ワイモバイルでiPhone12は使える? 

ワイモバイルの初月料金は日割り?データ増量や割引はいつから適用?

 

ワイモバイル ロゴ

 

本記事ではワイモバイルの契約初月の料金やデータ容量、お得な申し込みタイミングについて詳しく解説します。

 

契約初月の料金やデータ容量は格安SIMキャリアによって異なるため、ワイモバイルを検討されている方はしっかり確認してください。

 

▼お得なキャンペーン一覧▼

ワイモバイル公式サイト 

 

契約前に必ずチェックしましょう!
Ymobileのキャンペーン情報

 

ワイモバイル契約初月の料金は?

 

契約開始日/課金開始日はいつ?

 

ワイモバイルの契約開始日(課金開始日)は新規契約かMNP乗り換えかによって異なります。

 

<開通日と課金開始日>

契約
場所
契約
形態
開通日課金開始日
公式
サイト
新規契約登録日
(発送の1~2日前)
最初に通話・
通信した日
(※1)
MNP契約者が回線を
切り替えた日
契約者が回線を
切り替えた日
(※2)
店舗新規手続きした
当日
手続きした
当日
MNP手続きした
当日
手続きした
当日

※1:契約登録日(発送の1,2日前)から10営業日が経過すると自動で課金開始
※2:到着から6日以内に切り替えしない場合、強制切り替えで課金開始

 

ワイモバイルオンラインで新規契約した場合、SIMカードは開通した状態で発送されます。

課金開始日は、最初に通話またはデータ通信した日です。

ただし、通話やデータ通信をしなかった場合も、契約から10営業日後に強制切り替え→課金開始になります。

 

ワイモバイルオンラインでMNP乗り換えの場合は、回線切替した日が契約開始日です。

契約者が回線切り替えをしなかった場合は、到着から6日後(以降?)に強制切り替え→課金開始日となります。

 

店舗で契約する場合は新規もMNPもほぼ即日開通しますので、開通日(≒手続きした日)=課金開始日となります。

 

契約初月は日割り計算

 

ワイモバイルの契約初月の料金は日割り計算されます。

 

例えば30日まである月の16日が契約開始日の場合、16日~30日分の(半月分)の料金が請求されます。

詳細月途中に加入した場合、基本使用料は日割り計算されますか? | Ymobile

 

新規割は翌月から

 

ワイモバイルでスマホベーシックプランを契約した場合、6ヶ月間は新規割が適用され、月額料金が毎月700円割引されます。

この新規割の適用開始は契約開始日の翌月からです。

 

契約開始日が4月16日の場合、新規割が適用されて700円引きになるのは5月分の料金からです。

 

よって、契約開始日が4月16日の場合、契約初月(4月分)の料金はプランの基本料金(新規割適用前)の半額となります。

 

ワイモバイルの初月費用

 

ワイモバイルに契約する場合の初月にかかる初期費用は事務手数料の3,000円(税抜)です。

 

初回請求時に、月額料金と合算で請求されます。

また、店舗で端末セットの契約した場合は頭金も加算されます。(オンラインなら頭金は不要)

 

ただし、公式オンラインサイトで契約する場合は初期費用が無料になるキャンペーンも実施しています。

 

▼お得にYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

契約初月のデータ容量は?

 

ワイモバイルでは長らくデータ増量無料キャンペーンを実施しており、基本容量に無料でデータが増量されています。

この章では初月のデータ容量を解説します。

 

ワイモバイルの基本容量

 

まずはワイモバイルの基本容量を理解しておきましょう。

 

ワイモバイルでは2020年7月にプランが改定されました。

スマホベーシックプランの基本容量はS:3GB、M:10GB、R:14GBです。

 

以前はプランMは9GBでしたが、10GBに増えました。

 

キャンペーン期間中(終了日未定)にスマホベーシックプランに申し込めば、1年間無料でデータが増量されます。

増量後のデータは以下のとおりです。

 

<ベーシックプランのデータ増量>

プラン基本容量増量後の容量
S3GB4GB
M10GB13GB
R14GB17GB

 

詳細データ増量無料キャンペーン2

 

データ増量は契約当月から

 

このデータ増量無料キャンペーンは、スマホベーシックプラン契約者ならだれでも適用されます。

(キャンペーンの終了日は未定)

 

データは契約した月から13ヶ月間増量されます。

 

厳密に言うと、データ増量オプションは契約初月はそもそも無料です。

契約初月が無料なのに加え、契約翌月からキャンペーンで12ヶ月間無料になるので、合計で13ヶ月間無料で増量されます。

 

いつ契約しても基本容量全額付与

 

月途中に契約開始日を迎えた場合、契約開始日がいつかに関わらず、データ容量は全量付与されます。

よって、例え契約開始日が4月30日だったとしても、S:4GB、M:13GB、R:17GBが付与されます。

 

ただし、ワイモバイルは余ったデータ容量は翌月に繰り越しされませんので、使いきれなかった分はすべて没収されます。

 

▼お得にYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

お得な契約タイミング

 

では、いつワイモバイルに契約すればよいでしょうか?

お得なタイミングはパターンによって異なりますが、いかがおすすめです。

 

新規契約

 

MNPではなくワイモバイルに新規契約する場合、店舗でもオンラインでも契約タイミングはいつでもOKです。

月初でも月末でも一長一短なので、あまり考えずに好きなタイミングで契約するのが良いでしょう。

 

月初に契約するとデータ容量がまるまる使えますが、新規割が適用されない日数が増えてしまいます。(新規割は契約翌月からのため)

月末に契約すると新規割が適用されない日数が減るのでわずかにお得ですが、データ容量を使い切れないと無駄になります。

 

手間を惜しまない方は「ひとつ下の容量プランで月末に契約し、契約したらすぐにプラン変更する」という手もありますが、面倒な割にリターンは小さい気がします。

新規契約の場合は何も考えずに好きなタイミングで契約するのが良いでしょう。

 

月末に契約する場合は、あまりギリギリを狙いすぎて契約が翌月になってしまわないように気をつけましょう。

 

MNP乗り換え

 

MNP乗り換えも時と場合によるのですが、店舗でもオンラインでも私は月末に契約するのをおすすめします。

実際私もOCNモバイルONEからワイモバイルに1回線MNPしたのですが、月末にしました。

 

まず、乗り換え元キャリアの解約月の料金は解約タイミングに関わらず全額請求の場合が多いです。

どうせ全額請求されるなら使い切ったほうがお得ですね。

ワイモバイルの初月料金は日割り計算なので、月末に契約すれば初月の料金を安く抑えられます。

 

最大の注意点は、オンラインで契約する場合にワイモバイルの課金開始日(=乗り換え元キャリアの解約日)が翌月にズレないようにすることです。

 

オンラインでMNPした場合の課金開始日は回線開通日です。

申し込んだ日ではありません。

SIMや端末は届いているのに回線切り替えを忘れて開通が翌月にずれこむと、乗り換え元キャリアの月額料金をもう1ヶ月分支払うことになりますので注意してください。

 

店舗は絶対損

 

前章で、契約タイミングは新規ならいつでもOK、乗り換えなら月末がおすすめと解説しました。

これは店舗でもオンラインでも基本的には同じです。

 

ですが、店舗で契約するのはかなり損です。

 

まず、店舗で契約すると契約事務手数料3,000円+税が取られます

ワイモバイル公式サイトなら無料です。

 

また、意外に知られていないのですがワイモバイルのスマホは店舗とオンラインで価格が異なります。

オンラインが最大14,400円安いです。

 

▼端末はWEBが14,400円安い▼

ワイモバイルオンライン限定割引

 

SIMのみ契約する場合も端末セットで契約する場合もオンラインのほうがお得で、最大2万円ほど安く契約できます。

契約はできるかぎりワイモバイル公式サイトで行いましょう。

 

▼契約はオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

初月料金が高いと思ったらここを確認

 

契約初月の請求額をみて、聞いていたのと違う!高い!騙された!と思ったら、下記3項目をチェックしてください。

 

新規割は翌月から

 

前章で解説した通り、新規割が適用されるのは契約翌月からです。

契約初月は適用されず、基本料金の日割り計算になりますので注意してください。

 

初期費用が含まれる

 

ワイモバイルの初回請求には、初期費用や端末代金の頭金が含まれます。

これらは初回のみに請求されますので、初月の請求は少々高くなる可能性があります。

 

店舗で端末を購入した場合は頭金も初回請求時に上乗せされますので注意してください。

オンラインで契約すれば頭金はありません。

 

余計なオプション費用がないか

 

意外に多いのが、余計なオプションに加入していたというものです。

 

ワイモバイルの公式店舗では多くありませんが、家電量販店や街中にある携帯ショップでは、キャッシュバックや独自特典を受けられるかわりに、有料オプションへの加入が必須な場合があります。

 

よくわからないまま特典につられて契約してしまうと、知らない間に余計な有料オプションに入っていた!という場合も多いです。

 

初月請求額をみて気付ければよいですが、気づかずにオプション料金を払い続けてしまう場合も多いです。

また、特典をもらうためにはオプションの契約継続が必須な場合もあり、使わないけど解約もできないといったケースもあります。

 

オプション加入が不要な方はワイモバイル公式サイトで契約しましょう。

手続きも簡単ですし、自分で最適なプランや必要なオプションを選ぶだけですので、余計なオプションへの勧誘が一切ありません

 

▼申し込みはオンラインがお得▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

お得なキャンペーン実施中

 

ワイモバイルではお得なキャンペーンを実施中です。

これからワイモバイルに契約される方は必ず下記キャンペーンを適用させましょう。

 

エントリーで3,000円分還元

 

Yahoo!モバイル どこでももらえる特典

 

Yahoo!上にあるワイモバイルストアでは、「どこでももらえる特典」を実施しています。

 

このキャンペーンは、こちらのページでエントリーした後、公式サイトや店舗でスマホベーシックプランに契約すると、3,000円分のPayPayボーナスライトが貰える仕組みです。

オンラインだけでなく、店舗で契約しても貰えるのが特徴です。

 

SIMのみ契約の場合も端末セット購入の場合も、こちらのページから「どこでももらえる特典」にエントリーした上で公式サイトから申し込むのが現在一番お得です。

必ず契約前にエントリーしておいてください。

 

▼エントリーはこちら▼

どこでももらえる特典 

 

 

スーパーセール

 

 

ワイモバイル公式サイトでは10月20日(火)からスーパーセールを実施しています。

 

<対象機種と価格>

端末通常価格セール価格
OPPO
Reno3 A
¥39,600¥21,600
Xperia
10 II
¥54,000¥36,000
Android One
S7
¥26,640¥8,640
Android One
X4 アウトレット
¥19,800新規:¥5,400
MNP:¥980

※税込

 

今回のセールが適用されるのは、「新規・他社からの乗り換えでスマホベーシックプランM/Rに契約した場合」です。

機種変更とソフトバンクからの乗り換え、スマホベーシックプランSは対象外です。

 

実施期間は2020年10月20日から11月16日(月)AM10時までです。

売り切れの可能性はあまりないと思いますが、機種が決まっている方はできるだけ早めに購入しましょう。

 

▼スーパーセール会場へ▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

SIM契約でPayPay還元

 

ワイモバイルでSIMのみ契約する場合は、必ずオンラインで契約しましょう。

どこでももらえる特典とあわせて最大14,000円分のPayPayが貰えます。

 

 

ただし、ワイモバイル公式オンラインサイトとYahoo!のワイモバイルストアでもらえるPayPayの額が異なります。

どちらがお得かは時期やキャンペーン内容によって異なりますので、必ず下記記事で確認してから契約しましょう。

 

 

端末はオンラインが安い

 

ワイモバイルで端末セットで契約・または機種変更する場合もオンラインが断然お得です。

ワイモバイル公式サイトで端末を購入すれば、最大18,000円の割引が適用されます。

 

  • 新規・MNP:最大18,000円割引
  • 機種変更:最大7,200円割引

 

 

この割引が適用されるのはオンラインサイトのみです。

店舗では割引が適用されませんので注意してください。

 

端末セットの場合も「どこでももらえる特典」とも併用可能なので、こちらのページからエントリーした上で公式サイトで申し込みましょう。

 

▼手数料無料+端末割引▼

ワイモバイル公式サイト 

 

 

ワイモバイル料金の節約技

 

おうち割でさらに料金割引

 

 

ワイモバイルには、月々のスマホ料金をさらに安くする裏技があります。

それは、家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。

 

家のネットをソフトバンク光・Airにすると「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。

 

<おうち割による割引額>

対象プラン月割引額
スマホ
ベーシック
プラン
S/M/R¥500
スマホ
プラン
S¥500
M¥700
R¥1,000

 

上図の割引は1人当たりの割引額です。

よって家族でワイモバイルユーザーが3人いれば最大3,000円/月の割引になります。

(スマホプランLの場合)

 

ワイモバイルユーザーなら、この「おうち割」はめちゃくちゃお得です。

ぜひソフトバンク光に申し込みましょう。

 

詳細ワイモバイルのおうち割を解説!

 

高額キャッシュバックも!

 

さらに、ソフトバンク光・Airには公式サイトや家電量販店で申込んではいけません。

正規代理店のWEBサイトから申し込めば申込特典として高額のキャッシュバックがもらえます。

 

正規代理店とは、ソフトバンクからネット回線の販売や申込の受付を正規に委託した代理店のこと。
正規代理店は顧客獲得競争をしているので、独自の特典を設けていることが多い。 

 

ソフトバンク光のキャッシュバック額は、新規申し込みか転用かで異なります。

 

<光のキャッシュバック額>

契約方法キャッシュバック
新規¥33,000
転用¥15,000

 

ソフトバンクエアーは誰でも28,000円、3日以内に手続きを完了すれば30,000円もらえます。

 

<エアーのキャッシュバック額>

キャッシュバック
全員28,000円
3日以内に
登録完了
30,000円
(+2,000円)

 

正規代理店から申し込むことで、余計なオプション加入が必要だったり、手間が増えたりと言ったことはありません。

ただただキャッシュバックがもらえるだけですので、必ずこちらから申し込みましょう。

 

正規代理店のメリット

  • 公式特典+独自特典の2重取り
  • キャッシュバック最大3.3万円
  • 余計なオプションなど一切なし
  • 手間が余計にかかることもなし
  • キャッシュバック貰い忘れなし

 

▼オプション不要でキャッシュバック▼

 

▼Airの申し込みはこちら▼


 

 

ワイモバイルの申し込みはこちら!

 

以上、ワイモバイルの初月料金とお得な契約タイミングの解説でした。

 

格安SIMの契約初月の料金はキャリアによって異なるため、混乱が起きやすいです。

本記事をしっかり確認して、お得にワイモバイルに契約してください。

 

ワイモバイルの契約は、24時間受付可能で手続き簡単のワイモバイル公式サイトがおすすめです。

こちらからどうぞ!

 

▼お得にYmobileに申し込む▼

ワイモバイル公式サイト 

 

契約前に必ずチェックしましょう!
Ymobileのキャンペーン情報

 

 

ワイモバイル トップへ

 

タイトルとURLをコピーしました