SIM契約のキャッシュバックが3,000円増額中 

UQモバイルでRedmi Note 10 JEが発売!実機レビュー

端末

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE イメージ2

 

本記事ではau・UQモバイルで発売のRedmi Note 10 JEの実機レビュー・スペックを解説します。

 

UQモバイルで発売された初めてのXiaomi端末で、おサイフケータイ・防水対応の日本仕様なのが特徴です。

私が購入したのはau版ですが、UQモバイル版も同じ仕様です。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

UQモバイルのおすすめ機種はこちら
UQモバイルのおすすめ機種一覧

 

Redmi Note 10 JEの価格・値段

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE

 

Redmi Note 10 JEの発売日

 

UQモバイルにおけるRedmi Note 10 JEの発売日は2021年9月9日(木)です。

5Gプランが開始する9月2日発売と予想していましたが、予想より一週間遅れでの発売になりました。

 

なお、auでは8月13日に発売されました。

 

Redmi Note 10 JEの価格・値段

 

UQモバイルにおけるRedmi Note 10 JEの通常価格(定価)は税込28,765円です。

auでの発売価格と同額ですね。

 

UQモバイルの店舗で購入する場合は、新規・MNP・機種変更のどの場合もこの価格です。

 

ただし、UQモバイルの端末を店舗や家電量販店で買うのは非常に損です。

オンラインストアなら自動で割引が適用されます。

 

オンラインストアなら割引

 

UQモバイル公式ストアでRedmi Note 10 JEを購入すると、自動で最大22,000円の割引が適用されます。

 

割引額は新規/MNP/機種変更の場合で異なり、新規/MNPの場合はプランによっても異なります。

 

<Redmi Note 10 JEの価格額>
通常価格:28,765円

プランオンライン
価格
新規S¥16,665
M・L¥12,265
MNPS¥11,165
M・L¥6,765
機種変更S・M・L¥28,765

 

Redmi Note 10 JEは店舗価格が税込28,765円なので、MNPでプランM・Lに契約すれば22,000円の割引が適用されています。

新規契約でも1万円台で購入できるので、性能の割になかなかお買い得です。

 

なお、端末割引が適用されるのはUQモバイル公式オンラインストアのみです。

店舗や家電量販店では割引は適用されませんので、必ずUQモバイル公式ストアで買いましょう。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

お得に機種変更する方法

 

UQモバイルをすでに契約中の方もRedmi Note 10 JEに機種変更できます。

ただし、価格はやや高いです。

 

UQモバイルにおけるRedmi Note 10 JEの価格は税込28,765円です。

店舗で機種変更すると端末の割引はありません。

 

また、機種によっては機種変更でも最大2万円程度の割引が適用される場合がありますが、Redmi Note 10 JEは機種変更ではオンライン割引がありません

 

少しでも安く買いたい方はスマホ通販サイトのイオシスや楽天市場で安い端末を探すのもよいかもしれません。

 

私もよくスマホ端末を買うイオシスでは、au版の未使用品が21,800円で販売されていました。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 中古

詳細Redmi Note 10 JE | イオシス

 

また、楽天市場で未使用品を探したところ、23,800円前後の商品も多数販売されています。

ポイント還元を含めると、こちらの方が安い場合もあります。

 

 

なお、Redmi Note 10 JEはau版・UQモバイルがありますが仕様は同じです。

au版もSIMロックがかかっていないSIMフリーなので、UQモバイルやpovo、au回線を使った格安SIMでも使えます。

 

また、のちほど解説しますがドコモ回線の4Gにも対応しています。

 

使用時は各キャリアの動作確認端末一覧を確認してください。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

 

Redmi Note 10 JEの評価

 

低価格の割に高性能

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE

 

Redmi Note 10 JEは、Xiaomi製のスマホに抵抗がなければおすすめの機種です。

 

  • 5G機種が最安6千円台と安い
  • SDM690とほぼ同性能のCPU
  • 防水・おサイフケータイ対応
  • 6.5インチ大画面
  • リフレッシュレート90Hz
  • カメラ性能はそこそこ
  • Xiaomiに抵抗がなければ…

 

Xiaomi製のスマホながら、防水・おサイフケータイに対応しています。

これまでAQUOS・Xperia・Galaxyなどの定番機種を使っていた方も安心して使えますね。

 

CPUはSnapdragon480 5Gです。

400番台のSnapdragonは性能が低いイメージがありますが、antutuベンチマークはSnapdragon690とほとんど同じです。

普段使いには十分でしょう。

 

画面サイズは6.5インチと大きいので、動画をよく観る方やゲームをする方にもおすすめです。

 

この性能で定価は28,765円と安いです。

UQモバイル公式オンラインストアなら最安6,765円で購入できます。

Xiaomiらしい、コスパの高いスマホです。

 

ただし、カメラの性能はそこそこです。

写真にこだわる方はiPhone11・12シリーズを選んだほうが良いかもしれません。

詳細UQモバイルのおすすめ機種ランキング

 

AQUOS sense5Gとの比較

 

UQモバイル AQUOS sense5G

 

UQモバイルではAQUOS sense5Gも発売されました。

この章ではRedmi Note 10 JEとAQUOS sense5Gを比較します。

 

<AQUOS sense5Gとの違い>

Redmi Note
10 JE
AQUOS
sense5G
通常価格¥28,765¥39,890
CPUSnapdragon
480
Snapdragon
690
メモリ4GB/64GB4GB/64GB
antutu
スコア
29.7万30.8万
画面
サイズ
6.5インチ5.8インチ
アウト
カメラ
4,800万
+200万(マクロ)
+200万(深度測定)
1,200万
+1200万(広角)
+800万(望遠)
イン
カメラ
800万800万
バッテリー4,800mAh4,570mAh
連続通話
時間
約1,180分約2,890分
防水/防塵◯/◯◯/◯
おサイフ
ケータイ
生体認証顔/指紋顔/指紋

 

大きな違いは価格・画面サイズ・バッテリーの持ちです。

 

通常価格を比較すると、Redmi Note 10 JEの方が1万円以上安いです。

その割にCPU性能はほとんど同じです。

搭載しているチップセットは異なりますが、antutuのベンチマークスコアはほとんど同じくらいでした。

 

ただし、スペック表上のバッテリーの持ちはAQUOS sense5Gの方が良いです。

バッテリー容量は同じくらいなのに、連続通話時間はAQUOS sense5Gの方が2倍ほど長いです。

電池の持ちは使い方によるので単純に比較できないものの、AQUOS senseシリーズはこれまでもバッテリーの持ちの評価が高いのが特徴でした。

電池の持ちにこだわる方はAQUOS sense5Gにしましょう。

 

また、両者は画面サイズが異なります。

6.5インチのRedmi Note 10 JEのように最近は6インチの大画面のスマホが多くなってきましたが、AQUOS sense5Gは5.8インチです。

コンパクトサイズが良い方はAQUOS sense5Gを選んでも良いでしょう。

 

AQUOS sense5Gの詳細はこちらの記事にまとめています。

詳細AQUOS sense5Gの実機レビュー

 

 

Redmi Note 10 JEの実機レビュー

 

ここからはRedmi Note 10 JEの実機をレビューします。

私が購入したのはau版のRedmi Note 10 JEですが、UQモバイル版も同じ仕様です。

 

Redmi Note 10 JEの型番

 

Redmi Note 10 JEの型番はXIG02です。

 

Redmi Note 10 JEのスペック表

 

スペック
サイズ(mm)H163× W76
×D9.0
重さ約200g
画面サイズ6.5インチ
解像度2,400 × 1,080
(フルHD+)
バッテリー容量4,800mAh
OSMIUI 12.5
(Android 11ベース)
CPUSnapdragon480 5G
(オクタコア)
2.0GHz×2
1.8GHz×6
メモリー
(ROM)
64GB
メモリー
(RAM)
4GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大1TB)
有効画素数
(メインカメラ)
4,800万
+200万(マクロ)
+200万(深度測定)
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

搭載CPUはSnapdragon480 5Gです。

400番台はエントリーモデルとされていましたが、Snapdragon480はSnapdragon690に近い性能があり、普段使いには十分です。

 

antutuのベンチマークも29万ほどあるので、重い3Dゲームなどをしない限り性能は十分でしょう。

詳細Redmi Note 10 JE | スペック | UQ

 

本体カラー・色

 

Redmi Note 10 JEの本体カラーは2色です。

 

  • クロームシルバー
  • グラファイトグレー

 

Redmi Note 10 JE 本体カラー 色

 

私が購入したのはグラファイトグレーです。

かなり黒に近いグレーですが、光の当たり具合によってグレーに変化します。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE グレー 色

 

白いシールはきれいにはがせます

 

外装はサラサラで指紋が目立ちにくい素材です。

個人的にも好きなデザインですね。

 

バッテリーは4,800mAh

 

Redmi Note 10 JEのバッテリー容量は4,800mAhです。

最大18Wの急速充電にも対応しています。

 

画面サイズは6.5インチ

 

Redmi Note 10 JEの画面の大きさは6.5インチです。

 

画面サイズは大きいものの、ベゼル(画面の周りの縁)は狭いので、本体サイズはそこまで大きくありません。

画面解像度は2,400×1,080ドットのフルHD+です。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 画面サイズ インチ

 

かなり大きめの画面サイズですが、最近はこれくらいの画面サイズのスマホが主流になってきています。

これまでコンパクトなスマホを使っていた方も、6インチ以上のスマホに慣れていきましょう。

コンパクトサイズのスマホにこだわると、選択肢がどんどん減っていきます。

 

リフレッシュレート90Hz

 

Redmi Note 10 JEのリフレッシュレートは最大90Hzです。

 

リフレッシュレートとは、画面に1秒間に描画できる画像の枚数で、数値が大きいほどスクロールした際に画面が綺麗にサクサク表示されます。

通常のスマホは最大60Hzですが、Redmi Note 10 JEは最大90Hzです。

 

リフレッシュレートは「設定」→「ディスプレイ」→「リフレッシュレート」から変更できます。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE リフレッシュレート

 

90Hzにしてもそれほど差は感じませんでしたが、ゲームをする方などは画面が綺麗に表示されるでしょう。

 

CPUはSnapdragon480 5G

 

Redmi Note 10 JEに搭載されているチップセットはSnapdragon480 5Gです。

400番台のSnapdragonといえばエントリーモデルのイメージが強いですが、Snapdragon480 5Gはなかなか高性能です。

 

antutuのベンチマークスコアでは29万ほど出ており、Snapdragon690 5Gなどとほぼ同じ数値が出ています。

重い3Dゲームをしなければ十分な性能でしょう。

 

RAMは4GB/ストレージ64GB

 

Redmi Note 10 JEのメモリー(RAM)は4GB、ストレージは64GBです。

ストレージ容量は64GBなので最低限といったレベルです。

 

初期状態では45GBほど空き容量がありました。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE ストレージ容量 ROM

 

ストレージが足りない方はSDカードで増設しましょう。

 

microSDカード挿入可

 

Redmi Note 10 JEは最大1TBのマイクロSDカードでストレージ容量を増やせます

ストレージ容量は64GBありますが、足りない方はマイクロSDカードを使用しましょう。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE シングルSIM DSDV デュアルSIM

 

 

SIMロック?SIMフリー?

 

UQモバイルで発売されるRedmi Note 10 JEはSIMフリーです。

SIMロックはかかっていません。

 

なお、UQモバイルの一部の機種はSIMフリーながらSIMステータスの更新をしないと他社SIMが使えない場合もあります。

しかし、UQモバイル版は最初から他社SIMが使えます。

 

デュアルSIM・DSDV対応?

 

UQモバイル版のRedmi Note 10 JEはシングルSIMです。

残念ながらデュアルSIM・DSDVには非対応です。

eSIMにも対応していません。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE シングルSIM DSDV デュアルSIM

 

AI搭載トリプルレンズカメラ

 

Redmi Note 10 JEのアウトカメラは4,800万画素+200万+200万画素のトリプルレンズカメラです。

ただし、200万画素のレンズは深度測定用レンズとマクロレンズなので、実際に使用するのは4,800万画素のレンズです。

 

  • メインレンズ:4,800万画素
  • 深度測定レンズ:200万画素
  • マクロレンズ:200万画素

※端末の上から

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE カメラ

 

また、AI搭載カメラが被写体を自動判別して最適な撮影モードに設定してくれます。

誰でも簡単にきれいな写真が取れるのが魅力です。

 

インカメラの画素数は800万画素と平凡ですね。

レンズは画面内にあるパンチホール式です。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE インカメラ パンチホール

 

カメラレビューと実際の写真

 

Redmi Note 10 JEで実際に撮影した写真をいくつか載せておきます。

 

アップロード時に画質が劣化しているので注意してください

 

まずは通常の風景写真です。

Redmi Note 10 JE 風景

 

撮影したのは夕方17時位だったのでやや暗いですが、肉眼に近い形できれいに撮影できています。

通常の写真はどのスマホもある程度きれいなので、こだわりがなければ問題ないでしょう。

 

続いては性能によって差が出やすい夜景の写真です。

Redmi Note 10 JEには夜景モードがあります。

Redmi Note 10 JE 夜景

 

きれいとは言えませんが、思ったよりもきれいです。

ホーム上の明るい部分はかなり鮮明に撮影できています。

暗い部分は不鮮明なのが残念ですが、この価格ならこんなもんかという感じです。

 

最後は食事の写真です。

Redmi Note 10 JE 食事

 

なぜかピンぼけしています。

これは私の撮影の腕が悪いのでしょうか…。

また、全体的に少し白っぽくなっている気がします。

 

Twitterには2倍~8倍ズームの写真やiPhone SE 第2世代との比較も載せています。

併せて参考にしてください。

詳細Redmi Note 10 JEの写真 | Twitter

 

イヤホンジャック搭載

 

Redmi Note 10 JEには本体上部に3.5mmイヤホンジャックが搭載されています。

有線でイヤホン・ヘッドフォンを接続できるのはメリットです。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE イヤホンジャック2

 

USB端子はUSB Type-C

 

Redmi Note 10 JEのUSB端子はUSB Type-Cです。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE USB端子 USB Type C

 

不具合はアップデートで改善

 

Redmi Note 10 JEは発売以降にいくつか不具合が発覚しました。

大きなものではまれに通信ができなくなるというものです。

 

これらの不具合はアップデートで改善されます。

購入後は必ずソフトウェアを最新にアップデートしてから使いましょう。

 

Wi-Fiに接続した上で、「設定」→「デバイス情報」→「MIUIバージョン」をタップするとアップデートができます。

アップデートは一度で終わらない場合もあるので、何度か確認しましょう。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

 

Redmi Note 10 JEのベンチマークスコア

 

antutu

 

antutu(V9.1.1)におけるRedmi Note 10 JEの総合スコアは約29.7万です。

合計3回測定しましたがほとんどこれに近い値だったので信用して良いでしょう。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE antutu ベンチマークスコア

 

Snapdragon690 5Gを搭載したAQUOS sense5Gが約30.8万でしたので、ほとんど同じくらいの性能といって良いでしょう。

CPUは400番台のSnapdragonながら、性能は十分ですね。

 

Geekbench

 

Geekbench(V5.4.1)におけるRedmi Note 10 JEのスコアはシングル:516、マルチ:1710でした。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE Geekbench ベンチマークスコア

 

実際に私も数日にわたって操作しましたが、性能面はサクサク快適でした。

ゲームなどの重い作業はしないのでわかりませんが、WEBサイトやSNSを閲覧したりする分には全く問題ない処理性能でしょう。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

 

Redmi Note 10 JEの付属品

 

付属品・同梱品一覧

 

Redmi Note 10 JEには以下の付属品が同梱されています。

 

  • スマホケース
  • SIMピン
  • 画面保護フィルム(貼付済)
  • 取扱説明書など

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 付属品 同梱品

 

充電器の付属なし

 

Redmi Note 10 JEには充電器(ACアダプタ・USBケーブル)は付属していません。

ACアダプタやUSBケーブルをお持ちでない方は自身で購入が必要です。

 

 

スマホケース付属

 

Redmi Note 10 JEにはスマホケースが付属しています。

 

ただし、付属のケースは簡易的なクリアケースです。

Amazonや楽天市場でも多くのケースが発売中なので、お気に入りのものを自身で購入しましょう。

 

 

画面フィルムは貼付済み

 

Redmi Note 10 JEには出荷時から画面保護フィルムが貼付されています。

個人的には非常に嬉しいですね。

 

ただし、フィルムにこだわりがある方は自身で購入しましょう。

 

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

 

Redmi Note 10 JEの便利機能

 

Redmi Note 10 JEの機能一覧

 

Redmi Note 10 JEはXiaomi製のスマホながら、防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証センサーなど便利機能が豊富です。

 

<搭載便利機能>

機能
防水
防塵
ワンセグ/フルセグ
おサイフケータイ
指紋認証
顔認証

 

顔認証・指紋認証センサーあり

 

Redmi Note 10 JEは顔認証・指紋認証に対応しています。

指紋認証センサーは本体側面の電源ボタン上にあります。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 指紋認証センサー

 

マスクをしている時間が長い現在では指紋認証センサーがあるのは嬉しいですね。

 

防水・防塵対応

 

Redmi Note 10 JEは防水・防塵に対応しています。

防水はIPX8防塵はIP6Xというレベルで、水濡れ等による故障のリスクは低いでしょう。

 

おサイフケータイ対応

 

Redmi Note 10 JEはおサイフケータイに対応しています。

最近はキャッシュレスが推進されていますのでおサイフケータイが搭載されているのは嬉しいですね。

 

おサイフケータイは本体背面の中心にあります。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE おサイフケータイ

 

ワンセグ・フルセグ非対応

 

Redmi Note 10 JEはワンセグ・フルセグには対応していません。

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

 

Redmi Note 10 JEの対応バンド

 

対応周波数一覧

 

Xiaomi公式サイトによると、Redmi Note 10 JEの対応バンドは以下の通りです。

  • 5G:n28/n77/n78
  • 4G/LTE:B1/3/4/5/7/12/13/17/18/20/26/28
  • WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19

詳細対応バンド一覧 | Xiaomi

 

5G対応

 

Redmi Note 10 JEは5Gに対応しています。

 

UQモバイルで9月2日に開始したくりこしプラン+5Gに契約している方は、5Gが追加料金不要で使えます。

現在4Gのくりこしプラン・スマホプランやおしゃべり/ぴったりプランを契約中の方は、無料でくりこしプラン+5Gにプラン変更すれば5Gが使えるようになります。

詳細UQモバイルのくりこしプラン+5Gを解説

 

ただし、UQモバイルの5Gエリアはまだまだ狭いです。

5Gでしか楽しめないコンテンツもないので、もうしばらくは5Gを気にする必要はないでしょう。

 

ただ、1~2年もすれば5Gが使えるエリアも広がってきます。

スマホを長く使う方は今から5G対応端末にしておいても良いかもしれません。

 

ドコモ回線で使える?

 

ドコモ回線が使う主要なバンドは、4G:B1/3/19、5G:n78/n79です。

 

4GのプラチナバンドB19には非対応ですが、B19を含むB26に対応しているので、ドコモ回線の4Gは問題なく使えそうです。

また、ドコモのSIMを挿したところVoLTEと表示されたので、VoLTEにも対応しているようです。

 

ドコモ/ahamoやドコモ回線を使った格安SIMでも4Gのデータ通信やSMSは使えそうですね。

 

ただし、ドコモが使う5Gのn79には非対応です。

n78だけだと一部地域で5Gが使えない場合があるので、5Gにはあまり期待しないほうが良いでしょう。

 

ただし、使いたいキャリアの動作確認端末一覧に従ってください。

 

ソフトバンク回線/ワイモバイルは?

 

ソフトバンクやワイモバイルが使うバンドは5G:n77、4G:B1/3/8です。

5Gのn77と4GのB1/3には対応していますが、4GのプラチナバンドB8には非対応です。

 

B1/3に対応しているので街なかでは使えますが、B8に非対応なので少し山間部に来ると電波が繋がらなくなる可能性があります。

使うのはおすすめしません

 

au回線・au VoLTEも対応

 

Redmi Note 10 JEはもちろんau回線に対応しています。

 

auの対応バンドはFDD-LTEの1・18・26(18・26はどちら対応していれば可)ですが、Redmi Note 10 JEは全て対応しています。

また、au回線が使う5Gバンドのn77・n78にも対応していますので、au・povoや他のau回線を使った格安SIMでも問題なく使えますし、5Gも使えます。

 

ただし、使いたいキャリアの動作確認端末一覧に従ってください

 

楽天モバイルで使えた

 

Redmi Note 10 JEに楽天モバイルのSIMを入れて検証したところ、4Gのデータ通信・SMS・通常アプリの通話・Rakuten Linkによる通話が問題なくできました。

5Gは未検証ですが、4Gなら問題なく使えそうです。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 楽天モバイル 使える

 

ちなみに、SIMを入れただけで自動でAPNが設定され、接続できました。

 

UQモバイル Redmi Note 10 JE 楽天モバイル 使えた

 

ただしRedmi Note 10 JEは9月7日時点で楽天モバイルで動作確認されていません。

しばらくすると楽天モバイル公式サイトのご利用製品の対応状況確認に記載されると思いますので、動作確認を待ちましょう。

詳細ご利用製品の対応状況確認 | 楽天モバイル

 

Redmi Note 10 JEは9月9日発売!

 

以上、UQモバイルのRedmi Note 10 JEの解説でした。

 

UQモバイルのスマホ購入は店舗よりオンラインストアが断然お得です。

Redmi Note 10 JEも最大22,000円の割引が適用されますので、購入はUQモバイル公式サイトでどうぞ!

 

▼購入はオンラインがお得▼

UQモバイル公式ストア

 

▼今なら3,000円増額中▼
(最大13,000円還元)
UQモバイル キャッシュバック SIM

 

 

 

UQモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました