【お得】料金320円×2年間割引キャンペーン中 

OCNモバイルONEでiPhone6Sを使う手順・設定を全解説

 

 

本記事ではOCNモバイルONEで「iPhone6S」を使う手順や設定方法、料金について詳しく解説します。

 

OCNモバイルONEでは手持ちのiPhone6Sを使用できますし、APN設定も簡単でテザリングも可能です。

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼iPhone6S本体の購入はこちら▼

 

手持ちのiPhone6SをOCNモバイルONEで使う手順

 

まずは、持ち込みのiPhone6SをOCNモバイルONEで使用する手順や設定を解説します。

 

OCNモバイルONEで手持ちのiPhone6S・6S Plusを使用するためには、以下の手順が必要です。

 

  1. SIMロック解除
  2. MNP予約番号発行
  3. OCNモバイルONEでSIMカードを契約
  4. APN設定(ネットワーク設定)

 

 iPhone6SのSIMロック解除

 

ドコモ・au・ソフトバンクで購入した端末や、アップルストアで購入したiPhone6S端末もOCNモバイルONEで使えます。

ただし、au・ソフトバンクで購入した端末はSIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすること

 

SIMロック解除
SIMフリー端末
不要
ドコモで購入
auで購入
必要
Softbankで購入

 

au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

MNP予約番号発行

 

この工程は、番号そのままで他社からOCNモバイルONEに乗り換える場合のみに発生します。
乗換えではなく、OCNモバイルONEに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでOCNモバイルONEに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

 

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフトバンク
店頭
電話Softbankのスマホから*5533
または0800-100-5533

 

iPhone6S用SIMカードを購入

 

次に、OCNモバイルONEのSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードの購入方法は2種類あります。

公式サイトで直接購入する場合と、アマゾンでエントリーパッケージを購入する方法です。

 

アマゾンでエントリーパッケージを購入すると契約事務手数料が無料になりますが、結局公式サイトで手続きが必要なので手間がかかります。

公式サイトで直接購入するとお得にはなりませんが、手続きが楽です。

 

購入方法アマゾン公式サイト
特典2,100円お得なし
手間×
(煩雑)

(簡単)

 

A. OCNモバイルONE公式サイトで購入

 

まずはアマゾンではなく公式サイトから直接購入する方法です。

アマゾンでエントリーパッケージを購入する手間が省け、個人的にはこちらがおすすめです。

 

まず、「OCNモバイルONE公式サイト」にアクセスし、「Amazon.co.jp以外でご購入の方はこちら」を選択します。

 

 


その後、契約者情報やプランの入力、本人確認書類のアップロードをすると申し込み完了です。

 

なお、OCNモバイルONEでは、サイズの異なるSIMカードが数種類販売されています。

iPhone6S・iPhone6S PlusのSIMカードは「nano」です。

下記画面で「nano」を選択して購入してください。

 

 

後日OCNからSIMカードが届きます。

SIMカードが送られてくるまでにiPhone6S端末を準備しましょう。

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

B. アマゾンでエントリーパッケージを購入

 

続いて、アマゾンでエントリーパッケージを購入する方法です。

 

まずは「OCNモバイルONE公式サイト」にアクセスします。

「SIM単品の購入はこちら」⇒「音声対応SIMカードを購入する」をクリックします。

 

 

 

すると、アマゾンのWEBページもしくはアプリが起動します。

そこで、通常のアマゾンで購入するときと同じように購入します。

 

アマゾンで購入すると代金が300円かかりますが、事務手数料3,000円が無料になります。

2,700円分の得ですね。

 

数日後、アマゾンから「アクティベートコード」というコードが書かれたパッケージが贈られてきます。

OCNモバイルONE公式サイト」から契約者情報やアクティベートコードの入力、本人確認書類のアップロードを入力すると申し込み完了です。

 

後日、OCNモバイルONEよりSIMカードが送られてきます。

 

エントリーパッケージを利用して購入する場合も、SIMカードの種類は「nano」です。

 

 

APN設定

 

iPhone6S本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

APN設定とは、iPhone6Sをインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhone6Sはまだデータ通信ができませんので、Wi-Fiにつなげた状態で作業します。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

 

2. APN構成プロファイルをインストール

 

サファリで下記URLに接続します。

APNプロファイル:http://s.ocn.jp/ocnprf

 

パスコードを入力

 

「次へ」をタップ

 

「インストール」をタップ

 

再度「インストール」をタップ

 

「完了」をタップ

以上で設定は完了です。 作業は5分程度で完了します。

※アプリからも設定可能:インターネット接続設定(iOS)

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sのメール設定

 

iPhone6Sを購入し、SIMを挿した後は初期設定をしましょう。

APN設定とメール設定が必要です。

 

APN設定の方法は前章「iPhone6S・iPhone6S Plusを使う手順」で解説しています。

 

メール設定はアプリで簡単

 

iPhone6S本体にSIMカードを挿し、APN設定が終了したら、メール設定をしましょう。

 

iPhone6S端末(iOS)のメール設定方法は、OCNモバイルONEのアプリで簡単に設定できます。

アプリを使用して設定すれば、プロファイルなどの入力が不要です。

 

メールの設定手順はこちらに詳しく解説されています。

詳細iOS端末のメール設定 | OCNモバイルONE

 

OCNモバイルでiPhone6S使用の注意点

 

iPhone6SのSIMサイズはnano

 

OCNモバイルONEでは、サイズの異なるSIMカードが販売されています。

 

iPhone6S・iPhone6S Plus用のSIMカードは「nano」です。

microや標準のSIMカードを購入するとiPhone6Sでは使用できず、手数料を払って交換してもらうことになりますので注意してください。

 

iPhone6Sでテザリング可能

 

iPhone6SにOCNモバイルONEのSIMカードを挿して使用する場合、テザリングが可能です。

 

他のキャリアでは、持ち込みのiPhone端末にau系のSIMを挿して使用するとテザリングができない場合がありました。(現在は解消)

しかし、OCNモバイルONEはドコモ回線を使用しており、問題なくテザリングが使えます。

 

キャリアメールは使えない

 

キャリアメールとは、そのスマホ会社が持つ固有のメールアドレスで、ドコモで言えば「@docomo.ne.jp」auで言えば「@ezweb.ne.jp」といったアドレスを指します。

キャリアメールはドコモ・au・ソフトバンクと一部のスマホキャリアの固有の機能で、OCNモバイルONEでは使えません

 

どうしてもキャリアメールを使いたい方はワイモバイルがおすすめです。

詳細記事ワイモバイルでiPhone6Sを使う手順を解説

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

【終了】OCNモバイルで買えるiPhone6S

 

OCNモバイルONEにおけるiPhone6Sの販売は終了しましたが、備忘録として残しておきます

iPhone6Sの購入方法

 

OCNモバイルONEのiPhone6Sは、OCNモバイルONE公式サイトの下記アイコンからジャンプできます。

OCNモバイルONE公式サイト」のトップページに表示されていますので、探してみてください。

 

 

もしアイコンがない場合は、系列の「goosimseller」に移動している可能性があります。

こちらをチェックしてください。

アイコンがない場合はこちらgoosimseller

 

iPhone6Sはメーカー認定整備済品

 

OCNモバイルONEで購入できるiPhone6Sは、「メーカー整備済み認定品」です。

 

メーカー整備済認定品とは、一度Appleから出荷されたものの何らかの理由でAppleに返品されてきた商品を、Appleがしっかり再整備・品質チェックして、新品と同様の性能があることを確認した製品です。

 

メーカー整備済認定品は、新品と同じ品質が担保されているにもかかわらず、新品より安く購入できるのがメリットです。

なお、いわゆる中古品ではありません。

 

iPhone6Sは海外モデル

 

OCNモバイルONEで販売されているiPhone6Sは海外で販売されていた商品です。

 

厳密に言うと、内蔵しているアプリケーションや設定仕様が国内モデルと異なる場合があるのですが、われわれが通常使用する分は全く問題ありません。

そもそも普通の人には差もわかりませんので安心してください。

 

容量は16GB、色はゴールド

 

OCNモバイルONEでは、iPhone6Sの16GBを取り扱っています。

なお、iPhone6Sの端末の色は通常ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4種類ですが、現在OCNモバイルONEで購入できるのはゴールドのみです。

 

iPhone6Sの付属品一覧

 

OCNモバイルONEのiPhone6Sには、以下のものが同梱されています。

  • Lightning – USBケーブル
  • USB電源アダプタ(国内で販売されている純正品)
  • 純正イヤホン
  • マニュアル(英語含む外国語表記)
  • SIM取り出しピン

 

ケーブルもイヤホンも付属していますし、電源アダプタも国内で販売されている純正品です。

ただし、説明書(マニュアル)は外国語表記となっていますので注意してください。(あまり使用しないとは思いますが…)

 

iPhone6Sのハードウェア保証あり

 

通常の新品と同様、アップルの1年間ハードウェア保証がつくため、万が一何かあっても安心です。

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sがない場合はこちらgoosimseller

 

iPhone6Sの特徴・レビュー

 

オシャレな本体デザイン

 

 

アイフォンの素晴らしいところは、なんと言ってもそのデザインです。

iPhone 6Sは外装に美しいアルミを使っており、高級感が漂っています。

スマホを電話だけでなくファッションの一部に昇華させた、至極のデザインであるといえます。

 

iPhone8とほぼ同じサイズ

 

私の友人は「iPhone 6Sは古いからかっこ悪いんじゃないか?」と言っていましたが、そんなことはありません。

なぜなら、iPhone 6SはiPhone 8とサイズがほぼ同じで、見分けがつきにくいからです。

 

下表のように、iPhone8とiPhone6Sはほぼ同サイズで、カバーをしてしまえばさらに見分けがつきにくくなります。

 

▼サイズ比較表▼

iPhone 8iPhone 6S
画面サイズ4.7インチ4.7インチ
67.3mm67.1mm
長さ138.4mm138.3mm
厚み7.3mm7.1mm
重さ148g143g

 

片手で操作できる絶妙な4.7インチ

 

iPhone6Sのディスプレイは4.7インチです。

この4.7インチは片手でギリギリ操作できる絶妙なサイズで、男女問わず好評です。

 

以前はスマホサイズの大型化が進んでいましたが、最近はコンパクトサイズの画面が見直されたり、18:9の縦長画面が流行です。

このiPhone6Sは発売から時期が経過していますが、4.7インチ画面はトレンド真っ只中のサイズで非常に使いやすいです。

 

本体の強度アップ

 

オシャレなデザインに注目されるiPhone6Sですが、実は強度が非常に高いのも特徴です。

外装に使われている素材は、アルミ合金の中でも最も強度が高い「7000番台」のアルミだと言われています。

この7000番台のアルミは軽い割に大変強度に優れた素材です。航空機や電車の車両にも使われる素材とのこと。

 

実は一つ前の機種のiPhone6では「6000番台」のアルミを使っていました。すると、ポケットの中で割れてしまうなどの報告が相次いだのです。

iPhone6Sではその対策がなされ、さらに優れた強度のアルミが使われたものと思われます。

 

十分なCPU性能

 

 

iPhone6Sには、A9というCPUが搭載されています。

iPhone7にはA10、iPhone8にはA11が搭載されており、それらと比べると若干見劣りはするものの、正直ほとんどの人にとっては十分な性能です。

スマホをガツガツ使う方やゲームをされる方も、それほど不自由なく操作できると思います。

 

メインカメラの画素数はiPhone8と同じ

 

iPhone 6Sのカメラの画素数は以下の通りです。

  • メインカメラ:1,200万画素
  • サブカメラ:500万画素

 

画素数も一般の方が使うには本当に十分なレベルです。

最新のiPhone8と比べても、自撮り用サブカメラは若干劣りますが、メインカメラの画素数は同等です。

 

iPhone 8iPhone 6S
メインカメラ1,200万1,200万
サブカメラ700万500万

 

また、(これは私の個人的な印象になりますが)アップル製品は同じ画素数のカメラをもつ他の機種よりも画質が綺麗に見えるように思います。

そういう意味でも、iPhone6Sのカメラ性能は申し分ないスペックと言ってよいでしょう。

 

指紋認証センサー「Touch ID」

 

今ではどのスマホにも搭載されるようになった指紋認証センサーですが、iPhone 6Sにも「Touch ID」という指紋認証センサーが搭載されています。

この「Touch ID」 は認証精度が非常によく、パスコードやパターンを入力することなく、一瞬でロックを解除することができます。

 

慣れると便利な「3D Touch」

 

iPhone6Sには「3D Touch」という便利機能が搭載しています。

これは、ボタンを押す強さを本体が認識して、画面上の動作を変える仕組みです。

例えば、WEB上のHPアドレスを軽く押すと、そのWEBページのプレビューが出現します。さらに強く押すとサファリ(WEBブラウザ)が起動して、そのWEBページに遷移することができます。

 

他にも便利な使い方はたくさんあるのですが、慣れるまでは若干大変です。

ですが、使っているうちにどんどん慣れてきて、意識することなく自然に使えるようになりました。

 

バッテリーの持ちは少々不安

 

iPhone6Sを実際に使っている方の不満をきくと、バッテリーの持ちに関するものが多いです。

 

バッテリー容量は非公表ですが、1,624mAhといわれています。

省エネ性能に優れているとはいえ、3,000mAh~4,000mAhの端末が多い現在では、かなり容量が少ないですね。

駆動時間が短いため、こまめに充電したりモバイルバッテリーを持ち歩く方も多いようです。

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sがない場合はこちらgoosimseller

 

iPhone6Sのスペック

 

基本スペック

 

スペック
サイズ(mm)W67× H139× D7.1
重さ約143g
画面サイズ4.7インチ
解像度1,334 x 750
バッテリー容量1,624mAh
OSiOS11
CPUA9チップ
M9コプロセッサ
メモリ(ROM)32GB・128GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリ
通信速度(下り)
有効画素数
(メインカメラ)
1200万画素
有効画素数
(サブカメラ)
500万画素

 

デザイン・カラー

 

f:id:SCANTY:20180219150024p:plain

 

iPhone 6Sの端末の色は通常ローズゴールド、ゴールド、シルバー、スペースグレイの4種類ですが、OCNモバイルONEで現在購入できるのはゴールドのみです。

 

iPhone6Sの料金・価格

 

OCNモバイルONEの料金はプラン料金+端末代金(24回分割 or 一括払い)です。

プランは月のデータ量上限が決まっている「標準コース」と、1日単位でデータ量を決める「日割コース」があります。

 

各コースにおけるiPhone6Sの料金は以下の通りです。

 

iPhone6S(16GB)

 

<端末代金分割払い>

コースデータ基本料端末代月額計
標準
3GB¥1,800¥1,800¥3,600
6GB¥2,150¥1,800¥3,950
10GB¥3,000¥1,800¥4,800
20GB¥4,850¥1,800¥6,650
30GB¥6,750¥1,800¥8,550
日割
110MB¥1,600¥1,800¥3,400
170MB¥2,080¥1,800¥3,880
低速15GB¥2,500¥1,800¥4,300

※価格は税抜
※初月にSIM代金3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥36,800
コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

※価格は税抜
※端末代金にSIM代金含む

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sがない場合はこちらgoosimseller

 

iPhone6S(64GB)

 

<端末代金分割払い>

コースデータ基本料端末代月額計
標準
3GB¥1,800¥2,100¥3,900
6GB¥2,150¥2,100¥4,250
10GB¥3,000¥2,100¥5,100
20GB¥4,850¥2,100¥6,950
30GB¥6,750¥2,100¥8,850
日割
110MB¥1,600¥2,100¥3,700
170MB¥2,080¥2,100¥4,180
低速15GB¥2,500¥2,100¥4,600

※価格は税抜
※初月にSIM代金3,000円必要

 

<端末代金一括払い>

端末代金
¥49,800
コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

※価格は税抜
※端末代金にSIM代金含む

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sがない場合はこちらgoosimseller

 

通話オプションの料金

 

上記通常料金に加え通話に関するオプションを追加する場合、料金が加算されます。

  • 国内10分かけ放題:10分以内の国内通話が何度でも無料
  • トップ3かけ放題:その月の通話時間上位3つが無料
  • かけ放題ダブル:国内10分かけ放題+トップ3かけ放題

 

通話オプション月額料金
国内10分かけ放題¥850
トップ3かけ放題¥850
かけ放題ダブル¥1,300

※価格は税抜

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

iPhone6Sがない場合はこちらgoosimseller

 

iPhone6S用のSIM契約はOCNモバイルONE公式サイトで

 

以上、OCNモバイルONEの「iPhone 6S」の紹介でした。

 

発売から時期はたっているものの、iPhone6Sは根強い人気を誇ります。

OCNモバイルONEなら、人気のiPhone6Sを格安で使えるため、大変おすすめです。

既にiPhone6Sをお持ちの方は、ぜひOCNモバイルONEで使用してください!

 

OCNモバイルONE公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひご利用ください!

 

▼iPhone6S用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONE トップへ

 

シムラボ トップへ戻る