初期費用無料&6000円分還元キャンペーン中 

ワイモバイルならAQUOS ケータイ2が月1,300円!スペック・価格を解説【ガラケー/602SH】

 

ワイモバイル_AQUOSケータイ2

 

本記事ではワイモバイルの携帯電話「AQUOSケータイ2」の、スペックや価格を解説します。

 

ワイモバイルならAQUOSケータイ2が月々1,300円で使えます。

 

▼AQUOSケータイ2の詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

AQUOSケータイ2の価格・料金

 

AQUOSケータイ2の料金は「端末代金+プラン料金」です。

 

「ケータイベーシックプランSS」とスマホベーシックプランS・Mから選べます。

基本的にはケータイベーシックプランSSを選びましょう。

 

端末価格

 

ワイモバイルにおけるAQUOSケータイ2の本体価格(税込)は以下の通りです。

 

  • 新規・乗り換え:6,912円(※)
  • 機種変更:18,000円

※ソフトバンクからの乗り換え除く

 

新規・他社から乗り換えなら一括7000円ほどで、ワイモバイルの取り扱いの中でも価格は最も安いです。

上記端末価格に、月額料金が加算されます。

 

ケータイベーシックプランSS

 

ケータイベーシックプランSSは通話のみの基本利用料が月額934円です。

 

これ以外に通話料金と、データ通信を使う場合は「ベーシックパック(300円)」+「データ使用量(使った分だけ、最大4,500円)」がかかります。

 

<ケータイ使用時にかかる料金>

項目月額料金
基本料金934円
通話料金次章
パケット代
ベーシック
パック
300円
通信料0円~
4,500円

 

パケット料金

 

メールやLINEなど、ケータイでデータ通信をする場合はパケット定額サービスへの加入が必要です。

まず、データ通信の基本料金としてベーシックパック(300円)への加入が必要です。

 

さらに、データ使用量を使った分だけ料金がかかります。

ただし、上限は最大4,500円です。

 

データ容量を2.5GB以上使うと速度制限がかかります。

 

 

通話料金

 

ケータイベーシックプランSSの通話料金は、1時~21時はワイモバイル・ソフトバンクとの通話は無料です。

上記以外の時間、および他社や固定回線への通話は30秒ごとに20円かかります。

 

<通話料金>

電話の宛先時間通話料金
ワイモバイル
ソフトバンク
1時~21時無料
21時~1時30秒ごとに20円
上記以外30秒ごとに20円

 

よく電話をされる方は、月1,080円の「スーパー誰とでも定額」に加入すると、いつでも・誰とでもかけ放題になります。

 

▼AQUOSケータイ2の詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

AQUOSケータイ2の特徴レビュー

 

 

アクオスケータイ2は、SHARPがワイモバイルから発売している携帯電話です。

画像を見てもわかるとおり、スマートフォンではなく、通話やメールに特化した携帯電話、いわゆるガラケーです。

 

ワンタッチで開閉

 

 

AQUOSケータイ2には、本体横にワンタッチオープンボタンがついています。

そのため、片手がふさがっているときに電話が鳴っても、楽に本体を開くことができます。

 

これ、めちゃくちゃ便利ですよねー。

私はこの機能がないケータイを使っていた頃、よくアゴで開いていました。

ただ、意味も無くパカパカ開いてしまいがちなので要注意です。

 

1週間充電不要のバッテリー

 

携帯電話の最大の強み、それはなんと言ってもバッテリーの持ちが良いことです。

このAQUOSケータイ2は1,800mAhのバッテリーを搭載しており、最長で1週間も充電せずに使い続けることが可能です。

1週間ってすごいですね!スマホユーザーからすると信じられない長さです。

(もちろん、バッテリーの持ち具合は使い方などによって異なります)

 

また、電池の残量が減ってきたときには「長エネスイッチ」を押すことで、電池を消費する機能を制限し、さらに電池を長持ちすることもできます。

 

防水・防塵・耐衝撃で安心

 

AQUOSケータイ2には、耐衝撃、防水・防塵機能がついています。

この3つの機能は、国産メーカーのSHARPならではの機能ですね。

「耐衝撃」なので、誤って落としたり踏んでしまってもちょっとやそっとじゃ壊れることがありません。

 

 

また、特にすごいのが防水機能です。

防水機能は、IPX8といって、水深1.5mの水槽に30分間本体を放置しても、電話機としての性能を保てるレベルです。

誤ってお風呂やトイレに携帯を落としても、ほとんどの場合問題なく使用することができます。

「ケータイを水没してしまってデータが全部消えた…」というのはよく発生する事故ですので、この防水機能はまさかのときに大変重宝すると思います。

 

 

また、防塵機能もばっちりです。

アウトドアでのレジャーや、畑仕事、ガーデニングなど、外で携帯電話を使用する場合も安心して使うことができます。

 

LINEアプリが使える

 

 

いまや必須のコミュニケーションツールとなったLINEですが、AQUOSケータイ2は携帯電話であるにも関わらず、LINEアプリが使用可能です。

基本的にLINEはスマホ用のアプリのため、ガラケーでは使えないのが普通です。

その場合、WEB版のLINEを使わざるを得ないのですが、非常に面倒です。

 

しかし、AQUOSケータイ2はLINEアプリをインストールすることができます。

「スマホはいらないけどLINEはしたい」という方にもぴったりです。

 

ワンセグでテレビ視聴もOK

 

AQUOSケータイ2には、ワンセグ機能がついています。

ケータイで地デジの番組が視聴可能です。

 

 

800万画素の高性能カメラ

 

AQUOSケータイ2のカメラの画素数は800万画素です。ケータイの中では非常に高性能ですね。

スマホにも十分対抗できるレベルだと思います。

きれいな風景やペットの写真をとったり、カメラでメモを取ったり、ケータイでも十分楽しめます。

 

音声が聞き取りやすい

 

AQUOSケータイ2の特徴のひとつに、電話の声が聞き取りやすいことがあります。

これまでの約1.5倍の音圧レシーバーを搭載しているので、相手の声が小さくてもはっきりと聞き取れます。

 

名前を読んで電話発信

 

AQUOSケータイ2には便利な機能があります。それは音声発信機能です。

電話をかけたい相手の名前を呼ぶとAQUOSケータイ2が音声を認識し、電話をかけてくれます。

手がふさがっているときなどに便利ですね。

この機能を使うには、あらかじめ相手先の名前を登録しておくことが必要です。

 

クイック起動キーが便利

 

AQUOSケータイ2には、クイック起動キーという便利な機能があります。

これは、あらかじめよく使うメニュー、よく電話をする相手先を登録しておけば、ワンタッチでそのメニューを起動したり、電話をかけたりできます。

例えばLINEを起動したり、家族の携帯電話の番号を登録しておくと非常に便利です。

 

歩数計がプリインストール

 

AQUOSケータイ2には歩数計があらかじめインストールされています。

 

 

AQUOSケータイ2のスペック

 

主な機能

 

  • 防水・防塵
  • ワンセグ(地デジの視聴のみ)
  • 赤外線通信
  • Bluetooth

 

 

スペック詳細

 

スペック
サイズ(mm)W51× H113× D16.7
重さ約132g
画面サイズ3.4インチ
解像度960 × 540ドット
バッテリー容量1,800mAh
充電時間約140分
メモリ(ROM)8GB
メモリ(RAM)1GB
対応外部メモリmicroSDHC
(最大32GB)
通信速度(下り)112.5Mbps
(4G最大)
有効画素数
(メインカメラ)
800万画素

 

AQUOSケータイ2の購入はこちら!

 

以上、ワイモバイルのガラケー「AQUOSケータイ2」の紹介でした。

 

携帯電話の申し込みは、24時間受付、送料無料、最短翌日発送のワイモバイル公式サイトがおすすめです。

ぜひご利用ください!

 

▼AQUOSケータイ2の詳細を見る▼

ワイモバイル公式サイト

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました