【超お得】SIM契約で最大10,000円還元中 

UQモバイルは大容量プランがない!データ節約術とおすすめ格安SIMを解説

UQモバイル

 

UQモバイル ロゴ

 

本記事ではUQモバイルの大容量プランについて解説します。

 

2020年6月のプラン改定以降、UQモバイルは最大10GBのプランしか選べなくなりました。

ただし、プランRなら容量を使い切っても最大1Mbpsで通信できます。

 

10GBで足りない場合は本記事で紹介するキャリアへの乗り換えも検討しましょう

 

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

UQモバイルは大容量プランがない

 

最大はプランRの10GB

 

UQモバイルのメインのプランはスマホプランです。

スマホプランのデータ容量と料金は以下の通りです。

 

<UQモバイルの料金表>

S R
データ
容量
3GB 10GB
月額料金
(税抜)
¥1,980 ¥2,980
容量超過後
の速度
最大
300Kbps
最大
1Mbps
通話
オプション
通話かけ放題:月1,700円
10分かけ放題:月700円
通話パック60分:月500円

※税抜
※データは1年間増量あり

 

以前は14GBのプランLも選べたのですが、2020年6月にプランが改定されプランRの10GBが最大になりました。

 

他に「データ高速プラン」もありますがデータ容量は3GBのみです。

 

よって、UQモバイルのプランで最も大容量なのはスマホプランRの10GBとなります。

 

無制限プランは速度500Kbps

 

UQモバイルには「データ無制限プラン」もあります。

これは容量制限なくデータが使い放題なのですが、その分通信速度が低速です。

 

無制限プランの通信速度は最大500Kbpsなので、音楽ストリーミングやメール・LINEのやり取りは快適です。

しかし、WEBサイトの閲覧、SNSによる画像の閲覧、Youtubeなどの動画視聴は難しいでしょう。

 

データチャージは割高

 

UQモバイルでは高速通信のデータ容量を使い切っても、データ容量の追加チャージが可能です。

しかし、データチャージは200円/100MBか、500円/500MBと少々割高です。

できるだけデータチャージはしない方が良いでしょう。

 

よって、UQモバイルではできるだけデータ容量を節約し、使いたいときに使えるように調整する必要があります。

 

▼UQの料金プランをチェック▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQモバイルの容量節約術

 

ここからは、UQモバイルでできるだけデータ容量を節約する方法を解説します。

 

容量超過後も1Mbps使い放題

 

UQモバイルでは2020年6月にプランの改定が行われ、プランRでは速度制限時でも最大1Mbpsで通信できるようになりました。

 

容量を使い切ったあとでも最大1Mbpsの速度で通信できます。

最大1MbpsならSNSやWEB閲覧はもちろん、Youtubeも480pくらいなら問題なく視聴できます。

 

ただし、制限時に1Mbpsで使えるのはプランRのみで、プランSは300kbpsのままです。

 

低速の節約モードを活用

 

UQモバイル 速度切り替え

 

UQモバイルにはデータ通信速度を低速に切り替える「節約モード」が用意されています。

節約モードに設定すると、通信速度は制限されますがデータ容量は消費しません

 

さらに、プランRは容量を使い切った後だけでなく、節約モードON時も最大1Mbpsで使えます

 

<低速モード時の最大速度>

  • プランS:最大300Kbps
  • プランR:最大1Mbps

 

節約モードにしている限りはデータ容量が減らないため、低速通信で乗り切れる場面はできる限り節約モードにしましょう。

 

最大1MbpsならSNSやWEB閲覧はもちろん、Youtubeも480pくらいなら問題なく視聴できます。

最大300KbpsだとWEBやSNSの閲覧、動画視聴は少々きついですが、LINE・メールの送受信や音楽ストリーミング等は問題ありません。

 

 

データDLはWi-Fi環境で

 

UQモバイルのデータ容量を節約する最も基本的なテクニックは、Wi-Fiをうまく活用することです。

ご自宅や勤務先などにはWi-Fi環境がある方が多いと思います。

 

動画などの大容量データのダウンロードは、必ずWi-Fi環境で行いましょう。

モバイルのデータ通信を利用すると、あっという間にデータ容量がなくなります。

 

また、アプリの更新・アップデートもWi-Fi環境下で行いましょう。

アンドロイド端末の方は、Google Play Storeのアプリからアプリの自動更新をWi-Fi環境でしか行わないようにしておきましょう。

 

  1. Google Play アプリを起動
  2. 画面左上の三本線をタップ
  3. 設定をタップ
  4. アプリの自動更新をタップ
  5. Wi-Fi経由のみに設定

 

 

公衆無線LANを活用

 

ギガぞう_UQモバイル

 

UQモバイル契約者は月額500円でさらに使用できる箇所が多く機能も豊富な「ぎがぞう」に契約できます。

 

これ以外にも、街中には無料で使える公衆無線LANが提供されています。

(スターバックスWi-Fi、タリーズコーヒーのWi-Fi、7SPOTなど)

 

外出先でもできるだけこれらのWi-Fiを利用し、モバイルデータ通信の使用量を抑えましょう。

 

▼UQの料金プラン詳細を確認▼

UQモバイル公式サイト

 

 

大容量プランがあるおすすめ格安SIM

 

ここまで、UQモバイルのデータ容量とデータ節約術を解説しました。

しかし、UQモバイルの10GBではどうしても足りないという方は、以下の格安SIMキャリアへの乗り換えも検討しましょう。

 

以下3キャリアは私がおすすめするキャリアで、いずれもau回線を使っていますので現在の端末もそのまま使えます。

 

楽天モバイルUN-LIMIT

 

楽天モバイル UN-LIMIT

 

月10GBで足りない方は、楽天モバイルアンリミットもおすすめです。

月額2,980円で、自社エリア回線内なら高速データ通信が使い放題・国内通話はかけ放題です。

 

ドコモ・au回線を借りて運営していた楽天モバイルMVNOとは違い、通信速度は快適です。

お昼でも遅くなることはありません。

 

まだまだ自社回線エリアは狭いですが、東名阪を中心とした自社エリア内にお住まいの方は検討しましょう。

 

ただし、注意点も多いので必ず下記記事を確認してから契約しましょう。

詳細楽天モバイルの注意点まとめ

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

 

BIGLOBEモバイル(A)

 

 

BIGLOBEモバイルもおすすめです。

 

BIGLOBEモバイルのメインプランである「セレクトプラン」最大30GBまで選べます。

30GBプランの場合、月額料金は以下の通りです。

 

<BIGLOBEモバイルの料金>

音声SIM データSIM
30GB ¥7,450 ¥6,870

 

データSIMにはSMS機能が付いてきます。

 

BIGLOBEモバイルはドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)が選べますが、おすすめなのはタイプAです。

タイプAはau回線なのでUQモバイルで使っていた端末もそのまま使えます

 

また、UQモバイルには及びませんが、通信速度もタイプDより圧倒的に速いです。

 

ただし、お昼12~13時の1時間は速度がかなり遅くなります。

また、データチャージは100MBごとに300円と、UQモバイルより高いです。

 

エンタメフリーで動画見放題

 

 

さらに、BIGLOBEモバイルはエンタメフリーというオプションが用意されています。

エンタメフリーは、月額480円(データSIMは980円)でYoutubeやAbemaTVなどの動画が見放題になるサービスです。

 

大容量プランを契約される理由のほとんどが動画視聴だと思いますので、動画が見放題になるエンタメフリーは大変お得です。

動画以外はほとんどデータ使わないという方は3GB・6GBなどの通常プランで良いかもしれません。

 

エンタメフリーの詳細は下記記事にまとめています。

 

 

▼エンタメフリーで動画見放題▼

 

 

UQモバイルの申し込みはこちら!

 

以上、UQモバイルと格安SIMの大容量プランの解説でした。

 

UQモバイルは最大10GBなので、データ繰越やWi-Fiを活用してうまくギガを節約しましょう。

通信速度はMVNO最速なので、速度にこだわる方はUQモバイルがおすすめです。

 

▼UQモバイルに申し込む▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

 

ただし10GBで足りない方は他の格安SIMも検討しましょう。

自社回線エリアなら楽天モバイルUN-LIMIT、動画をよく見るならエンタメフリーがお得なBIGLOBEモバイルもおすすめです。

 

▼先着300万回線は1年間無料▼

 

▼エンタメフリーで動画見放題▼

 

 

UQモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました