iPhone14の価格と一番お得に買う方法はこちら 

楽天モバイルで使えるおすすめモバイルルーターまとめ

端末

 

MP02LN

 

本記事では、楽天モバイルで使えるおすすめのモバイルルーターを紹介します。

 

楽天モバイルはデータ使い放題で月3,278円、最低利用期間も違約金もないので、モバイルルーターにで使うのにおすすめです。

通信品質の問題はあるものの、特にWiMAXを契約して使っている方は大幅に利便性が向上する場合があります。

 

▼実質0円で買える▼

 

SIM契約前に必ず確認!
楽天モバイルのキャンペーン一覧

 

楽天モバイルのおすすめルーター

 

楽天アンリミット モバイルルーター おすすめ

 

Rakuten WiFi Pocket 2C/2B

 

Rakuten WiFi Pocket 2C 0円 1円 キャンペーン

 

まず紹介するのは楽天モバイルで販売中のRakuten WiFi Pocket 2Cです。

現在キャンペーン中で、SIMとセットなら実質無料で購入できます。

これからルーターを買って楽天モバイルのSIMを使う方はこのRakuten WiFi Pocket 2Cを選びましょう。

 

Rakuten WiFi Pocket 2CとRakuten WiFi Pocket 2Bの違いはUSB端子のみです。

性能も価格も同じですが今後はUSB Type-Cが主流になるので、端子がUSB Type-CのRakuten WiFi Pocket 2Cを選ぶのがおすすめです。

 

厚さ15mmと軽いのが特徴で、楽天モバイル以外にドコモ・au回線でも使えます。

最大10時間の連続使用ができるバッテリーを搭載し、最大16台まで接続できるのもメリットです。

 

また、PCに接続して設定すれば楽天回線のバンド3にしか繋がらないように設定可能です。

使い放題の楽天回線に固定できるのは大きなメリットです。

 

  • SIMとセットで実質無料以下
  • 楽天回線に固定できる
  • 最大10時間の長持ちバッテリー
  • ドコモ・auの回線にも対応
  • 5Gには非対応
  • SIMサイズはマイクロSIM

 

私も実際に購入してレビューしていますので参考にしてください。

詳細Rakuten WiFi Pocket 2Cの実機レビュー

 

▼価格・スペックを見る▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼実質0円で買える▼

 

すでにSIMを契約している方は端末のみを楽天市場や中古スマホ店(イオシスやじゃんぱら)でも購入できます。

私もイオシスで中古(未使用品)を購入しました。

 

 

Rakuten WiFi Pocket

 

Rakuten WiFi Pocket

 

続いては2020年12月発売のRakuten WiFi Pocketです。

楽天モバイルでの発売は終了しましたが、中古で安く購入できます。

 

サイズは縦94.5mm×横61.2mm×厚さ17.1とコンパクトです。

3,000mAhのバッテリーを搭載し、最大10時間の連続使用が可能です。

 

後継機Rakuten WiFi Pocket 2Bはドコモ・au・楽天回線でしか使えませんでしたが、この機種はソフトバンク回線でも使えます。

 

ただし、USB端子はmicro USBで、SIMサイズは標準SIMなので注意してください。

正直、性能はRakuten WiFi Pocket 2B/2Cとほとんど変わりません。

 

<前作との主な違い>

Rakuten WiFi
Pocket 2B/2C
Rakuten WiFi
Pocket
サイズ
(mm)
高さ 63.8
幅 107.3
厚さ 15.0
高さ 94.5
幅 61.2
厚さ 17.1
重さ106g100g
バッテリー
容量
2,520mAh3,000mAh
連続
通信時間
約10時間約10時間
SIMmicro SIM標準SIM
4G/5G◯/×◯/×
同時接続数16台10台
対応バンド
(LTE)
B1/3/7/18
/19/26
B1/3/8/11/18/
19/21/28/41

 

端末のみを買う場合、自分なら4Gのバンド8に対応してソフトバンク回線でも使えるこちらを選ぶかもしれません。

 

  • 中古で安く買える
  • 3,000mAh長持ちバッテリー
  • 3キャリアの回線にも対応
  • USB端子はmicro USB
  • SIMサイズは標準SIM

詳細Rakuten WiFi Pocket | 楽天モバイル

 

▼価格・スペックを見る▼

楽天モバイル公式サイト 

 

 

これから楽天モバイルに契約する方はRakuten WiFi Pocket 2Bを買うのがお得ですが、すでにSIMを契約している方は端末のみを楽天市場や中古スマホ店(イオシスやじゃんぱら)でも購入できます。

 

 

Aterm MP02LN

 

MP02LN

 

続いてのおすすめルーターはMP02LNです。

価格も安く、楽天モバイルで公式に動作確認がなされているので安心です。

詳細楽天回線対応製品 | 楽天モバイル

 

楽天モバイルで販売中なので、当然楽天モバイルの回線(自社回線のバンド3、パートナー回線のバンド26)に対応しています。

また、バンド1・3・19にも対応しているので、楽天モバイルの他にドコモ・au回線でも使えます

 

MP02LNの最大の特徴は本体サイズです。

ほぼ名刺と同じサイズ(およそ縦91×横50×厚さ12mm)で、重さは71gしかありません。

外出先に持ち歩く方におすすめですね。

 

小型サイズの本体ながら、最大10時間連続使用できます。

またAPN設定が不要で、SIMを挿すだけで自動で接続できるのも安心です。

 

注意点は、ソフトバンク・ワイモバイルが使うプラチナバンド8に対応していない点です。

ドコモ・au・楽天モバイルのSIMなら問題なく使えますが、ソフトバンク・ワイモバイルは場所によっては電波が弱くなる可能性があります。

 

  • とにかく小さくて軽い
  • 実質1万円ほどで買える
  • ドコモ・au回線のSIMにも対応
  • バンド8には非対応

 

MP02LNはSIMとセットでも購入できます。

2022年7月末時点で通常価格は13,800円ですが、SIMとセットなら3000円分の楽天ポイントが還元されるので、実質10,800円です。

詳細MP02LN | 楽天モバイル

 

また、楽天市場のスーパーDEALならMP02LNの端末のみが購入でき、高額のポイントが還元されます。

詳細楽天DEALでMP02LNを探す

 

更に安く買いたい方は楽天市場やイオシス・じゃんぱらで中古や未使用品を探しましょう。

 

 

Aterm MR05LN RW

 

MR05LN RW

 

続いてはAterm MR05LN RWです。

MR05LNとMR05LN RWは基本的に同じものです。

 

楽天モバイルでは現在、MR05LN RWを販売中です。

また、Amazonや楽天市場で購入できるMR05LNも楽天モバイルで使えます。

私も以前MR05LNに楽天モバイルのSIMを入れて固定回線代わりに使っていました。

 

MR05LN(RW)は楽天モバイルはもちろん、ドコモ・au・ソフトバンクのすべてのLTEバンドに対応しているのが特徴です。

もちろんSIMフリーなので、ほぼすべてのキャリアのSIMで使えます

 

また、SIMカードが2枚入れられるデュアルSIMです。

 

連続通信時間や最大接続台数、最大下り速度はどれもMP02LNより上回っています。

 

MR05LN クレドールセット

 

また、クレドール(専用の台)に挿して使えるのがメリットです。

私もクレドールに挿して使っていますが、充電しながら固定回線代わりにも使えて有線接続もでき、非常に便利です。

 

また、APN設定も非常に簡単でした。

設定手順は下記記事にまとめています。

詳細楽天UN-LIMITでMR05LNを使う手順

 

  • ドコモ/au/SoftBank回線も対応
  • SIMが2枚入れられる
  • 性能はMP02LNより高い
  • APN設定も簡単
  • 価格はMP02LNより高い

 

楽天モバイルにおける通常価格は23,800円で、SIMとセットなら3,000円分の楽天ポイントが還元され、実質20,800円です。

高機能だけあって他の機種よりやや高いですね。

詳細MR05LN RW | 楽天モバイル

 

また、楽天モバイル楽天市場店でMR05LN RWが端末のみ購入可能です。

詳細MR05LN | 楽天モバイル楽天市場店

 

MR05LNもAmazonや楽天市場などで購入できますが、価格はなかなか下がりません。

イオシスやじゃんぱらで状態の良い中古を探しても良いかもしれません。

 

 

FS030W・FS040W

 

FS030W 楽天モバイルアンリミット

 

続いて紹介するのは富士ソフトのFS030W・FS040Wです。

FS030Wはやや古い機種ですが、ソフトバンク系の大容量SIM契約時に貸与されることが多く、今でも使っている人が多い機種です。

 

この2機種は楽天モバイル公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」に記載があり、データ通信ができることが確認されています。

 

FS030W・FS040Wは楽天回線のバンド3とパートナー回線のバンド18にはもちろん、ドコモ回線のプラチナバンド19やソフトバンク・ワイモバイルの8にも対応しています。

よって楽天モバイル以外の回線でも使えるのがメリットです。

 

最大連続使用時間は20時間と、これまで紹介した機種の中で最もバッテリーの持ちが良いです。

また、専用クレドールを使えば固定回線代わりにもできます。

 

ただし、FS030WはSIMサイズがマイクロなので注意が必要です。(FS040Wはnano)

楽天モバイルのSIMはマルチSIMなので、これからSIMを契約する場合は中間のマイクロのサイズでSIMを割ってください。

もしnanoにしてしまった場合は、変換アダプターを使うなどの工夫が必要です。

 

 

  • 楽天で動作確認済み
  • ドコモ/au/SoftBank回線も対応
  • 専用クレドールあり
  • 最大速度はやや遅い
  • SIMサイズがマイクロのものも
  • APN設定が必要

 

FS030WとFS040WはAmazonや楽天市場で購入できます。

 

 

HUAWEI E5785

 

楽天モバイル E5785

 

HUAWEIのE5785も楽天モバイルの「ご利用製品の対応状況確認」に記載があり、データ通信は問題なくできます。

ドコモ・au・ソフトバンクの全回線で使えるので安心です。

価格も高くないので、端末のみを買う場合は候補に入れましょう。

個人的にもおすすめの機種です。

 

ただしmicro SIMなので、nanoにしてしまった方はアダプターが必要です。

 

 

他のSIMフリールーターは使える?

 

MR03LN・MR04LN

 

MR05LNは楽天モバイルで動作確認されており問題なく使えますが、MR03LN・MR04LNは動作確認されていません。

私自身も未検証ですが、SNSやネットで調べてみました。

 

MR03LNは使えない

 

まず、MR03LNは使えないようです。

MR03LNは楽天モバイル自社回線のB3に対応しています。(パートナー回線のB18は非対応)

よって、「楽天回線エリアなら繋がるのでは?」と思いましたが、どうやら楽天モバイルのSIMを差すとB3にも接続できないようです。

 

また、メーカーの公式サポートに問い合わせたところ、「楽天モバイルでは使えない、今後の対応予定もない」との回答があったそうです。

MR03LNで使うのは諦めましょう。

 

MR04LNは使える

 

一方、MR04LNは楽天モバイルで使えます

動作確認こそされていませんが、MR04LNは楽天回線のB3とパートナー回線のB18に対応しており、楽天モバイルのSIMを入れても接続可能です。

 

MR04LNはすでに販売が終了していますが、中古などで安く買えるので楽天モバイルでも活用できますね。

 

ただし、SIMはマイクロサイズなので注意してください。

MR04LNはSIMをスロットに差し込むタイプなので、アダプタを使ってnanoサイズをmicroサイズにするのは少し危険です。

手数料は無料なので、素直にSIMを再発行しましょう。

 

また、auローミングが続いている地域ではパートナー回線を掴みやすい可能性があります。

都内ではauローミングが終了したので基本的には楽天回線しか掴みませんが、楽天回線が網羅できていない地方ではまだパートナー回線を活用しています。

MR04LNがどうかはわかりませんが、古い機種では自社回線エリア内でもパートナー回線を掴みやすい傾向にあるので注意してください。

 

auローミングは徐々に解消されているので、いずれは楽天回線しか掴まなくなります。

 

MR04LNをお持ちの方はそのまま活用しても良いと思いますが、これから買う方は楽天モバイルで動作確認されているMR02LNRakuten WiFi Pocket 2B・Rakuten WiFi Pocketを買うのがおすすめです。

 

 

FS020W

 

FS020W 楽天モバイル

よく問い合わせをうけるのが富士ソフトのFS020Wです。

この機種は楽天モバイル公式サイトの「ご利用製品の対応状況確認」には記載がありませんが、実際には使えるようです。

 

未検証なので自己責任で使ってください

 

また、楽天回線のB3にしか対応しておらず、パートナー回線のB18/26に非対応なので、自社回線しか接続できないのを逆手に取って利用している方が多いようです。

 

この機種はパートナー回線のB18/26には非対応なので、容量制限があるパートナー回線に接続しません。

B18/26を掴みやすい場合はあえてこの機種を使ってみても良いかもしれませんね。

 

 

ただ、FS020Wは2014年に発売されたかなり古い機種です。

性能も高くないですし、Amazonや楽天市場にもほとんど在庫がありません。

 

また、楽天モバイルで現在発売されたRakuten WiFi Pocket 2Bも簡単な設定でバンド3の固定が可能です。

Rakuten WiFi Pocket 2Bならドコモ・au回線でも使えるので、これから買う場合はそちらを選びましょう。

詳細Rakuten WiFi Pocket 2Bはバンド固定可能

 

▼価格・スペックを見る▼

楽天モバイル公式サイト 

 

▼実質0円で買える▼

 

WX03

 

Speed Wi-Fi NEXT WX03 楽天モバイル

 

UQで発売されたWX03についてもよく質問を受けます。

結論から言うと、WX03は楽天モバイルで使えません。

 

WX03はFDD-LTEに非対応で、楽天モバイルが使うB3やB18に非対応です。

データ通信は全くできませんので諦めましょう。

 

SIMとセットなら実質-4999円のRakuten WiFi Pocket 2Bを買いましょう。

詳細Rakuten WiFi Pocket 2Bが実質-4999円

 

もちろん端末のみでも安く購入できます。

 

 

ルーター使用時の注意点

 

ルーター使用時の月額料金

 

ルーターに楽天モバイルのSIMを入れて使用する場合の料金はスマホの料金プランと同じです。

楽天モバイルUNLIMIT Ⅶの料金は月に使用したデータ容量に応じて料金が決まる従量課金制です。

 

<Rakuten UN-LIMIT VII 料金表>

容量(※1)基本料金通話料金
3GB
まで
¥1,078国内通話
かけ放題
(※2)
3GB~
20GBまで
¥2,178
20GB以上
無制限
¥3,278

※1:楽天回線エリア外は5GB以降最大1Mbpsに制限
※2:一部かけ放題対象外あり

 

このプランの最大の魅力はいくらデータを使っても3,278円以上かからない点です。

外出先でデータをたくさん使う方におすすめですね。

 

ただし、3GB・20GBを超えると料金が1,000円ほどあがります。

月末時点で3GB・20GB直前の場合はうまく調整して3GB・20GBを超えないようにするとよいでしょう。

 

MNP乗り換えで契約できる?

 

ルーターはMNPでも契約できます。

ただしルーターにSIMを入れてしまうと電話ができませんので、実際に使っている電話番号の紐づいたSIMを入れるのはおすすめしません。

 

楽天モバイルのSIMは新規契約でも初期費用無料で契約できるので、ルーターに入れっぱなしにするSIMは新規で契約するのがよいでしょう。

もちろん使っていないSIMがある場合はMNPでも構いませんが、あまりメリットはないように思います。

 

WiMAXとどちらがおすすめ?

 

現在WiMAXを使っている方は、楽天モバイルとどちらがおすすめでしょうか?

特に「月額料金」「最低利用期間・違約金」「初期費用」「データ使用制限」「電波の安定性」で比較しましょう。

 

楽天モバイルの料金は月3,278円以上かかりません。

多くのWiMAXのプランより安いはずです。

 

さらに初期費用は無料ですし、最低利用期間・違約金もありません。

WiMAXは2年縛り・3年縛りなどの最低利用期間・違約金が設定される場合もあるので、いつでも解約できる楽天モバイルの方がおすすめです。

 

また、WiMAXは3日間のデータ使用量による通信制限があります。

3日間で10GBを超えると通信速度が制限される場合があり、データをたくさん使う方には不向きです。

 

一方、楽天モバイルにも1日10GBの制限があるものの、WiMAXの3日間10GBよりも緩いです。

また、1日で10GBを超えた場合も最大3Mbpsの速度で通信できるのでたいていのことはできます。

深夜0時を超えると制限が解除されるので、我慢すべき時間も長いです。

 

ただし、楽天モバイルの最大のデメリットは通信の安定性です。

エリアはかなり広がりましたが、周波数が限られるため地下やビルの中ではつながりにくい場合があります。

その点はWiMAXの方が安心ですね。

 

楽天モバイルは最低利用期間・違約金も初期費用もかからないので、通信品質が不安な方は一度スマホに入れて試しに使ってみてもよいでしょう。

問題なければルーターに入れ替えて使ってみてもよいですし、だめなら(あまりおすすめはできませんが)解約してもOKです。

詳細SIMのみ契約 | 楽天モバイル公式サイト

 

▼SIMのみで8000P還元中▼
(10月まで1GB以下は無料)

 

据え置き型のルーターはある?

 

楽天モバイルのSIMは固定回線の代わりに使うこともできます。

私も以前は楽天モバイルを据え置き型のルーターに入れて固定回線化していました。

 

楽天モバイルを据え置き型のルーターに入れて固定回線化する方法とおすすめのルーターはこちらの記事にまとめています。

詳細楽天モバイルを固定回線化する方法

 

5G対応のルーターはある?

 

楽天モバイルUNLIMIT Ⅶは追加料金なしで5Gにも対応していますが、現時点で5Gは期待しない方がよいでしょう。

 

そもそも楽天モバイルの5Gエリアはまだまだ狭いです。

また、5Gに対応したルーターも多くありません。

メジャーどころでいうと「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」などは楽天モバイルの5Gも掴めるようですが、動作確認もされていませんし口コミを見ても期待できません。

楽天モバイルの5Gはあと2年くらいは待った方がよいと思います。

 

どうしても5Gで通信したい方は「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」を購入し、au・UQモバイルやpovoのSIMを入れて通信するのがおすすめです。

ただ、それでも5Gのメリットはあまりないように思います。

 

 

楽天アンリミットのキャンペーン

 

楽天モバイルでは現在お得なキャンペーンを実施しています。

ルーター用にこれから楽天モバイルのSIMを契約する場合は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。

 

現在、以下のキャンペーンを適用するのが一番お得です。

 

  1. SIM契約で8,000P進呈
  2. エントリーで楽天ポイント進呈

詳細キャンペーン・特典一覧

 

SIM契約で8000P還元

 

楽天モバイルにSIMのみで初めて契約すると、だれでも楽天ポイントが8,000P還元されます。

新規・MNPはもちろん、楽天モバイルのドコモ・au回線からの乗り換えも対象です。

 

さらに2022年10月までは月のデータ使用量が1GB以下なら引き続き無料です。

 

SIMが届いたら、すぐにRakuten Linkで10秒以上通話しましょう。

申し込み翌月までに10秒以上の通話がないとポイントは還元されません。

詳細SIM契約で3,000P還元キャンペーン | 楽天モバイル

 

▼SIMのみで8000P還元中▼
(10月まで1GB以下は無料)

 

エントリーでポイント還元

 

楽天モバイル契約時には、必ず事前に以下に全てエントリーしましょう。

楽天会員だけでなく、楽天カード保有者・楽天証券口座保有者は事前にエントリーしてからWEBで申し込むことで楽天ポイントがさらに増額されます。

 

また、楽天市場や楽天サービスで使えるクーポンがもらえるキャンペーンもあります。

 

 

併用不可のキャンペーンもありますが、とりあえず全てにエントリーしてから楽天モバイルに申し込みましょう。

特に年会費・入会金無料の楽天カードをお持ちでない方は必ずカードを申し込みましょう。

同時に申し込めば最大7,000Pが追加で還元されます。

詳細楽天カード×楽天モバイル申し込みキャンペーン

 

▼楽天カードは必携▼

 

上記の中には店舗で申し込むと対象外のものがあるので、楽天モバイルは楽天モバイル公式サイトで申し込むのがおすすめです。

 

1GB以下は10月まで実質無料

 

楽天モバイル 1GB以下 無料 いつまで

 

楽天モバイルは2022年7月から新プランに移行し、1GB以下が無料ではなくなりました。

ただし、移行措置として2022年10月末までは1GB以下の月は引き続き実施無料で使えます

新プランに新たに契約した方はもちろん、2022年6月末までに契約していた方も自動的に無料になります。

 

2022年7月・8月は1GB以下なら料金が実質無料です。

9月・10月は1GB以下の料金分がポイントで全額返還されます。

 

  • 7月・8月:料金が引き続き無料
  • 9月・10月:料金分がポイントで還元

 

これまで1GB以下に抑えて無料で運用していた方の中には他社への乗り換えを検討している方もおられると思いますが、乗り換えは10月まで待ったほうがお得です。

なお、楽天モバイルからのおすすめの乗り換え先はこちらにまとめています。

詳細楽天モバイルから乗り換え、おすすめは?

 

その他キャンペーン一覧はこちらにまとめています。

 

 

 

楽天モバイルのSIM契約はこちら!

 

以上、楽天モバイルアンリミットで使えるおすすめモバイルルーターの解説でした。

 

個人的には実質無料で買えて楽天モバイル以外の3キャリアの回線でも使える「Rakuten WiFi Pocket 2B」が一番おすすめです。

SIMとセットなら実質無料以下で買えるので、ぜひキャンペーンを利用してください。

 

私も実際に購入してレビューしていますので参考にしてくださいね。

詳細Rakuten WiFi Pocket 2Bのレビュー

 

▼実質-4999円で買える▼

 

これから楽天モバイルアンリミットに契約される方は、必ずキャンペーンを確認しましょう。

SIMのみ契約でも高額のポイントが還元されます。

 

 

▼使い放題・かけ放題で3,278円▼
(10月まで1GB以下は無料)

 

最大19,000円分還元中

 

楽天UN-LIMITは光回線代わりに使える!
楽天モバイルを固定回線代替に使う方法

 

 

楽天モバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました