大感謝セールは3/31まで!iPhoneもSIMもお得 

ワイモバイル Android One S2のスペックを解説!中古の買い方・使い方も

 

ワイモバイル_Android One S2

 

本記事では、ワイモバイルのAndroid One S2のスペックを解説します。

 

Android One S2はワイモバイルオンラインストアでの販売は終了しましたが、中古で買ったり使ったりできます。

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

▼S2の格安中古・未使用品を探す

スマホ通販のイオシス

 

Android One S2の価格

 

ワイモバイルで販売終了

 

ワイモバイルでのAndroid One S2の販売は終了しました。

 

最近は大人気機種の「HUAWEI P30 lite」や、同じSシリーズの「Android One S6」「Android One S7」がおすすめです。

 

タイムセールもチェック

 

ワイモバイル タイムセール

 

以前、Android One S2はまれにタイムセールで販売されていました。

タイムセールは週に2~3日ほど、夜21時~翌9時までの限定でスマホ端末が安く購入できます。

 

もう販売はないかもしれませんが、ほかにも格安スマホが販売されますのでチェックしてください。

詳細タイムセールの活用方法と注意点

 

▼タイムセール会場でチェック▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

中古なら格安で買える

 

Android One S2はワイモバイルでは販売終了ですが、中古スマホ店などではまだ購入できます。

 

とくにイオシスムスビーではAndroid One S2の未使用品・中古品が格安で購入できます。

S2はワイモバイルはもちろん、SIMロック解除すればソフトバンク回線の格安SIMでも使えます。

 

在庫は少なめなので、見つけたら即買いしましょう。

 

▼S2の格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス

 

 

Android One S2のスペック

 

発売日

 

ワイモバイルのAndroid One S2の発売日は2017年3月10日です。

 

主な機能

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証
赤外線通信

 

赤外線通信が付いていますので、現在携帯電話(ガラケー)を使用している方も電話帳や写真のデータを簡単に移行することができます。

赤外線通信搭載の機種はどんどん少なくなってきているので貴重ですね。

 

スペック詳細

 

本体スペック
サイズ(mm)W72× H143× D10.6
重さ約142g
画面サイズ5.0インチ
解像度1280 × 720
(HD)
バッテリー容量2,300mAh
連続通話時間
(LTE)
1,300分
連続待受時間
(LTE)
660時間
OSAndroid 7.1
CPUSnapdragon425
(クアッドコア)
1.4GHz
メモリ(ROM)16GB
メモリ(RAM)2GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
通信速度(下り)最大112.5Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,310万画素
有効画素数
(サブカメラ)
200万画素

 

ベンチマークスコア

 

Android One S2のベンチマークをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

スペックは決して高くありません。

  • シングル:681
  • マルチ:1,906

 

 

SIMロック解除手順

 

Android One S2はSIMロックがかかっています。

ワイモバイルのSIMならSIMロックされたままでも使えます。

 

一方、ソフトバンク回線やドコモ回線の格安SIMで使う場合には、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の方法は下記ページを参照ください。

詳細SIMロック解除手順 | Ymobile

 

▼S2の格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス

 

 

S2の対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

Android One S2の対応バンド・周波数は以下の通りです。

  • LTE:バンド1/3/8
  • 3G:バンド1/8

 

ドコモ系MVNOは非推奨

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

 

Android One S2はLTEバンドの1・3には対応しています。

一方、地下や郊外でも繋がるバンド19には対応していません

 

また、3G(WCDMA)のバンド6にも非対応のため、山間部での3G通話・データ通信も難しくなります。

SIMロック解除すればドコモ回線でも使えないことはないですが、基本的にはドコモ回線での使用はおすすめしません。

 

ソフトバンク回線に対応

 

Android One S2はソフトバンクの主要なバンド(LTE:1/3/8、3G:1/8)に対応しています。

よって、ワイモバイルはもちろん、SIMロック解除すればソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・au VoLTE非対応

 

au・au系格安SIMが主に使用しているLTE:バンド1/18/26には非対応です。

そのため、Android One S2はau回線を使った格安SIMでは使用不可です。

 

▼S2の格安在庫を探す

スマホ通販のイオシス

 

 

Android One S2のレビュー

 

Android One S2は、国内メーカーである京セラが、ワイモバイルから発売したスマートフォンです。

特に「安心」をテーマに初めての方やライトユーザーに適した機種になっています。

 

余計なアプリがない

 

 

Android One S2には、余計なアプリがはじめからインストールされていないのが特徴です。

 

Android One S2には基本的なGoogle純正アプリしかインストールされておらず、自分で必要なもののみインストールすることができます。

アプリ一覧画面もスッキリになりますし、余計なメモリも消費しないのが嬉しいです。

 

バッテリー長持ち、最長3日

 

Android One S2は2,300mAhのバッテリーを搭載しており、また操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

 

3日間充電しなくてもOKの作りになっているそうです。(使い方や環境等により消耗具合は異なります)

 

耐衝撃、防水、防塵

 

 

Android One S2は「安心」をウリにしていることもあって、故障に強い設計になっています。

耐衝撃に関しては、高さ1.22mから落下させても衝撃に耐えられる構造です。

画面は強化ガラスのため、割れたりひびが入ったりしにくくなっています。

 

また、水やホコリにも強い作りになっています。

防水は、水深1mに30分間沈めても問題なし(IPX7の防水性能)です。

誤ってお風呂やトイレに落としても、データの消失を防ぐことができるので大変安心ですね。

 

濡れた手や手袋で操作可

 

 

私が最も気に入ったのは、グローブタッチ機能といって、手袋をしたままでも操作ができる機能です。

 

冬場は手袋を外してから操作しなければならず、大変不便です。

私はスマホが操作できる手袋を使っていましたが、反応しないことが多く、結局手袋を外して操作していました。

しかし、Android One S2は本体の画面に手袋でのタッチを読み取る機能があるため、いちいち外す必要がありません。

 

また、水に濡れた手でも操作できるので、家事をしながら操作する場合や、雨の日に屋外で操作する場合にも問題なく作動します。

 

CPU性能は最低限

 

Android One S2に搭載されたCPUはSnapdragon425で、メモリー(RAM)は2GBです。

「必要最低限」といったところでしょうか。

普段使いには十分ですが、アプリを複数同時に操作する場合や、ゲームをする場合は処理速度にもたつきが出るかもしれません。

 

不安な方は大人気機種の「HUAWEI P30 lite」や、同じSシリーズの「Android One S6」「Android One S7」がおすすめです。

 

自撮り用カメラは低画質

 

もうひとつAndroid One S2で注意すべき点が、サブカメラのスペックです。

サブカメラ(画面側にある自撮り用カメラ)は200万画素と、かなり低めです。

自撮りをしない方にはあまり関係ないですが、SNS用などに自撮りをされる方はHUAWEIの「P20 lite」がおすすめです。

 

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割でさらに料金割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光・Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割による割引額>

対象プラン月割引額
スマホ
ベーシック
プラン
S/M/R¥500
スマホ
プラン
S¥500
M¥700
R¥1,000

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

(スマホプランLの場合)

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細ワイモバイルのおうち割を解説!

 

高額キャッシュバックも!

 

さらに、ソフトバンク光・Airには公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

ソフトバンク光のキャッシュバック額は、新規申し込みか転用かで異なります。

 

<光のキャッシュバック額>

契約方法キャッシュバック
新規¥33,000
転用¥15,000

 

ソフトバンクエアーは誰でも28,000円、3日以内に手続きを完了すれば30,000円もらえます。

 

<エアーのキャッシュバック額>

キャッシュバック
全員28,000円
3日以内に
登録完了
30,000円
(+2,000円)

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック最大3.3万円
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

▼Airの申し込みはこちら▼


 

 

Android One S2の購入はこちら

 

以上、ワイモバイルのスマートフォン「Android One S2」の紹介でした。

 

Android One S2はワイモバイルでの販売は終了しましたが、中古で買ったり使ったりできます。

購入はこちらからどうぞ!

 

▼S2の格安中古・未使用品を探す

スマホ通販のイオシス

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

タイトルとURLをコピーしました