iPhone/Androidの超特価セール実施中【~2/7】 

【2022年1月】OCNモバイルONEの速度測定結果!新コースは遅い?

 

OCNモバイルONE 速度測定

 

本記事では、私が実際にOCNモバイルONEの速度を測定した結果をまとめています。

 

OCNモバイルONEの新コースはサービス開始から2年近くが経過しましたが速度はまだまだ速く、お昼12:30でも他より速い速度が出ています。

 

OCNモバイルONEの新コースは料金も安くて端末価格も最安値です。

速度・料金の両面で、ドコモ回線を使った格安SIMでは最もおすすめのキャリアです。

 

▼お得なスマホセール実施中▼

OCNモバイルONE

 

通信速度以外にもメリットたくさん!
OCNモバイルの特徴・デメリット

 

OCNモバイルの速度の評価

 

  • 新コースは非常に速い
  • お昼でも3~10Mbps出る
  • 開始2年後でも速度キープ中
    →ドコモ回線では一番おすすめ

 

通信速度は環境や地域によって大きく変動しますので、あくまで参考としてお読みください

 

速度は昼も速い

 

OCNモバイルONEでは2019年11月末から新コースが開始しました。

以前のコース(=既存コース)も継続して利用できますが、既存コースと新コースは別の帯域を使っているため、2つのコースの通信速度は異なります。

 

新コースの速度はかなり速いです。

1日で最も回線が混雑するお昼12:30でも3~10Mbps程度出ており、動画視聴なども問題ないでしょう。

朝夕の通勤時間帯もほとんど速度が低下しません。

 

ワイモバイル・UQモバイルを除いた主要な格安SIMではトップクラスの速度です。

BIGLOBEモバイルのタイプDと並び、ドコモ回線を使った格安SIMではおすすめの格安SIMですね。

 

新コースと旧プランの速度比較

 

現在OCNモバイルONEに普通に契約すると新コースの契約になりますが、それ以前に提供されていたコース(既存コース)も契約できます。

ただし、通信速度は新コースが断然速いです。

 

既存コースは通常時間はそこそこ速いですが、お昼だけは1Mbps以下に低下します。

他の格安SIMと同じレベルの速度ですね。

 

一方、新コースはお昼でも3~10Mbps程度出ています。

 

<既存コースとの比較>

新コース既存コース
通常の
速度
20Mbps以上20Mbps以上
お昼の
速度
3~10Mbps1Mbps以下

 

以前にOCNモバイルONEの担当者の方とお話する機会がありましたが、新コースと既存コースの速度は「新コースのほうが既存コースよりも速くなるように調整していく」とのことでした。

実際に新コースが断然速いです。

 

既存コースに契約していた方も、速度にこだわるのであれば新コースに変更した方が良いです。

 

新コースの唯一の注意点

 

OCNモバイルONEの新コースは速度も速く、料金も安いです。

またスマホの価格も安く、セール非常にお得です。

ドコモ回線ではおすすめのキャリアです。

 

しかし、新コースには1つ注意点があります。

それは、節約モード設定時の低速通信の使用量に制限があることです。

 

OCNモバイルONE 節約モード

 

OCNモバイルONEではアプリで節約モードに切り替えると速度が低速になるかわりに契約容量を消費せずに使えるサービスがあります。

新コースでも低速に切り替えが可能なのですが、容量に制限があります。

 

契約した容量の半分を節約モードで使うと、速度がさらに低速に制限されます。

3GBプランを契約中の方は、節約モードで1.5GB使うとさらに速度制限がかかる、という仕組みです。

 

<節約モードの容量制限>

契約容量低速通信の
容量上限
500MB250MB(0.25GB)
1GB0.5GB
3GB1.5GB
6GB3GB
10GB5GB

 

節約モードでたくさんデータを使う使い方をしたい方は既存コースに申し込みましょう。

 

ただし、既存コースは新コースよりも料金は高くて速度は遅く、スマホセットでは契約できません。

基本的には新コースがおすすめです。

 

どうしても低速モードでたくさん通信したい方は最大1.5Mbpsで使い放題のパケットPlusが選べるmineoがおすすめです。

 

▼OCNモバイルに申し込む▼

OCNモバイルONE(公式)

 

▼お得なスマホセール実施中▼

OCNモバイルONE

 

 

OCNモバイルの速度測定結果

 

本章では、直近3ヶ月の平日の通信速度を計測した結果を記載しています。

 

  • 計測アプリ:ドコモスピードテスト
  • 端末:ZenFone Live L1
  • 計測場所:東京23区内の住宅地

 

なお、本記事ではすべて新コースの速度を計測しています。

 

平日朝の速度

 

平日朝の時間帯の計測結果は以下のとおりです。

 

<2022年1月>

07:0008:3010:00
1/5(水)14.5116.9821.73
1/6(木)39.5918.7242.56
1/7(金)30.7325.9924.67
1/11(火)23.9834.075.73
1/12(水)19.1627.6314.21
平均25.5924.6821.78

 

朝方で最も回線が混雑する8:30の平均速度は24.68Mbpsです。

最も遅い日でも16Mbps出ていますので、非常に快適ですね。

 

7:00・10:00も快適です。

日によってやや上下がありますが、それでも全体的に十分な速度です。

 

スマホの速度は3~4Mbpsもあれば高画質のYoutubeも途切れずに視聴できますので、この時間は全く問題ない速度です。

新コースは開始から2年近く経ちましたが、まだまだ速いですね。

 

過去の速度測定結果

 

<2021年12月>

07:0008:3010:00
12/1(水)44.9538.3823.23
12/2(木)28.2526.7643.44
12/3(金)32.5829.7726.98
12/6(月)47.1639.3136.72
12/7(火)24.8720.9031.21
平均35.5631.0232.32

 

<2021年11月>

07:0008:3010:00
11/4(木)26.9237.4140.28
11/5(金)43.6444.6426.67
11/8(月)45.7131.3342.03
11/9(火)42.6328.7834.37
11/10(水)40.3636.6429.32
平均39.8535.7634.53

 

平日お昼の速度

 

最も通信速度が遅くなる平日のお昼の計測結果です。

 

<2022年1月>

11:3012:0012:3013:0013:30
1/5(水)15.1725.216.2225.23
1/6(木)23.5414.253.6436.2019.29
1/7(金)40.5122.185.4335.8420.47
1/11(火)32.0615.854.5035.8420.03
1/12(水)18.0517.176.6323.5929.51
平均25.8718.935.2831.3422.33

 

1日で回線が最も混雑するお昼12:30の平均速度は5.28Mbpsです。

どの日も10Mbps以下なので他の時間に比べると遅いですが、最も遅い日でも3.6Mbps以上でています。

スマホの通信速度は2MbpsあればYoutubeの高画質動画も快適なので、速度の低下はあまり感じないでしょう。

 

私も最近はOCNモバイルONEのSIMをメインで使っていますが、お昼でも速度の低下はほとんど感じません。

他キャリアやOCNモバイルONEの既存コースは12:30にほぼ1Mbps以下になるので、この時間にしてはかなり速いです。

 

この速度はワイモバイル・UQモバイルを除いた格安SIMではトップクラスの速度です。

ドコモ回線を使った主要な格安SIMでもトップクラスの速度なので、お昼にスマホを使う方にもOCNモバイルONEの新コースはかなりおすすめですね。

 

ただし、やはり12:30には大きく落ち込みます。

この速度でもほとんど問題ないですが、気になる方はお昼でも快適なワイモバイルUQモバイルを選びましょう。

 

過去の速度測定結果

 

<2021年12月>

11:3012:0012:3013:0013:30
12/1(水)29.6630.328.6627.8530.82
12/2(木)22.1318.7925.4445.1322.54
12/3(金)24.6516.042.4738.9424.56
12/6(月)39.5034.598.8333.7018.91
12/7(火)43.7133.903.1837.1320.57
平均31.9326.739.7236.5523.48

 

<2021年11月>

11:3012:0012:3013:0013:30
11/4(木)25.4031.0011.5038.3630.01
11/5(金)27.1426.767.6024.7032.91
11/8(月)40.8340.4713.0946.8542.98
11/9(火)31.9816.586.9326.3527.49
11/10(水)27.7427.836.7627.8131.34
平均30.6228.539.1832.8132.95

 

平日夕方の速度

 

続いて、平日の夕方の時間帯の速度です。

この時間は比較的どこも安定しています。

 

<2022年1月>

15:0016:0017:00
1/5(水)17.6716.9928.42
1/6(木)16.2341.1229.36
1/7(金)20.5327.6115.32
1/11(火)17.8915.6913.50
1/12(水)13.0418.8934.44
平均17.0724.0624.21

 

新コースの15時~17時は安定して速いですね。

最も遅い日でも13Mbps以上なので、この時間は全く問題ありません。

 

そもそも、お昼の混雑が終わったあとのこの時間は他のMVNOでも快適です。

OCNモバイルONEは回線が最も混雑する昼12:30でも速いので、この時間は問題ないでしょう。

 

過去の速度測定結果

 

<2021年12月>

15:0016:0017:00
12/1(水)32.5533.9020.33
12/2(木)26.9222.8725.74
12/3(金)21.3831.7731.97
12/6(月)34.2934.2917.42
12/7(火)22.4933.5118.68
平均27.5331.2722.83

 

<2021年11月>

15:0016:0017:00
11/4(木)44.9634.7527.00
11/5(金)46.3043.5638.61
11/8(月)37.2646.1043.07
11/9(火)18.6012.7619.28
11/10(水)26.1423.4530.26
平均34.6532.1231.64

 

平日夜の速度

 

続いて平日の夜の時間帯です。

この時間帯はお昼に続いて通信速度が遅くなる時間帯です。

 

<2022年1月>

18:0020:0022:0024:00
1/5(水)32.6814.2925.51
1/6(木)30.3923.3122.7727.97
1/7(金)28.4329.9629.27
1/11(火)26.7512.4029.6612.74
1/12(水)25.0822.5320.7213.03
平均28.6720.5025.6119.81

 

OCNモバイルONEはこの時間も快適ですね。

この時間帯で最も回線が混雑するのは18~20時ですが、最も遅い日でも25Mbps出ています。

 

20時以降はやや速度が低下する日もありますが、どんなに遅くても10Mbps以上出ていて快適です。

 

OCNモバイルONEの新コースは2019年11月にサービス開始して以来ずっとこの速度を保っています。

OCNモバイルONEの新コースはドコモ回線では一番おすすめの格安SIMキャリアです。

 

 

過去の速度測定結果

 

<2021年12月>

18:0020:0022:0024:00
12/1(水)26.3728.2037.1035.45
12/2(木)35.0533.1837.1423.85
12/3(金)31.6337.0434.1927.32
12/6(月)29.3030.7834.0127.94
12/7(火)32.3926.8330.8433.53
平均30.9531.2134.6629.62

 

<2021年11月>

18:0020:0022:0024:00
11/4(木)38.6134.5618.938.50
11/5(金)25.8637.6434.9623.33
11/8(月)46.1941.4238.8626.27
11/9(火)26.9024.9029.0332.25
11/10(水)24.0034.3924.6433.07
平均32.3134.5829.2824.68

 

▼OCNモバイルに申し込む▼

OCNモバイルONE(公式)

 

 

OCNモバイルと他社の速度比較

 

MVNOとの速度比較

 

私は主要な格安SIMの速度を毎月測定していますが、他の格安SIMとOCNモバイルONEの速度を比較するとおおむね以下のとおりです。

 

キャリア
(上から速い順)
1日中超高速・ワイモバイル
・UQモバイル
1日中速いが
昼はそこそこ
・OCNモバイルONE(新)
・BIGLOBEモバイル(D)
お昼以外
速い
・BIGLOBEモバイル(A)
お昼と夕方以外
速い
・マイネオ(A・D・S)
・IIJmio(D)
遅い・IIJmio(A)

 

 

キャリアのサブブランドであるワイモバイル・UQモバイルの速度は別格です。

お昼でも速度が変動せず、1日中速いです。

 

OCNモバイルONEの新コースはそれに次いで速いです。

最も混雑する12:30でも3~10Mbps程度出ており、ほとんど一日中問題なく使えるでしょう。

BIGLOBEモバイルのタイプDと並んで、ドコモ回線の格安SIMではトップクラスに速いのでおすすめですね。

 

速度にこだわるならワイモバイル・UQモバイル・OCNモバイルONEがおすすめです。

ドコモ回線を選ぶならOCNモバイルONE、ソフトバンク回線ならワイモバイル、au回線ならUQモバイルがおすすめです。

 

 

ドコモ/ahamoとの速度比較

 

OCNモバイルONEはドコモ回線を使っています。

ドコモと同じNTTグループですが、サブブランドではありません。

 

また、ドコモの新ブランド・料金プランとしてahamoが2021年に開始しました。

OCNモバイルONE(新コース)とドコモ・ahamoの速度を比較すると、ドコモ・ahamoの方が速いです。

 

通常時はOCNモバイルONEもドコモ・ahamoと同じくらい高速です。

ただし、OCNモバイルONEはお昼はやや速度が低下するのに対し、ドコモ・ahamoは変動がありません。

 

<速度比較イメージ>

OCNモバイルドコモ・
ahamo
通常時20~50
Mbps
20~50
Mbps
お昼3~10
Mbps
20~50
Mbps

 

ただし、OCNモバイルONEもお昼12:30でも3~10Mbps近く出ています。

スマホの通信速度は2~3Mbpsもあれば何でもできますし、それ以上になると体感で速い/遅いはほとんど感じません。

数値上はやや劣りますが、実際に使っている中でドコモと比べて遅いと感じることはほとんどないでしょう。

 

OCNモバイルONEはドコモ回線の主要なMVNOでは最も速い速度が出ているので、個人的には非常におすすめです。

お昼の混雑時は遅くなるのでやや不安はありますが、速度が低下するのは12時~13時の短時間だけですし、低下すると言っても3~10Mbps程度出ています。

また、料金はOCNモバイルONEの方が断然安いです。

 

不安な方はドコモ・ahamoを選んでも良いと思いますが、個人的にはOCNモバイルONEの方が断然おすすめです。

 

端末によって速度は異なる

 

これまで解説したとおり、OCNモバイルONEの速度はMVNOではトップクラスです。

ただし、時間帯によって遅くなる場合もありますので、速度にこだわる方は使う端末を見直しましょう。

 

OCNモバイルONEを含め、スマホの通信速度は使う端末によって異なります

他社の測定ですが、例えばワイモバイルの速度を別の端末で測定すると速度が大きく変わります。

 

例えば、2021年8月にZenfone3で測定したお昼の速度は平均20~30Mbpsです。

 

<ワイモバイル・2021年8月>
(測定:ZenFone3)

11:3012:0012:3013:0013:30
8/2(月)21.0719.2824.0920.6716.90
8/3(火)32.9834.9933.4429.8333.23
8/4(水)33.3934.0633.0930.2132.48
8/5(木)26.8723.7832.1630.2226.26
8/6(金)32.2416.8530.9234.0930.96
平均29.3125.7930.7429.0027.97

 

一方、9月にAQUOS R2(706SH)で測定すると平均50Mbps程度出ています。

 

<ワイモバイル・2021年9月>
(測定:AQUOS R2)

11:3012:0012:3013:0013:30
9/7(火)40.9146.7831.5845.9352.18
9/8(水)46.1652.1246.0949.9550.05
9/9(木)48.2154.9748.2539.1143.29
9/10(金)35.4049.8955.7658.9050.23
平均42.6750.9445.4248.4748.94

 

月によって速度が異なるのは、AQUOS R2が「キャリアアグリゲーション」「4×4 MIMO」「256QAM」という通信速度を速める機能に対応しているからです。

ZenFone3はどれにも対応していません。

 

ハイスペック機種を中心に、一部のスマホには「キャリアアグリゲーション」「4×4 MIMO」「256QAM」に対応している機種があります。

これらの機種を使うと、通信速度はかなり速くなります。

 

これらの機能を搭載したスマホはドコモで販売された高性能機種に多いです。

速度にこだわる方は、「キャリアアグリゲーション」「4×4 MIMO」や「256QAM」に対応しているドコモのスマホを探してみるのも良いでしょう。

 

OCNモバイルONEでもたまにハイスペック機種を販売していますので、「キャリアアグリゲーション」「4×4 MIMO」や「256QAM」に対応しているか確認してみてください。

 

 

キャリアアグリゲーション

 

キャリアアグリゲーションとは、かんたんに言うと複数の周波数帯の電波を束ねて同時利用することで通信速度を速くする技術です。

 

キャリアアグリゲーション しくみ

※画像引用:au公式サイト

 

コップに入った水を飲む際、1本のストローで吸うよりも2本のストローで吸ったほうが速く飲めるのと同じような仕組みです。

また、ストローを2本使っていれば1本が詰まってももう1本のストローで飲み続けられます。

 

4×4 MIMO

 

4×4 mimo しくみ

※画像引用:au公式サイト

 

4×4 MIMO(フォーバイフォー マイモ)とは、電波を受信するアンテナを従来の2本から4本に増やすことで速度を速くする技術です。

 

通常は2本のアンテナでデータをやり取りしますが、一部の機種にはアンテナが4本搭載しており、速度が2倍になります。

 

256QAM

 

256QAM しくみ

※画像引用:au公式サイト

 

「256QAM」とは、一度に運べるデータ容量を増やす技術です。

256QAMに対応している機種は通信速度が1.3倍向上すると言われています。

 

OCNモバイルの速度制限

 

速度制限がかかる場合

 

OCNモバイルONEで速度制限がかかるのは、月のデータ容量を使い切った場合のみです。

それ以外に速度制限がかかる事はありません。

 

月のデータ容量を使い切ると、通信速度が最大200kbps(0.2Mbps)に制限されます。

節約モードをONにした場合の速度と同じで、LINEやメールなどの文字のやり取り、音楽ストリーミングやラジオ視聴は問題ない速度です。

 

ただし、WEBサイトの閲覧や画像の多いSNS閲覧や動画の視聴など、ほとんどのことは快適にできなくなります。

 

速度制限の解除方法

 

速度制限がかかった場合、容量を追加購入することで制限が解除できます。

 

OCNモバイルONEの新コースの場合、容量追加(容量チャージ)はアプリで手続きすると1GBあたり税込550円です。

WEBサイトのマイページなどからも追加できますが、アプリ以外でチャージすると500MB(0.5GB)で税込550円と割高になります。

必ずアプリから追加購入しましょう。

 

<OCNモバイルの容量追加>

アプリアプリ以外
容量追加1GB/
550円
0.5GB/
550円

 

容量を追加するとすぐに速度制限が解除されます。

詳細容量追加オプション | OCN

 

新コースは低速に容量制限あり

 

OCNモバイルONEの新コースは、節約モードおよび容量を使い切った後の速度制限時の使用量に制限があります。

 

新コースを契約している方は、低速通信の使用量が契約容量の半分を超えると、速度が最大200Kbpsからさらに制限されます。

3GBプランを契約している方は、低速で1.5GB使うと制限されます。

 

契約容量低速通信の
容量上限
500MB250MB(0.25GB)
1GB0.5GB
3GB1.5GB
6GB3GB
10GB5GB

 

プランによりますが、低速モードでネットラジオを流しっぱなしにしている方などを除けば、通常の方は制限がかかるようなことはなさそうです。

ただし、低速を活用される方は気をつけましょう。

低速がさらに制限される場合の最大速度は非公表です。

 

OCNモバイルONEの旧コースは、低速でいくら使っても速度制限がかかることはありません。

 

OCNモバイルONEの申込はこちら

 

以上、OCNモバイルONEの通信速度の計測結果の解説でした。

 

OCNモバイルONEの新コースは開始依頼ずっと快適な速度を保っています。

来月以降も継続して計測していきますので、ぜひチェックしてください。

 

OCNモバイルONEの申し込みは「OCNモバイルONE公式サイト」からどうぞ!

契約前には必ずメリット・デメリット一覧とセール情報を確認してください。

 

 

▼お得なスマホセール実施中▼

OCNモバイルONE

 

 

OCNモバイルONE 記事一覧

 

タイトルとURLをコピーしました