OPPO・ZenFoneの1円セール実施中! 

OCNモバイルONEにMNP転入/MNP乗り換えする全手順解説【完全版】

 

OCNモバイルONE ロゴ

 

本記事では、OCNモバイルONEへMNPで転入する手順や設定、料金を詳しく解説します。

 

他社からの乗り換え手順は少々複雑ですが、この記事を読めば簡単に理解できます。

 

▼OCNモバイルへMNP転入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

OCNモバイルへのMNP転入手順

 

ドコモ・au・ソフトバンクや他の格安SIMキャリアで既にスマホを契約している方は、電話番号を変えることなくOCNモバイルONEに乗り換えられます。

これを「MNP乗り換え」といいます。

 

MNPを利用してOCNモバイルONEに乗り換えるには、主に以下の手順が必要です。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. 乗り換え元でMNP予約番号を発行
  3. OCNモバイルでMNP転入手続き
  4. 回線切り替え手続き
  5. APN設定

※スマホをそのまま使う場合のみ

 

これから、それぞれの手順を詳しく解説します。

 

端末のSIMロック解除

 

この手順は、au・ソフトバンクなどで購入したスマホをOCNモバイルONEで使用する場合のみ必要です。

 

au・ソフトバンク端末はSIMロック解除必要

 

au・ソフトバンクで購入したスマホは、購入したキャリア以外でスマホ端末を使用できない「SIMロック」という状態になっています。

そのため、端末を他社でも使用するためには「SIMロック解除」という手続きをしなければなりません。

 

au・ソフトバンクを解約する前にマイページでSIMロック解除の手続きをしましょう。

 

端末購入元SIMロック解除
SIMフリー不要
ドコモ
au
ソフトバンク
ワイモバイル(※)
UQモバイル(※)

※:一部不要な端末あり

 

SIMロック解除の方法

 

SIMロック解除はauショップ・ソフトバンクショップなどの店舗でもできますが、その場合手数料3,000円がかかってしまいます。

ですので、必ずau・ソフトバンクのマイページからWEBで手続きしましょう。

マイページなら無料です。

 

 

また、ソフトバンクを解約後にSIMロック解除する場合は店舗のみとなり、やはり3,000円かかってしまいます。

解約・MNP転出する前にあらかじめマイページで解除しておきましょう。

 

auは解約後や中古端末でも、au IDを作成すればオンラインで無料で解除できます。

詳細auオンラインでSIMロック解除してみた

 

ドコモ・SIMフリー端末はSIMロック解除不要

 

ドコモで購入した端末やSIMフリー端末はSIMロック解除不要でOCNモバイルONEで使用できます。

OCNモバイルONEはドコモのLTE回線を借りて運営しているため、ドコモ端末はそのまま使えるのです。

 

ただし、SIMロック解除しておくのがおすすめです。

SIMロック解除はオンラインなら無料なので、余裕があれば解除しておきましょう。

詳細SIMロック解除 | docomo

 

MNP予約番号の発行

 

MNP予約番号の発行手順

 

さて、いよいよ乗り換え元キャリアのMNP転出手続き(解約手続き)に入ります。

 

MNPで他社に乗り換える場合、乗り換え元の携帯会社で「MNP予約番号」を発行してもらいます。

MNP予約番号とは新しい携帯会社へ引き継ぐための番号ですね。

 

MNP予約番号は以下の方法で取得できます。

 

  • 各キャリアショップの店頭
  • 電話
  • マイページ

 

店頭は混んでいますし、電話はなかなか繋がらないので、できればマイページで手続きするのがおすすめです。

 

 

手続きが終えれば、10桁のMNP予約番号が発行されます。

 

MNP予約番号の有効期限に注意

 

MNP予約番号には有効期限があり、通常15日間以内にMNP転入の手続きを終えなければなりません。

そのため、SIMの発送や回線切り替えの所要日数を考慮し、OCNモバイルONEではMNP転入手続きは12日以上有効期限が残っている状態で手続きすることになっています。

 

15日以内に全ての手続きが完了しないと再度MNP予約番号の取得が必要になりますので、発行後はすぐにOCNモバイルONEの契約手続きを進めましょう。

 

オンラインでMNP転入手続き

 

いよいよ、新しいキャリア「OCNモバイルONE」でMNP転入手続きします。

MNP転入手続きは「OCNモバイルONE公式サイト」で進めます。

 

手続きは非常に簡単です。

契約プランを選ぶ際に新規契約や機種変更ではなく「のりかえ(MNP)」を選択し、後の画面でMNP予約番号や有効期限などを入力するだけです。

 

 

オンラインで簡単に転入手続きできますし、端末やSIMカードもすぐに送られてきます。

 

なお、OCNモバイルONEにMNP転入の際は初期費用として3,000円がかかります。

 

回線の開通・回線切り替え

 

マイページで開通手続き(回線切り替え)が必要

 

OCNモバイルONEのSIMカードが届き、スマホ本体にSIMカードを挿入したら、回線の開通(切り替え)手続きを行います。

 

回線の切り替え手続きをすることで乗り換え元のキャリアが使えなくなり、あらたにOCNモバイルONEが使えるようになります。

 

回線切り替え手続きは、OCNのマイページで行います。

OCN ID・パスワードを入力してログインしてください。

ログイン後は、画面に従って切り替え手続きを終えればOKです。

 

詳細MNP時の回線切り替え手続き

 

マイページでの回線切り替えをすると、30分程度で回線が乗り換え元からOCNモバイルONEに切り替わります。

 

予約番号の期限が残り3日過ぎると自動で開通

 

マイページでの回線切り替えは、MNP予約番号の有効期限が3日以上残っている状態でしか手続きできません。

 

もし残り3日を過ぎても回線切り替え手続きが完了していない場合、OCNモバイルONE側で強制的に開通・回線切り替えがされます。

この場合、切り替えタイミングはわかりませんので、できるだけご自身で手続きしましょう。

 

開通手続き(回線切り替え)の受付時間

 

開通手続き(回線切り替え手続き)には受付時間が決まっており、手続きした時間によって開通時間が変わります。

 

手続きした時間回線開通
9:00~
20:59
約30分後
21:00~
翌8:59
翌日9:00以降

 

21時以降に開通手続きすると、実際に開通するのは翌日の9:00以降になりますので注意してください。

なお、上記時間帯であれば土・日・祝日も手続き可能です。

 

APN設定

 

回線切替完了後、SIMカードをこれから使う端末に入れてAPN設定(プロファイルインストール)をしましょう。

APN設定とは、手持ちの端末がOCNモバイルONEの回線でデータ通信できるようにする作業です。

 

APN設定はこちらのページで詳しく解説されています。

手持ちの端末がAndroidかiPhoneかで異なりますので注意してください。

 

 

APN設定が無事完了すれば、OCNモバイルONEでスマホが使用できるようになります。

 

▼OCNモバイルへMNP転入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

MNP転入時の注意点

 

必要なもの/本人確認書類

 

OCNモバイルONEにMNP転入する場合や音声通話付SIMを契約する場合には、本人確認書類の提示が必要です。

本人確認のために、以下の書類のいずれかを準備してください。

 

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 健康保険証
  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • マイナンバーカード
  • 身体障がい者手帳

 

OCNモバイルONE公式サイト」で手続きする場合は、申し込み画面にて上記の書類を撮影した写真をアップロードすれば本人確認は完了です。

 

MNP予約番号の有効期限

 

乗り換え元でMNP予約番号を発行してもらったら、すぐにOCNモバイルONEへMNP転入手続きをしましょう。

 

通常、MNP予約番号の有効期限は15日ですが、OCNモバイルONEへのMNP転入手続きは有効期限が12日以上残っている状態でしかできません

つまり、予約番号発行から3日以内に手続きが必要ということですね。

 

残り12日を過ぎると、再度MNP予約番号の発行が必要になります。

 

MNP転入にかかる期間・日数

 

公式サイト申込で最短3日

 

OCNモバイルONEにMNP転入するのにかかる日数は最短3日です。

私もOCNモバイルONEに申し込んだことがありますが、以下の流れでした。

 

  • 9/14:MNP予約番号取得
  •  〃 :公式サイトで音声SIM転入申し込み
  • 9/16:音声SIM到着
  •  〃 :回線切り替え手続き

 

私の場合は都内でしたので発送の翌日に到着しましたが、遠方の方は+1日になるかもしれません。

また、音声SIMの申し込みが遅くなった場合や申し込み内容に不備があればさらに日数がかかります。

 

さらに、申し込みが殺到する3~5月はさらに日数がかかることもあるでしょう。

 

パッケージは日数増

 

エントリーパッケージを使用してMNP転入に申し込む場合は、パッケージを注文してから到着するまでの日数が加算されます。

MNP予約番号の取得から逆算し、1日前に注文しておきましょう。

 

パッケージはOCNモバイルONE公式サイトで購入できます。

パッケージ購入OCNモバイルONE公式サイト

 

 

 

即日開通カウンターあり

 

OCNモバイルONEには、MNP転入が即日完了する「即日受渡カウンター」も用意されています。

ヨドバシカメラなどの家電量販店や、GEO(ゲオ)の一部店舗に行けば、即日で開通まで完了します。

お急ぎの方はご利用ください。

 

即日店舗即日受渡カウンター検索 | OCN

 

なお、店舗でMNP転入手続きする場合は以下のものを持参しましょう。

  • 本人確認書類
  • 料金支払い用クレジットカード
  • メールアドレス
  • MNP予約番号

 

 

不通期間/空白期間

 

OCNモバイルONEでMNP転入手続きする場合、不通期間・空白期間は発生しません。

 

OCNモバイルONEにMNP転入手続きをする場合、開通手続き(回線の切り替え手続き)をするまでは元のキャリアの通信が可能で、切り替え手続き後すぐにOCNモバイルONEの回線が使えるようになります。

 

ただし、開通処理中の約30分間はできるだけ通話やデータ通信をしないようにしましょう。

 

▼OCNモバイルへMNP転入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

シェア用の追加SIMにMNP転入する

 

OCNモバイルONEには、親となる契約者のデータ容量を分け合う「容量シェア」という仕組みがあります。

既にOCNモバイルONEに契約者がいる場合、MNP転入によりこの容量シェアの「子回線」に乗り換えることもできます

 

例えば、夫が既にOCNモバイルONEに契約していて、あらたにドコモを使っていた妻がOCNモバイルONEにMNP転入し、夫の「子回線」となって容量を二人で分け合う、といった場合です。

手順は以下の通りです。

 

  1. 妻(ドコモ)の契約名義を夫に変更
  2. ドコモのMNP予約番号取得
  3. 夫(OCN)が回線追加手続き

 

まず、OCNモバイルONEで容量をシェアするためには契約名義が同一でなければならないため、ドコモで契約している妻の名義を夫に変更します。

その上で、ドコモから転出するためのMNP予約番号を取得します。

 

その後、OCNモバイルONEの夫が回線の追加手続きをします。

通常のMNP転入手続きのように手続きするのではなく、「こちら」からSIMカードの追加手続きします。

 

あとは、通常のMNP転入手続きと同様にSIMカード到着後に開通手続きとAPN設定をすればOKです。

 

詳細は下記ページにこちらに記載されています。

詳細容量シェアへのMNP転入
(下部にパターン別の手順の記載あり)

 

ただし、非常に複雑なので、不明点があればチャットなどで聞きましょう。

チャットOCNモバイルONEのチャットサポート

 

 

▼OCNモバイルへMNP転入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

MNP転入はOCNモバイル公式サイトで

 

以上、OCNモバイルONEにMNPで転入する手順と注意点の解説でした!

 

OCNモバイルONEでは定期的に期間限定のお得なキャンペーンを実施していますのでぜひご利用ください!

OCNモバイルONEへのMNP転入はOCNモバイルONE公式サイトでどうぞ!

 

▼OCNへMNP転入する▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼端末セットが超お得▼

OCNモバイルONE

 

 

OCNモバイルONE トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました