【~12/8】最大28,000P還元キャンペーン中 

楽天モバイルMVNOの最低利用期間と違約金/契約解除料

 

楽天モバイル MVNO ドコモ・au回線

 

本記事では楽天モバイルMVNO(ドコモ・au回線)の最低利用期間と違約金・契約解除料を詳しく解説します。

 

楽天モバイルでは2019年10月に最低利用期間・違約金のルールが変更されました。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

楽天モバイル公式サイト 

 

最低利用期間・違約金の概要

 

最低利用期間・違約金とは

 

最低利用期間とは、SIMを契約した場合に「最低この期間は契約し続けてくださいね」という契約条件です。

 

スマホキャリアは、契約から一定期間は契約し続けてもらえることを前提に、料金を割引したり格安の料金でサービスを提供しているのです。

 

ただし、最低利用期間を過ぎていないからと言って解約できないわけではありません。

最低利用期間内でも解約はできますが、そのかわり違約金がかかる仕組みになっています。

 

違約金は「解約手数料」「契約解除料」などと名称は異なりますが、ほとんどのキャリアで設けられています。

どうしても解約したい場合は、この違約金を支払えば最低利用期間内でも解約可能なのです。

 

最低利用期間は音声SIMのみ

 

楽天モバイルMVNO(ドコモ・au回線)で最低利用期間があるのは音声通話SIMのみです。

スーパーホーダイにも組み合わせプランにも最低利用期間が設定されています。

 

一方、組み合わせプランのデータSIM・SMS機能付きSIMには最低利用期間はありません。

最低利用期間がありませんので、違約金も発生しません。

 

パッケージ使用でデータSIMにも最低利用期間

 

パッケージ使用でデータSIMに最低利用期間が発生するのは2019年9月末までに申し込んだ場合のみです

 

通常、データSIMには最低利用期間は発生しません。

しかし、エントリーパッケージを使ってデータSIMに申し込んだ場合、データSIMにも最低利用期間が発生します。

 

エントリーパッケージ使用時の最低利用期間は6ヶ月なので、6ヶ月以上契約する方は初期費用が無料になるエントリーパッケージの使用がお得です。

 

一方、6ヶ月以内に解約する可能性がある方は、初期費用を払ってでも「楽天モバイル公式サイト」から申し込んだ方が良いでしょう。

 

プランによって条件は異なる

 

楽天モバイルMVNO(ドコモ・au回線)には「スーパーホーダイ」「組み合わせプラン」が用意されていました。

最低利用期間や違約金は、プランによって異なります。

 

また、スーパーホーダイは最低利用期間を自身で選べるようになっています。

最低利用期間を長くするほど、料金は割引されます。

 

スーパーホーダイ

 

まずは楽天モバイルMVNOで人気の「スーパーホーダイ」の最低利用期間・違約金を解説します。

 

最低利用期間

 

スーパーホーダイの最低利用期間は契約日によって異なります。

 

  • 2019年10月以降に契約:最低利用期間なし
  • 2019年9月末までに契約:1~3年から期間を選択

 

2019年10月以降に契約する方は、最低利用期間はありません。

最低利用期間がないのでいつ解約してもOKですし、違約金も発生しません。

 

一方、2019年9月末までに契約した方は最低利用期間があります。

9月末までに契約時に自身で最低利用期間(契約期間)を12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月から選ぶ方式でした。

 

最低利用期間を長くするほど・解約・MNP転出時に違約金がかかる期間が長くなりますが、その分料金が割引されます。

 

<2019年9月末まで
に契約した場合>

最低利用期間月額料金
(プランS・楽天会員)
12ヶ月(通常)¥2,480
24ヶ月¥1,980
36ヶ月¥1,480

 

スーパーホーダイの違約金

 

前章で解説したとおり、2019年10月以降に契約した場合は最低利用期間は発生しません。

最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金はありません

 

一方、2019年9月末までに契約した方には最低利用期間があります。

最低利用期間を終える前に解約またはMNP転出する場合、違約金が発生します。

楽天モバイルでは正式には「契約解除料」という名称です。

 

契約解除料は9,800円(税別)です。

契約年数(1年/2年/3年)も全て9,800円ですし、いつ解約しても9,800円です。

 

スーパーホーダイ_最低利用期間と違約金

 

以前は契約年数と解約タイミングによって最大29,800円の違約金がかかっていましたが、現在はいつ解約しても9,800円になりました。

 

最低利用期間は契約月含む

 

この章は2019年9月末までに契約した方のみお読みください

 

スーパーホーダイの最低利用期間は、契約開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月後/24ヶ月後/36ヶ月後の月末までです。

 

契約開始月も1ヶ月にカウントされますので、月途中に契約すると少しだけ最低利用期間が短くなりますね。

 

<最低利用期間の開始日・終了日>

  • 開始日:契約開始日
  • 終了日:契約開始月を含む12ヶ月後の末日

 

例えば2019年1月15日に契約開始日を迎えた場合、最低利用期間は2019年1月15日~2019年12月31日までです。

 

契約開始日・課金開始日とは

 

最低利用期間は課金開始日を含む月から開始します。

そもそも楽天モバイルの課金開始日は、申込場所(店舗/WEB)や契約形態(新規/MNP)によって異なります。

 

<楽天モバイルの課金開始日>

申込場所契約形態課金開始日
店舗新規/MNP契約手続きが
完了した日
WEB新規SIMカードが
到着した日
MNP回線切り替えが
完了した日

 

上記の日から課金が開始されます。

最低利用期間の1ヶ月目は上記の課金開始日が含まれる月です。(2019年9月末までに契約した場合)

 

契約の自動更新はない

 

この章は2019年9月末までに契約した方のみお読みください

 

スーパーホーダイには、最低利用期間後の契約の自動更新はありません。

よって、最低利用期間を経過した後はいつでも自由に解約・MNP転出ができます。

 

純粋な解約なら手数料不要

 

最低利用期間経過後に、MNP転出ではなく、スーパーホーダイを純粋に解約するだけなら手数料はかかりません

ただし、解約月は日割り計算にはならずいつ解約しても全額請求されます。

 

MNP転出手数料

 

ただし、単純な解約ではなく他社へのMNP転出の場合、MNP転出手数料が必要です。

 

MNP転出手数料は、いつ転出しても3,000円です。

最低利用期間過ぎた後でも3,000円かかりますので注意してください。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

組み合わせプラン

 

音声SIMの最低利用期間

 

組み合わせプラン(音声通話SIM)も2019年10月にルールが変更されました。

 

スーパーホーダイと同様、組み合わせプランの音声SIMも2019年10月以降に契約した場合は最低利用期間は発生しません。

最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金はありません

 

一方、2019年9月末までに契約した方には最低利用期間があります。

 

最低利用期間は1年です。

正確に言うと、課金開始日を含む月を1ヶ月目とした12ヶ月後の月末日までです。

 

<最低利用期間の開始日・終了日>

  • 開始日:契約開始日
  • 終了日:契約開始日を含む月から12ヶ月後の末日

 

例えば2019年1月15日に契約開始日を迎えた場合、最低利用期間は2019年1月15日~2019年12月31日までです。

 

データSIMの最低利用期間

 

データSIMは通常、最低利用期間がありません。

よって、いつ解約しても違約金は取られません。

 

ただし、2019年9月末までに契約した方で、エントリーパッケージを使って申し込んだ方はデータSIMにも最低利用期間が発生します。

最低利用期間は契約開始月を含む6ヶ月です。

この間に解約すると違約金が発生します。

 

データSIMで最低利用期間が発生するのは楽天モバイルくらいなので注意が必要です。

 

契約開始日・課金開始日とは

 

組み合わせプランの課金開始日はスーパーホーダイと同様、以下のとおりです。

この課金開始日を含む月が最低利用期間の1ヶ月目となります。

 

<楽天モバイルの課金開始日>

申込場所契約形態課金開始日
店舗新規/MNP契約手続きが
完了した日
WEB新規SIMカードが
到着した日
MNP回線切り替えが
完了した日

 

契約の自動更新なし

 

組み合わせプランにも契約の自動更新がありません

最低利用期間が終われば、あとはいつ解約・MNP転出しても違約金はかかりません。

 

組み合わせプランの違約金

 

組み合わせプランの違約金(契約解除料)もスーパーホーダイと同様9,800円です。

 

音声SIMの違約金も、エントリーパッケージを使ってデータSIMに申し込んだ場合も違約金は9,800円です。

(通常申し込みしたデータSIMは違約金なし)

 

解約・MNP転出手数料

 

組み合わせプランも、最低利用期間経過後に(MNP転出ではなく)純粋に解約するだけなら手数料はかかりません

ただし、解約月は日割り計算にはならずいつ解約しても全額請求されます。

 

ただし、音声通話SIMで(単純な解約ではなく)他社へのMNP転出の場合、MNP転出手数料が必要です。

 

MNP転出手数料は、いつ転出しても3,000円です。

最低利用期間過ぎた後でも3,000円かかりますので注意してください。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

最低利用期間・違約金の補足

 

最低利用期間の確認方法

 

自身の契約で最低利用期間がわからない場合は、WEBのマイページ「メンバーズステーション」で確認できます。

 

メンバーズステーションにログイン後、「登録情報・設定変更」メニューの「ご契約者様情報」を選択すると、契約開始日・最低利用期間が表示されます。

 

最低利用期間の確認方法_楽天モバイル

 

最低利用期間は契約しよう

 

楽天モバイルに契約している方も契約中の方も、できる限り最低利用期間内は契約しましょう。

 

スーパーホーダイも組み合わせプランも、最低利用期間内に解約・MNP転出すると9,800円もの違約金が取られます。

 

少々不満がある場合も、できるかぎり違約金を避けたほうがお得です。

 

2019年10月以降に契約した方は最低利用期間・違約金はありませんのでいつ解約してもOKです

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

おすすめのMNP転出先は?

 

今本記事をお読みの方の中には、楽天モバイルから他の格安SIMにMNP転出しようとされている方もおられるかもしれません。

 

私がおすすめするおすすめの格安SIMキャリアは以下の3社です。

 

  • 楽天モバイルUN-LIMIT
  • ワイモバイル
  • UQモバイル

 

2020年からサービスを本格開始した楽天モバイルUN-LIMITは、月額2,980円で容量使い放題・国内通話かけ放題と大変お得です。

 

ただし、使い放題になるエリアが狭い・iPhoneが使えない・サポート体制が未整備などの弱点もあります。

体制がしっかり整うまではワイモバイル・UQモバイルがおすすめです。

 

各キャリアの詳細やメリット・デメリットは下記記事にまとめています。

 

 

 

楽天モバイルから乗り換えはこちら

 

以上、楽天モバイルの最低利用期間と違約金の解説でした。

本記事をよく読み、損をしないように解約・乗り換えをしましょう。

 

楽天モバイルからMNP転出する場合は本記事で紹介した3社なら通信速度は非常に快適です。

ぜひMNP転出で快適な格安SIMライフを過ごしてください!

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

▼快適な速度と全国に店舗あり▼

ワイモバイル公式サイト

 

▼通信速度は非常に快適▼

UQモバイル公式サイト

 

 

楽天モバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました