実施中のお得なキャンペーンをみる 

ソフトバンク AQUOS zero 801SHのスペック・価格を解説!私の評価も

 

AQUOS zero_801SH

 

本記事では、ソフトバンクから発売されたスマホ「AQUOS zero 801SH」のスペック・価格を解説します。

 

高性能Snapdragon845搭載のハイスペック機種ながら146gととにかく軽いのが特徴です。

価格もそれほど高くなく、個人的にかなりおすすめの機種です。

 

▼AQUOS zeroの詳細を確認する▼

ソフトバンク公式サイト

 

AQUOS zero 801SHの価格

 

本体価格

 

AQUOS zero 801SHの本体価格は税抜60,000円です。

 

さらにAQUOS zero 801SHは半額サポート+の対象機種のため、48回払いで購入して25ヶ月に機種変更した場合の実質負担額は半額の30,000円です。

※別途プログラム利用料390円/月が必要

 

詳細半額サポート+ | Softbank

 

料金シミュレーション

 

ただし、ソフトバンクの価格・料金は複雑で、実際の支払額は安くなる場合もあります。

これから新規契約・機種変更する方は事前に料金シミュレーションも可能です。

 

下記から料金を試算してみてください。

詳細料金シミュレーション | SoftBank

 

AQUOS zero 801SHのスペック

 

発売日

 

ソフトバンクにおけるAQUOS zero 801SHの発売日は2018年12月21日です。

のちに同型のSIMフリー版「AQUOS zero SH-M10」が2019年4月9日に発売されました。

 

型番

 

AQUOS zeroのソフトバンクにおける型番は801SHです。

SIMフリー版はSH-M10です。

 

カラーバリエーション

 

AQUOS zero 801SHの本体カラーはアドバンスブラックのみです。

 

AQUOS zero_801SH_本体カラー

 

スペック一覧表

 

スペック
サイズ(mm)H154× W73× D8.8
重さ約146g
画面サイズ6.2インチ
解像度2,992 x 1,440
(WQHD+)
バッテリー容量3,130mAh
OSAndroid 9
CPUSnapdragon845
(オクタコア)

2.8+1.7GHz
メモリ(ROM)128GB
メモリ(RAM)6GB
対応外部メモリ非対応
有効画素数
(メインカメラ)
2,260万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

スペック詳細はこちらをご確認ください。

詳細AQUOS zero 801SHのスペック

 

私の評価

 

AQUOS zero 801SH、個人的にかなりおすすめです。

 

搭載CPUは発売当時最新のSnapdragon845と超ハイスペック。

前作AQUOS R2に続き高い放熱性能を誇り、高負荷の3Dゲームを長時間続けても本体が熱くなりにくく、処理速度が落ちません。

充電をしながら高負荷の作業をしても熱くならないのが特徴です。

 

画面には初の有機ELディスプレイを採用し、画面の美しさはトップクラスです。

さらに音質やバッテリーの持ちも最高峰で、ゲームをされる方に非常におすすめです。

6インチ以上のスマホでは最も軽い146gなのもうれしいですね。

 

また、SHARPのスマホらしく、防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証・顔認証と多機能なのも特徴です。

ただしワンセグ・フルセグは非搭載ですので、必要な方はAQUOS R3を選択しましょう。

 

欠点はカメラがシングルカメラな点と、色が黒しか無い点ですね。

これがクリアできれば非常におすすめの機種だと思います。

 

  • icon-circle-o 当時最高峰のSnapdragon845
  • icon-circle-o 高負荷作業でも熱くならない
  • icon-circle-o 超長持ちバッテリー
  • icon-circle-o 6インチ以上のスマホで最軽量
  • icon-circle-o AQUOS初の有機ELディスプレイ
  • icon-circle-o 映像・音響に細部までこだわり
  • icon-times カメラはシングルレンズ
  • icon-times ワンセグ・フルセグ非対応

 

▼AQUOS zeroの価格・詳細を確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

 

搭載機能

 

搭載機能一覧

 

AQUOS zero 801SHは防水・防塵とおサイフケータイ、指紋認証・顔認証に対応しています。

 

ただし、ワンセグ・フルセグには対応していません。

フルセグが必要な方はAQUOS R3 808SHにしましょう。

 

機能有無
ワンセグ
フルセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証
防水・防塵
ハイレゾ
ワイヤレス充電

 

おサイフケータイ対応

 

AQUOS zero 801SHはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレス決済が推進されているのでおサイフケータイは非常に便利です。

 

指紋認証・顔認証対応

 

AQUOS zero 801SHは本体背面に指紋認証センサーが搭載されています。

また顔認証も併用できます。

 

防水・防塵対応

 

AQUOS zero 801SHは防水・防塵にも対応しています。

この点はSHARP製スマホのメリットですね。

 

ワンセグ/フルセグ非対応

 

AQUOS zero 801SHはワンセグ・フルセグにも非対応です。

最近は国内メーカー製のスマホでもフルセグ非対応の機種が増えてきました。

 

フルセグが必要な方はこちらもAQUOS R3 808SHを選びましょう。

 

イヤホンジャックなし

 

AQUOS zero 801SHにはイヤホンジャックがありません。

USB Type-Cから3.5mmイヤホンジャックへの変換ケーブルが付属していますので、有線接続する場合はそちらを利用しましょう。

 

その他搭載機能の詳細はこちらをご確認ください。

詳細AQUOS zero 801SHのスペック

 

▼AQUOS zeroの詳細を確認する▼

ソフトバンク公式サイト

 

 

AQUOS zero 801SHの対応バンド

 

対応周波数一覧

 

AQUOS zero 801SHの対応バンド・周波数は以下の通りです。

  • WCDMA:1/8
  • LTE:1/3/8/11/28

 

詳細対応バンド一覧 | Softbank

 

ソフトバンク/ワイモバイル可

 

AQUOS zero 801SHはソフトバンク・ワイモバイル回線のLTEバンド1・3・8に対応しています。

また、WCDMAのバンド1・8にも対応です。

 

そのため、SIMロック解除すればソフトバンク以外にもワイモバイルやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

ドコモ/au回線で使用不可

 

対応バンドをみると、AQUOS zero 801SHはソフトバンク・ワイモバイルの回線にしか対応していません。

 

SIMロック解除すればドコモ・au回線のSIMを挿しても使えないことはないですが、一部の電波に対応していないため、電波が弱くなる可能性もあります。

ドコモ回線・au回線では使わないようにしましょう。

 

▼AQUOS zeroの詳細を確認する▼

ソフトバンク公式サイト

 

SIMフリー版は全キャリア対応

 

なお、SIMフリー版のAQUOS zero SH-M10はドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアの回線に対応しています。

もちろんau VoLTEにも対応しています。

 

auやドコモ回線で使いたい場合はSIMフリー版のAQUOS zero SH-M10を購入しましょう。

 

▼SIMフリーのAQUOS zeroを探す▼

 

 

 

AQUOS zero 801SHの購入はこちら

 

以上、ソフトバンクから発売されたAQUOS zero 801SH解説でした。

 

高性能Snapdragon845搭載のハイスペック機種ながら146gととにかく軽いのが特徴です。

価格もそれほど高くなく、個人的にかなりおすすめの機種です。

 

AQUOS zero 801SHの購入や機種変更はソフトバンク公式サイトがおすすめです。

ぜひご利用ください!

 

▼AQUOS zeroの詳細を確認▼

ソフトバンク公式サイト

 

 

 

ソフトバンク機種ランキングへ

タイトルとURLをコピーしました