goosimsellerでスマホセール実施中(~8/20) 

OCNモバイルONEの料金プラン完全ガイド!プラン変更やシミュレーションまで

 

本記事では「OCNモバイルONE」の料金プランについて徹底解説します。

 

OCNモバイルONEは料金が格安なのに加え、NTTグループだけあって通話オプションが充実しており、電話を良くする方は更にお得になります。

また、端末価格が格安SIMでもっとも安いため、スマホ端末とセット契約で大変お得になります。

※料金は原則税抜

 

▼申し込み・料金詳細を確認▼

OCNモバイルONE(公式)

 

音声対応SIMの料金プラン

 

初期費用は3,394円

 

OCNモバイルONEの初期費用は3,394円です。

 

  • パッケージ費用:3,000円
  • SIMカード手配料:394円

 

このうち、パッケージ費用は「エントリーパッケージ」を使うことで節約できます。

 

音声対応SIMの月額料金表

 

OCNモバイルONEの料金は大きく3つに分類されます。

 

  • 標準コース:月のデータ容量が設定
  • 日割コース:1日のデータ容量が設定
  • 低速大容量コース:500Kbpsで15GB使える
    →受付終了

 

「標準コース」は、月に使える高速データ通信の容量が決まったコースです。

 

また、月単位ではなく日単位でデータ用量が決まっている「日割コース」もあります。

このコースはOCNモバイルONEの特徴的なコースですね。

 

さらに、低速データ通信(500kbps)ながら大容量使える「低速大容量コース」もあります。

低速大容量コースは新規受付を終了しました

 

各コースの料金は以下の通りです。

 

コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

 

端末代金は一括/分割

 

OCNモバイルONEではSIMカードのみでも契約できますし、スマホとセットで購入することもできます。

端末も一緒に購入する場合は上記の基本料金に端末代金がかかります。

 

例えば私がおすすめのスマホ「AQUOS sense lite(SH-M05)」の場合だと以下のとおりになります。

 

<端末代金分割>

コースデータ基本料端末代月額計
標準
3GB¥1,800¥1,050¥2,850
6GB¥2,150¥1,050¥3,200
10GB¥3,000¥1,050¥4,050
20GB¥4,850¥1,050¥5,900
30GB¥6,750¥1,050¥7,800
日割
110MB¥1,600¥1,050¥2,650
170MB¥2,080¥1,050¥3,130
低速15GB¥2,500¥1,050¥3,550

 

<端末代金一括>

端末代金
¥24,800
コースデータ基本料
標準
3GB¥1,800
6GB¥2,150
10GB¥3,000
20GB¥4,850
30GB¥6,750
日割
110MB¥1,600
170MB¥2,080
低速15GB¥2,500

 

各機種の端末代金は「OCNモバイルONE公式サイト」でご確認ください。

 

また、おすすめスマホは下記記事を参考にしてください。

 

 

アプリ利用で通話料金半額

 

 

OCNモバイルONEの国内通話料金は20秒/30円です。

通話料金はどこも一緒ですね。

 

しかし、OCNモバイルONEでは国内通話料金を半額にできます。

スマホアプリ「OCNでんわ」から発信すると、国内通話が半額の10円/30秒になります。

 

「スマホアプリから発信」するといっても、通常の電話発信とほとんど変わりません。

電話帳から選択して発信できますし、通話も高品質です。

 

もちろん、この「OCNでんわ」アプリは無料です。

タダで通話料を半額にすることができます。

 

通話オプションの料金

 

OCNモバイルONEはアプリからかけることで半額になりますが、お得な通話オプションも用意されています。

よく電話をする方はこちらの方がお得です。

 

通話オプションを追加する場合、前述の基本料金に下記料金が加算されます。

 

  • 国内10分かけ放題:
    10分以内の国内通話がかけ放題
  • トップ3かけ放題:
    その月の通話時間上位3つが無料
  • かけ放題ダブル:
    国内10分かけ放題+トップ3かけ放題

 

通話オプション月額料金
国内10分かけ放題¥850
トップ3かけ放題¥850
かけ放題ダブル¥1,300

 

このかけ放題オプションの充実ぶりが、「さすがNTTグループのスマホキャリアだなー」と思わせてくれますね。

通話をよくされる方には間違いなく最もおすすめのスマホキャリアです。

 

▼申し込み・料金詳細を確認▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

データ通信SIMの料金プラン

 

SMS付/データ専用の2種類

 

OCNモバイルONEでは、音声通話機能のないデータSIMも契約可能です。

スマホはもちろん、タブレットやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)に挿して使用することができます。

 

データSIMはSMS機能の有無によって2種類に分かれます。

 

  • SMS機能あり:SMS対応SIM
  • SMS機能無し:データ専用SIM

 

SMS機能があると電話番号が付与されるため、電話機能がなくてもLINEが使えるようになります。

(ただし、SMS機能がなくてもFacebookで認証することも可能)

 

また、モバゲーなどの一部ゲームでは本人確認のためSMS機能が必要になる場合もあるので、それらに該当する方はSMS対応SIMを選択しましょう。

 

データSIMの料金表

 

音声SIM同様、SMS対応SIMとデータ専用SIMにも、3種類のコースが用意されています。

月に使える高速通信のデータ量が定められた「標準コース」、1日に使えるデータ量が定められた「日割コース」、低速通信(500kbps)ながら大容量使える「低速大容量コース」の3種類です。

 

各コースの基本料金は以下の通りです。

 

コースデータSMS対応データ専用
標準
3GB¥1,220¥1,100
6GB¥1,570¥1,450
10GB¥2,420¥2,300
20GB¥4,270¥4,150
30GB¥6,170¥6,050
日割
110MB¥1,020¥900
170MB¥1,500¥1,380
低速15GB¥1,920¥1,800

低速大容量コースは申込受付が終了しました

 

▼申し込み・料金詳細を確認▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

料金プランに関する補足・注意点

 

契約初月は基本料金無料

 

OCNモバイルONEの基本料金は初月無料です。

 

初月とは利用を開始した月なので、月初から使用を開始するとまるまる1ヶ月無料で利用することができます。

申込みから10日後に開通しますので、月末21日または22日以降に申込みすると翌月はまるまる一ヶ月使うことができます。

 

 

無料でプラン/コース変更可

 

OCNモバイルONEでは、毎月1回コース変更ができます。

 

例えば「来月は旅行に行くのでデータ容量を上げたい」という場合には、その月だけ容量を上げることができます。

変更は無料です。手数料などはかかりません。

 

変更する場合は前月のうちに申し込む必要があります。「今月ちょっと足りなそうだから上げたい」と思っても、変更が適用されるのは翌月からになります。

 

データ容量は繰り越し可能

 

 

OCNモバイルONEでは、余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

繰り越したデータが使えるのは、標準コースは翌月末まで(3月分のデータは4月末まで)、日割コースでは翌日までになります。

1日のデータ量が決められた日割コースでも繰り越しされるのが嬉しいですね。

 

さらに、翌月は繰り越しされたデータから先に消費されるので、また翌月にも繰り越ししやすくなります。

ただし、低速大容量コースでは繰り越しされません。

 

 

ターボ切替でデータ節約

 

 

OCNモバイルONEのマイページまたは専用アプリには「ターボ機能」という便利ワザがあります。

これは、高速通信と低速通信を切り替えるとこで、データ消費を節約できる機能です。

 

通常は高速通信になっていますが、低速通信に切り替えると速度が制限される代わりにデータ消費がカウントされません。

低速通信といっても最大200kbpsですので、LINEやメールの送受信、SNS、音楽ストリーミングなどは快適です。

 

切替はアプリを使えばワンタッチでできますし、一日に何回も切替できるので、ターボ機能を使えば賢くデータ節約ができます。

 

 

最低利用期間・契約更新月

 

音声通話SIM

 

音声SIMは、利用開始月を1ヶ月目とした6ヶ月間が最低利用期間になっており、この期間内に解約すると解約違約金が発生します。

解約違約金は8,000円(不課税)です。

 

ただし契約の自動更新はなく、6ヶ月経過すればいつ解約・MNP転出しても違約金は取られません。

 

 

SMS対応・データ専用SIM

 

SMS機能付きSIMとデータ専用SIMは最低利用期間がありません。

ただし、利用開始月に解約した場合は月額料金がまるまる発生しますので注意してください。

 

 

 

解約違約金は8,000円

 

前述したとおり、音声SIMの場合は6ヶ月以内に解約すると解約違約金(解約手数料)が発生します。(データSIM違約金無し)

金額は一律8,000円(不課税)です。

 

他社は通常2年縛り、短くても1年縛りのところが多いので、OCNモバイルONEは非常に短いですね。

 

解約月は全額請求/日割りなし

 

OCNモバイルONEで解約・MNP転出した場合、解約した月の料金は満額支払う必要があります。

日割り計算にはなりません。

 

そのため、解約しても実際に回線が停止するのは月末日の24時で、それまでは使用できます。

 

また、(未確認情報ですが)翌月1日になっても使用できることもあるようです。

その場合、翌月も使ってしまうと料金が発生する可能性がありますので、使用しないように注意してください。

 

▼申し込み・料金詳細を確認▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

料金シミュレーション方法

 

OCNモバイルONEには料金シミュレーションの方法がありません。

他のキャリアでは途中まで実際に申し込み手続きをすることで、初期費用や毎月の料金がわかる場合があるのですが、OCNモバイルONEでは不可です。

 

唯一の方法は、「OCNモバイルONE公式サイト」に出現するチャットサポートで聞いてみることです。

料金シミュレーションをしたいといえば、いろいろ教えてくれます。

 

事前に希望のコースや端末、オプションの要否などを決めておくとよいでしょう。

 

料金確認OCNモバイルONE公式サイト

 

▼画面下部に出てくるチャットサポート▼

 

料金明細・料金の確認方法

 

OCNモバイルONEの毎月の料金を確認したい、明細を見たいという方は、OCNモバイルONEのマイページから確認できます。

毎月の料金の推移や請求額の内訳などが詳しくわかりますので、定期的にチェックしましょう。

 

明細確認OCNモバイルONEマイページ

詳細料金明細の確認方法 | OCNヘルプ

 

料金の支払い方法

 

基本はクレジットカード

 

OCNモバイルONEの料金支払いは原則クレジットカードによる支払いです。

OCNモバイルONE公式サイトで申し込む際、クレジットカードによる支払いしか選択できません。

 

何か特段の理由がない限り、クレジットカードで支払いましょう。

 

口座振替もできるが…

 

実はOCNモバイルONEの料金は口座振替でも可能です。

ただし、手続きが非常に複雑なため、おすすめできません。

 

口座振替による支払いを希望する場合は、OCNモバイルONEに契約する前にカスタマーセンターに連絡し、口座振替の申込用紙を取り寄せる必要があります。

この申し込み用紙を返送してから契約手続きする必要があるため、契約までに時間がかかり、手続きも増えてしまいます。

 

よほどの理由が無い限り、クレジットカードで支払ったほうがよいでしょう。

 

OCNモバイルONEの申し込みは公式サイトで

 

以上、OCNモバイルONEの料金の解説でした。

 

料金が格安なので、ドコモ・au・ソフトバンクと比べて月5,000円以上の節約になります。手持ちの端末も使えますし、新たなスマホを安く購入することもできます。

また、NTTグループだけあって通話オプションが充実しており、電話を良くする方は更にお得になります。

 

OCNモバイルONE公式サイト」なら24時間、待ち時間なしで申し込むことができますので、ぜひお申込ください!

 

▼申し込み・料金詳細を確認▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

 

OCNモバイルONE トップへ