AQUOS sense4 lite・OPPO A73が実質1円! 

楽天モバイルを固定回線・光回線の代わりに使う方法を解説

 

MR05LN RW

 

楽天モバイルは月のデータ使用量が1GB以下なら料金無料、データ使い放題でも3,278円です。

国内通話も無料でかけ放題なので、いろいろと活用方法があります。

 

今回は、私も実践している「楽天モバイルを光回線の代替として使う方法」を解説します。

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

乗り換え前に必ず確認!
楽天モバイルのキャンペーン情報

 

固定回線代わりに使うメリットと条件

 

シムラボでは読者様からの相談を受け付けていますが、「光回線を解約して楽天モバイルを固定回線代わりに使えますか?」という相談は非常に多いです。

 

私自身も楽天モバイルを固定回線代わりに使っており、かなりおすすめです。

 

月3,278円でデータ使い放題

 

楽天モバイルの最大のメリットは月3,278円でデータ使い放題である点です。

また、1年間無料期間中に契約した方はデータ使い放題が無料で使えます。

 

以前はソフトバンク回線を使った再販型のSIMで使い放題のプランがありましたが、現在は軒並み終了しています。

そんな中、楽天モバイルは自社回線なら高速通信が使い放題です。

データ容量を気にせずに使えますので、光回線の代替には最適ですね。

 

ただし、1日で10GB使うと当日中は最大3Mbpsに制限されるようです。

1日10GBはかなりの量ですが、それ以上使う方は光回線のままが良いでしょう。

 

通信速度も速い

 

楽天モバイルは通信速度も速いです。

料金は格安ですが、格安SIMのようにお昼や夕方に遅くなることはありません。

 

エリアによりますが、私の自宅ではほとんど40~70Mbpsくらい出ています。

遅いときでも30Mbpsを割ることはほとんど無いですね。

 

私は楽天モバイルのSIMをMR05LNというルーターに入れて固定回線代わりに使っているのですが、MR05LNを経由してスマホで速度計測しても20Mbps以上はキープしています。

 

かなりの速度が要求される一部の使い方を除くと、普通の方は光回線の代替としても十分な速度でしょう。

 

自社回線エリア内の方限定

 

ここからは楽天モバイルを固定回線代わりに使う注意点と条件です。

まず、固定回線代わりに使えるのは楽天モバイルの自社エリア内にお住まいの方限定です。

 

楽天モバイルの自社回線のエリアは現在拡大中ですがまだまだ十分とは言えず、自社回線エリア外の地域ではauの回線を借りて通信しています。

自社回線エリアならデータ使い放題ですが、au回線では月5GBまでしか通信できません

 

  • 自社回線による通信:データ使い放題
  • au回線による通信:月5GBまで

 

エリア外にお住まいの方は、固定回線代わりとしては使えません。

 

また、エリアマップ上は自社回線エリアでも、端っこの方だとau回線を掴んでしまう場合もあるので注意しましょう。

詳細通信エリア | 楽天モバイル

 

たまにパートナー回線を掴んでしまうという方は、こちらの記事で紹介されているように楽天モバイル自社回線のバンド3しか掴まないようにできるルーターを買うのもおすすめです。

 

 

ルーターが必要

 

もう一つ、SIMを入れてWi-Fiを飛ばせるルーターが必要です。

光回線用のWi-Fiルーターはいくつもの種類がありますが、SIMを入れられるルーターは少ないです。

 

さらに、楽天モバイルに対応しているルーターとなるとかなり限られます。

記事執筆時点で、動作確認されているのはMR05LN・MR05LN RWとMP02LNのみです。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

私は正式に対応しているMR05LNを使っていますが、楽天モバイルで販売中のAterm MR05LN RWやAterm MP02LNでも良いでしょう。

ただし、MR05LNは2万円くらい、MP02LNも1万円ほどします。

 

スマホでテザリングする方法もありますが、どうせならルーターを使うほうがおすすめです。

 

▼SIMのみでも5,000P還元中▼
(MNPなら20,000P)

楽天モバイル SIMのみ キャンペーン

 

 

固定回線代わりに使う方法

 

ルーターに入れて使う

 

最もおすすめなのは、SIMカードが入れられるルーターを使う方法です。

ただし、動作確認されているのは実質2モデルのみです。

 

MR05LN

 

MR05LN

 

私はMR05LNというルーターに入れて固定回線代わりにしています。

 

MR05LNは楽天モバイルでも動作確認されていて安心です。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

MR05LNにしたのは、クレドールという専用の充電台があるからです。

これに挿しておけば自動で充電されますし、インテリアとして見栄えが良いのでおすすめです。

もちろん、本体をモバイルルーターとして外に持ち運ぶのも可能です。

 

MR05LNはAmazonや楽天市場で購入できます。

発売からだいぶ時期が経過しているのですが、人気なのか価格が落ちません。

 

 

MR05LN RW

 

MR05LN RW

 

また、楽天モバイルでもMR05LN RWという楽天オリジナルモデルが販売されています。

色が白なのと、APN自動設定に対応している点以外はMR05LNと同じです。

詳細MR05LN RW | 楽天モバイル

 

 

こちらもクレドールをオプションとして販売しています。

ただし、クレドールは黒なので見た目は少々変な感じになります。

 

MR05LN RW

 

 

Aterm MP02LN

 

MP02LN

 

MP02LNも楽天モバイルで販売していますし、正式に動作確認されています。

 

クレドールはありませんが、こちらの方が価格が安いのが特徴です。

楽天モバイルでは一括13,800円で販売中です。

詳細Aterm MP02LN | 楽天モバイル

 

Amazonや楽天市場などでも端末のみを購入できます。

 

その他使えるルーター

 

Twitterをみると、HUAWEIの「E5785」や富士ソフトの「+F FS030W」でも楽天モバイルアンリミットが使えるとの口コミが多いです。

どちらも動作確認はされていませんが、こちらを選んでも良いでしょう。

 

WN-CS300FR

 

まず紹介するのは2020年2月に発売されたI-O DATAの「WN-CS300FR」です。

 

固定回線用の据え置き型SIMフリールーターです。

楽天モバイルUN-LIMITのSIMでも使えることが確認されています。

 

このWN-CS300FRは楽天モバイルUN-LIMIT以外にもドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアの主要なバンドにすべて対応しています。

また、接続するバンドを固定する機能があるため、使い放題のバンド3のみで接続ができます

 

2.4GHzのWi-Fiしか飛ばせませんが、価格も高くなくかなりおすすめです。

 

 

HUAWEI E5577

 

HUAWEIのE5577はSIMを挿すとAPNが自動で設定されます。

2020年6月発売で新しい割に価格はこちらのほうが安いので、+F FS030Wよりおすすめです。

 

ただしmicro SIMなので、nanoにしてしまった方はアダプターが必要です。

 

 

+F FS030W

 

+F FS030WもAmazonなら1万円程度で、APNも自動で設定してくれるようです。

流通量が多いので、中古でも安く買えるかもしれません。

 

 

TP-Link Archer MR600

 

また、こちらのサイトではTP-Link Archer MR600を紹介されています。

 

価格は2万円以上しますが、モバイルルーターより高性能です。

さらに楽天モバイル自社回線のバンド3しか掴まないので、「知らないうちにパートナー回線の5GBを消費してた…」ということが防げます。

 

 

ただし、動作確認されているのはMR05LN・MR05LN RWとAterm MP02LNだけです。

不安な方はこのいずれかを購入しましょう。

 

スマホでテザリングする

 

もう一つ、スマホでテザリングするという方法もあります。

 

普段はスマホに入れて使用し、自宅に戻ったらテザリングしてネットに接続する、という方法です。

 

外出時に常時ネットに接続する機器がなく、自宅にいるときだけネットを使うという方はこの方法でも良いでしょう。

都度テザリングをONする必要があるので少々面倒ではありますが、回線契約は1回線で済みますし、ルータを買う必要もありません。

 

ただし、常時ネットに接続する機器がある場合はこの方法は不可です。

私の自宅ではDVDレコーダーやアレクサなどいくつかの家電が常時ネットに接続しており、外出時はネットにつながらないと不便なため、この方法は使っていません。

 

スマホをもう1台買って自宅に置いておく方法もあります。

すでにスマホをお持ちの場合はそれでも良いですが、これから買う場合にはルーターのほうがおすすめです。

 

▼SIMのみでも5,000P還元中▼
(MNPなら20,000P)

楽天モバイル SIMのみ キャンペーン

 

 

楽天モバイルのキャンペーン情報

 

楽天モバイルはSIMのみ契約時でもお得なキャンペーンを実施しています。

MR05LN RW・MP02LNは他のスマホほどお得にはなりませんが、それでもかなり高額のポイントが還元されるため、必ずキャンペーン情報を確認しましょう。

 

現在、以下のキャンペーンを適用するのが一番お得です。

 

  1. SIM契約で最大20,000P進呈
  2. 料金3ヶ月間無料

詳細キャンペーン・特典一覧

 

SIM契約で最大20,000P還元

 

楽天モバイル MNP 乗り換えキャンペーン

 

楽天UN-LIMITにSIMのみ契約すると、だれでも楽天ポイントが還元されます。

SIMのみの場合はこれまで5,000Pのみでしたが、6月18日からMNPなら20,000Pに増額されました。

 

<SIMのみ契約時>

  • 新規契約:5,000P
  • MNP乗り換え:20,000P

 

端末セットの方は最大25,000Pの還元です(次章で解説)

 

WEB・店舗のどちらで申し込んでも対象ですし、SIM・eSIMのみでも端末セットでも貰えます。

ただし、SIMを初めて契約する方に限ります。

 

  • 店舗でもWEBでもOK
  • SIMのみでも端末セットでもOK

 

申し込み月の翌月末日までにRakuten Linkで10秒以上の通話が必要です。

SIMが届いたら必ずクリアしておきましょう。

詳細キャンペーン適用条件 | 楽天モバイル

 

このポイント還元キャンペーンの終了日は未定です。

 

▼SIMのみでも5,000P還元中▼
(MNPなら20,000P)

楽天モバイル SIMのみ キャンペーン

 

 

料金3ヶ月無料

 

楽天モバイルに今契約すると、料金が3ヶ月間無料です。

通常はデータ使用量に応じて料金がかかりますが、この3ヶ月の期間中ならデータ容量をいくら使っても料金は無料です。

 

ただし、これまでに1年無料キャンペーンが適用されたことがある方は対象外です。

詳細はこちらで確認してください。

詳細料金3ヶ月無料キャンペーン | 楽天モバイル

 

 

その他キャンペーン一覧はこちらにまとめています。

事前エントリーでポイントが増額されるキャンペーンもありますので、契約前に必ずエントリーしましょう。

 

 

 

楽天モバイルを光回線代わりに使おう

 

以上、楽天モバイルアンリミットを光回線・固定回線代わりに使う方法の解説でした。

 

月3,278円でデータ使い放題の楽天モバイルは、スマホだけでなく自宅の固定回線代わりでもお得に使えます。

私も光回線を解約して楽天モバイルを使っていますので、興味のある方は是非試してみてください!

 

楽天モバイルのSIM契約は楽天モバイル公式サイトが断然お得です。

必ずキャンペーン情報を確認してから契約しましょう。

詳細キャンペーン一覧 | 楽天モバイル

 

▼今なら3ヶ月料金無料▼

楽天モバイルUN-LIMIT 1GBまで0円 キャンペーン

 

▼SIMのみでも5,000P還元中▼
(MNPなら20,000P)

楽天モバイル SIMのみ キャンペーン

 

乗り換え前に必ず確認!
楽天モバイルの最新キャンペーン

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました