人気2機種のオータムセール開催中【~9/30】 

ワイモバイルでAQUOS sense3は使える?設定手順とSIMロック解除を解説

 

AQUOS sense3

 

本記事では、ワイモバイルでAQUOS sense3を使う手順を解説します。

 

AQUOS sense3はSIMフリー版はもちろん、ドコモ・au・ソフトバンク版もワイモバイルのバンドに対応しており、SIMロック解除すれば使えます。

AQUOS sense3はバランス抜群の安心スマホで、ワイモバイルで使うのもおすすめです。

 

▼SIMカードの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

AQUOS sense3は使える

 

使えるAQUOS sense3一覧

 

AQUOS sense3は大きく分けると4種類あります。

SIMフリー版(AQUOS sense3 SH-M12)、ドコモ版(AQUOS sense3 SH-02M)、au版(AQUOS sense3 SHV45)、UQモバイル版です。

 

ソフトバンクではAQUOS sense3 plusを販売しています。

また、SIMフリー版にはAQUOS sense3 plusとAQUOS sense3 lite(楽天モバイル専売)もあります。

 

結論から言うと、UQモバイル版を除くどの機種もワイモバイルで使えます。

ただし、一部はSIMロック解除が必要です。

 

対象機種使用
可否
AQUOS
sense3
SIMフリー
(SH-M12)
ドコモ
(SH-M02)
au
(SHV45)
UQ
(SIMフリー)
AQUOS
sense3
plus
SIMフリー
(SH-M11)
ソフトバンク
(901SH)
au
(SHV46)
AQUOS
sense3
lite
楽天

◎:SIMロック解除不要で使える
○:SIMロック解除すれば使える
?:不明

 

SIMフリーのSH-M12

 

まず、格安SIMキャリアや家電量販店などで販売されているSIMフリー版のAQUOS sense3 SH-M12はワイモバイルで使えます

SIMフリーなのでSIMロック解除も不要です。

 

nanoサイズのSIMであれば、現在の端末から差し替えてAPN設定すれば使えるようになります。

 

 

ドコモ版のSH-02M

ドコモ ロゴ

ドコモで発売されたAQUOS sense3 SH-02Mも、ワイモバイルのバンド(LTE:1・3・8、3G:1・8)に対応しています。

よって、SIMロック解除すればワイモバイルで使えます。

詳細ドコモ端末の対応バンド一覧(PDF)

 

SIMロック解除の手順や条件は下記ページを確認してください。

詳細SIMロック解除の手続き | docomo

 

au版のSHV45

 

au ロゴ

 

au版のAQUOS sense3 SHV45もワイモバイルのバンド(LTE:1・3・8、3G:1・8)に対応しています。

詳細端末の対応周波数一覧 | au

 

よって、こちらもSIMロック解除すればワイモバイルで使えるようになります。

詳細SIMロック解除の手続き | au

 

UQモバイル版

 

UQモバイル ロゴ

 

唯一、UQモバイル版のAQUOS sense3だけ確認が取れていません

 

UQモバイルのAQUOS sense3はSIMフリーなので、SIMロック解除は不要です。

 

ただし、UQモバイル版のバンドがワイモバイルに対応しているかがわかりません。

UQモバイルは発売した端末対応バンドを公表していないため、確認が取れないのです。

 

au版も他キャリア版も対応しているため、ほぼ間違いなく対応していると思うのですが…

 

ソフトバンクの901SH

 

ソフトバンクで販売しているのはAQUOS sense3 plus(901SH)です。

ソフトバンクとワイモバイルは同じ周波数なので、AQUOS sense3 plusもワイモバイルで使えます

 

ただし、SIMロック解除が必要です。

ソフトバンクとワイモバイルは同じグループ会社ですが、SIMロックされたままでは使えませんので注意してください。

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

AQUOS sense3 plus

 

AQUOS sense3 plus SH-M11

 

AQUOS sense3 plusも販売されています。

販売されているのはSIMフリー版(SH-M11)とau版(SHV46、サウンド)、ソフトバンク版(901SH)です。

楽天モバイルのAQUOS sense3 plusはSIMフリー版と同様です。

 

AQUOS sense3 plusも、全てがワイモバイルで使えます。

SIMフリー版はもちろん、au版もソフトバンク版もワイモバイルのバンドに対応しています。

 

ただし、au版とソフトバンク版はSIMロック解除が必要です。

詳細SIMロック解除の手続き | au

詳細SIMロック解除 | SoftBank

 

AQUOS sense3 lite

 

AQUOS sense3 lite

 

楽天モバイルではAQUOS sense3 liteが販売されています。

こちらもワイモバイルで使えます

 

楽天モバイルのスマホはすべてSIMフリーで、公式サイトにソフトバンク(=ワイモバイル)で使えることが明記されています。

 

▼SIMカードの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

AQUOS sense3を使う手順

 

ここからは、ワイモバイルでAQUOS sense3(plus・lite含む)を使う手順を解説します。

他社で購入したAQUOS sense3をワイモバイルに持ち込んで使う手順は、主に以下の通りです。

 

  1. SIMロック解除(※)
  2. ワイモバイルでSIM契約
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定

※必要な場合のみ

 

上記以外に、MNPで他社から乗り換える場合はMNP予約番号の発行が必要です。

詳細は下記記事をお読みください。

詳細ワイモバイルにMNP転入する手順

 

なお、機種変更する手順は後ほど別の章で解説します。

 

SIMロックを解除

 

前章で説明したとおり、ドコモ・au・ソフトバンクで購入したAQUOS sense3をワイモバイルで使用する場合は、SIMロック解除が必要です。

下記サイトを参考に、SIMロック解除手続きを行ってください。

(SIMフリー版は不要です)

 

 

ワイモバイルでSIMを契約

 

続いて、ワイモバイルでSIMカードを契約します。

(他社から乗り換えの方は、MNP転入手続きとあわせてSIMを契約します)

 

手続きはワイモバイルの店舗でも可能ですが、事務手数料無料でキャンペーンがお得なオンラインサイトがおすすめです。

 

ワイモバイル公式オンラインサイトで手続きをする場合、最初の画面でSIMカードのサイズを選択します。

AQUOS sense3シリーズのSIMサイズはすべてnanoです。

 

iPhone用SIM契約手順

続いて契約方法を選びます。

新規契約または他社からの乗り換えを選択してください。

 

iPhone用SIM契約手順

 

続いて料金プランを選択します。

容量に応じてスマホベーシックプランS・M・Rの3つから選びましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

<ワイモバイルの料金表>

プランデータ~7ヶ月目8~24ヶ月目
S3GB¥1,980¥2,680
M10GB¥2,980¥3,680
R14GB¥3,980¥4,680

※税抜
※データ容量は1年間増量あり

 

最後にオプションを選びます。

現在1年間データ増量キャンペーンを実施していますので、「データ増量オプション」にはチェックを入れたままにしておきましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

最後に料金を確認し、「ご購入手続きへ」をタップします。

 

すると、Yahoo! JAPAN IDとの連携画面が出てきます。

ここで、自身が使っているIDと連携しておきましょう。

ヤフープレミアムやPayPayなど、他のお得なサービスとの連携が便利になります。

 

iPhone用SIM契約手順

 

次の画面で契約者情報や本人確認書類のアップロードを行います。

本人確認書類は、あらかじめ写真を撮影しておき、画像データでアップロードしましょう。

 

iPhone用SIM契約手順

 

ここまでくればあとは画面に従って手続きすれば大丈夫です。

審査を経て、問題なければ数日後にSIMカードが送られてきます。

 

▼アクオス用SIMの契約はこちら▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

スマホ本体にSIMカード挿入

 

ワイモバイルに新規契約でSIMカードを購入した場合、SIMカードは開通した状態で届きますので、回線の開通手続きは不要です。

よって、ワイモバイルからSIMカードが届いたらスマホ本体にSIMカードを挿入します。

 

AQUOS sense3は本体左側にSIMカードを入れるSIMトレイがあります。

SIMピン不要で手でSIMトレイを開けられるので、SIMを挿入して閉じてください。

 

SIMの差し替え

 

APN設定

 

本体にワイモバイルのSIMカードを挿入したら、APN設定(プロファイルインストール)が必要です。

 

APN設定とは、お持ちのスマホをワイモバイルのネットワーク回線に接続するための設定です。

APN設定をしないとスマホはワイモバイルの回線につながりません。

 

AQUOS sense3などのAndroid端末の場合、端末にSIMカードを入れて「設定」⇒「モバイルネットワーク」⇒「アクセスポイント名」をタップすると、下記のように自動でキャリアの候補が表示されます。

その中からワイモバイルを選択すればOKです。

 

 

もし上記ができない場合は「Android端末のAPN設定」を参考に設定を行ってください。

 

APN設定が完了すると、いよいよスマホがワイモバイルで使えるようになります。

 

▼今すぐSIMカードを購入▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

MNP乗り換えの手順はこちら!
ワイモバイルへのMNP乗り換え手順

 

AQUOS sense3をお得に使う方法

 

ワイモバイルに新規契約・MNP乗り換えでSIMのみを契約し、AQUOS sense3を使う方は下記キャンペーンを利用してお得に契約してください。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

SIMのみ契約の場合も、こちらのページから「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

SIM契約でPayPay還元

 

ワイモバイルでSIMのみ契約する場合は、必ずオンラインで契約しましょう。

どこでももらえる特典とあわせて最大14,000円分のPayPayが貰えます。

 

 

ただし、ワイモバイル公式オンラインサイトとYahoo!のワイモバイルストアでもらえるPayPayの額が異なります。

どちらがお得かは時期やキャンペーン内容によって異なりますので、必ず下記記事で確認してから契約しましょう。

 

 

その他お得なキャンペーン

 

上記以外にも、ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施しています。

月額500円割引になる家族割や、データ増量キャンペーン・おうち割光セットも実施中です。

 

現在実施中の最新キャンペーンは下記記事にまとめています。

契約前に必ずチェックしてください。

 

 

 

AQUOS sense3に機種変更する

 

ここでは、ワイモバイル契約者が他で購入したAQUOS sense3に機種変更する手順を解説します。

 

  1. AQUOS sense3端末を準備
  2. 元の端末からSIMカードを抜く
  3. 本体にSIMを挿入
  4. APN設定

 

AQUOS sense3本体を準備

 

冒頭で解説したとおり、AQUOS sense3はSIMフリー版はもちろん、キャリア版もワイモバイルで使えます。

ドコモ・au・ソフトバンクで購入したAQUOS sense3はSIMロック解除しておきましょう。

 

これからスマホを購入される方は、できる限りSIMロック解除済み端末を選びましょう。

AQUOS sense3はフリマアプリやオークションなどでも購入できますが、スマホ通販サイトがおすすめです。

 

スマホ通販大手の「イオシス」では、AQUOS sense3の中古や未使用品が格安で購入できます。

少々古い機種でも未使用品があるので、是非チェックしてください。

 

▼AQUOSの格安在庫を探す▼

スマホ通販のイオシス

 

 

機種変更時はSIMサイズに注意

 

機種変更時にはいくつか注意点があります。

まずはSIMカードのサイズです。

 

繰り返しになりますが、AQUOS sense3のSIMサイズはnanoです。

そのため、現在の端末に挿しているSIMカードがmicro・標準SIMの場合、AQUOS sense3では使えません

 

ワイモバイルショップでSIMカードのサイズ交換をしてもらいましょう。

(オンラインではSIMの交換ができません)

その際、交換手数料として3,000円がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

ワイモバイル版iPhoneからAQUOS sense3に機種変更する場合

 

ワイモバイルでiPhone7・iPhone6S・iPhone SEとSIMをセットで契約していた方が、AQUOS sense3に機種変更する場合は、SIMカードの変更が必要です。

 

通常、ワイモバイルでSIMカードを契約すると「n111」または「n101」というSIMカードが発行されます。

しかし、ワイモバイルで購入したiPhoneに挿入されているSIMは、「n141」というワイモバイル版iPhone専用のSIMカードです。

 

▼SIMカードに番号が記載▼

 

そのため、n141はAQUOS sense3に挿しても使えません。

使えるのはワイモバイルのiPhoneのみです。

 

ワイモバイルでiPhone SE・iPhone6S・iPhone7を購入した方がAQUOS sense3に機種変更する際は、SIMカードの交換が必要です。

 

ワイモバイルの店舗で「n101」に交換してもらってください。(オンラインでは交換不可)

その際、手数料として3,000円+税がかかります。

詳細SIMカードの交換 | Ymobile

 

厳密にいうと特殊なAPNを入力すると使えますが、保証対象外ですので素直にSIMを交換したほうが良いでしょう。

どうしても知りたい方は「こちらの記事」に記載されている非公式APNを入力すれば使えるようです。

 

 

ワイモバイルでアクオスセンス3が使える

 

以上、ワイモバイルで持ち込みのAQUOS sense3を使う手順の解説でした。

 

AQUOS sense3は大ヒットしている端末で、誰でも安心のスマホです。

ワイモバイルでも使えますのでおすすめです。

 

ワイモバイルのSIMカードの契約はワイモバイル公式オンラインサイトが圧倒的に便利です。

お得な限定キャンペーンも実施中ですので、是非ご利用ください!

 

▼今すぐSIMを契約する▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました