【最新】2019-2020年のUQ学割が実施中   

UQモバイルは本当に高い?新しい料金を他の格安SIMと比較【2020年版】

UQモバイル

本記事では、UQモバイルと他の格安SIMの料金プランを解説します。

 

UQモバイルは他の格安SIMと比べて料金が高いといわれていますが、実際はどうなのか3キャリアと料金を比較して検証します。

また、料金以外のメリット・デメリットも解説しています。

 

新料金プランはこちら
UQモバイルの新料金プランを解説

 

▼公式サイトで料金を確認▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

UQモバイルの料金のおさらい

 

まずは、UQモバイルの新料金プランを簡単に解説します。

 

料金プランをもっと詳しく知りたい方は「UQモバイルの新料金プラン解説」をお読みください

 

スマホプランの料金表

 

新プラン「スマホプラン」の料金表は以下のとおりです。

 

<スマホプランの料金表>

SML
データ容量3GB9GB14GB
月額料金¥1,980¥2,980¥3,980
通話
オプション
10分かけ放題:月700円
通話パック60分:月500円

 

プランはS・M・Lの3つから選べ、容量は3GB・9GB・14GBまで使えます。

 

端末セット購入時の料金

 

端末セットで購入した場合の料金は、基本料金+端末代金(一括/24回/36回)です。

 

HUAWEI P30 liteをスマホプランとセットで購入した場合の維持費は以下のとおりです。

 

<月々の支払額・維持費>

S
(3GB)
M
(9GB)
L
(14GB)
購入時費用¥3,000
月々
支払
端末代¥1,200¥1,200¥1,200
基本料¥1,980¥2,980¥3,980
合計¥3,180¥4,180¥5,180

※端末代金24回払い時

 

以前の「マンスリー割」のように、SIMとのセット契約による料金割引はなくなりましたので、この価格に月額料金が上乗せされます。

 

UQモバイルは2019年10月から新料金プランに移行し、データ容量と基本料金がずっと変わらない仕組みになりました。

そのため、端末代金を24回支払い終えるまでの維持費は上表の通りになります。

 

2年経過後は端末代金の支払いが終わりますので、基本料金だけで使えます。

 

最低利用期間/違約金なし

 

スマホプランには最低利用期間・契約解除料(違約金)はありません。

いつ解約しても違約金は取られませんので安心して契約できますね。

 

2019年10月以降、スマホキャリアでは違約金を1,000円以下にしなければならない決まりができたため、多くのキャリアが無料にしています。

 

▼UQモバイルの料金プランを確認▼

UQモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイルとの料金比較

 

UQモバイルの料金は他社より高いと言われますが、実際に他社と比べて検証します。

まずはワイモバイルです。

 

 

ワイモバイルの料金プラン

 

ワイモバイルも2019年10月に新料金プランに移行しました。

ワイモバイルのメインとなる料金プランはスマホベーシックプランです。

 

料金表は以下のとおりです。

 

<スマホベーシックプラン>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M9GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※契約翌月を1ヶ月目とする

 

基本料金の比較

 

ワイモバイルとUQモバイルの料金を比較すると以下のとおりです。

 

<料金の比較>

プラン
UQ
ワイモバイル
~7ヶ月8~24ヶ月
S
(3GB)
¥1,980¥1,980¥2,680
M
(9GB)
¥2,980¥2,980¥3,680
L/R
(14GB)
¥3,980¥3,980¥4,680

 

表だけ見ると、UQモバイルの方が安くみえます。

ですが、ワイモバイルは10分かけ放題が含まれた料金です。

UQモバイルで10分かけ放題をつけると月額700円プラスになります。

 

かけ放題付の料金比較

 

仮に10分かけ放題をつける場合の料金を比較すると以下の通りです。

 

<10分かけ放題付の料金比較>

プラン
UQ
ワイモバイル
~7ヶ月8~24ヶ月
S
(3GB)
¥2,680¥1,980¥2,680
M
(9GB)
¥3,680¥2,980¥3,680
L/R
(14GB)
¥4,680¥3,980¥4,680

 

上記の通り、10分かけ放題がつく場合は7ヶ月間だけ安くなるワイモバイルのほうがお得になります。

 

  • 10分かけ放題必要:ワイモバイルがお得
  • 10分かけ放題不要:UQモバイルがお得

 

ほかにも違いあり

 

UQモバイルとワイモバイルの料金は似ていますが、いくつか大きな違いがあります。

 

  • 月額料金
  • 通話オプションの扱い

 

最大の違いは先ほど説明した月額料金と通話オプションの扱いです。

UQモバイルはずっと料金が一定ですが、ワイモバイルは最初の7ヶ月間だけ安くなります。

 

また、ワイモバイルのスマホベーシックプランは10分かけ放題を含んだ料金ですが、UQモバイルは別途オプション料金が必要です。

 

ワイモバイルとの比較結果

 

前章の通り、ワイモバイルとUQモバイルの選び方のポイントはかけ放題です。

 

10分かけ放題を付ける場合はワイモバイルがお得ですが、通話をほとんどしない場合はUQモバイルのほうがお得です。

 

  • かけ放題必要:ワイモバイルがお得
  • かけ放題不要:UQモバイルがお得

 

また、これ以外にもワイモバイルとUQモバイルには「データ繰り越し」「低速モード」「光回線とのセット割」など細かい違いがあります。

詳細は下記記事をごらんください。

詳細ワイモバイルとUQモバイルの違いは?

 

▼ワイモバイルの詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

楽天モバイルとの比較

続いて、MVNOで契約者数トップの楽天モバイルとの比較です。

 

楽天モバイルには「スーパーホーダイ」と「組み合わせプラン」の2つのプランが用意されています。

 

スーパーホーダイとの比較

 

楽天モバイルのスーパーホーダイは10分かけ放題を含み、楽天会員の方は1年目のみ料金が安くなります。

料金表は以下のとおりです。

 

<楽天のスーパーホーダイ>

プラン
データ
容量
楽天会員の月額料金
1年目2年目
S2GB¥1,480¥2,980
M6GB¥2,480¥3,980
L14GB¥4,480¥5,980
LL24GB¥5,480¥6,980

※10分かけ放題付

 

UQモバイルと条件が揃うように、プランL(14GB)、UQモバイルはかけ放題付で料金を比較すると以下のとおりです。

 

<料金比較結果>

プラン
UQ
楽天モバイル
1年目2年目
L
(14GB)
¥4,680¥4,480¥5,980

※UQは10分かけ放題オプション追加

 

1年目の料金はわずかにUQモバイルのほうがわずかに高いですが、2年目は楽天モバイルのほうが高いです。

2年使った場合はUQモバイルのほうがお得ですね。

 

さらに、電話をせずにかけ放題が不要な場合はさらにUQモバイルのほうがお得になります。

 

ただし、スーパーホーダイはデータ容量を使い切っても最大1Mbpsの速さで通信できるサービスがあります。

このサービスは非常に人気ですね。

 

一方、通常の通信速度はUQモバイルの方が圧倒的に速いです。

 

  • 1年目はほぼ同額、2年目はUQが安い
  • 2年使えばUQが安い
  • かけ放題ならさらにUQがお得
  • 楽天はデータ使い切っても最大1Mbps
  • 速度は圧倒的にUQモバイルが速い

 

組み合わせプランとの比較

 

楽天モバイルには、データ容量・通話オプションを自由に選べる「組み合わせプラン」も用意されています。

組み合わせプランの料金表、および10分かけ放題をつけた場合の月額料金は以下の通りです。

 

データ容量音声かけ放題付
ベーシック¥1,250¥2,100
3.1GB¥1,600¥2,450
5GB¥2,150¥3,000
10GB¥2,960¥3,810
20GB¥4,750¥5,600
30GB¥6,150¥7,000

 

3GB同士で比較すると、楽天モバイルは月1,600円に対し、UQモバイルは月1,980円です。

組み合わせプランなら楽天モバイルのほうがかなり安いですね。

 

ただし、通信速度はUQモバイルのほうがかなり速いです。

また、組み合わせプランに低速でも最大1Mbps使い放題のサービスはありませんので、組み合わせプランは正直あまりおすすめではありません。

 

  • 組み合わせ3GBプランは楽天が安い
  • 組み合わせプランに1Mbps使い放題はなし
  • 通信速度はUQモバイルが断然速い

 

 

マイネオ(mineo)との比較

 

 

最後に、楽天モバイルに次ぐMVNO契約者数2位のマイネオと比較します。

 

マイネオの料金プラン

 

mineo(マイネオ)の音声通話SIMの料金プランは回線の種類によって異なり、以下の通りです。

 

auドコモソフト
バンク
500MB¥1,310¥1,400¥1,750
3GB¥1,510¥1,600¥1,950
6GB¥2,190¥2,280¥2,630
10GB¥3,130¥3,220¥3,570
20GB¥4,590¥4,680¥5,030
30GB¥6,510¥6,600¥6,950

 

マイネオとの料金比較

 

UQモバイルと同じau回線の3GBで比較した結果は以下のとおりです。

 

<mineoとの比較>

プランUQマイネオ
(au)
3GB¥1,980¥1,510

 

上記の通り、3GBで比較するとマイネオのほうが安いです。

mienoのドコモ回線と比較してもmineoのほうが安く、ソフトバンク回線だと同じくらいです。

 

ですが、通信速度はUQモバイルが圧倒的に速いです。

 

  • どの回線もmineoが安い
  • 通信速度はUQモバイルが速い

 

mineoの詳細は下記サイトにまとめています。

 

 

 

結論:UQモバイルは高い?

 

UQモバイルは少し高い

 

結論から言うと、UQモバイルの月額料金は他の格安SIMに比べて少々高いです。

 

同じサブブランドであるワイモバイルと悩んでいる方は、かけ放題が必要ならワイモバイル、不要ならUQモバイルを選びましょう。

 

他の格安SIMと比較した場合、料金はUQモバイルのほうが高いです。

料金にこだわる方はマイネオやBIGLOBEモバイルのほうが良いでしょう。

 

  • UQは他社よりわずかに高い
  • ワイモバイルとはほぼ同じ
  • 他の格安SIMよりは高い
  • その分通信速度はUQが速い

 

料金以外も考慮が必要

 

ただし、上記は単純に料金プランとデータ容量を比較した場合のみです。

格安SIMは料金以外にも考慮すべき点が多数あります。

 

何より、UQモバイルは通信速度が圧倒的に速いです。

また、キャリアメールやキャリア決済が使えたり全国に店舗がある点も魅力です。

 

次章で解説するメリット・デメリットも必ず読んでから格安SIMを検討しましょう。

 

▼UQモバイルの詳細を調べる▼

UQモバイル公式サイト

 

 

料金以外のUQのメリット

 

料金以外のUQモバイルの主要なメリットを解説します。

特に余ったデータの繰り越しができるのが最大の魅力です。

 

速度制限時も速い

 

どの格安SIMキャリアでも、定められたデータ容量を使い切ると速度制限がかかります。

 

UQモバイルでも速度制限があるのですが、UQモバイルは速度制限時でも最大300Kbpsで通信できます。

ワイモバイルは最大128Kbpsなので、制限時でも最大300Kbps出るUQモバイルは魅力的です。

 

128Kbpsも300Kbpsもどちらも遅いことには変わりないのですが、300Kbpsだと遅いなりにSNSやWEB閲覧もできます。

よく速度制限にかかる人は、300Kbpsで通信できるUQモバイルがおすすめです。

 

余ったデータが繰り越せる

 

 

ワイモバイルとUQモバイルの大きな違いのひとつは、データ繰り越しの有無です。

 

UQモバイルには、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるサービスがあります。

当月使いきれなかったからといって無駄になりません。

 

しかも、翌月は繰り越したデータ容量から先に消費されます。

そのため、さらに翌月にも繰り越ししやすくなっています。

大変良心的ですね!

 

 

一方、ワイモバイルには繰り越しサービスはありません。

今やどの格安スマホも余ったデータを繰り越せますが、ワイモバイルだけ繰り越しがないのは非常に残念です。

 

 

低速切り替えで使い放題

 

 

UQモバイルには、「節約モード」という非常にお得なサービスがあります。

これは、データ通信を節約モードに切り替えると、通信速度が低速になるかわりに、データ消費量がカウントされないというサービスです。

 

例えば仕事帰り・学校帰りにSNSを閲覧しているときは「節約モード」に切り替えてデータ消費を節約し、動画を見る際などは解除して高速通信で快適に楽しむ、といったことができます。

 

節約モードにしているときも300Kbpsの通信が可能です。

他社のスマホで、通信制限されたときは大体128Kbpsなので、それよりも断然高速です。

 

画像の少ないツイッターやFacebook、LINEであればストレスなく通信できるでしょう。

また、音楽ストリーミングもほとんど問題ありません。

 

節約モードにはUQモバイルの専用アプリからワンタッチで切り替えられます。

こまめに切り替えることでデータ消費がゼロになるのは非常に嬉しいですね。

 

 

この通信速度の切替機能は、ワイモバイルにはありません。

この機能もほとんどの格安スマホキャリアが実装しているので、無いのは残念です。

 

 

料金以外のデメリット

 

一方、UQモバイルにはデメリット・注意点もあります。

 

  • 完全かけ放題オプションなし
  • 光回線とのセット割なし
  • 留守電が有料

 

詳細は下記記事にまとめています。

詳細ワイモバイルとUQモバイルの比較

 

 

現在実施中のキャンペーン

 

SIM契約でキャッシュバック

 

UQモバイル公式サイトでは、限定キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

 

新規で音声SIMのみを契約した場合は3,000円乗り換えでSIMのみ契約の場合は6,000円のキャッシュバックがもらえます。

 

<音声SIM契約時のキャッシュバック>

契約方法キャッシュバック
新規契約¥3,000
MNP乗り換え¥6,000

 

このキャッシュバックはUQモバイル公式サイト限定です。

店舗では実施していません。

 

有料オプションなどの条件もありませんので、必ず下記リンクから申し込みましょう

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

 

端末が最大18,000円割引

 

UQモバイルでは、UQモバイル公式サイトで対象機種を購入した場合に端末価格が最大18,000円(税込19,800円)割引になるキャンペーンを実施しています。

対象端末と割引額は以下のとおりです。

 

<対象機種と割引額>

端末
割引額
新規・MNP機種変更
iPhone7
(32GB/128GB)
¥18,000
¥10,800
iPhone6S
(32GB/128GB)
Xperia8
AQUOS sense2
おてがるスマホ01
DIGNO A
Galaxy A20
¥10,800
¥10,800
AQUOS sense3
OPPO A5 2020
nova lite 3
Galaxy A30
¥7,200
¥7,200

※割引額は税抜

 

人気のiPhone7や2019年冬発売のXperia8は、新規契約・MNPの場合に18,000円(税込19,800円)割引されます。

AQUOS sense3OPPO A5 2020nova lite 3は機種変更でも10,800円(税込11,800円)が割引されます。

 

この割引はUQモバイル公式サイト購入した場合のみ適用されます。

 

▼割引対象機種購入はこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQ学割

 

UQモバイルでは毎年恒例の学割キャンペーンを開催中です。

 

2020年のUQ学割は学生とその家族が対象です。

プランによって、最大1,000円×6ヶ月割引が適用されます。

 

<UQ学割の特典一覧>

学生学生の家族
対象
プラン
スマホプラン
S・M・L
スマホプラン
M・L
割引額S:500円
M・L:1,000円
1,000円
適用期間S/M:13ヶ月
L:6ヶ月
M:13ヶ月
L:6ヶ月

 

2019年~2020年のUQ学割の実施期間は2019年11月15日~2020年5月31日です。

UQ学割の詳細や適用条件、必要書類等は以下のページに詳しくまとめています。

 

 

▼UQ学割の詳細を公式で見る▼

UQモバイル公式サイト

 

 

UQ家族割で月500円割引

 

 

UQ家族割は、家族でUQモバイルに申し込むと、2回線目以降の月額料金が1台あたり500円割引になるキャンペーンです。

最大9回線まで割引になり、割引は契約している限りずっと続きます。

 

詳細は下記記事を御覧ください。

 

 

▼家族割でさらに500円引き▼

UQモバイル公式サイト

 

 

その他実施中のキャンペーン

 

また、UQモバイル公式サイトでは他にもお得なキャンペーンを実施しています。

現在実施中のキャンペーンは下記記事に詳しくまとめています。

 

契約前に必ず確認してください。

 

 

 

UQモバイルの申し込みはこちら

 

以上、UQモバイルと他社の料金比較でした。

 

UQモバイルの契約は24時間受付可能で待ち時間なしのUQモバイル公式サイトがおすすめです。

現金キャッシュバックも実施中ですので是非利用してください。。

 

▼UQモバイル申し込みはこちら▼

UQモバイル公式サイト

 

▼SIM契約でキャッシュバック中▼

 

 

UQモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました