【~5/31】ワイモバ親子割で学生と家族がお得 

ワイモバイル Android One S1のスペックを解説!中古も使える!

端末

 

Android One S1

 

本記事ではワイモバイルのAndroid One S1のスペックを解説します。

Android One S1はワイモバイルオンラインストアでの販売は終了しましたが、中古で買ったり使ったりできます。

 

ただし、発売から時期が経過し性能はかなり低くなりました。

ワイモバイルでは1円からスマホが買えますので、オンラインストアで新しいスマホを買ったほうがお得です。

詳細ワイモバイルのおすすめ端末

詳細Android Oneシリーズの最新・おすすめ

 

▼オンライン限定で端末割引中▼

 

Android One S1の価格

 

ワイモバイル Android One S1

 

ワイモバイルで販売終了

 

ワイモバイルでのAndroid One S1の販売は終了しました。

Android One S1は発売から時期が経過し、現在ではかなり低スペックな機種になりました。

これから使うのはおすすめしません。

 

ワイモバイルオンラインストアならより高性能なスマホが最安1円からスマホが購入できます。

これから端末を買う方はYmobileのおすすめ機種ランキング」で端末を探してください。

 

中古なら格安で買える

 

Android One S1はワイモバイルでは販売終了ですが、中古スマホ店などではまだ購入できます。

どうしてもAndroid One S1がほしい方は楽天市場や中古スマホ店で探してみましょう。

 

とくにイオシスではAndroid One S1の未使用品・中古品が格安で購入できます。

S1はワイモバイルはもちろん、SIMロック解除すればソフトバンク回線の格安SIMでも使えます。

 

在庫は少なめなので、見つけたら即買いしましょう。

 

SIMロック解除/SIMフリー化

 

Android One S1はSIMロックがかかっています。

ワイモバイルのSIMならSIMロックされたままでも使えます。

 

一方、ソフトバンク回線の格安SIMで使う場合には、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の方法は下記ページを参照ください。

詳細SIMロック解除手順 | Ymobile

 

Android One S1はドコモ・au回線の一部バンドに非対応なので、使用はおすすめしません。

 

使用キャリア使用可否と
ロック解除
ワイモバイル
ソフトバンク
LINEMO
SB回線の格安SIM
ドコモ
au
ドコモ・au回線の
格安SIM
×

◎:解除不要で使える
◯:解除すれば使える
×:使えない/使用非推奨

 

▼WEBなら割引+手数料無料▼

 

 

Android One S1の対応バンド

 

対応バンド・周波数一覧

 

Android One S1の対応バンド・周波数は以下の通りです。

  • LTE:バンド1/3/8
  • 3G:バンド1/8

 

ドコモ系格安SIMは非推奨

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

 

Android One S1はLTEバンドの1・3には対応しています。

一方、地下や郊外でも繋がるバンド19には対応していません

 

また、3G(WCDMA)のバンド6にも非対応のため、山間部での3G通話・データ通信も難しくなります。

SIMロック解除すればドコモ回線でも使えないことはないですが、基本的にはドコモ回線での使用はおすすめしません。

 

ソフトバンク回線に対応

 

Android One S1はソフトバンクの主要なバンド(LTE:1/3/8、3G:1/8)に対応しています。

よって、ワイモバイルはもちろん、SIMロック解除すればソフトバンクやソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTE非対応

 

au・au系格安SIMが主に使用しているLTE:バンド18/26には非対応です。

そのため、Android One S1はau回線を使った格安SIMでは使用不可です。

 

▼オンライン限定で端末割引中▼

 

 

Android One S1のスペック

 

発売日

 

ワイモバイルのAndroid One S1の発売日は2017年2月24日です。

 

主な機能

 

機能
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
赤外線通信

 

防水・防塵には対応していますが、おサイフケータイは搭載していません。

指紋認証もありません。

 

スペック詳細

 

スペック
本体サイズ
(mm)
W69× H143× D8.0
本体の
重さ
約134g
画面
サイズ
約5.0インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー
容量
2,530mAh
搭載
OS
Android 8.0
CPUSnapdragon430
(オクタコア)
1.4GHz+1.1GHz
メモリー
(ROM)
16GB
メモリー
(RAM)
2GB
対応外部
メモリ
microSDXC
(最大256GB)
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

デザイン・カラー

 

端末の色は、ホワイト、ブラック、ピンク、ターコイズ(青とみどりの間くらい?)、の4種類です。

Android OneシリーズでピンクがあるのはこのAndroid One S1のみです。

 

SIMサイズはnano

 

Android One S1のSIMサイズは最も小さいnanoです。

 

▼販売中の最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

 

ベンチマークスコア

 

Geekbench

 

Android One S1のベンチマークをGeekbench(Ver.5)で計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:125
  • マルチ:601

 

Android One S1 ベンチマークスコア geekbench

 

 

antutu

 

Android One S1のantutuベンチマーク総合スコアは、ネット等の情報によると5.5万ほどのようです。

 

搭載CPUはSnapdragon430、メモリーRAMも2GBしかありませんので、性能としては最低限です。

電話やメール・LINEしかしないいという方におすすめです。

 

▼S1の格安中古を探す

スマホ通販のイオシス

 

 

Android One S1の特徴

 

Android One S1は、国内メーカーであるシャープが、ワイモバイルから発売したスマートフォンです。

Googleが各国のメーカーと協力して販売している「Android One(アンドロイドワン)」シリーズのうち、507SHに続く2番目の機種です。

 

フルHDで5インチのIGZO画面

 

Android One S1の最大の特徴は、なんといってもその画面の美しさです。

解像度は1,920 × 1,080のフルHDです。1280 × 720だった前作の507SHに比べ、格段にきれいさがアップしています。

 

私も実際この端末を使っていますが、めちゃくちゃきれいです。

その前に使用していた端末は1280 × 720でしたが、はじめてみたときにその美しさに感動しました。

 

余計なアプリが入っていない

 

Android One S1には、余計なアプリがはじめからインストールされていないのも特徴です。

他のスマートフォンだと、スマホメーカーが、自分達が作ったアプリを利用してもらいたいがために、たくさんのアプリをインストールしていることがあります。

 

しかし、Android One S1には基本的なGoogle純正アプリしかインストールされておらず、自分で必要なもののみインストールすることができます。

アプリ一覧画面もスッキリになりますし、余計なメモリも消費しないのが嬉しいです。

 

バッテリー長持ち、最長3日

 

Android One S1は2,530mAhのバッテリーを搭載しており、電池の持ちが抜群です。

これは、単純にバッテリーの容量が増えたということだけでなく、シャープなどが開発した高精彩で省電力が特徴のIGZO液晶ディスプレーを採用していることも影響しています。

電力消費を抑えるだけでなく、画像もめちゃくちゃきれいです。

3日間充電しなくてもOKの作りになっているそうです。
(使い方や環境等により消耗具合は異なります)

 

防水、防塵対応

 

Android One S1は大変故障に強い設計になっており、防水・防塵機能が強化されています。

 

特にすごいのが防水機能です。

防水機能は「IPX7」といって、水深1.0mの水槽に30分間本体を放置しても、電話機としての性能を保てるレベルです。

誤ってお風呂やトイレに携帯を落としても、ほとんどの場合問題なく使用することができます。

 

また、ディスプレイにも特殊科学強化ガラスを採用してるため衝撃にも強く、画面が割れたり、ひびが入ったりしにくい構造になっています。

 

自撮りに適した高性能カメラ

 

Android One S1はカメラも高性能です。

メインのカメラは有効画素数が1,310万画素で、大変きれいな写真が撮影できます。

また、特殊なセンサーを採用したことにより、光量の少ない場所でもきれいな写真を撮影することができます。

 

また、サブカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)も800万画素です。

広角レンズにより、風景も含めた自撮りができます。

 

▼販売中の最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

 

充電器の付属なし

 

Android One S1をはじめ、Android OneシリーズのスマホにはACアダプタやUSB充電ケーブルなどの充電器は付属していません。

お持ちでない方は別途購入が必要です。

 

 

▼S1の格安中古を探す

スマホ通販のイオシス

 

 

Android One S1の購入はこちら

 

以上、ワイモバイルのスマートフォン「Android One S1」の紹介でした。

 

Android One S1はワイモバイルオンラインストアでの販売は終了しましたが、中古で買ったり使ったりできます。

ただし性能はかなり低いので、これから端末を買う方は素直にワイモバイル公式ストアで買うのがおすすめです。

 

現在発売中のスマホはこちら!
Ymobileのおすすめ機種ランキング

 

▼オンライン限定で端末割引中▼

 

 

ワイモバイル 記事一覧へ

 

タイトルとURLをコピーしました