iPhone13はほぼ最安値!価格/予約はこちら 

楽天モバイルのAQUOS sense4 liteが一括1円!実機レビュー

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite レビュー

 

本記事では楽天モバイルから発売されたAQUOS sense4 lite SH-RM15の実機レビューとスペック・価格を解説します。

 

シャープ製の安心なスマホながらSnapdragon720Gを搭載しており、スペックもなかなかです。

2021年6月からSIMとセットなら一括1円で買えるようになりました。

 

▼AQUOS sense4 liteの詳細▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼SIMとセットなら一括1円▼

楽天モバイル キャンペーン AQUOS sense4 lite 1円

 

シムラボのおすすめはこちら!
楽天モバイルのおすすめ機種

 

ワイモバイルもおすすめ
ワイモバイル タイムセール バナー

全国で快適に通信可能!
8月にデータ繰越も開始

◎:日本全国で電波が繋がる
◎:iPhoneも動作確認済み
◎:格安SIMで契約者数最多
◎:お昼も速度が遅くならない
◎:全国の店舗でサポート可

AQUOS sense4 liteの私の評価

 

かなりおすすめの機種

 

個人的に、AQUOS sense4 liteは非常におすすめの機種です。

もともとAndroidでは最もおすすめの機種でしたが、一括1円で買えるようになりさらにおすすめ度が上昇しました。

 

  • SIMとセットなら一括1円
  • Snapdragon720G搭載
  • eSIM+nanoSIMのデュアルSIM
  • 防水・指紋認証・おサイフ対応
  • 長持ちバッテリー
  • 安心のSHARP製
  • カメラはそこそこ
  • 5Gには非対応
  • 付属品なし

 

これまでのAQUOS senseシリーズはCPU性能が最低限という機種が多かったですが、AQUOS sense4 liteはSnapdragon720Gを搭載しています。

メモリーRAMも4GBあり、antutuのベンチマークスコアでも28万くらいでるので処理性能はかなり良いでしょう。

 

普段使いには十分すぎる性能ですし、一部の高負荷の3Dゲームを除けばゲームも快適だと思います。

 

4,570mAhの大容量バッテリーに加え、SHARP独自の省エネ技術により電池も長持ちします。

バッテリーの劣化も少ないため、2~3年と長く使えるのもメリットです。

 

顔認証だけでなく指紋認証センサーも搭載しているので、マスクをしている際にもスムーズにロック解除ができます。

もちろんおサイフケータイや防水・耐衝撃にも対応していて安心です。

 

SIMロックもかかっておらず、楽天モバイル以外のドコモ・au・ソフトバンク回線でも使えるのも嬉しいですね。

(使用時は各キャリアの動作確認端末一覧を確認してください)

 

この性能で一括1円はありえないお得さです。

どれにしようか迷っている方はこの端末を買っておけば間違いありません。

 

唯一の欠点・デメリットは…

 

AQUOS sense4 liteの唯一にして最大の欠点はカメラです。

 

AI搭載により誰でもかんたんに撮影できるのはメリットですが、画素数や性能はそこそこです。

こだわる方は他の機種にしましょう。

 

楽天モバイルでは4眼カメラを搭載したAQUOS sense4 plusが発売されました。

価格は1万円ほど高いですが、写真にこだわる方はAQUOS sense4 plusを選びましょう。

詳細AQUOS sense4 plus | 楽天モバイル

 

<4 plusとのカメラの違い>

4 lite4 plus
アウト
カメラ
画素数
1,200万(標準)
+800万(望遠)
1,200万(標準)
+500万(広角)
+190万(マクロ)
+190万(深度測定)
イン
カメラ
画素数
800万(標準)800万(標準)
+190万(深度測定)

 

といっても、AQUOS sense4 liteも十分でしょう。

のちほど実際に撮影した写真を載せていますが、写真にすごくこだわる方でなければ全く問題ない性能です。

 

どうしてもカメラ性能にこだわり高い方は、OPPO Reno5 AiPhoneを買うのがおすすめです。

 

 

不具合はアップデートで解消

 

AQUOS sense4 liteは発売後にいくつか不具合が発覚しました。

 

まずは、望遠カメラ利用時にピントを自動で合わせるオートフォーカス機能が作動せず、美しい写真が撮影できない不具合です。

詳細望遠カメラのオートフォーカスについて

 

また、ディスプレイが点灯しない、カメラアプリでSDカードを選択できないなどの不具合もありました。

 

この不具合は2020年12月1日以降に配信されたソフトウェアアップデートで解消します。

購入後は必ずアップデートしてから使ってください

 

アップデートはWi-Fiに接続した上で「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」から可能です。

アップデートは一度で終わらない場合もあるので、何度かチェックしてください。

 

▼SIMとセットなら一括1円▼

楽天モバイル キャンペーン AQUOS sense4 lite 1円

 

 

AQUOS sense4 liteの価格・値段

 

楽天モバイルアンリミット AQUOS sense4 lite

 

SH-RM15の価格・値段

 

楽天モバイルにおけるAQUOS sense4 liteの価格は税込25,001円です。

発売当初は税込32,800円でしたが、2021年6月に値下げされました。

 

また、SIMとセット契約ならキャンペーンで一括1円で購入できます。

 

キャンペーンでポイント還元

 

AQUOS sense4 lite 楽天モバイル 1円 キャンペーン レビュー

 

最大25000P還元

 

AQUOS sense4 liteを購入と同時に楽天モバイルに契約される方は、お得なキャンペーンが適用できます。

また、AQUOS sense4 lite限定のキャンペーンも実施します。

 

楽天モバイルでは現在、SIMを契約した方全員に5,000円分の楽天ポイントを進呈するキャンペーンを実施しています。

さらに、AQUOS sense4 liteとセットで契約した場合はさらに20,000円分増額され、合計25,000円分のポイントが還元されます。

 

端末価格が25,001円なので、25,000P還元で実質1円で買える計算です。

 

  • 端末価格:25,001円
  • ポイント還元:25,000P
    →実質1円で買える!

 

なお、ポイントの還元を得るには、申し込み翌月末日23:59までRakuten Linkで10秒以上の通話が必要です。

絶対に忘れないように、購入したらすぐに条件をクリアしておきましょう。

詳細最大25,000P貰えるキャンペーン

 

▼SIMとセットなら一括1円▼

楽天モバイル キャンペーン AQUOS sense4 lite 1円

 

 

抽選で2,000円分進呈

 

本キャンペーンは終了しました

 

AQUOS sense4 lite 2000Pキャンペーン

 

キャンペーンにエントリーしたうえで楽天モバイルでAQUOS sense4 liteを購入すると、抽選で3,000名に2,000円分の楽天ポイントがもらえます。

応募者全員ではなく抽選ですが、3000名なのでかなり当選確率は高いと思います。

 

エントリーと端末購入の順番はどちらが先でもOKです。

端末は12月21日のAM8:59まで(店舗は12月20日まで)に購入し、12月27日までにエントリーが必要です。

 

詳細はこちらをご確認ください。

詳細AQUOS sense4 liteキャンペーン

 

▼AQUOS sense4 liteの詳細▼

楽天モバイル公式サイト 

 

 

AQUOS sense4 liteのレビュー

 

AQUOS sense4 liteの発売日

 

楽天モバイルにおけるAQUOS sense4 liteの発売日は2020年11月12日(木)です。

AQUOS sense4 liteは楽天モバイル専売です。

 

AQUOS sense4 liteの型番

 

AQUOS sense4 liteの型番はSH-RM15です。

 

ちなみにSH-M15はSIMフリー版のAQUOS sense4の型番です。

 

スペック一覧表

 

AQUOS sense4 liteのスペック詳細は以下のとおりです。

 

スペック
本体サイズ
(mm)
H148× W71
× D8.9
本体の
重さ
約176g
画面
サイズ
約5.8インチ
IGZO
解像度2,280 x1,080
(フルHD+)
バッテリー
容量
4,570mAh
搭載
OS
Android 10
CPUSnapdragon720G
(オクタコア)
2.3GHz+1.8GHz
メモリー
(ROM)
64GB
メモリー
(RAM)
4GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大1TB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,200万(標準)
+800万(望遠)
有効画素数
(サブカメラ)
800万
USB
端子
USB Type-C

詳細AQUOS sense4 lite | スペック

 

これまでエントリーモデルが多かったAQUOS senseシリーズですが、AQUOS sense4 liteはSnapdragon720Gを搭載しています。

メモリーRAMも4GBなので、性能は十分です。

 

本体カラー・色

 

AQUOS sense4 liteの本体カラーは「ライトカッパー」「シルバー」「ブラック」の3色です。

 

AQUOS sense4 basic 本体カラー

 

私が購入したのはブラックです。

光の当たり具合によってはややグレーがかかって見えます。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite ブラック 背面

 

カメラの下の白い部分はIMEIが記載されたシールで、きれいにはがせます

 

背面は指紋がつきにくいサラサラの素材です。

 

AQUOS sense4 liteの外観

 

AQUOS sense4 liteの外観はこんな感じです。

 

本体上部には3.5mmイヤホンジャックがあります。

楽天モバイル AQUOS sense4 lite イヤホンジャック

 

本体底面にはUSB端子(USB Type-C)とスピーカーがあります。

楽天モバイル AQUOS sense4 lite USB端子 USB Type-C

 

本体左側面にはSIMスロットがあります。

SIMスロットはSIMピン不要で手で開けられるタイプです。

楽天モバイル AQUOS sense4 lite SIMスロット

 

本体右側面には上から音量ボタン・Googleアシスタントボタン・電源ボタンがあります。

Googleアシスタントボタン、使う人は便利でしょうが個人的には不要ですね…。

 

アウトカメラ部分は1mmほど出っ張っています。

それほど気になりませんが、ケースなしで使うとカメラ周りが傷つきやすくなるので、ケースをして使うのがおすすめです。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite カメラ でっぱり

 

SIMロック?SIMフリー?

 

AQUOS sense4 liteはSIMフリー端末です。

SIMロックはかかっていませんので、他社のSIMでも使えます。

 

AQUOS sense4 liteはドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの4Gバンドに対応しています。

ただし、使用時には使用したいキャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

eSIM+nanoSIMのデュアルSIM

 

AQUOS sense4 liteはeSIMとnanoSIMのデュアルSIMです。

DSDS/DSDVにも対応しています。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite SIMスロット DSDV シングルSIM SDカード

 

画面サイズは5.8インチ

 

AQUOS sense4 liteの画面サイズは5.8インチです。

最近は6インチ以上の大画面のスマホも増えてきましたが、AQUOS sense4 liteは比較的コンパクトです。

 

横幅も71mmと狭いので、片手でも持ちやすいです。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite 画面サイズ

 

CPUはSnapdragon720G

 

AQUOS sense4 liteに搭載されているチップセットはSnapdragon720Gです。

AQUOS sense3 liteに搭載されていたSnapdragon630より大幅にスペックアップしています。

 

メモリーRAMも4GBと十分なので、なかなかの性能ですね。

 

antutuのベンチマークでも28万ほど出ており、重い3Dゲームをする方以外は問題ない性能でしょう。

 

RAMは4GB/ストレージ64GB

 

AQUOS sense4 liteのメモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBです。

初期状態で、ストレージは22GBほど埋まっていましたので、実際に使えるのは40GBちょっとですね。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite ストレージ容量 ROM

 

40GBで足りない方も、SDカードを使えば増設できるので問題ありません。

 

microSDカード挿入可

 

AQUOS sense4 liteは最大1TBのマイクロSDカードを挿入することでストレージ容量を増やせます。

ストレージ容量は64GBと平凡十分ですが、足りない方も安心ですね。

 

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite SIMスロット DSDV シングルSIM SDカード

 

カメラはデュアルレンズ

 

AQUOS sense4 liteのアウトカメラは1,200万画素と800万画素のデュアルレンズカメラです。

AQUOS sense3 liteはシングルレンズだったので、嬉しいスペックアップですね。

 

1,200万画素の標準レンズに加え、800万画素・光学2倍の望遠レンズも搭載しています。

上が望遠レンズ、下が標準レンズです。

楽天モバイル AQUOS sense4 lite アウトカメラ おサイフケータイ

 

インカメラは800万画素のシングルレンズで、本体上部中心にレンズがある水滴型です。

楽天モバイル AQUOS sense4 lite インカメラ

 

カメラのレビューと撮影した写真

 

私も実際にAQUOS sense4 liteで写真を撮ってみました。

 

ただしアップロード時に画質が劣化していますので、Twitterも参考にしてください

 

まずは風景写真です。

AQUOS sense4 lite カメラ レビュー1

 

撮影した日は曇りでしたが、キレイに撮れています。

最近のスマホは性能が向上しているため、普通の写真ではそれほど差がつきません。

 

続いてはカメラ性能の差が出やすい夜景の写真です。

AQUOS sense4 lite 夜景

 

正直、夜景にはあまり期待しないほうが良いでしょう。

明るい部分は白っぽく、暗い部分は黒っぽくなっています。

 

ただし、あまり気にする必要はありません。

私を含め、多くの方は夜景の写真を撮る機会はほとんどないと思います。

夜景もきれいに撮影できるスマホとなると価格もかなり高額になりますが、一括1円で買えるAQUOS sense4 liteの方が断然おすすめです。

 

最後は食事の写真です。

 

AQUOS sense4 liteのカメラはAIが被写体を判別し、最適な撮影モードに自動で設定してくれます。

AI搭載カメラは鮮やかすぎて肉眼と全然違う写真になる場合もあるのですが、この写真はキレイに撮れていますね。

コーンの色はすこし大げさな気もしますが、全体的に美味しそうに撮れていると思います。

 

撮影した写真はシムラボのTwitterにも載せています。

AQUOS sense4 liteで撮影した望遠の写真もありますし、iPhone SE 第2世代や同じ1円のOPPO A73との撮り比べもしていますので、是非参考にしてください。

 

 

イヤホンジャック搭載

 

AQUOS sense4 liteには本体上部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite イヤホンジャック

 

USB端子はUSB Type-C

 

AQUOS sense4 liteのUSB端子はUSB Type-Cです。

ただし、充電器類(ケーブル・USBアダプタ)は付属していませんので、お持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

5GhzのWiFiに対応

 

AQUOS sense4 liteが対応するWi-Fi規格は以下のとおりです。

 

802.11a/b/g/n/ac

 

5GhzのWi-Fi5にも対応しています。

 

AQUOS sense4 liteのベンチマーク

 

antutu

 

AQUOS sense4 liteのantutuベンチマークスコアは26万~30万でした。(V9.1.0で測定)

合計4回測定した平均は28.3万でした。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite antutu ベンチマークスコア

楽天モバイル AQUOS sense4 lite antutu ベンチマークスコア

 

他のサイトで計測された結果を見ると25万~28万くらいなので、少し高いですがほぼ等しい結果です。

ゲームも含め、ほとんどの使い方では問題ない性能でしょう。

 

Geekbench

 

Geekbench 5.4.1のスコアはシングル:553、マルチ:1612です。

何度か測定しましたが、ほぼ同じ値でした。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite Geekbench ベンチマークスコア

 

実際に操作してみても、操作性や処理速度は全く問題ありません。

「動作が遅い!」といった口コミもあったので心配でしたが、重いゲームをしなければほとんど問題ないでしょう。

 

▼SIMとセットなら一括1円▼

楽天モバイル キャンペーン AQUOS sense4 lite 1円

 

 

AQUOS sense4 liteの付属品

 

付属品・同梱品一覧

 

AQUOS sense4 liteの付属品は説明書のみです。

充電器類やスマホケースは付属していませんし、画面フィルムも貼付されていません。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite 付属品 同梱品

 

充電器

 

AQUOS sense4 liteにはACアダプタやケーブルは付属・同梱されていません

付属しているのは保証書とクイックスタートガイドのみです。

 

USB Type- CのケーブルやACアダプタをお持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

スマホケース

 

AQUOS sense4 liteにはスマホケースが付属していません。

本体の素材は指紋がつきにくいものの、スマホケースをつけて使うのをおすすめします。

 

 

画面フィルム

 

最近では画面フィルムが出荷時から貼付されているスマホも増えてきましたが、AQUOS sense4 liteにはフィルムはありません。

自身で購入が必要です。

 

 

▼AQUOS sense4 liteの詳細▼

楽天モバイル公式サイト 

 

 

搭載された便利機能

 

搭載便利機能一覧

 

AQUOS sense4 liteに搭載されている便利機能は以下のとおりです。

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
虹彩認証
ワイヤレス充電

詳細AQUOS sense4 lite | 搭載機能

 

指紋認証・顔認証対応

 

AQUOS sense4 liteは指紋認証・顔認証の両方に対応しています。

特に指紋認証センサーがあるのは嬉しいですね。

 

指紋認証センサーは本体ホームボタン部分にあります。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite ホームボタン 指紋認証センサー

 

防水・防塵対応

 

AQUOS sense4 liteは防水・防塵に対応しています。

防水はIPX5・IPX8防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

AQUOS sense4 liteはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進されていますので、おサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。

 

おサイフケータイのセンサーはカメラ部分にあります。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite アウトカメラ おサイフケータイ

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

AQUOS sense4 liteはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

戻るボタンの表示方法

 

AQUOS sense4 liteは初期状態では画面下のナビゲーションバー(戻るボタンなど)が表示されません。

これは設定変更により表示/非表示が切り替えられます。

 

Android11の場合「設定」→「システム」→「操作」→「システムナビゲーション」をタップし、「3ボタン ナビゲーション」を選択すると戻るボタンが表示されます。

逆に非表示にしたい場合は「ジェスチャーナビゲーション」を選択しましょう。

 

 

▼AQUOS sense4 liteの詳細▼

楽天モバイル公式サイト 

 

 

AQUOS sense4 liteの対応バンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

AQUOS sense4 liteの対応バンドは以下の通りです。

 

  • FDD-LTE:B1・2・3・5・8・12・17・18・19
  • TD-LTE:B39・41
  • W-CDMA:B1・2・5・6・8・19
  • GSM:1900/1800/900/850MHz

詳細AQUOS sense4 lite | 対応バンド

 

ドコモ回線/ahamoで使える

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

AQUOS sense4 liteはすべて対応しています。

 

また、ドコモのVoLTEや3Gバンドの1・6にも対応していますので、ドコモ・ahamoやドコモ回線を使った格安SIMでも使えます。

 

ただし、必ず使用したいキャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

ソフトバンク・ワイモバイル回線で使う4G/LTEのバンドは1・3・8ですが、AQUOS sense4 liteは対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8やソフトバンク回線のVoLTEにも対応しています。

 

よって、ソフトバンク・ワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

また、LINEMOやワイモバイルのeSIMも使えます。

 

ただし、必ず使用したいキャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

au回線・au VoLTE対応

 

AQUOS sense4 liteはau回線のLTEバンド(1・18・26)のうち、バンド1・18に対応しています。

またau VoLTEにも対応しています。

 

よって、au・UQモバイルやau回線を使った格安SIMでも使えます。

 

ただし、必ず使用したいキャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

IIJmioのeSIMは使える?

 

AQUOS sense4 liteはIIJmioのeSIMも使えます

 

IIJmioのeSIMはドコモ回線を使っていますが、AQUOS sense4 liteはドコモの4Gバンド1・3・19に全て対応していますし、VoLTEにも対応しています。

よって、IIJmioのeSIMを読み込んでAPN設定すれば問題なく使えます。

 

ただし、IIJmio公式サイトでは動作確認されていません。

間違いなく使えると思いますが、使用時は自己責任で使ってください。

 

5Gには非対応

 

AQUOS sense4 liteは5Gには非対応です。

ただし、楽天モバイルの5Gエリアは現時点ではかなり狭く、5Gでしか楽しめないコンテンツも少ないので、もうしばらくは5Gを気にする必要はありません。

 

どうしても5Gが使いたい方はOPPO Reno5 AかAQUOS R5Gを買いましょう。

詳細楽天モバイルのOPPO Reno5 Aを解説

 

 

AQUOS sense4/basic/plusの違い

 

違い・比較一覧表

 

AQUOS sense4シリーズは、AQUOS sense4 lite以外にAQUOS sense4・AQUOS sense4 basic・AQUOS sense4 plusが発売されています。

この4種類の大まかな比較表は以下のとおりです。

 

楽天モバイル AQUOS sense4 lite basic plus 違い

 

AQUOS sense4との違い

 

AQUOS sense4 liteは”lite”とある通り、AQUOS sense4から機能を削ったモデルです。

 

AQUOS sense4 liteとAQUOS sense4の主な違いは以下の通りです。

 

<AQUOS sense4との主な違い>

4 lite4
SIMeSIM+
nano SIM
nanoSIM
×2
アウトカメラ
有効画素数
1,200万(標準)
+800万(望遠)
1,200万(標準)
1,200万(広角)
+800万(望遠)

 

最大の違いはアウトカメラです。

AQUOS sense4は1,200万画素の標準カメラ・1,200万画素の広角カメラ・800万画素の望遠カメラの3眼レンズです。

一方、AQUOS sense4 liteは1,200万画素の広角カメラがなくなり、2眼カメラです。

 

AQUOS sense4もAQUOS sense4 liteも、普通に写真を撮る分には十分きれいです。

ただし、写真にこだわる方はAQUOS sense4 plusか他のハイスペック機種にしましょう。

 

また、AQUOS sense4 liteはnanoSIMとeSIMのデュアルSIMです。

SIMフリー版のAQUOS sense4はnanoSIM×2のデュアルSIMですが、楽天モバイルで使う場合にはeSIM対応機種の方が便利です。

詳細AQUOS sense4 lite | スペック

 

AQUOS sense4 plusとの違い

 

楽天モバイルではAQUOS sense4 plusも発売されました。

AQUOS sense4 liteとAQUOS sense4 plusの違いは結構多いです。

 

<4 plusと4 liteの違い>

4 lite4 plus
SIMeSIM+
nano SIM
nanoSIM
×2
搭載
SoC
Snapdragon
720G
メモリー
(RAM)
4GB6GB
メモリー
(ROM)
64GB128GB
アウトカメラ
有効画素数
1,200万(標準)
+800万(望遠)
1,200万(標準)
+500万(広角)
+190万(マクロ)
+190万(深度測定)
インカメラ
有効画素数
800万(広角)800万(広角)
+190万(深度測定)
画面サイズ5.8インチ6.7インチ
サイズH148 × W71
× D8.9
H166 × W78
× D8.8
重さ176g197g
指紋認証
センサー
ホーム
ボタン上
背面

 

最大の違いは画面サイズです。

AQUOS sense4 liteは5.8インチと標準的なサイズです。

一方、AQUOS sense4 plusは6.7インチと大画面で、その分本体は重くサイズも大きいです。

 

カメラはAQUOS sense4 plusの方が圧倒的に優秀です。

アウトカメラは標準・広角・マクロ・深度測定用の4眼レンズで、標準レンズも4,800万画素と高性能です。

 

また、AQUOS sense4 liteはeSIM+nanoSIMのデュアルSIMですが、AQUOS sense4 plusはnanoSIM×2のデュアルSIMです。

 

なお、どちらも指紋認証を搭載していますが、センサーの位置が異なります。

AQUOS sense4 liteはホームボタン上にセンサーがありますが、AQUOS sense4 plusは背面に設定されています。

 

個人的にはAQUOS sense4 liteの方がおすすめです。

AQUOS sense4 liteでは性能が物足りないという場合も、自分ならAQUOS sense4 plusよりも他機種を選ぶと思います。

 

ただ、AQUOS sense4 plusは現時点で割引額が高くないものの、今後値下げされるとおすすめ度は高くなります。

 

AQUOS sense4 plusのスペック詳細はこちらでご確認ください。

 

 

 

AQUOS sense4 lite購入はこちら!

 

以上、楽天モバイルで発売のAQUOS sense4 liteの詳細でした。

 

Snapdragon720G、4GBのメモリーRAM、おサイフケータイ・指紋認証センサーを搭載したSHARP製の安心スマホです。

SIMとセットなら1円で購入できるのも魅力で、かなり人気の機種です。

 

AQUOS sense4 liteの詳細・申し込みはこちらからどうぞ!

 

▼AQUOS sense4 liteの詳細▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼SIMとセットなら一括1円▼

楽天モバイル キャンペーン AQUOS sense4 lite 1円

 

 

シムラボのおすすめはこちら!
楽天モバイルのおすすめ端末一覧

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました