お得なスマホセール実施中!(~9/30)   

OCNモバイルONEでiPhone7を使う全手順解説!テザリングやAPN設定も

 

 

本記事ではiPhone7・iPhone7 PlusをOCNモバイルONEで使用する設定・料金を詳しく解説します。

 

OCNモバイルONEでiPhone 7を使うことで、3大キャリアに比べ2年間で最大50,000円近く通信料を節約することができます。

iPhone7を使用するための各種設定も非常に簡単です。

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルONEにおけるiPhone7の動作確認状況

 

OCNモバイルONEでは、iPhone7について、OCNモバイルONEのSIMカードを挿入しても正しく使えることを確認しています。

SIMフリー端末も、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したiPhoneも問題なく使えます。

 

iPhone 7 PlusについてはSIMフリーとドコモ端末の動作確認しか終了していませんが、au・ソフトバンクで購入した端末もOCNモバイルONEで使えますので、安心して使用してください。

 

ただし、auとソフトバンクで購入したiPhoneを使用する場合は、SIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除
SIMフリー端末
不要
ドコモで購入
auで購入
必要
Softbankで購入

 

au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

OCNモバイルでiPhone7を使う手順

 

OCNモバイルONEの店頭・オンラインストアでは、iPhone7・iPhone7 Plusは販売していません。

そのため、以下の5つの手順が必要になります。

 

  1. MNP予約番号を発行
  2. OCNモバイルのSIMを契約
  3. iPhone本体を準備
  4. SIMカードを本体に挿入
  5. APN設定

 

MNP予約番号を発行

 

この工程は、番号そのままで他社からOCNモバイルONEに乗り換える場合のみに発生します。
乗換えではなく、OCNモバイルONEに新規に申し込む場合は飛ばしてください。

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安スマホキャリアから電話番号そのままでOCNモバイルONEに乗り換える場合は、乗り換え元のキャリアで「MNP予約番号」を発行してもらう必要があります。

 

MNP予約番号とは、同じ携帯番号を他社でも使用するための引継ぎ番号のようなものです。

ドコモ・au・ソフトバンクMNP予約番号は下記の方法で取得できます。

 

予約番号
発行方法
備考
ドコモ
店頭
電話ドコモのスマホから151
または0120-800-000
WEBマイドコモ
au
店頭
電話0077-75470
ソフト
バンク
店頭
電話Softbankスマホから*5533
または0800-100-5533

 

OCNモバイルのSIMを購入

 

次に、OCNモバイルONEのSIMカードを契約します。

 

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信を可能にします。

 

 

SIMカードの購入方法は2種類あります。

公式サイトで直接購入する場合と、アマゾンでエントリーパッケージを購入する方法です。

 

アマゾンでエントリーパッケージを購入すると契約事務手数料が無料になります。

しかい、結局公式サイトで手続きが必要なので手間がかかります。

 

 

公式サイトで直接購入するとお得にはなりませんが、手続きが楽です。

 

購入方法アマゾン公式サイト
特典2,100円お得なし
手間×
(煩雑)

(簡単)

 

A. OCNモバイル公式サイトから購入

 

まずはアマゾンではなく公式サイトから直接購入する方法です。

 

まず、「OCNモバイルONE公式サイト」にアクセスし、「Amazon.co.jp以外でご購入の方はこちら」を選択します。

 

 


その後、契約者情報やプランの入力、本人確認書類のアップロードをすると申し込み完了です。

 

なお、OCNモバイルONEでは、サイズの異なるSIMカードが数種類販売されています。

iPhone7・iPhone7 PlusのSIMカードは「nano」です。

下記画面で「nano」を選択して購入してください。

 

 

後日OCNからSIMカードが届きます。

SIMカードが送られてくるまでにiPhone端末を準備しましょう。

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

B. アマゾンでエントリーパッケージを購入

 

続いて、アマゾンでエントリーパッケージを購入する方法です。

 

まずは「OCNモバイルONE公式サイト」にアクセスします。

「SIM単品の購入はこちら」⇒「音声対応SIMカードを購入する」をクリックします。

 

 

 

すると、アマゾンのWEBページもしくはアプリが起動します。

そこで、通常のアマゾンで購入するときと同じように購入します。

 

アマゾンで購入すると代金が300円かかりますが、事務手数料3,000円が無料になります。

2,700円分の得ですね。

 

数日後、アマゾンから「アクティベートコード」というコードが書かれたパッケージが贈られてきます。

OCNモバイルONE公式サイト」から契約者情報やアクティベートコードの入力、本人確認書類のアップロードを入力すると申し込み完了です。

後日、OCNモバイルONEよりSIMカードが送られてきます。

 

エントリーパッケージを利用して購入する場合も、SIMカードの種類は「nano」です。

 

 

iPhone7・7Plus本体を入手

 

OCNモバイルONEではiPhone7・iPhone7 Plusを販売していません。

よって、端末は各自で用意する必要があります。

入手方法は主に以下の3通りです。

 

A. AppleでSIMフリー端末を購入

 

1つ目は、アップルストアで購入する方法です。

 

アップルストアでは、OCNモバイルONEのSIMカードを挿して使用できる「SIMフリー端末」が購入できます。

店頭でも購入できますし、Appleのオンラインストアでも購入できます。

 

▼iPhone本体の価格表▼

32GB128GB
iPhone 7¥61,800
(¥66,744)
¥72,800
(¥78,624)
iPhone 7
Plus
¥74,800
(¥80,784)
¥85,800
(¥92,664)

iPhone 7とiPhone 7 Plusを購入する – Apple(日本)

 

B. ドコモ・au・ソフトバンクの端末を流用する

 

2つ目は、ドコモ、au、ソフトバンクで使用している端末を流用する方法です。

 

ドコモで購入したiPhoneは、OCNモバイルONEでもそのまま使用できます。

しかし、au・ソフトバンクで購入した端末を使用するためには、SIMロック解除が必要です。

 

SIMロック解除
SIMフリー端末
不要
ドコモで購入
auで購入
必要
Softbankで購入

 

SIMロック解除とは、他の携帯会社で使用していた端末を、別の携帯会社でも使用できるようにすることです。

au・ソフトバンクの公式サイト・マイページからSIMロック解除を申請しましょう。

 

オンラインで手続きすると3分程度で解除が完了します。

店頭で手続きすると有料(3,000円程度)になりますので注意してください。

 

C. 中古ショップでSIMフリー端末を購入

 

iPhone7・7 Plusは中古スマホショップでも購入できます。

イオシス」「ムスビー」やじゃんぱら等の大型販売店では、未使用・状態が良い中古のiPhone7の在庫が豊富で、価格も安いです。

運がよければ新品に近い状態の商品が、新品より安く購入できます。

 

なお、中古スマホ店で購入する場合は、iPhone7のSIMフリー端末・SIMロック解除済端末、またはドコモ端末を購入しましょう。

 

▼新品/中古のiPhone7が安い▼

 

 

iPhone7にSIMカードを挿入

 

SIMカードが手元に届いたら、iPhone7・iPhone7 Plus本体にカードを挿入します。

挿入方法はアップルの公式サイトに詳細が記載されています。

iPhone や iPad の SIM カードを取り出す/差し替える – Apple サポート

 

APN設定

 

iPhone7本体にSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、iPhone7をインターネットに接続するための設定です。

作業は非常に簡単です。

 

APN設定をするためには、データ通信が必要になりますが、iPhone7はまだデータ通信ができませんので、Wi-Fiにつなげた状態で作業します。

 

1. Wi-Fiにつなげた状態でサファリを起動

 

 

2. APN構成プロファイルをインストール

 

サファリで下記URLに接続します。

APNプロファイル:http://s.ocn.jp/ocnprf

 

パスコードを入力

 

「次へ」をタップ

 

「インストール」をタップ

 

再度「インストール」をタップ

 

「完了」をタップ

以上で設定は完了です。 作業は5分程度で完了します。

※アプリからも設定可能:インターネット接続設定(iOS)

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

OCNモバイルONEでiPhone7用SIMカード購入時の注意点

 

iPhone7のSIMはnano

 

OCNモバイルONEでは、サイズの異なるSIMカードが販売されています。

iPhone7・iPhone7 Plus用のSIMカードは「nano」です。

 

microや標準のSIMカードを購入するとiPhone7では使用できず、手数料を払って交換してもらうことになりますので注意してください。

 

契約に必要な本人確認書類

 

OCNモバイルONEの音声SIMに申し込む場合は、本人確認書類の提出が必要です。

以下のものが本人確認書類として認められています。

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 個人番号カード
    (マイナンバーカード)

 

これらの本人確認書類はWEB申込み時に画像をアップロードすることで提出可能です。

 

支払はクレジット・口座振替

 

OCNモバイルONEの料金支払いはクレジットカードと口座振替が選択できます。

ただし、口座振替の場合は書類の提出が必要など、手続きが煩雑です。

可能であればクレジットカードを登録しましょう。

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

OCNモバイルONEでiPhone7使用時の注意点

 

iPhone7でテザリング可能

 

iPhone7・7Plusに格安スマホのSIMカードを挿入して使う場合、一部の機種はテザリングができないことがあります。

しかし、OCNモバイルONEなら問題なくテザリング可能ですので安心してください。

 

テザリングとは、スマホをモバイルルーター代わりにして、タブレットやゲーム機をネットに接続する方法のこと。

 

使用にはAPN設定が必要

 

OCNモバイルONEのSIMカードをiPhone本体に挿しても、データ通信はできません。

「APN設定」というネットワーク設定が必要です。

 

APN設定の方法は前章「iPhone7・iPhone7 Plusを使う5つの手順」で解説しています。

注意点として、APN設定はWi-Fiがつながっている状態で作業する必要があります。

 

メール設定はOCNアプリで

 

iPhone本体にSIMカードを挿し、APN設定が終了したら、メール設定をしましょう。

 

iPhone端末(iOS)のメール設定方法は、OCNモバイルONEのアプリで簡単に設定できます。

アプリを使用して設定すれば、プロファイルなどの入力が不要です。

 

メールの設定手順はこちらに詳しく解説されています。

詳細iOS端末のメール設定 | OCNモバイルONE

 

キャリアメールは使えない

 

キャリアメールとは、そのスマホ会社が持つ固有のメールアドレスで、ドコモで言えば「@docomo.ne.jp」auで言えば「@ezweb.ne.jp」といったアドレスを指します。

キャリアメールはドコモ・au・ソフトバンクと一部のスマホキャリアの固有の機能で、OCNモバイルONEでは使えません

 

どうしてもキャリアメールを使いたい方はワイモバイルがおすすめです。

詳細記事ワイモバイルでiPhone7・7 Plusを使う手順を解説

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

iPhone7用SIM購入はOCNモバイルONE公式サイトで

 

以上、OCNモバイルONEでiPhone7・iPhone7 Plusを使う手順の解説でした。

 

ぜひOCNモバイルONEでお得にiPhone 7を使ってください!

 

▼iPhone用SIMカードを購入▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

 

OCNモバイルONE トップへ