うことができまるのです。

 

もちろん、「スマホ+タブレット」や「スマホ+モバイルルーター」も可能ですし、家族間で容量を分け合うこともできます。

 

20GB/30GBの大容量プランあり

 

OCNモバイルONEのデータSIMには20GB・30GBの大容量プランもあります。

これだけの容量があれば、動画サイトを見る方も安心ですし、家族間でデータ容量を分け合うことができ、1人1人で契約するより大幅に月額料金を下げられます。

 

また、家のネットの契約をせずに、この大容量オプションでデータ通信を全てまかなうことも可能です。

家のネットは2年または3年契約の場合が多いので、1年間の出張や単身赴任の間は家にネットを引くよりもSIMで対応したほうが便利になります。

 

速度を高速⇔低速に切り替え

 

OCNモバイルONEには「ターボ機能」という便利ワザがあります。

これは、高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限されるかわりにデータ消費がカウントされません

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、ターボ機能を使えば賢くデータ節約できるのがメリットです。

 

バースト転送で低速時も速い

 

OCNモバイルONEのSIMにはバースト転送機能があります。

 

バースト転送とは、低速通信時(アプリで低速に設定した場合や速度制限時)にWEBサイトなどを表示する際、最初の読み込みを高速にすることで表示速度を向上させる機能です。

バースト転送機能のおかげで、低速通信時でもWEBやSNSの表示が快適になります。

 

この機能は申し込みなど不要で、だれでも無料で使えるのもメリットです。

 

余ったデータを繰り越せる

 

OCNモバイルONEのデータSIMは、余ったデータ容量を翌月に繰り越せます。

例えば3GBのプランを契約している方が、今月2GBしか使わなかった場合、余った1GBを翌月に繰り越し、翌月は4GBまで使うことができます。

 

しかも、翌月は繰り越したデータから先に消費されるため、無駄なく使うことができるのです。

例えば、「来月に旅行の予定があるから、今月はデータを節約して来月に繰り越そう」といったことも可能です。

 

通信エリアが広いドコモLTE回線

 

OCNモバイルONEはドコモのLTE回線を使用しています。

そのため使える通信エリアが広いのが特徴です。

 

ドコモLTE回線エリアの人工カバー率は99%を超えていますので、ほとんどのエリアで使用できます。

 

最低利用期間・自動更新なし

 

SIMを契約する場合にチェックが必要なのが、最低利用期間です。

最低利用期間を迎えるまでに解約すると解除手数料がかかる、というしくみです。

 

しかし、OCNモバイルONEのデータSIMは解除手数料がかかる最低利用期間はありません。

もちろん契約の自動更新もないので、いつでも自由に解除することができます。

 

▼データSIMを今すぐ契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

モバイルルーター・タブレット用SIM購入はOCNモバイルONE公式サイトで

 

以上、OCNモバイルONEのデータ通信用SIM・SMS機能付きSIMの紹介でした。

 

SIMカードをOCNモバイルONEにすることで格安でタブレット・モバイルWiFiルーター(ポケットWiFiルーター)を使うことができます。

ぜひご検討ください。

 

OCNモバイルONE公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひお申込ください!

 

▼今すぐデータSIMを契約する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

OCNモバイルONE トップへ

 

シムラボ トップへ戻る