【~12/8】最大28,000P還元キャンペーン中 

ワイモバイルから楽天モバイルMNOにMNPで乗り換える全手順解説

 

楽天モバイル UN-LIMIT ロゴ

 

本記事では、ワイモバイルから楽天モバイルMNOにMNPで乗り換える手順や注意点を解説します。

 

楽天モバイルに乗り換えれば月額2,980円でデータ使い放題・通話し放題で、さらに先着300万名は1年間料金無料です。

ただし注意点も多いので安易に乗り換えると大失敗してしまいます。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

MNP乗り換え前の注意点

 

ワイモバイルをお使いの方は比較的リテラシーが高い方が多いと思います。

しかし、楽天モバイルには制限やデメリットが多いので、よくわからないで乗り換えると大失敗します。

 

楽天モバイルに乗り換える前に、以下の注意点を必ず確認しましょう。

 

エリアに注意

 

まず、お住まいの地域が楽天モバイルの自社回線エリアか、パートナー回線エリアか必ず確認しましょう。

 

楽天モバイルのエリアはまだ東名阪を中心とした都市部にしか広がっていません。

自社回線エリア以外はパートナー回線エリアと呼ばれ、ここではauの回線を借りて通信できます。

詳細エリアを調べる | 楽天モバイル

 

しかし、パートナー回線エリアでは月5GBまでしか使えません

5GBを使い切っても最大1Mbpsで通信できるものの、自社回線エリアに比べて大きな制限があります。

 

他にもSMSが受信できないので楽天Linkが認証できず、電話もかけ放題にならない点にも注意が必要です。

 

自社回線
エリア
パートナー回線
エリア
使用する
回線
楽天モバイルの
自社回線
auの回線
データ
通信
使い放題月5GB
SMSの
送受信
不可

 

パートナー回線エリアにお住まいの方は、実質月5GBまでしか使えません。

現在の月のデータ使用量が5GB以下の方なら乗り換えても問題ありませんが、それ以上使う方は注意しましょう。

 

DSDV対応スマホをお持ちの方はワイモバイルから乗り換えるのではなく、しばらくはワイモバイルと楽天モバイルのSIMを両方入れて使い分けるのがおすすめです。

iPhone XS・XR以降の機種をお使いの方は、ワイモバイルのSIM+楽天モバイルのeSIMを使いましょう。

詳細楽天モバイルでeSIMを使う手順

 

いきなり乗り換えるのは少々危険です。

 

使える端末が限られる

 

楽天モバイルでは使える端末も限られます。

 

まず、iPhoneはどの機種も動作保証されていません。

実際はiPhone6S・SE(第1世代)以降なら使えるのですが、動作保証はされていないので不具合が起きる可能性もあります。

また、楽天Linkアプリが使えないので通話はかけ放題になりません。

詳細楽天モバイルでiPhoneは使える?

 

Androidも動作確認されているのは楽天モバイルで販売中の機種と、動作確認されている一部の機種のみです。

実際にはGalaxyAQUOSXperiaZenFoneなどが使える場合もあるのですが、動作保証はありませんし、設定の難易度が高いです。

 

お持ちの端末が使えずに新しい端末を買うと、余計高くなってしまう可能性があるので注意してください。

 

サポート体制が未整備

 

また、楽天モバイルはサポート体制も万全ではないです。

 

全国に楽天モバイルの店舗が増えていますが、ワイモバイルのように全国に網羅されているとは言えません。

また、コールセンターやチャットでの返信もかなり遅いです。

 

楽天モバイルはエリアや端末など複雑な部分が多く、設定も比較的難しいです。

ネットなどで自分で色々調べて設定できる方でないと、使うのは難しいでしょう。

 

乗り換えるべき人・そうでない人

 

楽天モバイルに乗り換えてOKな人、乗り換えをおすすめしない人は以下のとおりです。

 

  • 自社回線エリア内に住んでいる
  • エリア外だがデータ使用が5GB以下
  • スマホについて自分で調べられる
  • 対応端末を持っている・買う
  • 自社エリア外で月5GB以上使用
  • よく店舗を利用する
  • 自分で調べるのは苦手

 

特に、ネットなどで調べて自分でいろいろできる方でないと、楽天モバイルはうまく使えないと思います。

しばらくすればエリアが広がって対応端末も増え、サポート体制も充実してくると思いますが、ドコモ・au・ソフトバンクやワイモバイルと同じレベルになるには数年はかかります。

 

自信がない方は、もうしばらくはワイモバイルのままでも良いと思います。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

ワイモバイルから乗り換える手順

 

ワイモバイルから楽天モバイルに乗り換えるには以下の手順を踏む必要があります。

 

  1. 使える端末を準備
  2. MNP予約番号発行
  3. 転出先で契約手続き
  4. 回線切り替え
  5. APN設定
  6. 楽天Linkの設定

 

使える端末を準備

 

まずは楽天モバイルで使えるスマホを用意しましょう。

冒頭でも解説しましたが、楽天モバイルでは使える端末が限られます。

 

一番おすすめなのは楽天モバイルで端末を買うことです。

エントリーモデルからハイスペック機種まで購入でき、さらにお得なセールも定期的に実施しています。

 

 

iPhoneを使う場合は必ずSIMロック解除しておきましょう。

詳細SIMロック解除の手順 | Ymobile

 

また、iPhoneには特殊な設定が必要なのでこちらの記事を参考にしてください。

詳細楽天モバイルでiPhoneを使う手順

 

MNP予約番号を発行

 

続いて、ワイモバイルでMNP予約番号を発行します。

MNP予約番号とは、電話番号そのままで他社に乗り換えるための引き継ぎ番号のようなものです。

 

MNP予約番号の発行方法は以下の2通りです。

  • ワイモバイル店舗
  • カスタマーセンターへ電話
    • Ymobileのスマホ:116
    • その他:0120-921-156
      (9:00~20:00 年中無休)

 

わざわざ店舗に行かなくても、電話で発行できます。

 

電話でMNP予約番号を発行する場合、電話先ですぐに番号を教えてくれるわけではありません。

電話を切った後にSMSで通知が来ます。

 

私が以前に発行した際には、電話を切って5分後くらいにSMSが届きました。

 

楽天モバイルでMNP転入手続き

 

いよいよ、楽天モバイルでMNP転入手続きします。

転入手続きは「楽天モバイル公式サイト」で進めます。

 

1.楽天モバイル公式サイトにアクセス

2.画面上部の「お申込み」を選択

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

注意事項を確認し、チェックを入れて「お申し込み画面に進む」をタップ

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

楽天ID・パスワードを入力してログイン

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

プランは楽天アンリミットしかありません。

右下の「プランを選択する」をタップします。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、必要に応じてオプションを選択してください。

無料オプションには最初からチェックが入っています。

 

また、物理SIMではなくeSIMを申し込む方は、ここでSIM種別の変更が必要です。

SIMカードタイプの下の「変更する」をタップします。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

eSIMの方は次の画面でeSIMを選択してください。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

また、端末セットで契約する方は「製品選択へ進む」をタップします。

楽天モバイルのおすすめスマホはこちらを参考にしてください。

詳細楽天モバイルのおすすめ機種一覧

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次に本人確認書類をアップロードします。

 

ここで注意が必要です。

アップロード可能な画像ファイルは5MB以下のため、比較的高機能なスマホで写真を取ると5MBを超えてしまいます。

あらかじめ5MB以下のファイルを用意しておきましょう。

 

私は写真サイズが7MBあったためファイルがアップロードできずに、つまづきました。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。

「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で、ワイモバイルで発行したMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

続いて、配送先情報を選択します。

基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。

 

また、配送日・時間が選べます。

私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

次の画面で申込内容が再度表示されます。

ここで内容を確認してください。

 

また、紹介特典を利用する方はここで入力します。

2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

最後に、支払い方法を選びます。

楽天カードをお持ちでない方は必ずこちらから発行しましょう。

 

楽天カードなら支払金額に応じて1%の楽天ポイントが貯まりますし、端末代金の分割手数料も無料です。

もちろん年会費などは無料です。

 

楽天モバイルMNP乗り換え手順

 

▼楽天カードは持っておこう▼

 

申込みが完了すると、登録されたメールアドレスに確認メールが送られます。

SIMは指定日に自宅に届きますが、それまでは「my 楽天モバイル」で状況を確認できます。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

回線切り替え・開通手続き

 

楽天モバイルからSIMカードが届いたら、回線切り替え(開通手続き)が必要です。

 

回線切り替えとは、ワイモバイルの接続を楽天モバイルに変更する作業です。

回線切り替えまではワイモバイルで通話やデータ通信ができますが、回線切り替えするとワイモバイルが正式に解約され、楽天モバイルが利用開始されます。

 

回線切替は、SIM到着後にmy楽天モバイルから手続きします。

手順はこちらに詳しくまとまっています。

詳細回線切替のお手続き | 楽天モバイル

 

回線切替は、手続きした時間によって完了時間が異なりますので注意してください。

 

受付時間完了時間
9時~21時当日中
21時~翌9時翌9時以降

 

APN設定

 

回線の切り替え手続きが完了し、スマホ本体にSIMカードを挿入したら、APN設定が必要です。

 

ただし、楽天モバイルで購入した端末や動作確認済みの端末を使う場合は、ほとんどの機種でSIMを入れただけでAPN設定が完了します。

使う前にシステムアップデートを更新してからSIMを挿してください。

 

Pixel3・Pixel3aアップデート方法

 

ワイモバイルのスマホや動作確認されていない端末を使う場合は、APN設定が必要です。

こちらの記事を参考にしてください。

 

 

<楽天モバイルのAPN>

項目入力内容
APN名(任意)
APNrakuten.jp
MCC440
MNC11
APNタイプdefault,supl,dun
APNプロトコルIPv4/IPv6
APNローミング
プロトコル
IPv4/IPv6
PDPタイプIPv4/IPv6

※APN名は好きな文字列で可
※機種によってAPNタイプのdunが入力不可の場合はdefault,supl、またはdefault,supl,tetherを入力
※PDPタイプは一部機種のみ入力

 

動作確認端末以外は全て動作保証対象外なので自己責任で使ってください

 

楽天Linkの設定

 

最後に、通話アプリ「楽天Link」の設定をします。

楽天モバイルではこの楽天Linkを使って通話をすることで、国内通話がかけ放題になります。

詳細楽天Linkでできること

 

Rakuten Link

Rakuten Link

Rakuten,Inc.無料

 

ただ、楽天Linkの認証にはSMSの受信が必要ですが、SMSはバンド3に接続している状態でしか受信できません。

 

自社回線エリア内の方は普通にインストールして普通に設定すればインストール・認証できます。

しかし、パートナー回線エリアの方はSMSの受信ができませんので、自社回線エリアに行ってからインストールしましょう。

 

どうしても自社回線エリアに行けない方は、Pixel 3の設定手順解説記事に記載した裏技を試してみてください。

この方法でも認証できるようですが、もう1台端末が必要です。

 

また、iOS版の楽天Linkアプリは配信されていませんので、iPhoneで楽天Linkは使えません

 

以上で設定は終了です。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

MNP乗り換え時の注意点

 

MNP予約番号の有効期限

 

予約番号の期限は15日

 

ワイモバイルで発行してもらったMNP予約番号には15日間の有効期限が設けられています。

この15日間以内に、楽天モバイルへのMNP転入手続きを完了させなければなりません。

 

WEB手続きには残り10日必要

 

そのため、楽天モバイル公式サイトでMNP転入手続きをする場合は、有効期限が10日以上残っている場合しか受け付けてもらえません

残日数に余裕がないと、15日間の有効期限内に開通まで完了できないからです。

 

残り10日を過ぎた場合は店舗で手続きするか、MNP予約番号を再発行してもらわなければなりません。

そうならないよう、MNP予約番号を取得したらすぐに楽天モバイルで手続きしましょう。

 

回線切り替えの受付・所要時間

 

楽天モバイルの開通・回線切り替えは24時間できます。

ただし、手続きした時間によって開通のタイミングが異なります。

 

受付時間完了時間
9時~21時当日中
21時~翌9時翌9時以降

 

当日開通の締め切り時間以降に手続きしても、実際に開通するのは翌朝以降になりますので注意してください。

 

電話しなければ自動開通

 

SIM到着後に開通手続きをしなかった場合、楽天モバイル側で自動で開通されます。

 

詳しいタイミングはいつになるかわかりません。

できる限り自身で事前に開通しましょう。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

楽天モバイル公式サイト

 

 

楽天モバイルで使えるスマホ

 

楽天モバイルは使える端末が限られます。

楽天モバイルに乗り換える前に、必ず対応端末を確認しましょう。

 

ワイモバイルのiPhoneなら非公式な方法で使えますが、かなり複雑な設定が必要です。

一方、Androidは使える端末が少ないので注意してください。

 

不安な方は楽天モバイルで端末を買ったほうが良いでしょう。

 

楽天モバイルで買える端末

 

OPPO Reno A 128GB

 

一番おすすめなのは楽天モバイルで対応端末を購入することです。

 

楽天モバイルでは最新のAndroidスマホを販売しており、これらの機種はもちろん楽天モバイルで使えます。

APN設定が不要でSIMを挿せばすぐに使えるのも嬉しいですね。

 

他で購入したスマホも一部の機種は使えますが、よくわからないという方は素直に楽天モバイルで端末を購入しましょう。

楽天モバイルのおすすめ端末は下記記事にまとめています。

 

 

楽天モバイルではほぼ常に端末購入で楽天ポイントが還元されるキャンペーンを実施しています。

比較的お得に契約できますので、ぜひキャンペーンを利用して購入してください。

 

▼人気端末が実質0円以下▼

 

 

動作確認端末

 

楽天モバイルで販売中の端末以外にも公式に動作確認されている端末があります。

数は少ないですが、シャープやOPPO製スマホ、ギャラクシーなどが動作確認されています。

 

楽天モバイルの取り扱い端末に欲しい端末がない方は、こちらの動作確認端末一覧から好みの機種を探してみましょう。

 

 

また、既に端末をお持ちの方は、こちらのチェックツールで自分のスマホが動作確認されているか確かめることができます。

詳細ご利用製品の対応状況確認

 

ワイモバイル端末は使える?

ワイモバイル ロゴ

ワイモバイルのiPhone

 

ワイモバイルのiPhoneもSIMロック解除すれば使えるようになります。

ただし、動作保証はされていませんので注意してください。

また、iPhone7以前の機種はかなり複雑な設定が必要です。

 

iPhoneを使う方法とSIMロック解除手順は以下を確認してください。

 

 

ワイモバイルのAndroid

 

一方、ワイモバイルのAndroidは使えないものが多いです。

楽天モバイルの自社回線が使うバンド3には対応していますが、バンド18・26に対応している機種は少ないです。

 

こちらで、自身がお持ちの対応バンドを確認しましょう。

詳細Ymobile端末の対応バンド(PDF)

 

バンド3のみでも自社回線エリア内なら使えますが、まだまだエリアが狭いためメインで使うのはおすすめしません。

バンド3・18(または26)の両方に対応していないスマホは使わず、素直に楽天モバイルで端末を買うのがおすすめです。

 

バンドを確認後、SIMロック解除した上で下記記事を参考に設定をしてください。

 

 

機種によっては使えない場合もありますし、使えたとしても動作保証対象外なので注意してください。

 

お得な乗り換えキャンペーン

 

楽天モバイルは現在お得なキャンペーン・セールを実施しています。

1年間料金無料がかなりお得ですが、それに加えて楽天ポイントが還元されます。

 

現在、以下のキャンペーンを適用するのが一番お得です。

 

  1. 契約者全員に8,000P進呈
  2. 端末購入で最大20,000P進呈
  3. 先着300万名1年間無料
  4. 紹介キャンペーン(2,000P)

詳細キャンペーン・特典一覧

 

誰でも8,000P還元

 

 

まず、楽天UN-LIMITに契約すると、誰でも楽天ポイントが8,000P貰えます

 

「誰でも」とある通り、WEB・店舗のどちらで申し込んでも対象ですし、SIM・eSIMのみでも端末セットでも貰えます。

 

  • 店舗でもWEBでもOK
  • SIMのみでも端末セットでもOK

 

さらに端末セットの方は最大20,000P増額されます(次章で解説)

 

申し込み月の翌月末日までにRakuten Linkで10秒以上の通話とメッセージの送信が必要です。

SIMが届いたら必ずクリアしておきましょう。

詳細キャンペーン適用条件 | 楽天モバイル

 

このポイント還元セールの実施期間は2020年12月1日の朝8:59までです。

 

▼SIMのみでもポイント還元▼

 

 

端末購入で20,000P進呈

 

 

さらに、端末セットで購入した方は最大20,000ポイントが進呈されます。

 

前章で解説した「誰でも8,000P進呈キャンペーン」とも併用可能なので、端末によっては最大28,000Pがもらえます。

 

「誰でも8,000P進呈キャンペーン」を含むポイント還元数と実質化価格は以下のとおりです。

 

<対象端末とポイント還元額>

ポイント
還元
実質価格
Galaxy
S10
¥28,000¥43,980
Xperia
Ace
¥9,980
Rakuten
BIG
¥23,000¥46,799
AQUOS
sense3
lite
¥2,980
OPPO
A5 2020
-¥980
OPPO
Reno A
¥15,800
arrows
RX
-¥3,000

※還元ポイントは誰でも8000P貰えるキャンペーン含む
※端末価格は税込

 

上記以外の端末のポイント進呈額は8,000Pのみです。

 

また、キャンペーンの適用には条件がありますので、必ず確認してください。

詳細キャンペーン適用条件 | 楽天モバイル

 

このポイント還元セールの実施期間は2020年12月1日の朝8:59までです。

 

楽天モバイルのおすすめ端末は下記記事にまとめています。

 

 

▼人気端末が実質0円以下▼

 

 

先着300万名1年間無料

 

楽天モバイル UN-LIMIT 1年間無料

 

楽天モバイルUN-LIMITは、先着300万名限定で月額料金が1年間無料になります。

もともと月額2,980円と安い楽天モバイルの料金ですが、さらに1年間無料は非常にお得です。

ぜひお早めに契約しましょう。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

ワイモバイルから楽天モバイルへのMNP乗り換えはこちら

 

以上、ワイモバイルから楽天モバイルにMNPで乗り換える手順の解説でした。

 

楽天モバイルはエリアや使える端末に制限があるものの、月額2,980円の料金は大きな魅力でおすすめです。

さらに先着300万名は料金が1年間無料になるので、検討中の方はお早めに申し込みましょう。

 

申し込みはこちらからどうぞ!

 

▼楽天モバイルに申し込む▼

楽天モバイル公式サイト

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

▼人気端末が実質0円以下▼

 

 

楽天UN-LIMITの記事一覧

 

タイトルとURLをコピーしました