iPhone13はほぼ最安値!価格/予約はこちら 

楽天モバイルでiPhone用キャリア設定ファイルの戻し方

 

楽天モバイル×iPhone バンドルの戻し方

 

本記事では、キャリア設定ファイルを取り込んだiPhoneの設定を元に戻す手順を解説します。

 

楽天モバイルUNLIMITでは4月27日にiPhone6S・初代SE以降の機種も正式に対応しました。

これまではファイルを適用して無理やり使えるようにする必要がありましたが、今後は不要です。

 

すでにファイルを取り込んで使えるようにした方は、以下の方法でiPhoneの設定を元に戻してからキャリア設定アップデートをしましょう。

 

ワイモバイルもおすすめ
ワイモバイル タイムセール バナー

全国で快適に通信可能!
8月にデータ繰越も開始

◎:日本全国で電波が繋がる
◎:iPhoneも動作確認済み
◎:格安SIMで契約者数最多
◎:お昼も速度が遅くならない
◎:全国の店舗でサポート可

Unknown.bundleを取り込む方法

 

まず、Unknown.bundleを取り込むことでリセットする方法を解説します。

まずはこの方法を試してください。

 

この方法は、簡単に言えばファイルを取り込んだときと同じ手順で「unknown」という名前のファイルを取り込み、端末の設定をリセットします

 

この手順を踏まずにキャリア設定アップデートを行っても問題なく使えるようですが、何かしらの不具合が出る可能性があります。

念のためファイルを取り込んで設定をリセットするのがおすすめです。

 

iOSのバージョンを確認

 

まず、iOSのバージョンを確認しましょう。

本記事ではiOS13.7/14.0/14.1/14.2用のファイルを配布しています。

(unknownと書かれたファイルが元に戻す用のファイルです)

 

iOS14.3とiOS14.4の方は、配布したファイルにunknownファイルが同封されています。

 

iPhoneを探すをOFFに

 

続いて「iPhoneを探す」という機能をOFFにします。

Wi-Fiに接続した状態で、「設定」→ 「最上段の自分の登録名+Apple ID、iCloud…」→「探す」をタップし、「iPhoneを探す」をOFFにします。

 

iPhoneを探す

 

ネットワークに接続していないとOFFにできないようなので、私はWi-Fiに接続してOFFにしました。

 

iTunesで操作

 

ここから、PCのiTunesでいろいろと操作します。

私はWindows PCで操作しました。(Macでの操作はこちら

 

基本的にファイルを取り込んだ手順と全く同じです。

 

まず、iTunesをインストールします。

 

次に、コマンドプロンプトへの入力が必要です。

 

まず、コマンドプロンプトを開きます。

左下のWindowsボタンを押した後に表示されるメニューの、Windowsシステムツール内にあります。

 

コマンドプロンプト 場所

 

ここに、以下のコード(?)をコピペし、ユーザー名の部分を編集します。

 

“C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\WindowsApps\iTunes.exe” /setPrefInt carrier-testing 1

 

 

赤い四角の部分には、あなたのPCのユーザー名が最初から表示されています。

これに続けて上記のコードをペーストし、ペーストした”C:\Users\ユーザー名\AppData…の「ユーザー名」の部分を赤い部分に書いてある文字列に修正してください。

 

修正後、Enterキーをしたあとに次の「C:Usersユーザー名>」が表示されたらOKです。

 

うまく行かない場合

 

「ファイル名、ディレクトリ名、またはボリュームラベルの構文が間違っています」と表示される場合、ほとんどはiTunesの場所が違うことが原因のようです。

手順についてはこちらの記事の「iTunes.exeの探し方」という解説を参考にしてください。

(上記サイト様へのお問い合わせはお控えください)

 

iTunesにファイルを適用

 

つづいて、unknownファイルをPCにダウンロードします。

 

iOS13.7/14.0/14.1/14.2の方は元に戻す用のファイルをドロップボックスに保存しています。

iPhoneの機種と、iOSのバージョンによってファイルが分かれています

ご自身のiOSバージョンにあったファイルをPCにダウンロードしてください。

DLiOS用ファイル | ドロップボックス

 

▼自身の端末のファイルをDL▼

※上記は6Sの場合

 

iOS14.3とiOS14.4用の元に戻す用のファイルは、配布したファイルに同封されています。

「unknown」という名前のファイルを用意してください。

 

PCにファイルをダウンロードしたらiTunesを起動し、iPhoneとPCをUSBで接続します。

iTunesに表示されたスマホボタンをクリックします。

 

 

シフトボタンを押しながらを「iPhoneを復元…」クリックします。

 

楽天アンリミットiPhone設定

 

ここで、保存しておいたファイルを取り込みます。

 

その際、まずは右下のファイル形式を「ipcc」に変更してください

拡張子を変更しないとファイルは表示されません。

 

※ファイル名は異なります

 

右下の拡張子を変更しないとファイルは表示されません

 

その上で、ダウンロードしたunknownのipccファイルを選択して取り込んでください。

 

タイトルに「unknown」と書かれたものが元に戻す用のファイルです

 

「ファイルを更新しています」といった文言が一瞬表示されてすぐ消えます。

不安な方は何度か取り込みを繰り返すと良いです。

 

取り込みが完了したら楽天モバイルが使えなくなるはずです。

iPhoneとPCの接続を解除し、iPhoneを再起動しましょう。

 

iOSをアップデート

 

続いて、iOSを最新にアップデートしましょう。

4月27日時点でアップデートするとiOS14.5になるはずです。

 

楽天モバイルで使えるようになったiPhoneはiOS14.4以降なので、必ずアップデートしてください。

iOS14.4.1やiOS14.4.2の方もアップデートしておきましょう。

 

アップデートは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」からできます。

 

楽天モバイル iPhone iOS アップデート

 

アップデートはデータ消費量が大きいので、Wi-Fiに接続した状態で行いましょう。

 

キャリア設定アップデート

 

続いて、「キャリア設定アップデート」を行います。

iOS14.4以降の方は楽天モバイルのSIMカードを入れた状態だと、以下のようなポップアップが画面に突然表示されます。

 

楽天モバイル キャリア設定アップデート iPhone

※画像はiPhone7だが他も同じ

 

この表示が出たら「アップデート」を押してください。

すぐにポップアップが消え、設定が変更されます。

 

もし表示されない場合も、しばらくすると再表示されます。

また、「設定」→「一般」→「情報」→「アップデート」でもアップデートが可能です。

 

アップデートが完了していると「アップデート」は表示されないようです

 

完了後、「設定」→「一般」→「情報」→「キャリア」の欄が以下のようになっているか確認してください。

 

  • iOS14.4の場合:Rakuten 45.1
  • iOS14.5の場合:Rakuten 46.1

 

iPhoneを探すをONに

 

続いて、最初にOFFにした「iPhoneを探す」をONにします。

「設定」→ 「最上段の自分の登録名+Apple ID、iCloud…」→「探す」をタップし、「iPhoneを探す」をONにします。

 

端末の再起動

 

最後に、iPhoneとPCの接続を解除し、iPhoneを再起動しましょう。

忘れずに再起動してください。

 

以上で元に戻す作業は終了です。

もしどうしてもiPhone本体の通信事業者サービスの欄が元に戻らない場合は、次章で解説する端末のリセットをしましょう。

 

iPhoneをリセットする方法

 

続いて、iPhoneをリセットすることで元に戻す方法を解説します。

まずは前章までで解説したunknownファイルを取り込んで設定を元に戻すのがおすすめですが、どうしてもできない場合はこちらもお試しください。

 

2ファクタ認証を設定している方は復元できない可能性があるので注意してください

 

  1. データバックアップ
  2. リセット
  3. 初期設定・復元

 

ポイントは、eSIMを契約している方は「モバイル通信プランを残す」を選ぶことです。

 

バックアップ

 

まずはiPhoneのデータをバックアップします。

iPhoneをWi-Fiに接続します。

 

Wi-Fi接続後、「設定」→ 一番上のユーザー名の欄をタップ → 「iCloud」をタップします。

下の方の「iCloudバックアップ」をタップし、「今すぐバックアップを作成」を押すとバックアップが始まります。

 

 

 

データ容量が多いほどバックアップには時間がかかります。

 

また、データ容量が5GBを超えると有料になるので、その場合はPCでのバックアップをしましょう。

iColud経由・PC経由のバックアップ手順はこちらに詳しく記載されています。

詳細iPhoneをバックアップする方法 | Apple

 

端末のリセット

 

バックアップが完了したら、端末をリセットします。

「設定」 → 「一般」をタップし、最下段のリセットを選択します。

 

 

ここで、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択します。

 

 

写真が失われるかも…みたいな表示が出るかもしれませんが、バックアップが完了していれば「今すぐ消去」で良いはずです。(…多分)

 

 

「iPhoneを消去」をタップ

 

 

「本当に続けますか?」と出てきます。

 

ここで注意が必要です。

eSIMを入れている方は、必ず「モバイル通信プランを残してすべてを消去」を選択します。

ここで「全てを消去」を選んでしまうと、eSIMのデータが消え、再インストールが必要になるようです。

必ず「モバイル通信プランを残してすべてを消去」を選択を選択してください。

 

eSIMの再インストールは無料になったので、全て消してしまっても復元できます

 

物理SIMしか使っていない方は「全てを消去」で構いません。

 

▼eSIM使用者は要注意▼

 

ここまですすめるとリセットが開始し、再起動後に初期設定の画面が表示されます。

 

端末の初期設定・復元

 

iPhoneが再起動したら、初期設定とバックアップデータの復元を行います。

 

データのバックアップ方法はこちらをお読みください。

詳細iPhoneをバックアップから復元する | Apple

 

バックアップ時に、Wi-Fi経由でiCloudにバックアップした方は初期設定時に出てくる「Appとデータ」の画面で「iCloudバックアップから復元」を選択すればデータ復元されます。

 

必ずWi-Fiに接続してから初期設定を行ってください。

また、復元には少々時間がかかります。

 

 

PCでバックアップした方は、iTunesを起動してiPhoneをUSB接続し、「バックアップを復元」を選択してください。

 

 

復元が完了後、再度楽天モバイルUN-LIMITの物理SIMを挿して使う方はAPN設定が必要です。

 

設定→モバイル通信→モバイルデータ通信ネットワークにアクセスし、モバイルデータ通信のAPN欄に「rakuten.jp」を入力してください。

他の欄は入力不要です。

 

また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに再び「rakuten.jp」を入力してください。

 

eSIMの場合はおそらくリセット前のAPN設定が残っていると思います。(私は残っていました)

念のため確認し、もし設定されていなければ上記のAPN設定を行ってください。

 

以上でリセットは完了です。

 

再度楽天モバイルでiPhoneを使えるようにする手順

 

楽天モバイルでiPhoneを使う方法は以下の記事にまとめています。

特にiPhone XS・XR以降の機種だけでなく、初代SE・6S以降のiPhoneも簡単な方法で設定できるようになりました。

 

設定手順や注意点はこちらからどうぞ!

 

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました