Ymobile契約は今月中がお得!その理由は? 

ワイモバイル契約からもうすぐ2年!どうするのがお得?【スマホプラン】

 

ワイモバイル 2年後 どうする?

 

本記事では、ワイモバイルのスマホプラン契約から2年経ったらどうなる?どうする?を解説します。

 

2年経過後にそのまま使い続けるのはおすすめしません。

スマホベーシックプランにプラン変更するのがおすすめです。

 

▼機種変更はオンラインがお得▼

 

2021年開始の新料金プランはこちら
新プラン「シンプルS/M/L」を解説

 

2年経ったらどうなる?

 

 

本記事では、2019年9月末まで申込可能だった「スマホプラン」についての解説です。

 

スマホベーシックプランには最低利用期間や違約金はなく、2年後も端末の24回分割払いが終わる以外は変化はありません。

 

ワイモバイルで2019年9月末まで申込可能だったスマホプランは、2年の最低利用期間が設定されていました。

スマホプラン契約から2年経ったら、以下の変化が起きます。

 

  1. 2年の最低利用期間終了
  2. ベーシックプランに無料で変更可に
  3. 2年の無料データ増量が終了
  4. 機種代金の24回分割払いが終了
  5. 月額料金の割引が終了

 

2年間の最低利用期間が終了

 

まず、2年間の最低利用期間が終了します。

 

スマホプランは契約から2年間の最低利用期間が設定されており、2年以内に解約・MNP転出すると違約金(9,500円)が発生します。

ただし、2年後に訪れる「契約更新月(24~26ヶ月目)」の間なら解約・転出しても違約金がかかりません。

 

この契約更新月が終了するとあらたに2年間の最低利用期間が開始し、また2年経つまで解約・MNP転出に違約金がかかるようになります。

 

ベーシックプランに変更可に

 

スマホプラン契約から2年経ったら、スマホベーシックプランにいつでもプラン変更できるようになります。

 

スマホプラン契約から2年経過すると、以降はいつでもスマホベーシックプランに違約金なしでプラン変更できます

契約更新月内に焦ってプラン変更する必要はありません。

 

スマホベーシックプランには最低利用期間・違約金がありません。

そのため、もし「ワイモバイルを解約したいけど契約更新月を過ぎてしまった…」という場合には、スマホベーシックプランに変更してから解約すると違約金がかかりません。

 

無料のデータ増量が終了

 

スマホプランは、契約から2年間は無料でデータ容量が増量されていました。

2年経ったらこの無料増量が終了し、月500円かかるようになります。

 

<スマホプランのデータ増量>

プラン通常増量後
S2GB3GB
M6GB9GB
R10GB13GB
L14GB21GB

 

注意したいのが、「2年後にデータ容量が自動的に減る」のではなく、「データは増量したままで月500円かかるようになる」という点です。

 

このデータ増量は、「月500円のデータ増量オプションの料金が無料になる」というキャンペーンでした。

そのため、2年経過後もデータ増量オプションには加入したままで、これまで無料だったオプション料金が有料になります。

 

もし月500円払いたくない場合や増量が不要な場合は自身でオプションを解約しなければなりません。

知らずに払い続けている方が多いので、2年経ったら必ずオプションを見直しましょう。

 

データ増量オプションが無料になるのは契約翌月から1年間です。

私は現在のSIMを2020年2月に契約しましたので、無料期間は2020年3月~2021年2月です。

2021年3月から月500円かかるようになるので、2020年2月に解約予定です。

詳細データ増量無料キャンペーン2

 

機種代金の分割支払が終了

 

スマホプラン契約時に端末を24回分割払いで購入していた方は、2年経ったら端末代金の分割支払が完了します。

3年目以降はこれまで支払っていた分割額だけ毎月の支払額が減ります。

 

月額料金の割引が終了

 

スマホプランでは、月額料金に割引が適用されていました。

月額料金の割引は2年間で終了します。

 

まず、SIMカードのみ契約した場合は「SIM単体特別割引」が適用され、プランSなら月400円、M・Rなら月600円が月額料金から割引されていました。

また、端末セットの場合も機種に応じて料金が割引されていました。

 

2年経ったらこの割引がどちらも終了します。

SIMのみ契約の方は毎月の支払額が高くなります。

端末セットの方は機種代金の支払額と相殺されて変わらないか、高くなります。

 

▼機種変更はオンラインがお得▼

 

 

2年経ったらどうするのがお得?

 

では、スマホプラン契約から2年経ったらどうするのがお得でしょうか。

以下に注意して対応を判断しましょう。

 

  • ベーシックプランへ変更がおすすめ
  • 継続の場合はオプションを見直そう
  • 機種変更はいつでも可能
  • 乗り換え時は違約金に注意

 

ベーシックプランに変更しよう

 

今後もワイモバイルを使い続ける場合は、スマホベーシックプランにプラン変更しましょう。

月額料金はスマホベーシックプランのほうが安く、使えるデータ容量も多いです。

 

<スマホプラン>

プラン容量料金
S2GB¥2,980
M6GB¥3,980
R10GB¥4,980
L14GB¥5,980

 

<スマホベーシックプラン>

プラン容量料金
S3GB¥2,680
M10GB¥3,680
R14GB¥4,680

 

また、スマホベーシックプランなら最低利用期間や違約金といったいわゆる「縛り」がありませんので、気持ちが楽です。

また、プランM・Rは容量を使い切っても最大1Mbpsで通信できます

詳細プランM・Rは最大1Mbps使い放題!

 

今後ワイモバイルを使い続ける場合は、必ずプラン変更しましょう。

 

プラン変更はマイページから可能ですし、公式オンラインサイトで機種変更すると自動的にスマホベーシックプランに変更されます。

詳細プラン変更の手続き | Ymobile

 

機種変更も2年経過後がお得

 

機種変更も2年経過後がお得です。

2年同じ端末を使い続けるとバッテリーが消耗してきたり、端末の性能が低くなったりするので、機種変更も検討しましょう。

 

機種変更すると新たに端末代金の支払いが開始します。

スマホプランのように機種変更による料金の割引はありませんので、月額料金に端末代金が加算されます。

 

そもそも機種変更はいつでも可

 

ちなみにですが、ワイモバイルの機種変更は2年経過後でなくてもいつでもできます。

「2年経過後の契約更新月にしかできない」と勘違いされている方も多いのですが、いつでも可能です。

 

ただし、スマホプランの場合は機種変更から2年間は料金が割引されていましたので、2年以内に機種変更すると損でした。

2年以内に機種変更すると料金割引が途中で終わってしまう分損なので、スマホプランの方が機種変更する場合は2年経ってからのほうがお得でおすすめです。

 

機種変更は必ず公式サイトで

 

なお、機種変更は店舗ではなく必ずワイモバイル公式ストアで手続きしましょう。

 

ワイモバイルは店舗とオンラインサイトで端末価格が異なり、機種変更の場合は最大7,200円もオンラインのほうが安いです。

 

また、店舗で機種変更すると機種変更事務手数料が3,000円かかりますが、公式オンラインなら無料です。

詳細Ymobileで機種変更する手順

 

▼機種変更はオンラインがお得▼

 

 

他社への乗り換えも2年後に

 

ワイモバイルのサービスに不満な方は、2年経ったら他社に乗り換えも検討しましょう。

 

契約2年後に訪れる契約更新月(契約から24~26ヶ月目)なら違約金不要で他社に乗り換えられます。

また、契約更新月を過ぎてしまった場合も、一度スマホベーシックプランにプラン変更してから乗り換えると違約金がかかりません。

 

 

ワイモバイルのような速い通信速度を維持するなら、UQモバイルが断然おすすめです。

格安スマホでお昼でも速いのはワイモバイルとUQモバイルだけです。

 

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

 

また、もっと料金を下げたいならLINEモバイルのソフトバンク回線もおすすめです。

お昼にはやや速度が低下しますが、ワイモバイルとUQモバイルを除いたMVNOの中ではトップクラスに速いです。

詳細LINEモバイルの速度を毎月計測中

 

また、音声SIMの3GBプランは主要な格安SIMでは最安値ですし、LINEやTwitter、InstagramなどのSNSがカウントフリーになるオプションも魅力です。

 

ただし、LINEモバイルのドコモ・au回線は速度がかなり遅いのでおすすめしません。

選ぶなら絶対にソフトバンク回線です。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

スマホプラン契約から2年経ったら…のまとめ

 

以上、ワイモバイルのスマホプラン契約から2年経ったらどうする?の解説でした。

 

2年経過後にはスマホベーシックプランへのプラン変更がおすすめです。

機種変更も2年経過後に行い、あわせてベーシックプランにプラン変更しましょう。

 

機種変更は必ずワイモバイル公式ストアで行ってください。

機種変更事務手数料が無料で、端末価格も店舗より最大7200円安いです。

詳細Ymobileで機種変更する手順

 

▼機種変更はオンラインがお得▼

 

他社への乗り換えも2年経過後に行いましょう。

通信速度が爆速でキャッシュバックももらえるUQモバイルがおすすめです。

 

▼SIM契約でキャッシュバック▼

 

また、LINEモバイルのソフトバンク回線は料金が主要MVNO最安値で速度も速いです。

 

▼お得なキャンペーン実施中▼

LINEモバイル

 

2021年開始の新料金プランはこちら
新プラン「シンプルS/M/L」を解説

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました