初期費用無料&6000円分還元キャンペーン中 

ワイモバイル Android One X3の詳細レビュー!価格やスペック、中古の買い方・使い方も解説

 

 

本記事ではワイモバイルのAndroid One X3のスペックや評価を解説します。

 

ワイモバイルでの販売は終了しましたが、中古で買って使うのもおすすめです。

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

  1. Android One X3の価格
    1. ワイモバイルで販売終了
    2. タイムセールもチェック
    3. 中古なら格安で買える
  2. Android One X3のスペック
    1. Android One X3の発売日
    2. X3のデザイン・カラー
    3. スペック一覧表
    4. CPUはSnapdragon630
    5. ストレージ容量は32GB
    6. SDカードで容量増設可能
    7. シングルSIM・DSDS非対応
    8. イヤホンジャックあり
    9. USB端子はUSB Type-C
    10. SIMロック解除手順
    11. 付属品・同梱品
    12. 充電器・ケーブルの付属なし
  3. X3の対応バンド・周波数
    1. 対応バンド・周波数一覧
    2. ドコモ系MVNOは非推奨
    3. ソフトバンク回線に対応
    4. au回線・UQモバイルは不可
  4. Android One X3の便利機能
    1. 搭載機能一覧
    2. おサイフケータイ搭載
    3. 指紋認証センサー搭載
    4. ワンセグで地デジ視聴可
    5. 赤外線通信機能搭載
    6. 進化した耐衝撃
    7. 安心の防水・防塵
    8. 手袋をしたまま操作可能
    9. 濡れた手でも操作可能
    10. 歩数計が標準搭載
    11. 急速充電・ワイヤレス充電不可
  5. Android One X3のベンチマーク
    1. Geekbench
    2. antutu
  6. Android One X3のレビュー
    1. カメラの性能は最低限
    2. バッテリー長持ち、最長3日
    3. 1,300万+800万の高性能カメラ
    4. 画面サイズ5.2inch・フルHD
    5. 余計なアプリがない
    6. X3のおすすめスマホケース
    7. スクリーンショットの取り方
    8. SIMフリー化/SIMロック解除
    9. 音質は平凡、音楽には不向き
  7. Android One X3の私の評価
  8. ワイモバイル料金の節約技
    1. おうち割でさらに料金割引
    2. 高額キャッシュバックも!
  9. Android One X3購入はこちら

Android One X3の価格

 

ワイモバイルで販売終了

 

ワイモバイルでのAndroid One X3の販売は終了しました。

 

最近はハイスペック機種の「Android One X5」や、おサイフケータイ搭載の「Xperia8」「Android One S7」がおすすめです。

 

タイムセールもチェック

 

ワイモバイル タイムセール

 

Android One X3はまれにタイムセールで販売されます。

タイムセールは週に2~3日ほど、夜21時~翌9時までの限定でスマホ端末が安く購入できます。

 

Android One X3以外にも格安スマホが販売されますのでチェックしてください。

詳細タイムセールの活用方法と注意点

 

▼タイムセール会場でチェック▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

中古なら格安で買える

 

Android One X3はワイモバイルでは販売終了ですが、中古スマホ店などではまだ購入できます。

 

とくにイオシスムスビーではAndroid One X3の未使用品・中古品が格安で購入できます。

在庫は少なめなので、見つけたら即買いしましょう。

 

▼X3の格安在庫を探す▼

 

 

Android One X3のスペック

 

Android One X3の発売日

 

Android One X3の発売日は2018年1月25日です。

 

X3のデザイン・カラー

 

 

端末の色は、ホワイト、ライトブルー、ブラックの3種類です。

 

スペック一覧表

 

本体スペック
サイズ(mm)W72× L149× D8.2
重さ約150g
画面サイズ5.2インチ
解像度1,920 × 1,080
(フルHD)
バッテリー容量2,800mAh
連続通話時間
(LTE)
計測中
連続待受時間
(LTE)
計測中
OSAndroid 8.0
Oreo
CPUSnapdragon630
(オクタコア)
2.2+1.8GHz
メモリ(ROM)32GB
メモリ(RAM)3GB
対応外部メモリmicroSDXC
(最大256GB)
SIMサイズnano
通信速度(下り)最大250Mbps
有効画素数
(メインカメラ)
1,300万画素
有効画素数
(サブカメラ)
800万画素

 

CPUはSnapdragon630

 

Android One X3に搭載されたCPUはSnapdragon630です。

 

Snapdragon630と3GBメモリー(RAM)であれば、ミドルユーザーの方も満足のスペックです。

ゲームをされる方などを除けば、普段使いには十分でしょう。

 

ストレージ容量は32GB

 

Android One X3のストレージ容量は32GBです。

ここは最低限といったレベルですね。

 

SDカードで容量増設可能

 

Android One X3はSDカードでストレージ容量を増設可能です。

 

マイクロSDカードで最大256GB追加できますので、写真や動画をたくさん保存する方も安心です。

 

 

シングルSIM・DSDS非対応

 

Android One X3は、SIMスロットが1つしかないシングルSIMです。

DSDS・DSDVには非対応です。

 

イヤホンジャックあり

 

Android One X3には本体上部に3.5mmイヤホンジャックがあります。

 

最近はイヤホンジャックが廃止され、イヤホン・ヘッドホンを無線接続しなければならない機種が増えてきましたが、X3は有線接続が可能です。

 

USB端子はUSB Type-C

 

Android One X3のUSB端子はUSB Type-Cです。

上下どちらからでも挿せるのが便利ですね。

 

SIMロック解除手順

 

Android One X3はSIMロックがかかっています。

ワイモバイルのSIMならSIMロックされたままでも使えます。

 

一方、ソフトバンク回線やドコモ回線の格安SIMで使う場合には、SIMロック解除が必要です。

SIMロック解除の方法は下記ページを参照ください。

詳細SIMロック解除手順 | Ymobile

 

付属品・同梱品

 

Android One X3に同梱されているのは、説明書などのほかはワンセグ用のアンテナだけです。

ACアダプタやUSBケーブルなどは付属していません。

 

充電器・ケーブルの付属なし

 

Android One X3を含め、Android Oneシリーズの機種には、充電器(ACアダプタ・ケーブル)が付属していません。

お持ちでない方は別途購入が必要です。

 

私がおすすめする充電器は以下の機種です。

 

▼安心のエレコム(USB type-C)▼

 

X3の対応バンド・周波数

 

対応バンド・周波数一覧

 

Android One X3の対応バンド・周波数は以下の通りです。

  • LTE:バンド1/3/8
  • 3G:バンド1/8

 

ドコモ系MVNOは非推奨

 

ドコモ回線で使用するFDD-LTEのバンドは1・3・19です。

 

Android One X3はLTEバンドの1・3には対応しています。

一方、地下や郊外でも繋がるバンド19には対応していません

 

また、3G(WCDMA)のバンド6にも非対応のため、山間部での3G通話・データ通信も難しくなります。

SIMロック解除すればドコモ回線でも使えないことはないですが、基本的にはドコモ回線での使用はおすすめしません。

 

ソフトバンク回線に対応

 

Android One X3はソフトバンクの主要なバンド(LTE:1/3/8、3G:1/8)に対応しています。

よって、SIMロック解除すればソフトバンク回線を使った格安SIMでも問題なく使えます

 

au回線・UQモバイルは不可

 

au・au系格安SIMが主に使用しているLTE:バンド1/18/26には非対応です。

そのため、Android One X3はau回線を使った格安SIMでは使用不可です。

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

 

Android One X3の便利機能

 

搭載機能一覧

 

有無
防水
防塵
ワンセグ
おサイフケータイ
指紋認証センサー
赤外線通信

 

Android One X3は、全ての便利機能が搭載されています。

ワンセグ・おサイフケータイ・防水・防塵・赤外線通信・指紋認証センサーと、まさに「全部いり」のスマホです。

 

おサイフケータイ搭載

 

 

Android One X3はおサイフケータイ搭載です。

ワイモバイルから発売された京セラの機種で、おサイフケータイが搭載されるのは初めてですね。

 

指紋認証センサー搭載

 

 

Android One X3には、指紋認証センサーが搭載されています。

 

そのためセンサー部分に指を当てるだけで一気にロックが解除されます。

セキュリティー面も向上しますし、すぐにロック解除できて非常に便利です。

 

一方、顔認証機能は搭載されていません。

 

ワンセグで地デジ視聴可

 

 

Android One X3には、国産メーカーのお得意の技術「ワンセグ」も搭載しています。

外出先でちょっと時間が空いたときや、テレビがない寝室などで番組を見るのに非常に便利ですよね。

 

なお、ワンセグ視聴には付属のアンテナケーブルが必要です。

アンテナケーブルは下図と同型で、イヤホンジャックに挿すタイプです。

 


※同型のアンテナケーブル(auのrafre KYV40)

 

赤外線通信機能搭載

 

Android One X3は国産スマホメーカーの特徴的な機能である「赤外線通信」ができます。

赤外線通信を保有しているスマホ同士で簡単にデータをやり取りできます。

 

とくに重宝するのが、携帯電話(ガラケー)から電話帳や写真のデータを移行する際ですね。

ガラケーから乗り換える方にも嬉しい機能です。

 

進化した耐衝撃

 

 

Android One X3には、耐衝撃防水・防塵機能がついています。

この3つの機能は京セラが得意とする機能です。

 

特にすごいのが耐衝撃。

「ハイブリッドシールド」という非常に高強度なディスプレイを使用しています。

落としたりぶつけたりしても傷が入ったり画面にひびが入ったりすることが非常に少ないディスプレイです。

 

また、製品全体の耐衝撃性能は「MIL規格」というアメリカ軍が定めた基準に準拠する性能となっています。

何度もぶつけたりこすったりするテストを繰り返し、製品の耐久性を計測する試験をクリアしています。

 

安心の防水・防塵

 

 

Android One X3は防水機能もバッチリです。

 

防水機能は、IPX7といって、水深1.0mの水槽に30分間本体を放置しても、電話機としての性能を保てるレベルです。

上の画像のように、お風呂でスマホを操作することも可能です。

 

手袋をしたまま操作可能

 

私が最も気に入っているのは、グローブタッチ機能といって、手袋をしたままでも操作ができる機能です。

 

Android One X3は本体の画面に手袋でのタッチを読み取る機能があるため、いちいち外す必要がありません。

 

濡れた手でも操作可能

 

Android One X3は手袋を装着したまま操作できるのに加え、水に濡れた手でも操作できます

 

家事をしながら操作する場合や、雨の日に屋外で操作する場合にも問題なく作動します。

特に嬉しいのが、お風呂でスマホを操作する場合ですね。

 

歩数計が標準搭載

 

Android One X3には歩数計が標準搭載しています。

 

なくてもアプリをインストールすれば使えますが、純正アプリが最初からインストールされているのは安心ですね。

 

急速充電・ワイヤレス充電不可

 

Android One X3は急速充電(Quick Charge 3.0・USB Power Delivery)には非対応です。

最近はほとんどの機種が旧属充電に対応しているので、その点では少々残念ですね。

 

また、ワイヤレス充電(無線充電)の「Qi」にも非対応です。

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

 

Android One X3のベンチマーク

 

Geekbench

 

Android One X3のベンチマークスコアをGeekbenchで計測した結果は以下の通りです。

  • シングル:887
  • マルチ:4,206

 

 

他のSnapdragon630+3GBメモリー(RAM)の機種と同程度です。

 

antutu

 

antutuで計測したAndroid One X3の総合スコアは8.5万~9万前後です。

高負荷の3Dゲームは厳しいかもしれませんが、ツムツムやパズドラなどのゲームや、通常のアプリ操作の処理速度はサクサクでしょう。

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

 

Android One X3のレビュー

Android One X3は、国内メーカーである京セラがワイモバイルから2018年1月25日に発売したスマートフォンです。

 

京セラのスマホは、Android OneシリーズではS2に続く2機種目ですね。

Android One X3と同時に発売が発表されたAndroid One S4も京セラ製です。

 

そもそもAndroid One(アンドロイドワン)シリーズとは、Googleが各国のメーカーと協力して販売しているスマートフォンのラインナップ名です。

あとで詳しく説明しますが、3年間、必ず最新のOSにアップデートされる安心感や、余計なアプリが入っていないことが特徴です。

 

カメラの性能は最低限

 

Android One X3のカメラはアウトカメラ:1,300万画素、インカメラ800万画素です。

発売当時はまぁまぁの性能でしたが、現在は最低限と言ったレベルですね。

 

画質などにこだわらなければ問題ありませんが、写真をよく撮る方はAndroid One X5iPhone7などを選んだほうが良いでしょう。

 

バッテリー長持ち、最長3日

 

Android One X3は2,800mAhのバッテリーを搭載しています。

さらに京セラ独自の省エネ設計により、操作による電池の消耗を抑える構造になっているため、電池の持ちが抜群です。

 

3日間充電しなくてもOKの作りになっているそうです。
(使い方や環境等により消耗具合は異なります)

 

1,300万+800万の高性能カメラ

 

Android One X3はカメラも高性能です。

メインのカメラは有効画素数が1,300万画素で、大変美しい画像が撮影できます。

 

これまで京セラの製品は「カメラがイマイチ…」という場合が多かったのですが、Android One X3はカメラ性能が大幅アップ。

1,300万画素のカメラで美しい写真を撮影することができます。

 

また、自撮り用のサブカメラ(画面側のカメラ)も800万画素とかなり進化。

自撮りをよくされる方に嬉しいですね。

 

画面サイズ5.2inch・フルHD

 

Android One X3の画面サイズは5.2インチです。

大きすぎず小さすぎず、最適なサイズですね。

 

ディスプレイの解像度はフルHDと数値上はそこまで高いものではありません。

しかし、フルHD+等との差は肉眼ではあまりわかりませんので、フルHDでも十分きれいだと思います。

 

余計なアプリがない

 

 

Android One X3には、余計なアプリがはじめからインストールされていないのも特徴です。

 

Android One X3には基本的なGoogle純正アプリしかインストールされておらず、自分で必要なもののみインストールすることができます。

アプリ一覧画面もスッキリになりますし、余計なメモリも消費しないのが嬉しいです。

 

X3のおすすめスマホケース

 

ワイモバイルのスマホケースはAmazon楽天市場で購入できますが、最も安心なのは公式アクセサリーショップの「ワイモバイルセレクション」です。

ぜひ一度のぞいてみてください!

 

スクリーンショットの取り方

 

Android One X3のスクリーンショットは、本体右にある音量ボタンの下側(音量を下げる)ボタンと、電源ボタンの同時押しです。

この方法はAndroid端末で共通の撮り方で、iPhone以外のAndroid端末ならどれでもこの方法が有効です。

 

SIMフリー化/SIMロック解除

 

Android One X3はワイモバイルのSIMのみで作動するようSIMロックがかかっています。

いわゆるSIMフリー端末ではありません。

 

しかし、購入から101日以上が経過すればSIMロックの解除が可能です。

ロックを解除し、端末をSIMフリー化することで、ワイモバイル以外のSIMカードを挿しても使用できるようになります。(別途APN設定が必要)

 

SIMロック解除の方法や手順については以下のページをご覧ください。

詳細SIMロック解除 | Ymobile

 

音質は平凡、音楽には不向き

 

Android One X3はハイレゾノイズキャンセリングには対応していません。

最近のミドルスペック以上のスマホは、ほとんどがハイレゾなどのサウンドにこだわった仕様になっていますので、少々見劣りします。

 

普段使いには全く問題ありませんが、音楽をよく聞き、音質にこだわる方はハイレゾ対応の「Android One X4」などの別機種がよいでしょう。

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

 

Android One X3の私の評価

 

Android One X3は「これまでの京セラのイメージを覆す高機能スマホ」という印象ですね。

 

これまで京セラがワイモバイルで発売したAndroid One S2・S4の良いところはそのままで、一気に性能を高めた機種だと思います。

スマホをガンガン使う方やゲームをする方にも安心の性能で、おサイフケータイやワンセグなどの便利機能も全部あり、どなたでも安心の機種だと思います。

 

一方、カメラ性能はもうひとつですね。Sシリーズとそれほど変わりません。

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割でさらに料金割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光・Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割による割引額>

対象プラン月割引額
スマホベーシック
プラン
500円
スマホプラン
S500円
M700円
L1,000円

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

(スマホプランLの場合)

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細ワイモバイルのおうち割を解説!

 

高額キャッシュバックも!

 

さらに、ソフトバンク光・Airには公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

ソフトバンク光のキャッシュバック額は、新規申し込みか転用かで異なります。

 

<光のキャッシュバック額>

キャッシュバック
新規¥33,000
転用¥13,000

 

ソフトバンクエアーは誰でも28,000円、3日以内に手続きを完了すれば30,000円もらえます。

 

<エアーのキャッシュバック額>

キャッシュバック
全員28,000円
3日以内に
登録完了
30,000円
(+2,000円)

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック最大3.3万円
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

▼Airの申し込みはこちら▼


 

 

Android One X3購入はこちら

 

以上、ワイモバイルから2018年1月25日に発売のAndroid One X3の詳細でした。

 

高性能CPUと、おサイフケータイやワンセグ、防水・防塵などの便利機能が詰まった高機能スマホです。

ワイモバイルでの販売は終了しましたが、中古で買って使うのもおすすめです。

 

▼X3の格安中古・未使用品を探す

 

▼ワイモバイルの最新機種を見る

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました