【~11/4】人気機種が実質0円以下で買える 

楽天モバイルでiPhone用キャリア設定ファイルの戻し方

 

本記事では、キャリア設定ファイルを取り込んだiPhoneの設定を元に戻す手順を解説します。

 

楽天モバイルUN-LIMITでiPhoneX以前の機種を使うためには、PCを用いてキャリア設定ファイルを取り込む作業が必要です。

ただ、いずれ不要になった場合はこの記事に記載の方法で元に戻してください。

 

iPhone XS・XR以降の機種も、以前はパートナー回線エリアでSMSを受信するためにキャリア設定ファイルの取り込みが必要でしたが、現在は不要になりました。

すでにキャリア設定ファイルを取り込んで使っていた方は、本記事のやり方でもとに戻しましょう。

(元に戻さなくても使えますが…)

 

もとに戻すには2つの方法がありますが、個人的には1つ目の方法がおすすめです。

 

  1. iPhoneをリセットする
  2. Unknown.bundle.ipccを再度取り込む

 

私はまず2を試したところ、リセットはされたのですが海外キャリア名の表示が残ってしまったので再度1を行い、無事にリセットできました。

 

iPhoneをリセットする方法

 

iPhoneをリセットすることでもとに戻す方法を解説します。

 

  1. データバックアップ
  2. リセット
  3. 初期設定・復元

 

ポイントは、eSIMを契約している方は「モバイル通信プランを残す」を選ぶことです。

 

バックアップ

 

まずはiPhoneのデータをバックアップします。

iPhoneをWi-Fiに接続します。

 

Wi-Fi接続後、「設定」→ 一番上のユーザー名の欄をタップ → 「iCloud」をタップします。

下の方の「iCloudバックアップ」をタップし、「今すぐバックアップを作成」を押すとバックアップが始まります。

 

 

 

データ容量が多いほどバックアップには時間がかかります。

 

また、データ容量が5GBを超えると有料になるので、その場合はPCでのバックアップをしましょう。

iColud経由・PC経由のバックアックアップ手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細iPhoneをバックアップする方法 | Apple

 

端末のリセット

 

バックアップが完了したら、端末をリセットします。

「設定」 → 「一般」をタップし、最下段のリセットを選択します。

 

 

ここで、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

 

 

写真が失われるかも…みたいな表示が出るかもしれませんが、バックアップが完了していれば「今すぐ消去」で良いはずです。(…多分)

 

 

「iPhoneを消去」をタップ

 

 

「本当に続けますか?」と出てきます。

ここで注意が必要です。

eSIMを入れている方は、必ず「モバイル通信プランを残してすべてを消去」を選択します。

ここで「全てを消去」を選んでしまうと、eSIMのデータが消え、再インストールが必要になるようです。

再インストールには3000円の手数料がかかるので、必ず「モバイル通信プランを残してすべてを消去」を選択を選択してください。

 

物理SIMしか使っていない方は「全てを消去」で構いません。

 

▼eSIM使用者は要注意▼

 

ここまですすめるとリセットが開始し、再起動後に初期設定の画面が表示されます。

 

端末の初期設定・復元

 

iPhoneが再起動したら、初期設定とバックアップデータの復元を行います。

 

データのバックアップ方法はこちらをお読みください。

詳細iPhoneをバックアップから復元する | Apple

 

バックアップ時に、Wi-Fi経由でiCloudにバックアップした方は初期設定時に出てくる「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択すればデータ復元されます。

 

必ずWi-Fiに接続してから初期設定を行ってください。

また、復元には少々時間がかかります。

 

 

PCでバックアップした方は、iTunesを起動してiPhoneをUSB接続し、「バックアップを復元」を選択してください。

 

 

復元が完了後、再度楽天モバイルUN-LIMITの物理SIMを挿して使う方はAPN設定が必要です。

 

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信ネットワークにアクセスし、モバイルデータ通信のAPN欄に「rakuten.jp」を入力してください。

他の欄は入力不要です。

 

また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに再び「rakuten.jp」を入力してください。

 

eSIMの場合はおそらくリセット前のAPN設定が残っていると思います。(私は残っていました)

念のため確認し、もし設定されていなければ上記のAPN設定を行ってください。

 

以上でリセットは完了です。

 

Unknown.bundleを取り込む方法

 

もう一つ、Unknown.bundleを取り込む方法があります。

私ははじめこの方法を試しました。

設定は問題なく初期化できたのですが、海外キャリアの表示が消えなかった(使用には問題なし)ため、端末をリセットしました。

 

iPhoneを探すをOFFに

 

まず「iPhoneを探す」という機能をOFFにします。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定」→ 「最上段の自分の登録名+Apple ID、iCloud…」→「探す」をタップし、「iPhoneを探す」をOFFにします。

 

iPhoneを探す

 

ネットワークに接続していないとOFFにできないようなので、私はWi-Fiに接続してOFFにしました。

 

iTunesで操作

 

ここから、PCのiTunesでいろいろと操作します。

私はWindows PCで操作しました。

 

Macでの操作はこちら
→取り込むファイルを「Unknown.bundle.ipcc」に変えればよいです

 

まず、iTunesをインストールします。

 

次に、コマンドプロンプトへの入力が必要です。

コマンドプロンプトは左下のWindowsボタンを押した後に表示されるメニューの、Windowsシステムツール内にあります。

 

コマンドプロンプト 場所

 

ここに、以下のコード(?)をコピペし、ユーザー名の部分を編集します。

“C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1

 

 

赤い四角の部分には、あなたのPCのユーザー名が最初から表示されています。

これに続けて上記のコードをコピペし、コピペした“C:\Users\ユーザ名\AppData\…の「ユーザー名」の部分を赤い部分に書いてある文字列に修正してください。

 

修正後、Enterキーを押すと、次の「C:\Users\ユーザ名>」が表示されたらOKです。

 

私はこの方法でできましたが、詳しいことは不明です…
できない場合はこちらも参考にしてください

 

iTunesにファイルを適用

 

つづいて、Makoto備忘録さんに記載のあるファイルをPCにダウンロードします。

 

ファイルは8月31日まで置いてあります

 

端末別にファイルがMEGAにおいてありますので、ダウンロード・解凍します。

解凍すると複数のファイルが出現しますが、「(端末名)_Unknown.bundle.ipcc」というファイルを使います。

 

私はiPhone SE (第2世代)なので、SE2_Unknown.bundle.ipccとなっています。

 

 

ファイルは自己責任で使ってください

 

PCにダウンロードしたらiTunesを起動し、iPhoneとPCをUSBで接続します。

iTunesに表示されたスマホボタンをクリックします。

 

 

シフトボタンを押しながらを「iPhoneを復元…」クリックします。

 

楽天アンリミットiPhone設定

 

ここで、保存しておいたファイルを取り込みます。

その際、右下のファイル形式を変更しないと当該ファイルが表示されません。

 

 

右下の拡張子を変更しないとファイルは表示されません

 

端末の再起動

 

正しく取り込みできたらiPhoneとPCの接続を解除し、iPhoneを再起動しましょう。

忘れずに再起動してください。

 

以上で元に戻す作業は終了です。

もし海外キャリア名が表示されたりした場合は、素直に端末のリセットをしましょう。

 

再度楽天モバイルでiPhoneを使えるようにする手順

 

楽天モバイルでiPhoneを使う方法は以下の記事にまとめています。

特にiPhone11シリーズ・iPhone XS・XS Max、・iPhone XRは簡単な方法で設定できるようになりました。

一方、iPhone X以前の機種はまだ複雑な方法が必要です。

 

設定手順や注意点はこちらからどうぞ!

 

※iPhone SE (第1世代)はiPhone6Sと同じ

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

楽天UN-LIMITの記事一覧

 

タイトルとURLをコピーしました